FC2ブログ
スクウェア・エニックスノベルス『スタンプ・デッド』1~5巻&コミック版(完結)、『太陽で台風』1・2巻(完結)発売中!
ガンガンノベルズ『魔法少女アーヤ☆アミー』発売中!
徳間デュアル文庫『魔王さんちの勇者さま』1~4巻(完結)発売中!
徳間文庫『欠陥妖怪住宅』、『パラレル家族計画』発売中!
ぽにきゃんBOOKSライトノベルシリーズ『ブチ切れ勇者の世界征服』1~2巻発売中!
HJ文庫『カンスト勇者の超魔教導』1~3巻発売中!
ファンタジア文庫『お助けキャラに彼女がいるわけないじゃないですか』1~3巻発売中!
JUMP j BOOKS『ぼくたちは勉強ができない 非日常の例題集』4/4(木)発売です!

受賞歴:
2004年、第1回スクウェア・エニックス小説大賞『入選』
2008年、第5回トクマ・ノベルズEdge新人賞『徳間デュアル文庫特別賞』
2017年、第11回HJ文庫大賞『銀賞』
2017年、ジャンプ小説新人賞’16 Winter 小説フリー部門『銀賞』
2017年、第30回ファンタジア大賞 『金賞』

2019-07

«  | ホーム |  »

麺処 すずらん 春吉店

どうも、はむばねです。
ここ最近何度か兼虎さんの汁なし担々麺を食べてるせいか、なんか通常の担々麺が食べたい気分になりまして。
ド近所に担々麺の店があるので行ってみたら、いつの間にか消滅してた\(^o^)/
こういうのがあるから、飲食店(に限ったことでもないけど)行ける時に行っとかないけませんね……。

まぁ、それはともかく。

moblog_14753926.jpg

後続のお店がオープンしたばっかみたいなので、せっかくなので入ってみました。
すずらん春吉店さんですね。


moblog_1ccc5ff3.jpg

メニューはこんな感じ。
ランチが17時までと、かなり長めに取ってくれてるとこがありがたいですね。


moblog_7f1a5689.jpg

今回は、春吉そばの赤の平打ち卵麺(850円税込み)を注文。
『辛麺』と銘打たれてはいますが、辛さはそれほどでもないです。
私がほぼ汗かかなかったレベルなので、ココイチのノーマル程度かと。
麺はツルツルとした食感で、卵の味がかなり感じられて美味しかったです。
卵麺っつっても「たま……ご……?」的な麺が多い中、これは結構特徴的ですね。
スープも、辛さだけではない深みのある味わいでグッド。
というか、辛さがそこまでではないからこその旨味が感じられます。
ニラや卵、お肉など具材がたっぷり入っている点も良き。


moblog_21555dbe.jpg

ちな、ラーメン単品注文の場合は替玉が1回無料。
せっかくなので、私にしては珍しく替玉まで頼んでみました。
ちゅーか、この手の麺で替玉を基本想定って珍しい気がしますね。
ポピュラーな豚骨ラーメンの細麺と比べて、かなり食べごたえがあるのですが。
とはいえ先述の通りスープが複雑な味わいで具も多いため、替玉しても最後まで飽きずに美味しく食べられました。

塩と醤油を出してくれる店は福岡では大変希少なので、今度はそっちも試してみたいと思います。
スポンサーサイト

兼虎の『漢つけ麺』

どうも、はむばねです。
当ブログにおいても(たぶん)初、2日連続となる兼虎さん記事でございます。
最近、限定メニューが多いせいやから……(震え
マジで、何なんでしょうねこの限定メニューラッシュは。
以前は「おっ、珍しく限定メニューやってるんか」くらいの感じだったのが、最近は常に限定メニューやってる気がします。
まぁ、色んな味を楽しめて個人的には嬉しいのですけれど。

ともあれ、今回の限定メニューはこちら。

moblog_288e05f5.jpg

漢つけ麺、15時~18時での限定販売でございます。
そんな限定の仕方ある???

麺を茹でるのに時間がかかるので、お客さんの少ない時間帯で……ってことではあるのでしょうけれど。
まぁ、ぶっちゃけ私は普通に行ける時間帯なので別に構わないのですが。


moblog_789f1239.jpg

注文の品は、こちら。


moblog_a2a984ab.jpg

写真じゃ伝わりづらいと思いますが、太めのワシワシ麺が特徴ですね。
これが、非常に食べごたえがあってグッド。
濃厚なスープとの相性も抜群です。
たっぷりのヤサイアブラも、アクセントになって良いですね。
ガッツリ乗ったニンニクも、非常にパンチが効いてます。
ていうか、ニンニクの量が想定をだいぶ上回ってて草w
なお、ニンニクの有無は選ぶことが出来ます。
また、写真は麺の量が並盛り(200g)ですが、中盛り(300g)までは無料で選択可能。
あと、スープが辛いバージョンもあります。

うん、まぁ、ていうかこれ、ぶっちゃけアレね。
麺以外は、普通の濃厚つけ麺にヤサイアブラをトッピングして卓上のニンニクを乗せるのとほぼ変わらないですね。
とはいえ、麺が変わったことでまた違った味わいになっているのは事実。
(該当の時間帯に行ける方は)一度お試しあれ~!

兼虎の『広島式汁なし担々麺』の追いスープ

どうも、はむばねです。
もはや恒例というか当ブログの一コンテンツ状態、兼虎さんのメニュー紹介のお時間でございます。
なお、今回はタイトルの通りですね。
先日ご紹介しました広島式汁なし担々麺に、追いスープが追加されるようになったという記事でございます。
こいつ、ついにマイナーチェンジですらもネタにし始めやがったぞ。

まぁ、それはともかく。

moblog_ccd642d4.jpg

微妙にメニュー表示も変わってます。


moblog_449b02aa.jpg

注文の品は、こちら。
ここまでは、前回と変わりありませんね。
今回は割と体調も良かったので、半ライスも注文しておりますが。
と、ここで兼虎さんのツイートを見てみましょう。





というわけで、2/3くらい食べたところで店員さんに声掛け……というか店員さんの方から声をかけていただきましたので、追いスープをお願いしました。

moblog_eced4641.jpg

その結果が、こちら。
絵的には「汁気が増えたな?」くらいの感じですが、実際食べてみるとこれがなかなかの大変身でした。
まぁ、言うて鶏ガラスープだし味は薄まると思うじゃないですか?
いや実際、汁なし状態の時と比べれば薄まってはいるのですよ。
けれど、何て言うんですかね。
単純に薄くなったんじゃなく、別の味に生まれ変わったって感じなのです。
元の濃厚な味は健在で、更に鶏ガラスープの旨味が乗ってきた感。
これは……これは、担々麺界のコンバート改装やぁ!(下手くそ

まぁぶっちゃけ好み的には、麺を食べる時の感覚だけで言うと私は汁なし状態の方が好きなのですよ。
だから、最初の一口はちょっと残念だなって思ってたのです。
けれど一緒にスープを飲むことによって、評価は一気に急上昇。
汁なし状態に並ぶか、超えるくらいまでいきました。

更に更に、ネギや挽き肉と一緒にスープを半ライスにかけますと。
完全に、罪の味がしましたよね。
絶対身体に悪い(確信)。
残った温玉も合わせるとこれまた美味しかったので、ライスも頼む方は最後までとっておくのもオススメですねー。

と、いう感じで。
追いスープによって、ほぼ別物にまで変身する担々麺。
まさしく一品で二度美味しい……どころではなくアレンジは無限大で、個人的に兼虎さんの中でもイチオシのメニューです。

李庵の日替わり定食(一例)

どうも、はむばねです。
はい、というわけでね。
先日ご紹介した李庵さんですけども。
日替わりメニューをいくつか食べみたので、その感想です。
一応食べた曜日も記載していますが、曜日でメニュー固定というわけではないっぽい。
ただ、水曜はカツ系とか、系統は決まってるっぽい? かな?
なお、値段は全て600円(税込み)です。

月曜:鮭のカマ焼き&メンチカツ

moblog_c36b6ad0.jpg

メンチカツは、揚げたてサクサク。
そうそうこういうのでいいんだよ、って感じの基本のお味です。
基本は、卓上のソースで食べるのが良い感じかな?
ですが、付けてくれてるマヨネーズと合わせてもグッドです。
そして、鮭カマ。
ランチで鮭カマ……? というところに、多少疑問を覚えなくもないですが。
しかしまぁ、鮭の塩焼きの互換と考えれば全然アリか。
言うまでもなく、ご飯に合いますしね。
脂も乗っており、大変美味しくいただけました。
可食部も、見た目よりだいぶ多かったですね。



火曜:オムレツ&ハッシュドビーフ

moblog_3c1fa141.jpg

詳細は、以前書いた記事参照。



水曜:ささみフライ&ポテトサラダ

moblog_4ce51f16.jpg

moblog_01f0ce03.jpg

多ない???
出来てきた瞬間、「え、多くないですか?」って聞きそうになりましたよね。
600円でこれが出てくるとは思わんやろ普通……カツ4枚て……。
しかし、カツは揚げたてサクサクで美味しく。
言うてササミなんで、比較的あっさりしておりどうにか私でも食べきることが出来ました。
ただ、タレと(写真では見えてないけど)マヨネーズを付けてくれてるのですが、それだけだと流石に終盤はちょっと飽きてきたので卓上の塩や醤油も活用すると良いですね。
マヨ醤油にしても美味い。
豆腐と漬物があっさりしてるので、この辺りで箸休めが出来るのもありがたかったです。
あとポテサラは、なんか普通のとちょっと違う風味でした。
私の舌ではそれが何なのかまではわかりませんでしたが、とにかく美味しかったので良し。



木曜:春巻き&麻婆豆腐

moblog_81d02ce7.jpg

木曜は中華風?
日によってテーマみたいなのがあって面白いですね。
と、いうのはともかくとして。
春巻きは、揚げたてでサクサク。
取り立てて特色があるわけではありませんが、これまた「そうそうこういうのでいいんだよ」って感じで美味しかったです。
麻婆豆腐の方は、唐辛子のとこがちょっとだけピリッとするくらいほとんど辛くありませんでした。
むしろ、甘めの味付けですね。
こちらも食べやすくて良かったです。
いやぁ、しかしアレですね。
春巻き&麻婆豆腐、普通の店であれば「おっ、今日は一風変わったメニューだな」と思うところだと思うのですけれど。
今んとこ、これが一番受け入れやすいメニューだな。



金曜:ハヤシライス&コロッケ

moblog_5380c53d.jpg

改めて見ると、この構図で600円税込みって頭おかしいな(今更)。
いやだって、普通にハヤシライス単品でもちょっと安めなくらいやん?
それにコロッケとキャベツ、味噌汁に漬物に豆腐まで付いてくるわけですからね。
まぁ、例によって豆腐と漬物は持て余し気味でしたが。
『ハヤシライス』としてパッケージングされてるので、オムレツ&ハッシュドビーフの時以上に持て余した感がありますね……。
と、いうのはともかくとして。
ハヤシライスは、かなり具沢山でルーもたっぷり入ってます。
というかルーが具で埋まってる感さえあり、めっちゃ食べごたえがありました。
コロッケは、基本に忠実な牛肉コロッケ。
毎度書いてますが、揚げ物系が全部揚げたてサクサクなのが良いですね。
あとですね、ちょっと隠れてて恐縮なんですが。

moblog_0a98e14f.jpg

このメニューの看板にも『ご飯おかわり自由』って書いてあるけど、自由なの?
わっぱ定食堂といい、天神のお店のカレー系はご飯おかわり自由がスタンダードなの???


ともあれ。
全品600円(税込み)、コスパ抜群で味も上々な李庵さん。
どのメニューも良かったので、ランチに迷った時は行ってみていかがでしょうか。
ランチタイムでもそんなに混雑してないのも、個人的にはグッドです。

Desiderataでの期間限定Booty Curryイベント(?)

どうも、はむばねです。
感想、感想ときたら次は飯屋の話だよね!
というわけで、新しいお店を紹介したいと思うわけですが。


moblog_734acccf.jpg

本日、どこでお昼ご飯を食べようかな~と思ってたらこの看板が目に入りまして。
おっ、新しいカレー屋が出来たんか、行ったろ! と思って入ってみたのですよ。
したらですね。


moblog_11319f9d.jpg

moblog_fd94bf6c.jpg

んっ独特の雰囲気!
えっ、これホンマに入っていいとこなん……? って戸惑いましたよね。

ちゅーか、調べてみるとですね。
この場所自体は、Desiderataというレコード制作スタジオ? 軽食店? か何か、ちょっとよくわかんないんですけどそういうスペースらしく。
で、そこでBooty Curryというカレー屋さん? が、期間限定でカレーを出してるっぽい??? です。
ばっくり調べてみただけなんで、違ってたらすみません。
ていうか、どっちもすげぇフワッとした情報しか出てこないの何なの?
やっぱ身内向けイベントで、部外者が来ることは想定していないのだろうか……?
別に、言うほどアウェー感もなかったですが……。

ただ、袋入りのおしぼりが完全に乾ききってたのはちょっと気になりましたよね。
入店時点では新規オープンの店だと思ってたんで「この店大丈夫か……?」感がありましたが、元々このスペースに置いてあったものと考えたらまぁ納得。

と、いうのはともかくとして。

moblog_d3bf44eb.jpg

メニューはこんな感じ。
カレーが2種類、プラストッピングとドリンクですね。
ご飯の量も4段階から選べる模様。


moblog_eb6f07e2.jpg

今回私が選択したのは、スパイシーチキンカリーのライスM(普通盛り)です。
量的には、やや少なめかな? って感じ。
私でちょうどくらいでしたので、男性ならLで良いのではないかと思います。

『スパイシー』と冠してはいますが、そこまで辛いわけでもありません。
個人的にはちょうどいい塩梅くらいでしたね。
フワッと鼻を抜けていくスパイスの香りが良い感じでした。
チキンも、ホロホロに煮込まれていてグッド。
柔らかくて、スプーンで十分切れるくらいでした。
ターメリックライスも良い感じ。
全体として、癖が少なく非常に食べやすいカレーでございました。

と、いう感じでね。
その正体はイマイチ不明でいつまでやってるのかもよくわかりませんが、近くにお越しの際には立ち寄ってみてはいかがでしょうか。
隠れ家的な空間でランチタイムど真ん中でも急かされる雰囲気は全くありませんでしたので、お昼の時間をゆったり過ごしたい方にもオススメです。
普通に日曜の昼にもやってくれてるところも個人的にはありがたい。

楽勝ラーメンのビーフカレー(300円税込み)

どうも、はむばねです。
2日空けたからまた飯屋の話でえぇやろ(そんな制度はない)。

はい、というわけでね。
本日ご紹介致しますは新天町ア辺りのラーメン屋さん、楽勝ラーメンさん。

moblog_8193d644.jpg

moblog_4786a1bc.jpg

の、カレーです。



moblog_5cc69004.jpg

だって、やたら店先でカレーが推されてるから……。
天神に来た当初から、ずっと気になってはいたんですけどね。
なかなか行く機会がなかったのですけれど、今回ちょうど通りかかったので初来店。
なので、この店のラーメンはまだ食べたことがないです。


moblog_173ed289.jpg

ちな、メニューはこんな感じ。
ラーメン390円(税込み)も安いですが、やはりビーフカレー(300円税込み)が目を引きますね。


んでんでんで。
この値段やったら、普通にレトルトカレーが出てきても驚かへんで? と思っていたのですけれど。
出てきたのは、思ったよかしっかりとしたカレーでした。
しっかり煮込まれている感があり、ルーに具が溶け切っている旨味があります。
結果的に見える具はお肉くらいになってますが、これも結構たっぷり入ってました。
というか、そもそもルーがかなりたっぷり目。
普通の店の感覚で食べてると、かなりルーが余るレベルです。
スパイシーさは感じますが、辛いという程ではないので辛いの苦手勢でもたぶん大丈夫。

と、いう感じでね。
結論、このクオリティで300円(税込み)は頭おかしい。
うん、知ってた。
300円て。
下手こくとスナック菓子でもそんくらいするやろ。
別に量が少ないわけでもなく、むしろ私的には十分くらい。
十把一絡げでなく独特の風味もありましたので(とんこつを使ってるらしい?)、普通にカレー好きの方にも一度言ってみて欲しいお店ですね。
まぁ、ラーメン屋なんやけど。
今度はラーメンやチャーハンも試してみたいところです。

串カツ居酒屋 天神わんちゃん とんかつ定食

どうも、はむばねです。
最近飯屋の話題がマジで多いな。
見てる方からすると「最近色んな店に行っとるんけ?」と思われるかもしれませんが、実際のとこはそういうわけでもありません。
(一応)私も記事バランス的なものを(多少は)考えて(いなくもないと言え)まして。
普段、あんま偏った記事にならないよう新しい店に行ってもしばらく記事を寝かせていることが多いのですよ。
感想記事も同様で。
しかし最近インプットが滞っていることによって感想記事のストックが枯渇気味でして。
結果的に、飯屋の記事が多くなってるわけですね。
うん、つい最近Twitterでも同じこと書いた気がするな。

そんなこんなで、本日ご紹介するのは天神わんちゃんさんです。
まさかのホットペッパーもぐるなびも引っかからず、ヒトサラのページも消えてるっぽいので、リンク先はよくわからんけどなんか公式っぽい何か(インスタの連携サイト?)です。
ていうか、そんな飲食店存在すんの?
この店に言及してるそこそこ前の記事とかも出てくるので、つい最近出来たってわけでもないと思うのですけれど……。

まぁ、それはともかくとして。
場所は、親不孝通り沿いのスシローの向かい辺りです。
私も、あそこのスシローにはちょいちょい行くのですけれど。


moblog_61b993ff.jpg

その時に、ふとこの看板が目に入ってきて思ったわけですね。
おっ、また頭おかしい店の気配がするぞ? ってね。
むしろ天神近辺、頭おかしくない店を探す方が難しい説。

とんこつ定食500円はなかなか熱いですよね。
税別でも熱いですが、先に言っとくと税別でした。
ワンコインとんかつ定食ともなれば、どんなもんが出てきても文句は言えませんな。


moblog_e3fac989.jpg

そう思ってたら、出てきたのがこちら。
思ってたのとは別方向に雑いなw
串カツ屋さんだけあり、串カツのフォーマットそのままで出てきました。
近くで唐揚げ定食頼んでる人もいましたが、同じ形態でしたね。
流石に(?)タルタル唐揚げ定食は大きめの普通の皿で出てましたけど。

この時点で、味もそんなに期待していなかったのですけれど。
一口食べた瞬間に、は? 美味いんやけど? ってなりましたね。
えっ、ちょっと待ってマジでビックリしたんだけど。
めちゃ噛み切りやすいし、これ結構良い肉使ってない???
それとも、揚げ方が上手いんだろうか……?
串カツ屋さんだけあって、もちろん衣もグッド。
揚げたての状態で出てきますし、サクサクで美味しいです。
見た目ほど脂っぽくないのも、三十代の身体に優しい感じ。

あとですね、地味に味噌汁も美味しかったです。
具はしめじとキャベツとわかめで、結構な具だくさん。
明らか自家製で、味付けもグッドでした。

結論、これを500円(税込み)で出すのは頭おかしい。
うん、知ってた。


moblog_c7f7b0cf.jpg

ちな、ハッピアワーはハイボール199円やぞ!(生ビールのとこにバツが打ってあるのでそっちはなくなったっぽい?)
ほんでこのハッピーアワー、20時までのところを22時までに書き直してあるけど、22時までってそれハッピアワーっていうか実質定価やろ。
基本は居酒屋っぽいですがランチの後に一旦閉める形じゃなくて11時から24時まで通しで営業してるっぽいので、昼飲みにも適してそうですね。

旬彩酒房「李庵」のオムレツ&ハッシュドビーフ(日替わり定食)

どうも、はむばねです。
同じ店ばかりを紹介することに定評のある当ブログの『天神周辺グルメ』カテゴリですが、今回はちゃんと新しいお店のご紹介ですよっと。
本日ご紹介するのは、旬彩酒房「李庵」さん。
どうでもえぇけどこのHP、店長のブログが4年前で更新止まってるのならもうリンク外しといた方が良いのでは……?

と、いうのはともかくとして。
場所的には国体道路沿い、すしざんまいの隣のビルの地下です。

moblog_b577f46f.jpg

こんな感じの看板が出てるんで、前々から気になってはいたんですよ。
ただ、この古びた感じがちょっと不安を煽りはしますよね。
しかし今回は『オムレツ&ハッシュドビーフ』というのが、「えっ、こういう店で?」という感じで気になり。
せっかくなので、初訪問してみまして。


んで、出てきたのがこちら。

moblog_3c1fa141.jpg

違和感すごない?
……と思ったけど、意外と写真だとそうでもないな。
いや実際見てみるとですね、オムレツの皿の浮きっぷりがハンパねぇのですよ。
ここまで「えっ、こういう店で?」感をそのまま出してくるとはな。
本来唐揚げとか焼き魚とかが来るべき場所に洋風の皿が現れる唐突感ですよ。
味噌汁・漬物・豆腐と、再度が完全に和食メニューそのままなので尚更ですよね。

ま、まぁ、とはいえ。
味そのものは、普通に美味しかったです。

moblog_b3917c1a.jpg

オムレツは、ふわっふわの焼き加減でグッド。
ほんのり甘いですが、薄めの味付けなのでハッシュドビーフに合いますね。
そのハッシュドビーフも、しっかり煮込まれている感じで美味しかったです。
具だくさんで、肉もいっぱい入ってるのが嬉しいですね。
そして、この皿そのものが結構ボリューミーです。
流石に私でも食べるのがキツいレベルではありませんでしたが、十分に満腹になりました。

ただ、やっぱり豆腐と漬物をどこで食べるかは迷いましたよね。
味噌汁はともかくとして。
まぁでも、豆腐と漬物の組み合わせでオムレツとは完全に別でご飯と食べればそれはそれで箸休め的な役割にはなってました。

moblog_fb037a9d.jpg

ちな、ご飯はおかわり自由やでー。
私は(お腹の都合上)一杯で留めましましたが、オムレツ&ハッシュドビーフのボリューム的に結構ご飯も食べられると思いますよ。

と、いう感じでね。
最初こそちょっと面食らいましたが、十二分に満足させていただきました。
600円(税込み)という価格もリーズナブルでありがたいですね。
また別のメニューにつきましても試して感想を書いていきたいと思います(結局同じ店を紹介するスタイル)。

兼虎の『広島式汁なし担々麺』

どうも、はむばねです。

moblog_3764d648.jpg

兼虎さん、最近限定メニュー多ない?
メニュー編成の見直しでも図っているのだろうか。

はい、というわけでね。
今回も、兼虎さんの新メニューのお話ですよっと。
いつまでかは書いてませんが、今までのパティーンからいって1ヶ月くらいかな?(スタートは昨日
1週間限定の場合は、チラシにそう明記されるはず……たぶん。

ともあれ。

moblog_514a403e.jpg

moblog_2df61f57.jpg

実際に注文した写真がこちらでございます。
ちな、辛さは4段階から選べまして。

moblog_0618c5f6_2019061015373300c.jpg


今回は、『普通』で注文しました。
兼虎さんの辛い系のメニューは『普通』でも結構辛めなので、辛いのが得意でない私は普段『控えめ』で注文するのですけれど。
限定メニューということでそう何度も食べる機会はないでしょうし、差し当たり兼虎さんが想定するスタンダードを確かめようと思って選択した次第でございます。

んで、実食した感想としては。
一口目を口に入れた瞬間、まず訪れる「美味っ!」。
そして、少し遅れてやってくる「辛っ!」。
元々辛い系のメニューで有名な兼虎さんだからこその、このバランスですよね。
比喩じゃなく、箸が止まりませんでした。
まぁ、本能が「こいつは早く片付けねば」と思っての行動だった可能性も否定は出来ませんが。
いやでも本当にね、辛いだけでもなく美味いだけでもなく、『辛美味い』が見事なハーモニーを奏でています。

ちな、辛さ的にはココイチの一辛よりちょい辛いでしょうか(私の発汗量基準)。
先述の通り辛いのそんなに得意じゃない私でも、普通に美味しく食べられるレベルでした。
ていうか、『辛い』というよりは『刺激が強い』とでも言うようなちょっと不思議な感じでしたね。
普通の辛さとはちょっと違った気がします。
まぁいずれにせよ、しばらく汗は止まりませんでしたが。

山椒や温泉卵で味変出来るのも良いですね。
山椒なんか振ったら辛さがオーバーキルになるのでは? とも思いましたが、戦々恐々としながらも振ってみたところ不思議と辛さが増した感じはしませんでした。
むしろ山椒の風味で辛さがちょっと丸くなったような気も。
これについては、私の舌の辛さを感じる部分が麻痺ってた可能性も微レ存ですが。

温泉卵も、辛味がマイルドになってグッド。
というか、単純に卵との相性が良いですね。
その他、にんにくや胡椒など卓上調味料も合わせれば組み合わせは無限大です。
中でも、個人的にはお酢がベストマッチでしたね。
辛さと酸っぱさが相殺し合って、物凄くちょうどいい感じになりました。
実は個人的にお酢ってあの「うっ」って来る感じがちょっと苦手だったりするんですが、その点が完全に掻き消されてて良い感じでした。

あとは、挽き肉・スープでご飯を食べるのも美味しいかもです。
たぶん、量的に普通の男性ではちょっと物足りないくらいでしょうし(私でちょうどくらいでした)。
普通に麺を食べてるとちょっと余り気味になって勿体無いですのでね。
今後、お腹に余裕がある時に試してみたい(そんな日が訪れるのかはともかくとして)。

と、いう感じでね。
あまりに見事な『美味辛さ』。
個人的には、これまでの限定メニューの中でもスマッシュヒットでした。
是非ともレギュラーメニューに加えていただきたいレベル。

兼虎の『淡麗豚めん』

どうも、はむばねです。
例によって、兼虎さんに変化が生じる度に記事にするスタイルでございます。
今回ご紹介するのは、こちら。

moblog_53a8b8c3.jpg

今週限定のメニュー、『淡麗豚めん』でございます。



moblog_64925229.jpg

実際に注文した写真が、こちら。
これまた例によって、辛味噌も付いてきてます。

字面的に、先日ご紹介した濃厚豚麺のあっさり版なのかな? と思っていたのですけれど。
実際食べてみると、結構違う感じですね。
系統的には、漢煮干しそばの方が近いかな?
まず、淡麗って書いてあるけど全くあっさりではないですね。
いやまぁ、濃厚豚麺に比べれば相対的にはあっさりではあるのでしょうけれど。
単体で見れば、かなり濃厚な部類だと思います。
しかし、旨味が押し寄せてくる感じでそれが美味い!

具も、濃厚豚麺とは結構違いますね。
目立つのは、やはりワンタンでしょうか。
兼虎では初めて食べましたが、これがまたスープに合っていました。
スープが濃厚すぎて、相対的にワンタンがかなりあっさり目に感じるのはちょっと笑いましたがw
たっぷり入ったネギと玉ねぎも、アクセントになっていてグッドでした。

もちろん、肉厚なチャーシューも美味い!
これは、濃厚豚麺と共通かな?
たぶん、これが『豚麺』を表わしているのでしょうしね。

あと、麺は太めのゴワゴワ麺。
これも濃厚豚麺と共通かな?
非常に食べごたえがあって、個人的にはとても好きです。

そして毎度のことながら、辛味噌が大変に良い仕事をしてくれます。
辛味噌を溶かすことで、全くの別物になると言っても過言ではありません。
味変で飽きることがありませんし、単純に辛い系のメニューとして美味い。
毎回書いてますが、辛いだけじゃなくて旨味があるんだこれが。

と、いう感じでね。
今回の限定メニューも、大変美味しくいただきました。
明後日までなんで、食べたい方は頑張って滑り込むんや!(明日明後日はめちゃ混むやろうけど!

«  | ホーム |  »

プロフィール

hamubane

Author:hamubane

たぶんライトノベル作家的なもの


Twitter

既刊情報

最新コメント

最新記事

カレンダー

06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

月別アーカイブ

カテゴリ

ジャンルランキング

[ジャンルランキング]
日記
479位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
186位
サブジャンルランキングを見る>>

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR