スクウェア・エニックスノベルス『スタンプ・デッド』1~5巻&コミック版(完結)、
『太陽で台風』1・2巻(完結)発売中!
ガンガンノベルズ『魔法少女アーヤ☆アミー』発売中!
徳間デュアル文庫『魔王さんちの勇者さま』1~4巻(完結)発売中!
徳間文庫『欠陥妖怪住宅』発売中!
ぽにきゃんBOOKSライトノベルシリーズ『ブチ切れ勇者の世界征服』1~2巻発売中!
徳間文庫『パラレル家族計画』発売中!

2017年4月、第11回HJ文庫大賞にて『銀賞』をいただきました!
2017年5月、ジャンプ小説新人賞’16 Winterにて 小説フリー部門『銀賞』受賞をいただきました!
2017年9月、第30回ファンタジア大賞にて 『金賞』をいただきました!

2017年9月30日(土)、『カンスト勇者の超魔教導 ~将来有望な魔王と姫を弟子にしてみた~』HJ文庫より発売!
第11回HJ文庫大賞『銀賞』受賞作です!

«  | ホーム |  »

旬鮮酒場 玄 GEN

どうも、はむばねです。
はい、というわけでね。
昨日は作業が0.1段落くらいしたので、ふくし氏と飲みに行って参りましたよっと。
ここ最近は、酒といえば作業でしたからね。
ここいらで、一度酒に関するイメージをアップしておく必要があるのだ。
酒飲んだら作業が進むっつーのも、「酒=楽しい」というイメージあってのものですからね。
その前提を覆すわけにはいかない。
酒飲んで書けなくなるとか、冗談抜きで作家はむばねにとっての致命傷だからな!

それはともかく。
昨日お邪魔致しましたのは、旬鮮酒場 玄 GEN さんです。
今年の六月末にオープンしたばかりのお店ですね。


DSC_0072.jpg

串4種盛り。
なんか、いい感じにオサレな盛り付けですね。


DSC_0073.jpg

刺し身1種盛り。
1種っていうから普通に1種類かと思ったら(語彙力)、普通のお刺身と炙りで来ました。


DSC_0074.jpg

とりわさ。
これがちょっと変わり種ですね。
炙った鶏肉を、わさびでなんかしている感じ(表現力)。
わさびが単体でも付いてますが、普通に肉そのものがわさび風味でした。
風味でしたというか、場所によっては結構油断ならないくらいに効いてた。


DSC_0075.jpg

豚バラおろし的なもの(名前忘れた)。
てっきり4種盛りの時の豚バラをちょっとアレンジしただけのものが来るのかと思いきや、結構別物でした。
豚肉で、ネギを巻いてある感じです。


昨日は軽く飲みに行っただけなので、頼んだのは以上です。
結構お肉も推されてる感じなので、今度はその辺りも試してみたいところですね。
日本酒の品揃えも良かったので、そこも色々試したい感じ。


DSC_0076.jpg

なお、軽く終わらせたとは言っていない。
その後は、ふくし氏宅にて更に飲んだのでございました。


えー、というわけでね。
まぁまぁの二日酔いなので、今日はここまでだ!
スポンサーサイト

天神コア オープントップビアテラス -R-

どうも、はむばねです。
さて、今回は実家からの更新ですが天神周辺グルメカテゴリですよっと。
福岡最終日前日に、ふくし氏と飲みに行ったお店ですね。
お店っつーか、ビアガーデンですけど。

今回行きましたのは、天神コアの屋上にあるオープントップビアテラス -R-さん(これが名前で合ってんのか……?)。
ちな、以前にご紹介した福ビルしばふビアガーデンさんの隣のビルです。
なんだこのビアガーデン密集地帯は。

まぁ、というか、チケットが共通だったんで開催元が一緒なのでしょうけれど。
システムも同じで、17時半オープン、22時クローズ(21時半ラストオーダー)で時間制限無しの食べ飲み放題。
この時間制限無しってところが、いかにも福岡らしい頭のおかしさですね。
しかも、前売り券(別に当日でも買える)でお値段3700円です。

ただ、隣り合ってはいても……というか、隣り合っているからと言うべきか。
しばふビアガーデンさんとは、また一風趣向が違った感じでした。

DSC_0018.jpg

まず、最初にビビったのがこれ。
テーブルに、水と大粒の薬品みたいなのが置いてありまして。
なんだこりゃと全く用途が想像出来なかったのですが、聞いてみるとこれがおしぼりとのこと。
薬品みたいなのに水をかけると、水分を吸っておしぼりになるようです。
↑の写真は水かけた後なんでまだおしぼりっぽくなってますが、最初はマジでただのタブレット状の何かでしたからね。
プールに入れる塩素とか、入浴剤とかそういう類の。
「これなんですか」って聞いた時にお姉さんが「おしぼりです」って答えた時は、「あれこの人頭おかしいのかな?」ってちょっと思っちゃったよね。
あの時のお姉さん、ごめんなさい。
ただ、これは最初に説明して然るべきものなのでは? という気もしないではない。
我々、露骨に一見さんな雰囲気丸出しだったと思いますし。
それとも、私が知らないだけでこのタイプのおしぼりって一般的だったりするの……?


というだけでも、割と先制パンチ食らった気分だったんですけども。
お姉さんが「乾杯用にビールをお持ちしましょうか?」って聞いてくれたんで、オナシャースって頼んだんですね。
したら。

DSC_0019.jpg

え、これで来んの!?
最初はサーバごと持ってきてそこから注ぐスタイルなのかな、と思ったんですがこれそのまま置いていったからね。
お、おぅ……。
いや、こっちとしてはありがたい限りなんだけども……。
初っ端から不意打ちしか食らってないぜ……。


というのは、ともかくとして。

DSC_0020.jpg

メインは、サムギョプサルです。
もちろんというか何というか、こちらも食べ放題。
しばふビアガーデンの方はジンギスカン食べ放題で、こちらはサムギョプサル食べ放題。
なんなの、そのチョイス。

普通の店でもなかなかないメニューを、なぜあえてビアガーデンでやろうとしたのか……。
いやまぁ実際普通のビアガーデンとは一線を画してますし、もし他が同じ条件だとすればジンギスカンやサムギョプサルが食べ放題な方を選びますけどね。
流石福岡、攻めの姿勢が過ぎるぜ……。


DSC_0021.jpg

焼き風景はこんな感じ(なお、焼いてくれたのはふくし氏である)。
写真じゃ伝わりづらいかもしれませんが、豚肉はかなりデカいです。
しかし柔らかく脂も乗っていて、なかなかに良いお肉。
これが食べ放題とか、普通にやべぇ。
まぁ、脂が乗りすぎて中年に差し掛かった二人はさほど食べられなかったのですが。

しかし、ちゃんと他にもお食事メニューはあるのでご安心を。

DSC_0022.jpg

しばふビアガーデンよりはやや種類が少ないものの、ちゃんと押さえるところは押さえてるって感じです。
なんか韓国風のスープっぽいやつ?(正体はわからなかった)とか、一風変わったのもありましたね。


DSC_0024.jpg

揚げ物とか、サラダとか。
この辺りは、基本的なバイキングって感じですね。
基本的な……。
基本的……。
基本……。


DSC_0023.jpg


_人人人人人人人人人人人_
> チョコレートフォンデュ <
 ̄Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y ̄



なんでやねん。

いや、ちゃうねん。
別に、チョコレートフォンデュ自体はえぇねん。
ただ、雰囲気っていうか「場」っていうもんがあるやん?
これが、ホテルのビュッフェとかやったら全然えぇねん。
もしくはビアガーデンでも、凄い沢山メニューがある中での一つやったらえぇねん。
例えば、しばふビアガーデンの方やったらそこまでの違和感もなかったやろう(あくまで相対的には)。
ただこっちのビアガーデンは、ホント今回写真に撮ったとこしかフードメニューがないのですよ。
その限られた空間の中で、なぜあえてチョコレートフォンデュを選んだし。

うん、まぁ、結構人気もあった感じですし、正解ではあるのかもしれませんけれど……。
実際、他との差別化って意味ではこの上なく図れてると思いますし……。
ただ、ここの運営は全体的に発想が異次元ですよね。
これが……これが、成功する経営者の独創性だというのか……。


という感じでね。
なかなかに、新鮮な驚きを提供してくれるビアガーデンでございました。
普通に、クオリティ高いんですけどね。
写真撮るの忘れてましたが、ビールも複数種あり、ドリンクもそれなりに豊富でしたし。

今まで、ビアガーデンってあんまり好きじゃなかったのですけれど。
暑いしショボいしビアガーデン補正で高い、って感じのイメージだったので。
しかし、福岡のビアガーデンはそんなイメージを粉々に粉砕してくれました。
むしろ、夏しかやってないのが勿体無いですね。
せっかくなので、夏の間にもう何度か行っておきたいところであります。

き鶏屋 福ビル店

どうも、はむばねです。
ファッ!? この携帯、メールに画像添付する時一枚ずつしか選択できねぇの!?

と、いう事実に絶賛驚愕中です。
嘘でしょ……なんなのその仕様……。
最近撮った写真ならすぐ出てくるんでまぁいいんですけど、ちょっと前の写真をいくつか添付しようとする時とかめんどさの極みやんけ……。
ぶっちゃけ今まで出来なかったことが出来るようになっても「ほーん?」って感じでさほど思うところもないのですが、今まで出来たことが出来たことが出来なくなるとストレスがマッハですよね……。

というのは、ともかくとして。
本日も、天神周辺の飯屋のご紹介ですよっと。
今回は、福ビルのB1に店を構えるき鶏屋さんです。
私は同ビルのTSUTAYAに結構行くので、割とフラッと寄ることの多いお店ですね。

moblog_c7568ab7.jpg

ランチメニューはこんな感じ。
店名に鶏の字は入ってますが、言うほど鶏推しではないですね。
むしろ、豚の方がメインっぽい印象です。
トンテキ定食がイチオシ感出てますし。


moblog_4c098601.jpg

新メニューも、トンテキ系。


moblog_357c578f.jpg

せっかくなので、おすすめされている新メニュー・ねぎ塩とんてき定食860円(税込み)を注文してみました。


moblog_1bca99e9.jpg

携帯が変わっても撮り手の腕がクソなのは変わらず。
というわけで写真では伝わらないと思いますが、思った以上にボリューミーです。
ていうかこれ、メニューの写真より多くない?

お味の方は、濃いめの塩ダレがベリーグッド。
ご飯が無限に進んでいきます。
肉質も柔らか。
ただ、切り方がめっちゃ雑ですがw
一口大に切ってあるのかと思いきや、全然そんなことはなかったぜ!
切れかけのところが普通に繋がってたりするし、なんだったら一枚肉レベルの塊までありました。
まぁ、卓上にナイフがあるので全く問題はないですが。
むしろ、お好きな大きさにお切りくださいという配慮?

閑話休題。
たっぷり載ったネギがまた、塩ダレと絡んでこれもグッドですね。
何気に、どっぷりタレに漬かってシナッとなった下敷きのキャベツも好き。
味噌汁も、たぶんインスタントじゃない自家製だと思います。
漬物といい、地味にいい仕事してる。

ちな、ご飯は並盛・中盛・大盛から選べてどれでも値段は変わりません(上の写真は中盛)。
よく食べる方にも優しい設定ですね。


moblog_a8816829.jpg

別の時に頼んだ、とんかつ定食はこんな感じ。
これまたまた写真じゃ伝わらないと思いますが、かなりボリュームがあります。
他店だと、「ビックカツ」とかってメニュー名に付くくらいだと思います。
私の場合、調子いい時じゃないと食べきれないレベル。
これで700円(税込み)って、すごない?
私的に、とんかつを食べたくなった時に行くお店の第一候補です。


そこまで風変わりなメニューがあるわけでもなく、(天神の中では)際立って安いというわけでもございませんが。
平均値が高く、普段使いするのに勝手の良いお店でございます。

麺や兼虎の『井の庄の油そば』

どうも、はむばねです。
はい、本日の更新はね。
なんかちょい久々な気がする、天神周辺の飯屋紹介のコーナーですよっと。
つっても、紹介するのは最早お馴染みとなりつつある兼虎さんですが。

※ご存じない方向けの兼虎さん説明(既にご存知の方は読み飛ばしてください)
福岡では大変大変大変希少な、豚骨ではないラーメン屋さん。
関東系つけ麺がメインで、福岡で唯一(?)三河屋製麺さんの麺を使用しているのだとか。
私は福岡に来た当初(3年前くらい)から通っており、当初は割といつ行ってもすいてたのが、2年前くらいから超が付く程の行列店に。
私のオススメ、つけ麺+ヤサイアブラについて書いた記事はこちら


さて、このお店について書く時はいつも言ってる気がしますが、元々私はここの油そばが好きで通ってたんですよ。
しかし(割と早々に)メニューから消え失せ、今でもずっとその復活を願っておりまして。
未練がましく定期的にお知らせをチェックしているのですが(あとちょくちょく営業時間とか変わるし)、今月頭に更新されたお知らせになんと油そば開始の文字があるじゃないですか。
すわこれはついに私の願いが届いたのか!? と喜び勇んでクリックしてみたのですけれど。
なんか、店主が修行時代に衝撃を受けたお店(店主が修行してたお店っぽい?)の油そば……なんだとか。

おいおーい、こっちが求めてんのはそういうんじゃねーすんよねー。
いいから、前の油そばを復活させてくれよ……それだけいいんだよ……。

……と、まぁまぁ落胆しながらも一応チェックしに行って参りました。

moblog_08650f52.jpg

んー、やっぱ見た目からしてちょっと求めてるもんとは違うんだよなぁ……。
まず、麺が細めだしさー。
それに、なんか緑が多くってヘルシーな感じに仕上がってるけど油そばってのはそういうんじゃなくt美味っ!?

な、なんだこれ……滅茶苦茶うめぇじゃねぇか……(即落ち

いやね、まぁそら、兼虎さんだからある程度は美味しいだろうなって予測はあったんですよ。
けどそれも、たぶん結局「これならつけ麺の方がいいかな……」って判断するレベルだと思ってたんです。
貴重な兼虎チャンス(健康を考えて一応自分で制限を付けている)を1回潰してまで頼む程のものじゃないだろうな……って。

が、とんでもない見込み違いでしたね。
確かに、元々求めていたものとは違う。
違うがしかし、別ベクトルであのお味に並ぶレベルでした。
これがあるならば、もう私はあの味を求めて彷徨う旅人から脱出することさえ可能……!

まぁ、限定メニューなんですけどね。
なぜ、この店で私が好きなメニューは消え行く運命にあるのか……。
いや、大人気だったらレギュラーメニューとして定着する可能性もワンチャン……?
いずれにせよ、とりあえずメニューにあるうちに通わないと……(使命感


というのはともかくとして、お味の方を説明すると。
まず、食べた瞬間にガツンと来る濃いタレがベリーベリーグッド。
醤油ベースの濃さ、とてもとても良いですねぇ……。
これは人によって好みが分かれるかもしれませんが、出てきた時点で麺全体にタレが絡んでるのも個人的には好ポイントでした。
底にタレが溜まってて自分で混ぜていくタイプだと、ムラが出来たりするし大抵初見の店だと最後にタレを余らせてしまうのでね……。

閑話休題。
最初に見た時は麺の細さ(それでも福岡では極太と言っても良いレベルですが)に失望したものですが、これもちゃんとタレに絡めるためなんでしょうね。
これまた求めてた歯ごたえとは確かに違うんですけど、この味と具材のバランスならこれがたぶんベスト。
トッピングがお飾り程度であれば麺の歯ごたえを求めたいところですが、本メニューに関してはトッピングもかなり多めですからね。

ちなみに、上の写真はトッピング何も追加無しのノーマルバージョンです。
チャーシューたっぷり、味玉もついて850円(税込み)って凄くないですか?
普通この値段なら、味玉抜き、チャーシューもこれの半分入ってりゃ優秀ってくらいだと思います。

ほんで、このトッピングがまた美味しいんですよね。
まぁこれに関しては他のメニューと共通なので、新たな発見ってわけでもないのですけれど。
チャーシューはトロトロで、しかし結構な太さで切ってあるので肉肉しさも十分。
ほんでこれ、写真だと下になっちゃって見えないですけど、めっちゃチャーシュー沢山入ってるんですよ。
割と豪快に食べていっても、最後まで残ってるくらいです。
煮玉子にいい感じに味が染みているのは言わずもがな。
メンマも勿論柔らかですし、最初は「これ多すぎじゃね?」と思った青葉もちょうどいい具合にアクセントになってグッドです。
個人的には、ここに更にニンニクをぶち込むとジャンク感が増して好きな感じでした。

写真じゃボリューム少なめに見えるかもしれませんが(というか実物見ても最初は少なめに思えた)、具材の多さもあって意外とボリューミーでした。
その分麺が少なめかというとそんなこともなく、これまた十分な量がありますしね。
ぶっちゃけ私ではちょっと多めに感じたくらいなので、たぶんつけ麺の並盛り+ヤサイアブラよりはボリュームあるんじゃないかな……。


という感じで、大変大変満足のいく逸品でございました。
これはちょっと、多少健康を犠牲にしてでもメニューにあるうちに通わねばならぬかもしれぬ……と思うレベル。

福ビルしばふビアガーデン

どうも、はむばねです。

moblog_efdb8f53.jpg

はい、というわけでね。
昨日は、ふくし氏とビアガーデンに行って参りましたよっと。
場所は、福ビルしばふビアガーデンさんです。
去年も行ったところですね。
ぶっちゃけ大体去年書いた感があるので今年は写真マシマシでお送り致します。

まず、システムなんですけどね。
17時半オープン、22時クローズ(21時半ラストオーダー)の食べ飲み放題。
で、その間いつ入っても時間制限は無し。
つまり、最大4時間の食べ飲み放題というわけです。
完全に頭おかしい(褒め言葉)。
値段は、一人3900円。
前売り券を買えば、3700円です。
これだけでも、破格ですよね。
しかし、そこは天神クオリティ。
内容はもっと頭おかしいぞ(褒め言葉)!

まずね、最初の写真にも映ってましたけども。

moblog_9ebc44a5.jpg

ジンギスカンが食べ放題。
ビアガーデン! ウィズ! ジンギスカン!
なんなのその組み合わせ。
マジで、これ考えた人の頭がどうなってるのか知りたい(褒め言葉)。
ジンギスカンとビアガーデン、両方まぁまぁ希少なのになぜか合体しているという。


これだけでもだいぶ頭おかしい(褒め言葉)のですが、それだけに留まりません。
ジンギスカン以外の料理と、酒の種類が明らかにビアガーデンのクオリティじゃねぇ。

moblog_08c0d782.jpg

moblog_4eceb3b2.jpg

moblog_c522c3e6.jpg

moblog_d09acf16.jpg

まず、ビールだけでもこれだけの種類があります。


moblog_9593bd5b.jpg

セットすると勝手に下から注がれてくる、トルネードサーバまであるでよ。


moblog_85262d13.jpg

更に、各種ワイン(ピンボケ失礼)。


moblog_49608e37.jpg

なんかよくわからんカクテル的なもの?


moblog_9c00c7f7.jpg

チューハイやサワー(再びピンぼけ失礼)。

とかとかね。
最早、全部撮るのを諦めたレベルで各種揃いまくってます。
もちろん、定番カクテルやハイボールなんかもあります。

食べ物の方も、ジンギスカンだけではありません。

moblog_e507d909.jpg

moblog_83252348.jpg

moblog_a53355c1.jpg

moblog_eee1a420.jpg

moblog_d60bc39b.jpg

moblog_dce10c9f.jpg

moblog_a70fcb85.jpg

moblog_85960b52.jpg

定番系から変わり種系まで、各種取り揃えられまくってます。
これまた、全部撮るのを諦めたレベル。
デザートに、かき氷やアイスもあるよ!

つーかこれ、明らかに去年よりパワーアップしてますね。
確か、去年はこれの三分の一くらいだった気がする。
地味に値段上がってたりするのですが、これなら納得……というか、これ採算取れてんの?
相変わらず、天神の店はこれでやっていけてんのか心配になるぜ……。


という感じでね。
夏の夜、ビアガーデンとは思えないようなビアガーデンで過ごされてはいかがでしょうか?
我々も、この夏何度も行く予定だよ!


moblog_8517b3d0_20170608185700c78.jpg

イギリス人のにーちゃんが歌うステージなんかもあるで。

一やのごはん

どうも、はむばねです。
はい、本日もやって参りました「普段めちゃくちゃ利用しまくってるけど普段使いすぎてそういやブログでは紹介してなかったお店を紹介しよう」のコーナー。
第6回は春吉のお店、一やのごはんさんです。
こっちに越してきた直後から、それこそ数え切れない程にお世話になってきたお店であります。

moblog_bc4effdb.jpg

定食のメニューはこんな感じ。
種類が豊富。
そして、全体的にかなりお安めな価格帯なのがありがたいですね。
600円メニューと500円メニュー(右下の方)もめちゃ充実してます。


moblog_e2f35115.jpg

ちな、一品メニュー・サイドメニューはこんな感じ。


moblog_b2b82ac2.jpg

今回は、お好み風ポークソテー定食500円(税込み)を注文。


moblog_8e676140.jpg

いわゆる豚平焼きに近いものですね。
ただ、豚平焼きは通常バラ肉だと思うのですが、ここのはロース肉が使われてます。
ので、豚平焼きともまたちょっと違った印象になってますね。
肉の食感的には、むしろトンカツに近いかな?

ほんで、味付けはソースとマヨネーズ。
これは、まさに『お好み風』ですね。
濃いめの味付けで、非常にご飯が進みます。
ちな、ご飯は大盛り無料。
画像は普通盛りですが、これでも結構な量があります(見切れててあんまわかんないと思いますが)。

……ところで、これがおかずになるなら普通にお好み焼きもおかずになるのでは?
いや、私は関西人なので(?)普通にお好み焼きでご飯食べるんですけどね。
例えば、豚玉とかやとこれとそんなに変わらんくないですか?

話が逸れました。
この店の定食全般に言えることなのですが、結構ごっさりとサラダを盛ってくれるところも一人暮らしの身としては嬉しいところですね。
たっぷりかかってるドレッシングはこれ、自家製でしょうか?
ゴマベースっぽい感じなのですが、市販のものとは違う味わいな気がします。
これがまた美味しいんですよね。

それから、個人的にこのお店で欠かせないのはこちら。

moblog_d9f923e5.jpg

ふりかけ。
こちらは、間違いなく自家製です(店内にそう銘打たれてるので)。
程よい塩分と旨味で、めっちゃご飯が進む逸品。
ぶっちゃけ、これとご飯だけで余裕で一食分過ごせるレベルです。
小魚も(結構沢山)入ってるので、ここでも栄養をサポートしてくれるのがありがたいところですね。


定食メニューを一周するだけでも(毎日通う前提で)2ヶ月かかるのに、更に一つ一つのメニューに飽きもきません。
そして、更にリーズナブルと。
普段使いするには、ほぼ最強クラスのクオリティだと思います。
流石に観光しに来た方向けにオススメは出来ませんが、天神周辺に住む方には是非とも知っといていただきたいお店ですね。

居酒屋がんこ のランチ(肉)

どうも、はむばねです。
はい、本日もやって参りました天神周辺のランチご紹介のコーナー。
今回は赤坂周辺のお店、居酒屋がんこさんです。
居酒屋と銘打ってはいますが、ランチもかなりの高クオリティ。
……うん、まぁ、ていうか、居酒屋さんのランチって基本クオリティ高いですよね(イメージ)。

ただ、ここのランチは結構独特な気がしますね。
メニューは、↓こんな感じなのですが。

moblog_728fa928.jpg

moblog_83db0c34.jpg

見ていただければわかる通り、ザ・お肉である。
全メニュー! 肉!
肉! オンリー!
実に男気を感じるラインナップですね。


moblog_18073f42.jpg

今回は、一番人気らしいジューシーさがり定食のレギュラー(120g)780円(税込)を頼んでみました。
とりあえず、一目見て思ったことはですね。


moblog_6b6cb174.jpg

結構肉多いな!?
写真じゃ伝わりづらいと思いますが、結構ボリューミーですよこれ。
120gってこんなにあるんだっけ……?
ていうかこれ、メニューの写真より多くない?
なんかペラい感じで切ってある肉が数枚出て来るのかな、と思ってたらめっちゃ分厚い肉切れが沢山来たでござる……。

ま、まぁそれはともかくですね。

moblog_4a565102.jpg

卓上には、各種調味料が揃ってます。


moblog_900e8457.jpg

メニューに書いてある「通の食べ方」とやらに従って、まずは塩で一切れいってみましょうか。
いざ、実食。

すると。
う、うめぇ……!
いやもうね。
この味を表現するのに、ややこい言葉は不要ですよ。
肉! 美味い!
これぞ、真理。

いやねー。
歯ごたえのある赤身肉なんですが、噛み切りにくいということはなくとっても柔らか。
先述の通り凄く分厚く切ってくれてるんで、ものすげぇ「肉食ってる!」って実感があります。

沢山あるので、各種調味料を色々と使えるのもワクワクして嬉しいところですね。
まずは、塩。
比較的シンプルな味わいがお肉の味を邪魔することなく、最大限に引き立ててくれます。
次いで、ジャポネソース。
酸味甘味旨味が渾然一体となって溶け合った複雑な味わいですがこれもソース自体の主張はそこまで激しくなく、しっかりお肉の味わいを深めてくれます。
そして、和風醤油。
普通の醤油ではなく味が付け足された独特の味わいで、ただでさえ肉にも合う醤油が更に相性アップしててベリーグッド(ただ和風醤油ってネーミングは何やねん重言かよ)。
最後に、ステーキソース。
僅かな酸味に玉ねぎの旨味が混ざり合ってこれまたグッド、これは強い味同士のハーモニーって感じですね。

全部試してみましたが、個人的には塩がやっぱ一番シンプルに肉の味を引き立ててくれる感じで好きでしたかねー。
うん、まぁ、ただ。

moblog_a97f36ca.jpg

「塩」と銘打たれてる調味料そのものは、全くシンプルなものではありませんでしたが。
クレイジーソルト的なものですかね。
とりあえず、塩単体でも美味い。

何気に、たっぷり盛られたオニオンフライと敷き詰められたもやし、ブロッコリーに人参と野菜が補給出来るのもありがたいですね。
この辺りは、ステーキソースと合わせて食べるのが個人的にはオススメかも。
もちろん、普通にそのまま食べても美味しいですけどね。

あと、地味に豆腐もいい仕事してる。
基本的に肉々しさが前面に出てる中での清涼剤。
添えられた生(たぶん)玉ねぎが全く玉ねぎ臭くなかったのも個人的にポイント高い。

ちな、ご飯はおかわり自由です。
もの凄い細かい事で恐縮なのでが、これがセルフで盛る形式なのも個人的に好ポイントなんですよね。
店員さんに言うタイプだと、忙しそうな時にタイミング見つけづらいので……。


moblog_d6fcaa6f.jpg

これは夜営業の方ですが、日替わりでサービスメニューがあるようですね。
夜に行ってみるのも面白いかも。


moblog_002cb4b7.jpg

あと、毎月29日はなんと肉を増量しても120gと同じ値段で提供していただけるようです。
これは、行かないと……(使命感
まぁ問題は、ぶっちゃけ私は120gでも十分すぎるという点だな!
今回も、滅茶苦茶満腹になった。

という感じでね。
割と隠れ家的な位置に存在するお店なんですが(最初若干入るの躊躇した)、思わぬところに高クオリティなお肉店を見つけました。
こういうのがあるから、お店探索は止められませんね。

イリオモテネコ食堂のテイクアウト弁当

どうも、はむばねです。
ほいさ、またまた天神周辺ランチご紹介のコーナーがやって参りましたよっと。
今回は以前にもご紹介致しましたイリオモテネコ食堂さんの、今度はお持ち帰りのお弁当です。
なお、同じ店の紹介が多いのは仕様です。
私の行動範囲と時間も限られてるからね、仕方ないね。

ところでイリオモテネコ食堂さん、HP更新して貰えませんかねぇ……?
もうだいぶメニュー変わってるし、営業時間も11時開店から11時半開店に変わってますよね……?
Twitterも、去年の4月から止まってるし……。
まぁ別に私は近いので、直接確認しにいきゃいいだけなんでいいんですけど……。
これ、HP見てトラップに引っかかる人多いやろ……(私も最初引っかかった)。


というのは、ともかくとして。

moblog_92989afb.jpg

テイクアウトのメニューはこんな感じ。
ちな、税込価格です。
ワンコインで収まるメニューが多いのがありがたいですね。


moblog_305a462f.jpg

今回は、イチオシされている感のある煮込ハンバーグ弁当(500円)にしてみました。

えー、まぁ正直なところね。
最初見た時は、思いました。
あれ、なんかショボいな……? と。

メインがポンッとあって、あとは体裁を整える程度に添えられた副菜類。
メインのハンバーグも、さほど多くないように見えます。
あれ、名古屋でよく売ってた200円台のお弁当かな……? というのが第一印象でした。
これで500円は、天神周辺じゃなくても高めじゃね……? と。

しかし、違いました。
その認識は誤りだったのです。
ラインナップが貧弱なのではない。
メイン一品だけで十分なのです。

もうね、このハンバーグがめっちゃ美味いのですよ。
フワッフワの仕上がりで、肉臭さのない非常に上品な味わい。
しかし確かな旨味は感じられて、ご飯が進んで仕方ありません。
一欠片だけで、ご飯が無限に食べられる。
そ、それが二個も入っている……だと……?
多くない、などととんでもない。
このハンバーグが二つも入ってるのは、明らかにご飯に対するオーバーキルや……!

更に、たっぷりかかっているデミグラスソースもベリーグッド。
濃厚な味わいなのですが、これもしつこさはなくお上品。
しかし物足りないということは全くなく、なんだったらこれだけでもご飯いける。
やはり、ご飯に対するオーバーキル……!

失礼ながら見た目はコンビニ弁当に添えられてるのと大差なさそうな副菜も、きっちり手作りのお味。
控えめながら、箸休めに大変良い仕事してくれます。
つーか、これまたそれぞれ単体でご飯がいける。
やはり、ご飯に対する(ry

これで500円は、普通にお得ですわ。
やはり、天神に店を構えてるだけのことはある……。
なんか、前にも同じこと書いた気がするけど……。

うん、いや、ていうかね。
これはちょっと器が悪くない?
なんか、内容に対して器がデカい気がするんですよね。
もうちょっと小さい容器にして隙間なくしたら、見た目にもお得感出ると思うんですけど……。
まぁ、たぶん全メニュー共通で使えるようにしてるからなんでしょうけど……。
これは、ちょっと見た目で損しちゃってる感があるなぁ。
食べ終わった後で見て尚、↑の写真だと「お、おぅ……」ってなるもんな……。

まぁ、ともあれね。
百聞は一見にしかずといいますか、百見は一食にしかず。
近くに行かれた際には、一度お試しくださいな~。

からあげ番長のミックス弁当

どうも、はむばねです。
ほいさ、体調は回復傾向でございますよっと。
元々そこまで減衰してたわけでもありませんが、食欲も概ね普段通りまで戻ってきた感じです。
ここまで来ると、後は完治に向けてひた走るだけですね(慢心)。

そんなこんなで、天神周辺グルメのコーナーです。
本日ご紹介するのは、からあげ番長今泉店さんです。
以前にチラッとご紹介した、角打ち牛作さんの後に入ってるお店ですね。
お店っていうか、ぶっちゃけほぼプレハブですが。
昼は(たぶん)持ち帰りのみ、夜は飲み屋も兼ねてる感じっぽいです。


moblog_6618255b.jpg

メニューはこんな感じ。


moblog_97d32ccc.jpg

今回頼んだのは、ミックス弁当(500円)。
ワンコインで収まるのが嬉しいですね。

んで。
普通、ミックスフライっつったら白身魚とかエビとかが入ってくるイメージじゃないですか。
が、こちらではミックスといえば鶏モモと鶏ムネのミックスです。
何をミックスしてんだよwwww
すげぇなこの店、肉を食わせる気しないぞ……。
付け合せも申し訳程度……。
実に男らしさを感じる……。

ま、それはともかく。
お味の方は、といいますと。
まず、もも肉。
こちらは、期待通りのジューシーさ。
そうそう、こういうのでいいんだよ……って感じの唐揚げです。
そして、胸肉。
胸肉の唐揚げって、ちょっと珍しいですよね。
こちらは、やはりといいますか、もも肉よりはサッパリ目。
しかし物足りないかというとそんなこともなく、しっかり「唐揚げ食べてるな」って満足感があります。
また、かかっているソースもいい感じに味を付け足してくれてます。
添えられたからしも、アクセントになってグッドですね。

全体として、奇を衒うようなものではありません。
大体、想像したものがそのまま出てくる感じ。
しかし、やはり「肉を食わせるぞ!」という強い意思は感じますね。
ボリュームは結構なもので、これで500円というのはなかなかにリーズナブルではないでしょうか。
つーか、ぶっちゃけ私にはオーバーキル気味でした。

ガッツリ肉の揚げ物を食べたい! という時にオススメのお店ですね。

麺や兼虎

どうも、はむばねです。
「普段めちゃくちゃ利用しまくってるけど普段使いすぎてそういやブログでは紹介してなかったお店を紹介しよう」のコーナー、第5回。
今回は、ラーメン専門店の兼虎さんです。
ここに至っては何回か紹介してすらいるんですが、このカテゴリでは紹介してなかったからというガバガバ判定。
まぁ実際、今までの紹介の仕方は「かつて食べた油そばに近いものが出る」という括りだったので……。
今回は、しっかりお味もご紹介していきたいと思いますです。


moblog_5e860d49.jpg

私がいっつも頼むのは、濃厚つけ麺850円(税込み)です。
麺は、並盛なら200g。
中盛(300g)まで無料です。
画像は、中盛のもの。

いわゆる関東系つけ麺っていうんでしょうか。
たぶん、一般的に「つけ麺」っつってイメージする普通のつけ麺です。
魚介豚骨ベースのスープに、ストレートの太麺。
他の土地にオープンしてたら、もしかするとそんなに目立たない店になってたかもしれません。
クオリティは高いけど、普通のつけ麺、って感じで。
ただ、福岡においてはめっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっちゃくちゃ希少なお店です。
つーか普通に、関東系つけ麺を出すのってここだけ? っぽいですね。
少なくとも、関東で最もメジャー(らしい)三河屋製麺謹製麺の麺を使ってるのはここだけだとか。

いや、つけ麺自体は(他の土地に比べればクッソ少ないけど)出す店もそこそこあるんですよ。
ただ、大部分が「豚骨ラーメンメインですがつけ麺もやってます」って所でして。
かなりの高確率で細麺なのです。
もちろんそれはそれで美味しいんですけど、普通のつけ麺を求めていくとコレジャナイ感が……。
極々々々々々々稀に太麺で出してくれるところもあるんですが、今度はその店独自のオリジナリティに溢れすぎてて、「うん、わかる。こだわってるね。凄く美味しいです、これ。でも、食べたいのはこれじゃねぇつってんだろうが!」と理不尽な怒りを感じてしまうのです。
そんな乾きを唯一満たしてくれるのが、この兼虎さんなのです。
実は私、こっちに来て割とすぐにこのお店とは出会ってるんですよね(確か、ハロワの近くにあったからだと思います)。
その時は「おっ、こっちにもこんなつけ麺出す店あるんや」程度に思っていたのですけれど。
今となっては、己の豪運に感謝しかありません。
もしこの時出会っていなければ、私はつけ麺を食べるためだけに飛行機や新幹線に乗っていたかもしれん……。

……と。
ここまで、「関東系つけ麺を出す店がここだから仕方なく行ってる」みたいな論調に見えてしまったかもしれませんが(つーか、長々とすみません)。
そんなことは、全くありません。
仮に(同系統の店がアホみたいにあった)名古屋時代に出会っていたとしても、私は足繁く通っていたことでしょう。
まぁ、つーか、単純に美味いんですよね。

スープを一口啜れば、肉と魚介の混じり合ったコクのある旨味が口の中で爆発します。
めっちゃ濃厚なんですがしかし胸焼けを起こすような類のものではなく、ぶっちゃけスープだけでもゴクゴクいけるレベル。
濃厚なのに、マイルドなんですよね。
凄く口当たりがいい。
そして、太めの麺はモチモチしててこれまた単体で食べても味わい深いものです。
それがスープと絡まった時のハーモニーが素晴らしい。
普段私は割とチンタラ食べる方なのですが、ここのつけ麺はガツガツいってしまいます。

ほんで、スープに埋まって見えないんですけど、これ実はかなりの具沢山なんですよ。
中でも特にオススメポイントなのが、チャーシュー。
一口大……というにはちょっと大きいかな? くらいの肉塊が、めっちゃゴロゴロ入っているのです。
ほんで、それがとっても柔らか。
割と脂身も多めで濃厚な肉の味が感じられるのですが、しかしこちらもしつこさは全くありません。
麺と一緒に食すと、主食・おかず感覚でベリーグッドです。

他の具材も、アクセントになって非常にいい感じ。
ちなみに、ネギは無料で増量できます。


moblog_aaf26e3e.jpg

あと個人的には、ヤサイアブラ(120円)をトッピングするのがベリーベリーオススメ。
初回は、純粋に味を楽しむために無しでもいいと思いますけどね。

でも、これが凄い威力でして。
アブラとニンニクを大量投入することで、途端にジャンキー感が激増します。
この旨味が、またスープと非常にマッチするのですよ。
ニンニクに食欲を促進され、アブラで脳内物質を分泌し、「うぉぉぉぉぉぉぉ! 俺は今! 美味いものを食べている!」という満足感が得られまくりんぐ。
病みつきになるお味です。
#ちな、ニンニクは無しにも出来ます。

野菜を足すことで、(気持ち)健康面にも気づかえ(たような気になれ)ますしね!
まぁ、総合で見ると圧倒的にマイナスだろうけどな!
それでも、どうしても食べに行ってしまうんや……。


というわけで、毎度行く度に大満足なのですけれど。
ただ、一点だけ不満な点がございまして。
それは、結構頻繁にメニューと営業時間が減ること。

そもそも、私は見つけた当初ここには「まぜそば」をメインに食べに行ってたんですよね。
それが、夜限定になったかと思えばメニューそのものか消え失せ
以前に比べて、麺が細くなり
それでも当初は追加料金払えば「極太麺」というのを注文出来たんですが、そのメニューもなくなり。
そしてついに先月からは、平日の昼営業すら消滅しました
もうホントね、前にも書いたけど好きだったところを一つずつ一つずつ丁寧に潰されていくこの感じよ。
まぁ、慢性的に人不足みたいなので仕方ないのでしょうけれど……。
そして、それでも行ってしまうんだよなぁ……。
どれだけ削られても尚、どうしても行ってしまう魅力を備えたお店なのであります。

あ、ちなみにめっちゃ混みますのでその点はご注意を。
こないだ日曜の昼に行ったら、開店(11時)前から人が並んでて11時10分にはもう入れない人の列が出来てました。
開店直後に滑り込むのがオススメですね。
だからこそ、平日昼に行きたかったんだけどなぁ(平日昼でも11時半には余裕で行列出来てたけど)……。

«  | ホーム |  »

プロフィール

hamubane

Author:hamubane

たぶんライトノベル作家的なもの


Twitter

既刊情報

ほぼ全部絶版だけどな!

カンスト勇者の超魔教導<オーバーレイズ> ~将来有望な魔王と姫を弟子にしてみた~ (HJ文庫)

最新コメント

最新記事

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
ブログ (4359)
スタンプ・デッド (73)
情報系 (23)
短ネタ (35)
太陽で台風 (2)
しゅーかつ (18)
レパートリー確認PJ (27)
自著を無理矢理褒める (7)
感想 (301)
天神周辺グルメ (45)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR