FC2ブログ
ファンタジア文庫『世話好きで可愛いJK3姉妹だったら、おうちで甘えてもいいですか?』11/20発売!
JK文庫『異世界からJK転生した元妹が、超グイグイくる。』11/30発売!
JUMP j BOOKS『ぼくたちは勉強ができない 未体験の時間割』12/4発売!

スクウェア・エニックスノベルス『スタンプ・デッド』1~5巻&コミック版、『太陽で台風』1・2巻発売中!
ガンガンノベルズ『魔法少女アーヤ☆アミー』発売中!
徳間デュアル文庫『魔王さんちの勇者さま』1~4巻発売中!
徳間文庫『欠陥妖怪住宅』、『パラレル家族計画』発売中!
ぽにきゃんBOOKSライトノベルシリーズ『ブチ切れ勇者の世界征服』1~2巻発売中!
HJ文庫『カンスト勇者の超魔教導』1~3巻発売中!
ファンタジア文庫『お助けキャラに彼女がいるわけないじゃないですか』1~3巻発売中!
JUMP j BOOKS『ぼくたちは勉強ができない 非日常の例題集』発売中!

受賞歴:
2004年、第1回スクウェア・エニックス小説大賞『入選』
2008年、第5回トクマ・ノベルズEdge新人賞『徳間デュアル文庫特別賞』
2017年、第11回HJ文庫大賞『銀賞』
2017年、ジャンプ小説新人賞’16 Winter 小説フリー部門『銀賞』
2017年、第30回ファンタジア大賞 『金賞』

2019-12

«  | ホーム |  »

新天町倶楽部の豚角煮丼

どうも、はむばねです。
はい、新天町倶楽部さんの新メニューのご紹介です(当然のことのように)。
感想、飯……と、だいぶウチのブログらしさを取り戻してきましたね。
※当ブログh(ry

moblog_04b345ad.jpg

というわけで今回ご紹介するのは最前面に出てきた2品。


moblog_6dec7250.jpg

まずはこちら、豚角煮丼(650円税込み)です。


moblog_56af19aa.jpg

デカい(知ってた)。
しかも、角煮もかなりゴッサリと乗ってるんですよね。
この角煮が、適度な歯ごたえを残しつつも柔らかく煮込まれていてグッド。
調味料コーナーには練からしも置いてありますので、個人的にはそれを付けて食べるのが一番好きでしたね。
煮汁が染み込んだご飯も美味しいです。
何気にほうれん草もいい仕事しているというか、基本的に肉肉しい中で箸休み的に食べるのがいい感じ。
同じく、わかめスープともやしが付いてくるのも味が一辺倒にならずにありがたいところです。
あと、卵。
写真じゃ肉の中に紛れてわかりづらいですが、入ってるんですけども。
これ、半分かと思いきや一個丸々(切られることもなく)ですw
この雑さが、実に新天町倶楽部という感じである。
ちな、半熟ではなく完熟なのでその点は一応ご注意を(?)。
ともあれ、角煮をガッツリ食べたい方にオススメのメニューですね。


続いては、ぶたキムチちゃん。
………………を、紹介するつもりだったのですが。
モタモタしているうちに限定期間が終わってしまったので、今回はここまでだ!
豚角煮丼も、既にメニューから消えてます。
今まで、限定メニューはちゃんと期間中に更新するようにしていたのですが……申し訳ございません。
ちゅーか、今回は宣伝期間が長すぎた……。
まぁでも、このブログを見て新天町倶楽部に行く人ゼロ人説が有力なので問題ないですね?
スポンサーサイト



兼虎の『バカ煮干しつけ麺』

どうも、はむばねです。

moblog_4c21ad3b.jpg

この画像だけでもう大体伝わるな?

というわけで、兼虎さんの限定メニューを紹介する記事です。
何気に久々ですね、限定メニュー。
たぶん3ヶ月ぶりかな?
まぁ一時期のペースがおかしかっただけで、従来はこのくらいのペースだった気はしますが。


moblog_d25d222a.jpg

それはともかく、実食。
スープは通常のつけ麺より若干サラサラしており、あっさり系なのかな? というのが第一印象だったのですが。
そいつぁとんでもねぇ間違いでしたね。
もう、バチクソ濃厚です。
でも、通常の濃厚つけ麺とはまた違った濃厚さといいますか。
なんていうかですね、非常に複雑な味わい(語彙力不足)で。
ジャンクな感じなのに、若干の上品さすら感じるんですよ。
恐らくは、仄かに……と見せかけてかなり自己主張してくる煮干しの香りが理由だと思うのですが。
もうとにかくね、『旨味!!!!!!!!』って感じ。
旨味が脳を直接殴ってくる。
最初にスープを口にした時は「ファッ!? いくらなんでも濃厚すぎや!? 加減考えろ!」と思うんですが、これが食べてるうちにどんどん癖になってくるからヤバい。
ただ、食べた後は(というか食べてる最中から)バチクソに喉が渇くのでご注意を。
今日の昼に食べたんですが、未だにクソハイペースで水を飲み続けている……。




ちな、兼虎さん的には煮干しラー油のトッピングがオススメだそうです。
あの濃厚スープに更にラー油とかぶっ込んでホンマに大丈夫なんか……? と思ってしまいますが、味のバランスについての兼虎さんへの信頼度は振り切れてるので、間違いなく美味しいのだと思います。
今度はこれも試してみたいですね。

という感じで。
『濃厚』と言われて想像する濃厚レベルを軽く振り切ってくる濃厚さ。
だけどしつこいわけではなく、むしろある種の上品さすらも感じる味わいで、今回の限定メニューも非常に美味しかったです。
ていうか、常設メニューにしてくれ(大体毎回言ってる)。


なお、もちろん兼虎さんの限定メニュー紹介記事でもランキング確認はやります。
・ジャンル『ラブコメ』
日間:4位(→)
週間:3位(→)
月間:4位(→)
年間:37位(2↑)
累計:60位(5↑)

・総合
日間:15位(5↑)
週間:13位(→)
月間:20位(1↑)

『世話好きで可愛いJK3姉妹だったら、おうちで甘えてもいいですか?』、引き続きよろしくお願い致します(ついにコメントすることが本当になくなった)。

居酒屋がんこ の『肉の日』に行ってみた

どうも、はむばねです。
だいぶ前にご紹介したんで覚えていない方が多いと思いますが、以前にもご紹介致しました居酒屋がんこさん。
前にも書いた通り、毎月29日は肉の日と称して肉の量1.5倍及び2倍がノーマルと同じ価格で提供されます。
ただ私の胃袋だとノーマルで十分なので、基本スルーしてたんですけども。
今月は29日が休日なので、本日27日が肉の日でして。
最近は割と(食に関しては)調子がいいし、風邪引きかけっぽい? ので栄養を取ろうということで行って参りました。

moblog_d8159536.jpg

以前伺った時は40食限定だったのが、なんかいつの間にか10食追加されてました。
1.5倍で日和ることも考えたんですが、せっかくなので2倍を注文。


moblog_9175a967.jpg

出てきたのが、こちら。


moblog_3dd80f70.jpg

見よ、この圧倒的『肉』感を。
これが780円(税込み)という頭のおかしさです。
うん、ていうか改めて絵面で見るとマジで頭おかしいな。
大丈夫? 桁間違えてない???

相変わらず、焼き加減も抜群。
赤身肉なんですが、歯ごたえを残しつつも柔らかくてベリーグッド。
マジで、「肉を食ってる!!!」感が凄いです。
ちな、レア気味のがアツアツの鉄板に乗って出てくるので、自分で焼き加減を調整することも可能。


moblog_03d7f18e.jpg

そのままでも十二分に美味しいのですが、卓上調味料も豊富なので飽きることはありません。
というかこの分量だと、色んな組み合わせが試せて楽しい。
ちな、ご飯はおかわり無料(セルフ)。
私は流石にご飯の量は少なめにしましたが、存分に肉とご飯を堪能出来ます。
もやしを筆頭に、付け合せが多いのも嬉しいところですね。
何気にサラダも美味い(一枚目の写真の右のやつ、ポテサラです)。


moblog_2b32247c.jpg

お店のアプリもリリースされてました。
肉の日の情報が届いたりしますし、電子スタンプ(っていうんですかね?)で10個貯れば割引になるのでインストールするのがオススメですね。
私もインストールしてます。

と、いう感じでね。
普段でも十分お得感満載なのですが、肉の日のお得感は店側の正気を疑うレベルです。
肉の日キャンペーンをやってるお店はそれなりにありますが、普通にトップクラスでは?
皆さんも是非、29日(前後)は行ってみてはいかがでしょうか。

からつ屋の焼魚定食(さんまの塩焼き)

どうも、はむばねです。
先日日替わり定食をご紹介しましたからつ屋さんにて、焼魚定食を頼んでみたので今度はそちらのご紹介。

moblog_f1e58b7d.jpg

メニュー再び。
焼魚定食は秋刀魚とサバがあるようで、秋刀魚の方は季節限定かと思います。
サバの方は知らん。


moblog_775cb992.jpg

で、今回は秋刀魚の塩焼きを注文してみました。
前にも書いた気がしますが、好きなんですよね秋刀魚。
特に塩焼きが一番好き。
しかし季節限定だからか、何気に出してくれる店が少ないのです。
私の記憶にある限りだと、確かウチ近辺だとわっぱ定食堂(以前書いた記事はこちら)だけかな?
わっぱは高確率で混んでるので、他に出してくれる店が(しかもすぐ近くに)存在するというのは非常にありがたいです。
しかもわっぱが980円(税込み)なのに対して、こちらは800円(税込み)。
サイドメニューの充実っぷりも負けていませんしね。

んでんでんで、実食してみた感想と致しましては。
美味い(確信)。
まさしく、「あぁ秋刀魚食ってるなぁ」という満足感を得られる秋刀魚感です。
私は基本的に秋が好きなんですけども、そこに秋刀魚の存在が無関係とは言い難い。
なんなら、秋刀魚が他の季節に穫れる魚だったらその季節を好きになってたまであるで。
焼き加減・塩加減も絶妙です。
身も肉厚で、食べごたえがありました。
人によっては大根おろしが無い点がマイナスかもしれませんが、私は(秋刀魚に対しては)基本使わないので無問題。
食べ終わった後は、大満足でございました。

味・立地・価格・入りやすさ、全ての点がほぼパーフェクトと言って良いでしょう。
少なくとも秋の間は通い詰めになりそうです。

からつ屋の日替わり定食

どうも、はむばねです。
本日ご紹介するのは、今泉のお店・からつ屋さんです(当然のことのように店の紹介から入るスタイル)。

moblog_34769fc8.jpg

店構えはこんな感じ。
ちな、中は思ったよりおしゃれというか、カウンターとかはバーみたいな感じでした。
これ店内に一人だったらキョドっちゃうやつでしたが、先客がいて良かったです。

閑話休題。

moblog_f1e58b7d.jpg

メニューはこちら。
ランチはメニュー数少なめでシンプルな感じですね。
季節ごとに内容は変わるようですが。

立地的にはド近所なので、越してきた当初から認識してはいたんですよ。
ただ、(あくまで天神価格としては)ちょい高めなので行く機会を逸していたのですけれど。
先日、行こうと思ってたお店にことごとく入れなかったことがあり、若干消去法的ながら初めて行ってみた次第。

んで、とりあえず日替わり(700円税込み)を頼んでみました。

moblog_f383a187.jpg

moblog_5d0516b7.jpg

この日(水曜)は、豚バラしゃぶの生姜焼き。
なるほどこうやってみると、700円も納得……というか、普通に安い部類であることがわかりますね。
メインのお皿にお味噌汁、小鉢と漬物に、デザートのフルーツまで付いてますからね。
栄養バランス的にも、一人暮らしにはありがたい感じです。

んで、お味の方もグッド。
メインのお肉は柔らかく、生姜感もそんなに強くなくて素材の美味しさが活かされている感じがします。
ご飯がガンガン進みますね。
ボリューム的にも、個人的には問題無し。
ただ、ご飯は大盛りが+80円です。
ここも、(天神にしては)ちょい割高感はあるかなー。
まぁ、ご飯おかわり無料がスタンダードな感じがする天神界隈がイカレてるだけ説が有力なのですけれど。
ちゅーか、どっちにしろ私には関係ねぇしな。

ともあれ。
合わせ味噌をブレンドしているという味噌汁もグッド。
この日の具は、油揚げ・豆腐・わかめ・キャベツ、かな?
これも、日によって変わるのですが。
どの日でもなかなかの具沢山なのがありがたい。
個人的に、味噌汁が美味しいお店はそれだけで評価が上がります。
これまた自家製だというお漬物も美味しいですし、小鉢のひじきも良い感じ。
食後のデザートとしてフルーツが付いてくる定食というのも、なんかお得感がありますね。


他の日のメニューの一例は、こんな感じ。

moblog_46ab4a0d.jpg

ロースとんかつ(月曜)。


moblog_21ca0645.jpg

若鶏の黒酢炒め(木曜)。


基本、メインメニューは「そうそうこういうのでいいんだよ」って感じですね。
どれも非常にバランスが良く、お値段以上のお得感が感じられる日替わり定食でした。
メイン以外も充実した定食をお求めの方にオススメのお店です。

新天町倶楽部のBBQ鍋

どうも、はむばねです。
本日はこの後予定があって時間がないので、伊藤ヒロ先生感想祭りはお休みです。
代わりに(?)、また新天町倶楽部さんのご紹介。

はい、というわけでね。

moblog_9d7ee623.jpg


先日の冷麺に引き続き、新メニューのご紹介ですよっと。
今回ご紹介するBBQ鍋は、恐らく秋メニューだと思います。
行楽シーズンをイメージしてんのかな? 知らんけど。

ともあれ。

moblog_f6e2ca86.jpg

こちらがBBQ鍋、650円(税込み)でございます。


moblog_e4b1c1e0.jpg

毎度のことながら写真では伝わないと思いますけれど、なかなかのボリュームです。
特に、お肉が沢山なのが嬉しいですね。
ちな、下にパスタが敷いてあるんですけども。
コンビニ弁当とかだと、この手のパスタは嵩が多く見えるようにするための常套手段じゃないですか。
しかし本メニューは普通にボリューミーなので、パスタはガチの嵩増しの役割です。
やはり、この店は男子高校生をターゲットにしているとしか思えない……。
※基本は商店街の従業員さん向けの店で、高校生を見かけたことはないです。

ともあれ。
お肉は柔らかく、若干酸味のあるソースとの相性も抜群。
大変ご飯が進みます。
割と豪快に入っているお野菜も、一人暮らしの身にはありがたいですね。
私は猫舌なんでアレですけれど、熱々の容器で出てくるので冷めにくい構造にもなってます。
なんで鍋なのかはイマイチ謎ですけど。
まぁ鉄板がないのでシチューとかのを使いまわしてるってことなのでしょうが。
BBQ鍋っつーか、実質焼肉定食的なメニューですね。
ちゅーかそういや、何気に単純な焼き肉系のメニューって存在してないんですね新天町倶楽部さん……。
揚げ物系は揃ってますし、大体どのメニューでもお肉たっぷりなんで気付いてなかったけどこれは盲点だったかもしれん。

という感じで、総じて。
食欲の秋にピッタリな、「肉!!!」って感じのメニュー。
しかしソースはさっぱりとした味わいなので、見た目よりサクサクと食べられる品でございました。

新天町倶楽部の冷麺

どうも、はむばねです。
はい、というわけでね。
本日は、当ブログにおいては兼虎さんに次いで記事数が多いと思われる新天町倶楽部さんのお話でございます。
兼虎さんに対するものと同じく、新しいメニューを目にする度にネタにするスタイルやぞ!

というわけで。

moblog_9d7ee623.jpg


はい、前の方に新しいメニューが来ておりますね。

今回は、冷麺単品(500円)を頼んでみました。
その結果が、こちら。


moblog_fc5917f4.jpg

うん、まぁ、とりあえず思ったことはね。
デカない??? ってことでしたよね。
写真じゃ伝わりづらいですが、器がかなり大きいです。
普通のラーメン丼より二周りくらい大きいのでは?
流石量が多いことに定評のある新天町倶楽部、まさか冷麺までこんな器で出てくるとはな……。
ていうか、もしかして小さめの器持ってなかったりする……?

ま、まぁそれはともかく。

moblog_2ee4d43e.jpg

麺がほぼ見えないくらいに沢山具材が乗ってるのが嬉しいところ。
トマト、キャベツ、三つ葉、ゆで卵、ハム、だったかな?
何がやべぇって、これで500円(税込み)ってところですよね。
本当にペイ出来てる……? とちょっと心配になるレベル。
ていうか、具が多すぎて麺と一緒には食べ切れんかったわ。
最後の方は具ばっかり食べてた。
いや、それはそれで美味しいんですけども。

ともあれ。
味は、スタンダードな醤油ベース。
レモンの香りが、この季節にちょうどいい感じです。
そうそうこういうのでいいんだよ、というメニューが多い新天町倶楽部さんらしいです。
なんというか、懐かしさを感じる。
ただ、これは冷麺ではなく冷やし中華なのでは? という気はしなくもない。
それとも、九州も関西の冷麺(冷やし中華のことも冷麺と呼ぶ)と同じ定義なんだろうか……。
まぁ私の方の定義が間違ってる可能性もそこそこありますが。

ともあれ。
非常にスタンダードな冷麺(冷やし中華?)を大変お手頃な価格で食べられる、実に新天町倶楽部さんらしいシーズンメニューって感じでございました。
本当はもっと前に紹介しようと思ってたんですが、なんだかんだ夏の終わりになっちゃいましたね……。

福岡 丼丸 住吉橋店

どうも、はむばねです。
半月ほど『ブログ』カテゴリを続けてるんだが、もう俺は限界かもしれない。

はい、というわけで今日はね。
奈良にいるけど、天神周辺のお店をご紹介するぜ!
今回ご紹介するのは、福岡丼丸住吉橋店さん。
ウチから博多駅の間にあるので、福岡に来た当初から通る度に「うわ絶対頭おかしい店やな……」と思ってたんですけども。
普段の行動範囲からは微妙に外れているため、今まで行く機会がなかなか無かったんですよね。
しかしいい加減ブログのネタが無いので行ってみようと思い、その頭のおかしさを先日確認してきた次第でございます。
このお店がどう頭おかしいかというのはですね、メニュー表を見ていただくのが一番わかりやすいかと。

moblog_d96d4770.jpg

海鮮系の全メニューが、500円(税込み)。
いや、まぁ、とはいえね。
どうせしょっぼいやつが出てくるだけなんやろ? と思うじゃないですか。
でもね。


moblog_ccf2f0b9.jpg

例えばこちらは、丼丸丼(当然500円税込み)。
店名を冠してますし、看板メニューなのかな?
実際、マグロ、ネギトロ、サーモン、イカ、と海鮮系メニューの中でも主力級が揃ってる感じがしますね。


moblog_64f44a71.jpg

他にはこちら、ウニカニイクラ丼(もちろん500円税込み)。
ぼくのかんがえたさいきょうのかいせんどん か?

しかもね、どれも新鮮でめちゃ美味しいんですよ。
ウニとかイクラも、嫌な匂いが全然しません。
お寿司屋さんが始めたお店という肩書きは伊達じゃないですね。
更に、ボリュームもかなりのものです。
写真じゃ伝わりづらいと思いますが、少なくとも吉野家の並盛よりは多いと思います。
そこに、かなりどっさりと具材が乗ってるのですよ。
これ割とマジでどうやってペイしてんの? と思うレベル。

60種類のレギュラーメニューに加えて日替わり丼もあるので、選ぶ楽しみもあります。
ちな『持ち帰り専門店』って書いてるけど、少なくとも住吉橋店はイートインスペースもあるで。
つっても4席か5席くらいだったので、やはり持ち帰りがメインではあるのでしょうけれど。


moblog_b18ebabc.jpg

ポイントカードもあるやでー。
20個で並盛が無料になるという、なかなかの還元率です。

ちゅーかこれ、一応全国チェーン店なのね。
つってもHPに書いてある通り、完全独立型で店によって味もボリュームも違うそうですけれど。
ポイントカードも福岡の2店舗だけで共通みたいですし、屋号だけ一緒って感じなのかな?
とはいえザッと調べた感じ他の地域でも似たような価格帯っぽいので、お近くにある方は一度行ってみてはいかがでしょうか。
まぁ、私には他の店のクオリティまで保証することは出来ませんけれど。

麺処 すずらん 春吉店

どうも、はむばねです。
ここ最近何度か兼虎さんの汁なし担々麺を食べてるせいか、なんか通常の担々麺が食べたい気分になりまして。
ド近所に担々麺の店があるので行ってみたら、いつの間にか消滅してた\(^o^)/
こういうのがあるから、飲食店(に限ったことでもないけど)行ける時に行っとかないけませんね……。

まぁ、それはともかく。

moblog_14753926.jpg

後続のお店がオープンしたばっかみたいなので、せっかくなので入ってみました。
すずらん春吉店さんですね。


moblog_1ccc5ff3.jpg

メニューはこんな感じ。
ランチが17時までと、かなり長めに取ってくれてるとこがありがたいですね。


moblog_7f1a5689.jpg

今回は、春吉そばの赤の平打ち卵麺(850円税込み)を注文。
『辛麺』と銘打たれてはいますが、辛さはそれほどでもないです。
私がほぼ汗かかなかったレベルなので、ココイチのノーマル程度かと。
麺はツルツルとした食感で、卵の味がかなり感じられて美味しかったです。
卵麺っつっても「たま……ご……?」的な麺が多い中、これは結構特徴的ですね。
スープも、辛さだけではない深みのある味わいでグッド。
というか、辛さがそこまでではないからこその旨味が感じられます。
ニラや卵、お肉など具材がたっぷり入っている点も良き。


moblog_21555dbe.jpg

ちな、ラーメン単品注文の場合は替玉が1回無料。
せっかくなので、私にしては珍しく替玉まで頼んでみました。
ちゅーか、この手の麺で替玉を基本想定って珍しい気がしますね。
ポピュラーな豚骨ラーメンの細麺と比べて、かなり食べごたえがあるのですが。
とはいえ先述の通りスープが複雑な味わいで具も多いため、替玉しても最後まで飽きずに美味しく食べられました。

塩と醤油を出してくれる店は福岡では大変希少なので、今度はそっちも試してみたいと思います。

兼虎の『漢つけ麺』

どうも、はむばねです。
当ブログにおいても(たぶん)初、2日連続となる兼虎さん記事でございます。
最近、限定メニューが多いせいやから……(震え
マジで、何なんでしょうねこの限定メニューラッシュは。
以前は「おっ、珍しく限定メニューやってるんか」くらいの感じだったのが、最近は常に限定メニューやってる気がします。
まぁ、色んな味を楽しめて個人的には嬉しいのですけれど。

ともあれ、今回の限定メニューはこちら。

moblog_288e05f5.jpg

漢つけ麺、15時~18時での限定販売でございます。
そんな限定の仕方ある???

麺を茹でるのに時間がかかるので、お客さんの少ない時間帯で……ってことではあるのでしょうけれど。
まぁ、ぶっちゃけ私は普通に行ける時間帯なので別に構わないのですが。


moblog_789f1239.jpg

注文の品は、こちら。


moblog_a2a984ab.jpg

写真じゃ伝わりづらいと思いますが、太めのワシワシ麺が特徴ですね。
これが、非常に食べごたえがあってグッド。
濃厚なスープとの相性も抜群です。
たっぷりのヤサイアブラも、アクセントになって良いですね。
ガッツリ乗ったニンニクも、非常にパンチが効いてます。
ていうか、ニンニクの量が想定をだいぶ上回ってて草w
なお、ニンニクの有無は選ぶことが出来ます。
また、写真は麺の量が並盛り(200g)ですが、中盛り(300g)までは無料で選択可能。
あと、スープが辛いバージョンもあります。

うん、まぁ、ていうかこれ、ぶっちゃけアレね。
麺以外は、普通の濃厚つけ麺にヤサイアブラをトッピングして卓上のニンニクを乗せるのとほぼ変わらないですね。
とはいえ、麺が変わったことでまた違った味わいになっているのは事実。
(該当の時間帯に行ける方は)一度お試しあれ~!

«  | ホーム |  »

プロフィール

hamubane

Author:hamubane

たぶんライトノベル作家的なもの


Twitter

既刊情報

最新コメント

最新記事

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

カテゴリ

ジャンルランキング

[ジャンルランキング]
日記
68位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
27位
サブジャンルランキングを見る>>

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR