スクウェア・エニックスノベルス『スタンプ・デッド』1~5巻&コミック版(完結)、
『太陽で台風』1・2巻(完結)発売中!
ガンガンノベルズ『魔法少女アーヤ☆アミー』発売中!
徳間デュアル文庫『魔王さんちの勇者さま』1~4巻(完結)発売中!
徳間文庫『欠陥妖怪住宅』発売中!
ぽにきゃんBOOKSライトノベルシリーズ『ブチ切れ勇者の世界征服』1~2巻発売中!
徳間文庫『パラレル家族計画』発売中!

命名規則

どうも、はむばねです。
本日2回目の更新。

既に読んでいただいた方はご存知かと思いますが、『魔王さんちの勇者さま2』では固有名詞の命名規則について触れています。
こちらに関しては3巻で答えを言うとして、せっかくなので他作品の命名規則に触れてみたいと思います。
といっても、スタンプに関しては命名規則もあるにはあるのですが、メインキャラ回り(少なくとも1巻登場キャラ全員)が完全に身内ネタなので省略。
ちょっとはずれたら一応意味による命名もあるので、そのうちスタンプの方もやってもいいかな?

とまれ、今回は太陽で台風についてです。
まぁ、こちらはそんなたいした規則があるわけでもないんですが。

・下の名前は一文字
たぶんこれは気付いている方も多いでしょうね。

・名前の文字はキャラのイメージ
華:そのまま、華やかさ
陸:華を受け止める広さ
盟:同盟、盟友等、無二の友人
雄:猛々しさ(性格と真逆に)

・苗字に関しては完全に響きのみ
ただし、「柳下」「平山」「上里」に関しては一応コントラスト。

・名前ありは主要キャラのみ
下の名前ありキャラは、上記4人のみ。
実は、他にも4人くらい名前ありキャラがいたはずだけど全て消滅したよ!
雄君も、名前が出来た時点ではメインクラスに出番を張る予定だったのですが……(苦笑


そんなもんかな。
うん、ホントにたいしたことなかったな。
1回目の記事だけだとアレだと思って書いてはみたけど、足したところでアレだった。
スポンサーサイト

過去SS更新:親切=

「例えばさぁ、電車の中で座ってるとするじゃん? んで、お年寄りが乗ってくるとするじゃん?」
「なぁ」
「でもさ、そこで席譲るのってなんか恥ずかしくない?」
「なぁ陸」
「だから俺は目の前にお年寄りが立ったときにだけ、何も言わずに立ち上がるんだけどさ。そもそも……」
「おいこら!」
「おぶっ!?」
 突如放たれた盟のボディブローによって、俺の言葉は強制的に遮られた。
「い、いきなり何をする……」
「それはこっちのセリフだ。突如電話で呼び出したと思ったら、いきなり何の話を始めてるんだお前は」
「だから、日本人ってなんか親切=恥ずかしいっていう感覚持ってる気がするけどそれってなんでなんだろうねって話だよ!」
「そ、そうか。それはすまんかった」
 俺の熱弁に気圧されたのか、盟は半歩下がる。
 俺も熱くなりすぎたことを反省し、一つ深呼吸。
「で、なんでだと思う?」
 改めて盟に尋ねてみる。
「あ? あー、そうだなぁ……偽善とか、なんかそういう言葉があるせいじゃないか? 『あいつ、いいことして自分かっこいいと思ってるんじゃね? プゲラwww』って思われるのが嫌だとか」
「なるほど、それはかなりいい線いってる気がするな。けど俺は前々から思ってたんだが、一般的に『偽善』って言われてることって基本的にただの善行であることの方が多くね? 特に自己満足のために善行を行うことまで偽善って言われちゃ、それこそ聖人君子しか善行行えない計算にならないか?」
「まぁなー。なんていうかアレだ、『真面目ってカッコワルイ』みたいな風潮あるだろ? それの延長上なのかもな」
「つまり中坊の頃、先生に「なんで掃除とかしなくちゃいけないんですかーwww」とか言ってた奴の延長ってことか」
「まぁ実際、そっち側の人間の方が多いからそれが社会全体の風潮になるんじゃねーの?」
「なるほど、それは嘆かわしいな」
「あぁ、嘆かわしいな」
「………………」
「………………」
 どちらからともなく押し黙り、しば沈黙が流れた。
「ところで、ふと思ったんだけどさ」
 沈黙を破った俺を、盟が視線だけで促す。
「……この話、すごくどうでもよくね?」
「知ってたよわかってたよ最初から! お前まさかホントにこんな話するためだけに呼んだんじゃないだろうな!」
「そんなわけあるか。さしもの俺もそこまで暇人じゃない」
 まぁ、基本的に暇人であることは否定しませんけどね?
「カラオケ行こうぜー。最近放出してない新曲が増えてきてさ」
「あぁ、そりゃちょうどいいわ。俺も最近アンティックにハマり始めててさー」
「マジでー? 今日そういう空気? プレパレードとか歌っちゃダメ?」
「いやいつも通りお互い適当でいいだろ。他の人がいるわけじゃないし」
「じゃあそんな感じで」
 というわけで俺たちは、何事もなかったかのようにカラオケ屋に向かったのだった。



«  | ホーム |  »

プロフィール

hamubane

Author:hamubane

たぶんライトノベル作家的なもの


Twitter

既刊情報

最新コメント

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
ブログ (4276)
スタンプ・デッド (73)
情報系 (21)
短ネタ (35)
太陽で台風 (2)
しゅーかつ (18)
レパートリー確認PJ (27)
自著を無理矢理褒める (7)
感想 (244)
天神周辺グルメ (35)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR