FC2ブログ
ファンタジア文庫『世話好きで可愛いJK3姉妹だったら、おうちで甘えてもいいですか?』11/20発売!
JK文庫『異世界からJK転生した元妹が、超グイグイくる。』11/30発売!
JUMP j BOOKS『ぼくたちは勉強ができない 未体験の時間割』12/4発売!

スクウェア・エニックスノベルス『スタンプ・デッド』1~5巻&コミック版、『太陽で台風』1・2巻発売中!
ガンガンノベルズ『魔法少女アーヤ☆アミー』発売中!
徳間デュアル文庫『魔王さんちの勇者さま』1~4巻発売中!
徳間文庫『欠陥妖怪住宅』、『パラレル家族計画』発売中!
ぽにきゃんBOOKSライトノベルシリーズ『ブチ切れ勇者の世界征服』1~2巻発売中!
HJ文庫『カンスト勇者の超魔教導』1~3巻発売中!
ファンタジア文庫『お助けキャラに彼女がいるわけないじゃないですか』1~3巻発売中!
JUMP j BOOKS『ぼくたちは勉強ができない 非日常の例題集』発売中!

受賞歴:
2004年、第1回スクウェア・エニックス小説大賞『入選』
2008年、第5回トクマ・ノベルズEdge新人賞『徳間デュアル文庫特別賞』
2017年、第11回HJ文庫大賞『銀賞』
2017年、ジャンプ小説新人賞’16 Winter 小説フリー部門『銀賞』
2017年、第30回ファンタジア大賞 『金賞』

«  | ホーム |  »

自分の作品が誰かのそれになってくれればそれほど嬉しいことはない

どうも、はむばねです。

なんと言いますか、感動するほどの作品に出会いたいです。

別に作品自体に感動する必要はなく、その作品と出会えたことに感動できるような作品に出会いたいです。

久しくそういう作品には出会っていません。

ちなみに、久しくということは以前に出会った経験はあるというわけで。

これまでの人生において、私は3作そういう作品に出会っています。

面白かった作品はもちろん他にも数あります。

何度も読んでも、今読んでも面白い作品は数あります。

それら他の作品とその3作が、具体的にどう違うのかは私にもわかりません。

とにもかくにも、私がその出会いに『感動した』と言える3作品。

今日は、そんな作品を挙げてみたいと思います。

ちなみにこれはあくまで私の主観において感動的な出会いを果たした作品というだけであり、お勧めしたい作品ではないということを予めご了承ください


○泣くようぐいす(マガジンコミック、木多康昭)

7巻打ち切り。

今日紹介する3作のうちで、最もお勧めしないもの

個人的には、この続きを切望したい。

金さえあれば個人的に続きを木多先生にお願いしたいくらいである。

木多作品といえばギャグ部分を評価したのかと思われがちだが、私はこれを野球漫画として評価したい。

無論、ギャグの部分も重要ではある。

えらいシリアスな場面の、その次のコマを速攻でチャカしてみたり。

ついさっきまでギャグな展開だったはずが、一転してちゃんと野球をする展開になってみたり。

そういう緩急というか、切り替えが一層物語りを引き立てていると思うのである。

そして、野球漫画としてかなり熱い今作が出来上がっていると個人的には思っている。

が、そんな感覚が他人に伝わらないであろうことは十分理解している。

7巻打ち切りという事実がそれを如実に物語っているといえよう


○それは舞い散る桜のように(パソゲー、Basil(綴り不明瞭))

アレがナニでピーっつかぶっちゃけ18禁なので、これまたお勧めはしない。

が、一応そういう18禁な部分とは一切関係ない部分で面白かったとは追記しておく。

この作品で最も評価したいのは、主人公・桜井舞人(名字合ってるかどうか若干微妙)の存在である。

私は、かつてこれほどまでに完成された笑い特化キャラを見たことがない

決して天然ではなく(そういう部分もあるが)、狙い済ましたボケ。

そして、狙いであるがゆえに他の自分以上のボケと共にいる場合はツッコミに転じることもできる。

何より、どんな状況をも最大級の笑いに変えることができる。

作家・はむばねの理想とするキャラと言えるかもしれない。

はっきり言ってこの作品、ストーリー全体を見ればさほどのことはない(あくまで個人的な評価では)。

というか、後半部に関しては10段階評価中9も出せるかどうかといったところである。

しかしそれを補ってあまりある、どころか前半だけでぶっちぎりでトップクラスの作品にのし上がれるほどの力を持っていると思う。

まぁ、この会社ももう潰れましたけどね


○ネガティブハッピー・チェーンソーエッヂ(角川書店・滝本竜彦)

今回の3作で、唯一普通にお勧めできるもの

基本的に滝本作品に惚れている私ではあるが、これはその中でも最も良かったと個人的に思うもの。

未来に特に何の夢もない、漠然とすら将来を考えられていない、そんな高校生にこそ読んでいただきたい作品である気がしないでもない。

ちなみに、これを読んだからと言って将来の展望が開いたり夢ができたりするわけではない

ただ、そういう人の方がこの作品から感じられるものは多いのではないか、と思うだけである。

ちなみに、私はそんな高校生だった(今もあまり変わらないが)。

上記のそれ散ると合わせて、私の中に『最も物語を面白くするための文体は一人称視点なのではないか?』説を打ち立てた作品でもある。

まだ力不足のため実践するには至っていないが。

合わせて、『NHKへようこそ』や『僕のエア』など他の滝本作品もお勧めである。

ただ、やはりもって人に胸を張ってお勧めできる作品かと言われれば一抹の不安を感じずにはいられない。


以上、適当に書きなぐっただけで一切作品の魅力を伝えられていない文章でした

今回に関しては書きたかったから書いただけ、なのでこれでいいのです。

ホントに、お勧めとかそういうんじゃないんで。

もしも「ちょっと読んで(やって)みようかな?」という人がいらっしゃれば、私から一つだけ注意をしておきます。

その作品を持っているという事実は、極力人に漏れないようにしましょう。

みんなからの見る目が変わるかもしれないよ☆


スポンサーサイト



«  | ホーム |  »

プロフィール

hamubane

Author:hamubane

たぶんライトノベル作家的なもの


Twitter

既刊情報

最新コメント

最新記事

カレンダー

02 | 2006/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

月別アーカイブ

カテゴリ

ジャンルランキング

[ジャンルランキング]
日記
212位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
84位
サブジャンルランキングを見る>>

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR