スクウェア・エニックスノベルス『スタンプ・デッド』1~5巻&コミック版(完結)、『太陽で台風』1・2巻(完結)発売中!
ガンガンノベルズ『魔法少女アーヤ☆アミー』発売中!
徳間デュアル文庫『魔王さんちの勇者さま』1~4巻(完結)発売中!
徳間文庫『欠陥妖怪住宅』、『パラレル家族計画』発売中!
ぽにきゃんBOOKSライトノベルシリーズ『ブチ切れ勇者の世界征服』1~2巻発売中!

2017年4月、第11回HJ文庫大賞にて『銀賞』をいただきました!
2017年5月、ジャンプ小説新人賞’16 Winterにて 小説フリー部門『銀賞』受賞をいただきました!
2017年9月、第30回ファンタジア大賞にて 『金賞』をいただきました!

第11回HJ文庫大賞"銀賞"受賞作『カンスト勇者の超魔教導 ~将来有望な魔王と姫を弟子にしてみた~』
1・2巻、HJ文庫より発売中!
第30回ファンタジア大賞 "金賞"受賞作『お助けキャラに彼女がいるわけないじゃないですか』
2巻、5/19(土)ファンタジア文庫より発売です!

2018-06

«  | ホーム |  »

ホルモン焼肉 ぶち 博多大名店

どうも、はむばねです。
一時期は「これは飯ブログなのでは?」というくらいにご飯の話しかしていなかった当ブログではございますが、最近こっちはかなり鳴りを潜めていますね。
なにせ、外食する余裕がないからな!
マジで、昼ご飯を外で食べるのさえ時間がもったいなく感じるレベル。
……というところからは少し脱したので、ふくし氏と飲みに行って参りましたよっと。

本日ご紹介するのは、大名のホルモン店ぶちさんです。

DSC_0319.jpg

オススメメニューは、こんな感じですが。
今回は、120分飲み放題付き3500円のコースを頼みました。
飲み放題なのに、ビールのグラスが毎度キッチリ冷えているのが好ポイント。
んで、コースの内容はと言いますと……。

DSC_0321.jpg

本日のタン。
写真だと伝わりづらいかもしれませんが、肉厚でしっかりとした歯ごたえがグッド。


DSC_0323.jpg

こちらは変わり種、ホルモン刺し盛り。
数種のホルモンの味が楽しめて、トロッとした卵黄とも非常にマッチしております。

こちらと、あと上の写真にチラッと載ってるキムチ。
これも、かなりのボリュームがありますし程よい辛味がグッドでした。
それと、デザートのジェラードが固定でして。


DSC_0320.jpg

あとは、ホルモンから好きなのを4種選ぶ形です。
今回頼みましたのは……。


DSC_0322.jpg

特塩レバー。
鉄臭さが全く感じられず、レバーが苦手というふくし氏もバクバクいってました(ちなみに頼んだのはふくし氏です)。

DSC_0324.jpg

ハツ。
これまた、嫌な臭いもなく歯ごたえもグッド。


DSC_0325.jpg

上ミノ。
写真でもファイアーしてますが、油がたっぷりです。
しかしこれが意外にも非常に上品な油で、見た目程にしつこくありません。
最近はあまり油を受け入れられない身体になってきましたが、それでも個人的にはこれが一番好きだったかも。

あとは、写真撮ってませんが特選ホルモン。
以上4種を頼みました。
正直頼んだ時は「ちょっと少ないのでは……?」と思ったのですが、実際に出てきたのはかなりボリューミーでしたね。
私では完走出来なかったレベル(ふくし氏に多めに食べていただきました)。
ま、一般的にはそこまで多いってレベルではないと思いますが。

とはいえ、飲み放題付き3500円でこのクオリティはかなりコスパが良いですね。
良いホルモンをじっくり食べたい時にオススメのお店です。
スポンサーサイト

華吉の忘年会メニュー

どうも、はむばねです。
もう新年会のシーズンもとっくに終わってる今頃になって忘年会の話だよ!

はい、というわけでね。
年末に華吉さんでの忘年会に参加した時のお話です。
毎度華吉さんでは単品注文しかしてなかったんですが、今回は初めてコースで頼んでみました。

忘年会コースで、10品飲み放題付き4000円。
なの、です、が。
まず始めに言っておきますが、内容は頭おかしいので安心してください。


DSC_0213.jpg

旬野菜のサラダ。
最初に撮り忘れたので取り分けられた状態で撮影してますが、かなり豪快かつ繊細な大皿盛りで出て参ります。
知ってはいましたが、ドレッシングも非常にグッド。


DSC_0215.jpg

厚揚げの肉味噌がけ。
これがまた、味が染みてて美味しいんですよ。
肉味噌もたっぷりかかってて、ネギと合わせて食べるとこれだけでグイグイ酒が進みます。


DSC_0216.jpg

玄界刺身8種類。
これまた知ってはいましたが……というか華吉さんにおいては最早常識なクオリティ。
つーか、コース料理で出てくるレベルじゃない。


DSC_0217.jpg

地鶏モモ肉のタタキ。
肉のお味がギュッと詰まってる感じで美味い!
柚子胡椒と合わせてもベリーグッドです。


DSC_0218.jpg

甘鯛の煮付。
これも、味が滅茶苦茶染みててクソ美味いです。
写真ではわかりづらいですが、可食部の多さもかなりのもの。


DSC_0219.jpg

和牛ロースの焼肉鉄板。
ザ・肉!
これはもう、説明不要の旨さでしょう。


DSC_0220.jpg

季節野菜の天プラ盛り。
衣はサクサク、そして野菜の旨味が無茶苦茶濃縮されてます。
正直、こんな野菜の天ぷら食べたの初めてかもしれません。
まぁまぁお腹も膨れてきた頃だったのに、飛ぶように無くなってました。


DSC_0221.jpg

きなこ豚のやわらか焼。
からの、更に肉!
3種目の肉ですが飽きるどころか更に食べたくなる勢い。
わさびでもタレでもいいし、塩がかかってるのでそのまま食べてもおk。
色んな楽しみ方が出来ます。


DSC_0222.jpg

海鮮炊き込み土鍋ーイクラのせー。
そして、締め。
たっぷり乗ったイクラに、しっかり味の染み込んだご飯が非常にマッチしております。
もう一度言おう、コースで出てくるレベルじゃねぇ。



以上!
10品全部が超全力投球!
他の店のコースだとメインを張れる器が全打順に入ってる感じです。
山王工業か。
いやマジで、肉は鳥・豚・牛コンプリートで、その上豪勢な魚介、天ぷらに、締めのご飯物まで、全品ホントに主役級なんです。
ちょっとこれ、隙があるんだったら逆に教えていただきたいレベル。

更にここに、飲み放題まで付いてくるわけですよ。
しかも、しかもです。
生が付いているのに加えて、焼酎では三岳、れんと、日本酒には博多の森が飲めます。
これ、頼めば頼むほど赤字出てるやつやろ。
ていうか、料理だけで4000円は軽く超えるクオリティだと思うのに完全に頭おかしい……。

というわけで皆さん、忘年会も華吉で!(10ヶ月後に向けたダイマ

兼虎の『ニボ味噌二郎』

どうも、はむばねです。
例によって予約更新なわけですが、それはともかく。
本日ご紹介するのは当ブログでは割とお馴染み、福岡にあって珍しく豚骨系ではないラーメン屋さん兼虎さん……の限定メニューです。

moblog_af9f0343.jpg

ニボ味噌二郎、900円(税込み)。
名前からして、二郎インスパイア系……ってことでいいんですかね?
いわゆる二郎系というものをちゃんと食べたことがないので、よくわかりませんが。

画像ではちょっと伝わりづらいかもしれませんが、なかなかにボリューミーな一品となっております。
かなり調子の良い時に行ったのに、ラストは結構ギリギリな感じでした。
まぁ逆に言えば、私でも調子の良い時であれば食べ切れるレベルってことでもあるのですけれど。

特にマシ等のコールはございませんが、モヤシとニラがたっぷり乗ってます。
そして、公式Infoの画像を見ていただければわかる通り麺は太麺。
元々兼虎さんはつけ麺等も太麺で提供されているのですが、たぶんそれよりもう一段回太いんじゃないですかね?
モッチリとしており、非常に噛みごたえのある麺でした。
太麺好き……というわけでは特にないのですが、福岡では細麺の割合が激高なので太麺が恋しい時にありがたいです。
ほんでこれまた、ボリュームもかなりのもの。
スープを埋め尽くさんばかりに麺がギッシリと入っています。

そしてスープのお味は、非常に濃厚かつ複雑。
味噌ベースではあるんですが、色んな旨味が混ざり合ってる感じですね。
私の舌では、それが何なのかまではわからず恐縮なんですけども。
ホントに「あ、ウマっ」って感じでですね。
いくらでも飲んでしまいそうになります。
健康とキャパ両面の観点から、流石に数口に留めましたが……。

あとですね、写真には写ってないんですが特製ラー油を付けてもらうことが出来ます。
これも、非常に美味しいんですけども。
私は頼んだことないんですが、兼虎さんって辛い系のメニューもやってるんですよ。
というか、一般的にはむしろそっち目当ての人の方が多いのではないでしょうか。
辛辛つけ麺rとか、辛辛魚らーめんはカップ麺にもなってますよね。
と、いう感じで辛さに力を入れているお店なのでですね。
ラー油の辛さも、ガチです。
慢心して入れ過ぎたりするとたちまちラー油に侵食されるので、注意が必要。
実際、私はかなり侵食されました。
この辛味も、もちろん美味しいんですけどね。
ただ辛いだけなんじゃなくて、これも旨味のある辛さなんですよ。
ただ、この季節なのに汗が止まらなくはなったよね……。

と、いう感じでね。
これまた、非常に美味しいメニューでございました。
2月だけの期間限定なので、気になる方は早めに要チェックや!

華吉二周年~ランチ編~

どうも、はむばねです。

~前回までのあらすじ~
頭おかしい。


はい、というわけでね。
昨日に引き続き、華吉さんの話題ですよっと。
ランチの方でも3日間二周年特別メニューをやっているということだったので、2日目・3日目とランチもいただいて参りました。
#ランチも特別メニューを知ったのが1日目の夜に伺った時だったので、1日目は逃してます。

・2日目

DSC_0192.jpg

鯛の煮付けor牛タンが500円。
よし、この時点でだいぶ頭おかしい。


DSC_0193.jpg

どちらも非常に惹かれるところではありますが、今回は牛タン定食を頼みました。


DSC_0194.jpg

牛タンは肉厚で、非常に食べごたえのあるもの。
写真じゃネギに隠れててあんまり伝わらないかもしれませんが、ホントすげぇ分厚く切ってあるんですよ。
ペラい感じのを想像してたんで、これはビックリ。
そして、歯ごたえはあっても柔らかくジューシー。
明らか良いお肉を使ってる感。
知ってはいたけど、これで500円はやっぱり完全に頭おかしい。

ほんで、ネギ塩がめっちゃうめぇ!
ネギ臭さが全然なくて、もうこれだけで余裕でご飯が進みます。
ネギ塩定食500円でも余裕で成り立つ。
むしろそれでも安い。
つーか相変わらず、具だくさんの豚汁といいメインがなくても全然オーケーなレベル。


・3日目

DSC_0195.jpg

よし、頭おかs(ry
いくら二周年って言っても、奮発しすぎじゃないですかねぇ……。


DSC_0196.jpg

などと思いつつも、デミグラスハンバーグ定食を注文。


DSC_0198.jpg

マジなのかネタなのか判別出来なかったのですが、「おまけで二個付けときました」と言われました。

それはともかく。
ハンバーグといえば、「ジューシーさ」が評価の基準になることが多いと思うのですけれど。
いやしかしこれは、こういう美味しさもあるのか、と新しい発見が得られた気持ちでしたね。
肉汁がジュワッと出て来るようなタイプではないのですよ。
しかし、恐らくですがそれはこれが『デミグラス』ハンバーグだからで。
たぶん、あんまり肉汁が出る感じにしちゃうとデミグラス感が負けちゃうんでしょうね。
ソースとの調和が非常に考えられた味付けだと感じられました。

ほんで、このデミグラスソースがまた美味い!
濃厚なんですがしつこくはなく、ご飯がめっちゃ進みます。
添えられたキノコもグッド。
やっぱり、これだけでも全然いけるレベル。
デミグラスソース定食でもいい。
なのに、ハンバーグまで付いて(?)500円。
何度でも言いますが、完全に頭おかしい。



という感じでね。
まぁ正直行く前からわかってましたけど、えらいことになってましたね。
ある意味で、こんなに値段とクオリティが見合ってない定食見たこと無い。

ま、でもね。
言うて、普段からかなり頭おかしいんでね。
日替わりとか、650円で毎日毎日完全に別メニューですし(以前書いた日替わりレビューはこちら)。
固定メニューも非常に充実した内容です。
というわけでみんな! 華吉、行こう!(2日連続のダイマ
ちなみに、私は今日この後華吉で開催される知らない人ばっかの飲み会に参加して参ります。

華吉二周年

どうも、はむばねです。

DSC_0183.jpg

時が流れるのは早いもので、華吉のオープンから2年の時が経過したようです。
というわけで、2周年イベント的なものに行って参りましたよっと。
……うん、まぁ、写真見ていただけばわたる通り、先月の話なんですけどね。
全然書く暇がなかったので、今更ながらの言及です。


DSC_0182.jpg

2周年特別メニュー。
この時点で既に頭おかしそうな雰囲気が如実に表れていますね。


DSC_0181.jpg

実はちょっと行くの久々だったんですが、自家製スモーク醤油に加えて九州醤油も用意されるようになってたんですね。
……と思ってたら、『自家製』じゃなくてこっちは『他社製』なのかw
相変わらず、芸が細かいです。

というのは、ともかくとして。


DSC_0185.jpg

刺身盛り。
8種盛られて、ウニまで付いてて一人前980円(税込み)。
華吉といえば刺し身なわけですが、そこは2周年イベントでもキッチリ花形張ってました。


DSC_0184.jpg

野菜サラダ付きポテサラ。
サラダが付いているサラダとは……。
ちな、華吉のポテサラはこれまた他とも一線を画するものでして。
お肉なんかも混ざった、旨みたっぷりの仕様となっております。
マジで、ポテサラの概念が覆るレベル。
ていうかこれ、もしかしてポテサラじゃないんじゃない?(哲学


DSC_0186.jpg

肉じゃが。
これもまた、凄まじくてですね。
もう、お肉が」無茶苦茶いいお肉なんですよ。
どう考えても肉じゃがに用いる肉じゃない。
完全に高級肉。
もちろん野菜もベリーグッドで、お味がよ~く染みてて美味しいです。


DSC_0188.jpg

ぬかづけ盛り。
何気にこれも華吉名物。
最早言うまでもないレベルで、いい感じに漬かってます。
お腹がこなれて来た頃にちょうどいい感じですね。


DSC_0187.jpg

こちらは2周年特別メニューではないのですが、ゲソ揚げ。
なんか無性に天ぷらが食べたい気分だったんで頼んだんですが、正直想定してたより数倍クソ美味かったです。
衣は上品な味わいで、イカの旨みが濃縮されてる。
そういや華吉で天ぷらって頼んだことなかったんですが、外れなわけはないと思ってはいてもここまで大当たりだとはって感じ。
私は、まだ華吉を侮っていたというのか……!


とかとかの、豪華メニューに加えましてね。
更に、プレミアム焼酎が全品500円。
よし、完全に頭おかしい。

まー、本当はね。
2周年キャンペーンは3日間やってたんで、早いこと更新して「みんなも行こう!」って言っときたかったんですけども。
どうにも更新の時間が取れなかったので、仕方ないね。
でも皆さん、安心してください。
通常営業でも十分頭おかしいことやってるので、みんな華吉行こう!(ダイマ
ちな、ランチでも2周年キャンペーンやってたんでそれも行ってきたんですが、それについては(たぶん)明日の更新で。

おむや

どうも、はむばねです。

日常記事「感想記事のストックが切れたようだな……」
情報系記事「ククク……奴のストックは我々の中で最多……」
グルメ系記事「どうしよう……」

はい、というわけでね。
いよいよマジで記事のストックがなくなってきている中、まだ辛うじて残ってたストック記事の一つなわけですが。
本日ご紹介するのは、天神駅近くにございますおむやさんです。
ビックカメラ天神2号店とファミマの間の微妙な(?)通りにあるお店ですね。
店構えも小さく立地条件だけだと目立たないはずなのですが、妙に印象に残る看板のおかげで印象に残りやすいです。
なかなかに有効な戦略。
#どんな看板かは、リンク先の外観写真を見ていただければわかるかと。


DSC_0078.jpg

メニューはこんな感じです。
こじんまりとした店構えに見合った、こじんまりとしたメニュー……と見せかけて、意外と攻めてます。
材料は被ってるだろうからわからんでもないのですが、『おむや』なのにメニューの半分がチャーハン。
というか、なんだったらチャーハンの方が充実してる。
あと、てり焼きチーズどんぶり is 何。
まさか、チーズを照り焼いてるのか……? と思いましたが、下の補足に『照り焼きチキン』って書いてありますね。
まぁ、そうなるな。
何にせよ、一つだけ浮いてるように見えますが。


DSC_0079.jpg

どんなのが出てくるのかは気になりましたが、差し当たってはまずオムライスを注文してみることに。
ただ、同じ値段だったらこっちの方がお得な気がする……という妙な貧乏根性が出たため、一番基本と思われる『おむライス』ではなく『おむカレー』です。
スープとサラダ付きで、750円(税込み)。
オムライスは小さめに見えるかもしれませんが、これ皿がデカいだけで結構ボリュームあります。

サラダは、シーザードレッシングのかかったキャベツというシンプルなもの。
スープはコンソメにクルトンが浮いてる形ですね。
たぶんカレーの方を頼んだからだと思いますが、福神漬も付いてます。

カレーは、サラッとした感じの食感。
ちょいピリッとするかな? 程度の辛味です。
とはいえ、私が(あんまり)汗かかなかった程度なのでね。
全然辛い部類ではないと思います。
ココイチの一辛もいかないくらいかな? たぶん。

んでんでんで。
オムライスの中身は、ケチャップライスです。
バターライスもいいんですが、個人的にはこっちのが『オムライス!』って感じが好きですね。
ちょい味が薄めかな? という気もしますが、恐らくこれはソースに合わせてのことでしょう。
エビ・イカ・あさり・タコなどが入っており、ちょっとしたシーフードカレーみたいな味わいでした。

いやー、ぶっちゃけね。
この店自体はほとんどこっちに来た頃から認識していたのですけれど。
それが今回のタイミングまで行かなかったのは、オムライスに750円はなー……という思いがあったからなのです。
しかしこの内容なら、なるほど妥当だなって感じですね。
次回はチャーハン、あるいは例のてり焼きチーズどんぶりとやらの正体も確かめてみたいところ。


……あとこれ、お店とは全く関係ない話で恐縮なのですけれど。
オムライスって頭の中に浮かべると未だに昔(スタンプのコミック版で)書いた「お、村井ッス」ってネタが連想されて大層微妙な心持ちになります。

わっぱ定食堂の秋刀魚定食

どうも、はむばねです。
ほいさー、天神周辺グルメご紹介のコーナーですよっと。
当ブログで紹介するのは半年ぶり3回目となる、わっぱ定食堂さん。
以前は、お弁当ランチについてご紹介致しましたが。
今回ご紹介するのはですね。

DSC_0139.jpg

秋の期間限定メニュー、秋刀魚定食(980円税込み)です。
なんかカボスとおろしを強調するかの如く光が差し込んでおりますが、別に狙ったわけじゃありません。

閑話休題。
写真じゃ伝わりづらいかもしれませんが、かなりご立派な秋刀魚です。
身が厚く、背にかけての盛り上がりもしっかりあります。
不漁と言われている今年でも、ちゃんと例年通りのクオリティ。
流石ですね。

もちろん、焼き加減も抜群。
熱々の秋刀魚を食べることこそ、秋の醍醐味ですよね。
脂もしっかり乗っており、非常にジューシーです。
塩加減も程よく、ご飯が進みまくり。
私でもおかわりしてしまうレベルです。
ちな、ご飯はおかわり無料ですよ。

あと、これは秋刀魚定食に限ったことでもないのですけれど。
サイドメニューが充実しているというのも、定食としての魅力を高めてくれています。
卵焼きは、やや甘めの味付けですがご飯と良く合います。
豆腐一つ取っても上品の美味しさですし、切り干し大根や漬物もグッド。
ランチのご紹介をした時にも書きましたが、佃煮や漬物、ふりかけもご自由にお取りいただけます。
ぶっちゃけ、メインが無くても全然問題ないレベル。
これで980円(税込み)は、かなりのお値打ち価格だと思います。


ちな、こちらは夜でも注文な可能なメニューとなっておりますのでね。
酒は飲まんけど夜どっかで食べたい、という方にもオススメです。
他にも、昼夜関わらず提供されてるメニューも沢山ありますしね。
お酒もありますので、ちょい飲みなんかもオススメですが。

もうちょっとしたら今度は冬限定メニューで牡蠣が出て来るので、そしたらまたご紹介しようかと思いますです。

趙之家 ソラリアステージ店

どうも、はむばねです。
昨日は、ふくし氏と飲んで参りましたよっと。

DSC_0140.jpg

ホークス優勝の恩恵を受けるためにな!

というわけで昨日お邪魔して参りましたのは、趙之家 ソラリアステージ店様です。
趙之家と書いて、『チャオノミセ』と読みます。
正直、明日には読み方忘れてる自信がある。

というのは、ともかくとして。

DSC_0141.jpg

DSC_0142.jpg

メニューは、こんな感じです。


DSC_0143.jpg

とりあえず、今回は初手からハイボール。
ホークス優勝セールとして、ハイボール何杯でも100円です。
あと、どうでもいいけどちょっとインスタヴァエしそうな感じに撮れたと思う。


DSC_0144.jpg

エビチリと、油淋鶏。
エビチリは、辛さ控えめで食べやすくてグッド。
エビのプリプリ具合もいい感じでした。
油淋鶏も、鶏の旨みとパリパリの衣が合わさって美味しかったです。
タレもいい感じで絡んでました。

この後、麻婆豆腐も挟まりますが食べてる途中での写真となってしまい少々お見苦しい画になってしまったのでカットで。
こちらも、後からちょっと辛さが来る感じで、しかし辛すぎるってこともなく美味しかったです。
なお、この辺りから私の発汗スイッチが入った模様。


DSC_0146.jpg

エビニラ玉と、バンバンジー。
エビニラ玉は、エビが入ってるところがメインかと思いきやむしろ卵がメインでしたね。
いやもちろんエビも美味しかったんですけど、それ以上に卵の味付けが絶妙だった。
バンバンジーも、ここに来てのあっさりな味わいがありがたかったです。


DSC_0147.jpg

焼き餃子。
しつこい感じがなく、しかし味わい深くてグッド。
ただし、この辺りまで来るとちゃんと味わえてたか若干怪しくなってきてる疑惑はある。


DSC_0148.jpg

辛味茄子味噌炒め。
パッと見「茄子少なくね?」と思われるかもしれませんが(少なくとも我々は思った)、中の方にかなり茄子が埋まってます。
お肉もたっぷり入っており、そんなに辛くもなくて食べやすかったです。
ご飯にも合うと思いますが、お酒のあてとしても優秀。


DSC_0149.jpg

若鶏のピリ辛唐揚げ。
こちらも、ピリ辛って冠してる割にはそんなに辛くなかったですね。
そこまで辛いの得意じゃない私でも、余裕で美味しく食べられました。


DSC_0150.jpg

という感じで、お会計。
ここまで飲み食いして二人で5500円ってのはかなり熱いですね。
やはり、ハイボール1杯100円ってのが効いてる感じでしょうか。
ホンマ、ホークス様々やでぇ……!
……つーか、レシートに『ホークスハイボール』って記載されるんですね。
ありがとうホークス、ありがとうホークスハイボール!


えー、そんなこんなでね。
以上、恐らく今年最初で最後のホークス優勝の恩恵レポでした。

さかな酒場 GYOGYOGYO

どうも、はむばねです。
ほいさ、本日はこないだふくし氏と飲みに行ったお店のご紹介ですよっと。
こないだっつっても結構前で、ファンタジア大賞の発表があった日なんですけど。
……うん、気がつくと滅茶苦茶前になっちゃってるな。

というのは、ともかくとして。
行ったのは、さかな酒場 GYOGYOGYOさん。
7末にオープンしたばかりのようですね。
リンク先のメニューをご覧いただければわかると思いますが、全体的にウニが全面に押し出されている感じのお店です。
今回は、(明示的には)ウニは頼みませんでしたけれど。
というか、軽く行っただけだったのでね。
ちょい飲みセット(ドリンクとおつまみのセット)と、もう二品頼んだだけです。

というわけでメニューの極々一部でしかありませんが、頼んだ品々をご紹介。


moblog_72ede728.jpg

ちょい飲みセットのお刺身。
マグロ、サンマ、ヒラメです。
日によってラインナップは変わるそうです。


moblog_a7acc445_201709211251538a0.jpg

ぎょ串揚げ(だったかな?)。
これまた日によって内容は変わるようで。
この日は、サワラでした。
今回は一種で三串でしたが、三種の時もあるそうです。
とりあえずこの時は、思ったよりボリュームが多くてこれ一品だけでだいぶヤバかったです。

しかしこれ、量がヤバいだけでなくですね。
右の方に写っているタルタルソースに、何かが載っているのが確認出来ると思います。
これ、ウニです。
全体的にウニ推しな感じのお店ではあるんですが、まさかこんな豪快な使い方をしてくるとはな……。
いやでも、肉厚な身とサクサクのフライに、ウニ風味のタルタルがとてもよく合っていて美味しかったです。


moblog_68b6259e.jpg

カマ焼き。
例によってこれも日によって変わるそうですが、この日は……何だったかな……?
いや、はい、あの、美味しかったです(雑)。

こちら、ランチもやっているということでね。
聞いてる限りなかなかに頭おかしそうな感じですので、是非行ってみたいと思います。

鳥一

どうも、はむばねです。
昨日は、ふくし氏と飲みに行って参りましたよっと。
定期的にお酒に楽しいイメージを付けないと、はむばね(酔)の性能が落ちていくんでね。
まぁ、ついこないだ散々飲んだばっかですが。

それはともかく。
今回お邪魔したのは大名のお店、鳥一さんです。


DSC_0124.jpg

メニューはこんな感じ。
串は50円から。
ていうか、半分くらいが50円。
残りも100円。
よし、やっぱこの辺のお店はどこかしらおかしいな。
普通に、100円でも安い方だと思うのですが……。


DSC_0125.jpg

あと、鶏メインと見せかけて海鮮系も結構推されてます。


DSC_0126.jpg

せっかくなので、鮮魚盛り合わせを頼んでみた。
なかなかインスタヴァエしそうじゃないですか?(インスタやってない並感


DSC_0128.jpg

串はこんな感じで出てきます。
ちな、厚揚げについてはたぶんオーダーミスで頼んでないのに出てきたやつ。
ライブ感で煽ってくるやつかな?(さらば青春の光)
なお、普通に美味しかったのでもっかい頼みました。
まんまと乗せられた……?


DSC_0129.jpg

こちらは、豚骨炊き餃子。
豚骨で炊いた水餃子的な存在です(名前からほぼ増えていない情報)。
思ったよか上品な味わいでジャンク感は薄く、しっかりと味が染み込んでいて大変美味しゅうございました。


今回はこれにプラスしてあと串何本か頼んだ程度ですが、色々と気になる料理が多いので徐々に確かめていきたいですね。
まぁ、ここに行ったからにはどうしても串を頼んでしまいはするでしょうけれど……。


という感じでね。
鳥一さんには、二時間くらい滞在した感じだったでしょうか?
その後、ふくし氏と別れまして。

DSC_0130.jpg

からの、華吉。
いや、ふくし氏が今度使う時の予約をしたらしいのですが、その確認の電話が来ないってんでちょっと言っといてと頼まれまして。
まぁでも、行ったからにはちょっと一杯ってなりますよね。
なお、一杯だけで終わったとは言っていない。


DSC_0131.jpg

こちらは、ホウボウの塩焼き。
比較的淡白な味わいで、結構食べた後だったのでちょうど良かったですね。
とかとかやっているうちに、(一旦家に帰って締めのラーメンを食べた)ふくし氏も再合流。
なんだかんだ、最終的には結構飲んでしまいましたね。
一応、記憶は無事ですが。
しかし二日酔いがなかなかにアレなので、今日はここまで。

«  | ホーム |  »

プロフィール

hamubane

Author:hamubane

たぶんライトノベル作家的なもの


Twitter

既刊情報

上の方は絶版じゃないよ!

お助けキャラに彼女がいるわけないじゃないですか2 (ファンタジア文庫)

最新コメント

最新記事

カレンダー

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR