FC2ブログ
スクウェア・エニックスノベルス『スタンプ・デッド』1~5巻&コミック版、『太陽で台風』1・2巻発売中!
ガンガンノベルズ『魔法少女アーヤ☆アミー』発売中!
徳間デュアル文庫『魔王さんちの勇者さま』1~4巻発売中!
徳間文庫『欠陥妖怪住宅』、『パラレル家族計画』発売中!
ぽにきゃんBOOKSライトノベルシリーズ『ブチ切れ勇者の世界征服』1~2巻発売中!
HJ文庫『カンスト勇者の超魔教導』1~3巻発売中!
ファンタジア文庫『お助けキャラに彼女がいるわけないじゃないですか』1~3巻発売中!
JUMP j BOOKS『ぼくたちは勉強ができない 非日常の例題集』発売中!

受賞歴:
2004年、第1回スクウェア・エニックス小説大賞『入選』
2008年、第5回トクマ・ノベルズEdge新人賞『徳間デュアル文庫特別賞』
2017年、第11回HJ文庫大賞『銀賞』
2017年、ジャンプ小説新人賞’16 Winter 小説フリー部門『銀賞』
2017年、第30回ファンタジア大賞 『金賞』

«  | ホーム |  »

年に何回かはやっちまいますね

どうも、はむばねです。

いやぁ、なんと言いますか。

今日は、1時間目と3時間目に授業があったわけですよ。

9時~と12時半~です。

でね。

起きたら12時半っていう状況なら、なんかもういいかな? っていう気になりませんか?




まさに予想通り見事風邪がぶり返しました

どうも、はむばねです。

とりあえず解答速報などで答え合わせしてみました。




結果



































春がダメなら秋に受ければいいじゃない!!!


意外にもというかなんというか、午後Ⅰが一番ヤバスな感じでしたね。

正式発表は6月なわけですが……

今のうちに、(105円で)参考書探しておきたいと思います。







試験終了

どうも、はむばねです。

本日はソフトウェア開発技術者試験を受けてまいりました。

まず、終わってみて一言。

長いわ。

いや基本情報のときも思いましたけどね、長い。

とにかく長い。

けど不思議と、1時間伸びてるはずなのに基本情報のときよりは短く感じました。

前より余裕がなかったからでしょうかね。

さて、ではそんな無意味に長かった一日を時系列にそって振り返ってみたいと思います。


・午前9時前

会場到着。

とりあえず迷う。

いくら知らないところとはいえ、まさか案内が各所にある大学構内で迷うとは思わなんだ……

とにもかくにも、9時頃には教室に着席。

この時点で、昼ごはんを買い忘れていることに気付く。

さらに、鉛筆の手入れをしていなかったことにも気付く。

幸いなことに、筆箱の中に入りっぱなしだった鉛筆殿は真っ黒になりながらもご健在でした。

ナイスガッツだ!


・午前9時半

試験開始。

最も勉強した(というか、実質そこしかやっていない)午前問題。

出来は、可もなく不可もなく?

というか、よくわからない。

これだけはマーク式で解答速報見りゃきっちり答えがわかるので、そこでチェックしたいと思います。

ただ手ごたえ的には、最も勉強した(というか(ry な午前が一番ヤバい気がしないでもない


・正午

昼休み。

幸いなことに(その2)外出はできるようなので、コンビニに買出し。

その量が少なかったせいか、現在えらい勢いでお腹がすいています


・午後1時

ある意味ここからが本番(午前で既にスカってるという説もある)な午後Ⅰ。

が、昼休みにアロエドリンク500mlを無理に全部飲んだからだろうか。

開始早々ものすごいトイレに行きたくなる。

しかも、1問目から大問一個丸まるわからなくてダブルピンチ

幸いなことに(その3)1問目はよく見ればなんとか解けるっぽい問題でした。

最初と最後の方の問題がなんか微妙な気がするものの、そこそこの出来な気がしないでもないと思い込みたい感じで終了。

幸いなことに(その4)膀胱も耐え切りました。


・午後3時

休憩時間。

午後Ⅰの問題中で『会員証の期限が切れるのは最終利用日から1年後とする』という問題があり、ヤマダ電機の会員証の期限が切れてないかえらい心配だったので確認。

今年の7月までだった。よかった。


・午後3時半

今日の再難関たる午後Ⅱ。

午後Ⅱは、アルゴリズムかデータベースの問題のどちらかが出題されます。

過去4年間交互に出題されてきまして、今年はデータベースの年です。

アルゴリズムならなんとかノー勉でも乗り切れる可能性はありますが、データベースだった場合1年前に半年習っただけのSQL言語なんて思い出せるかヴォケな感じなので大ピンチです。

公式に交互に出題すると言われているわけでもなし、今年に限って法則が崩れてアルゴリズムになってくれるっていう奇跡でも起こらないかなー、なんて思うものの。

まぁ仕方ない、思い出せる範囲で闘うぜ! と問題用紙を開きました。

……あれ?

おかしいな、見間違いだろか。

それとも罠か?

パラパラとめくってみますが、やはり間違いありません。

これ、アルゴリズムの問題っす。

マジか、なんだこの奇跡。

奇跡に感謝しつつ解き進めます。

根本的な勘違いさえしていなければ、なかなかの出来なはず。


・午後4時半

試験終了。

思ったより疲れてないなぁ、と思ったら。


・午後8時前現在。

今になって疲れが出てきました。


基本情報は当日に解答速報が出ましたが、ソフトウェアの方はどうなんでしょ。

とりあえず(勉強時間・試験時間・滋賀でやってない、など全部含め)もう一回受験とか冗談じゃないんですが。




明日が本番

どうも、はむばねです。

脅威の回復力(?)で、風邪は治った模様。

明後日あたり再発しそうな気もしないではないですが、もうその辺はどうでもいいです。

むしろ問題は、今日も参考書が使われていたということ。

あっはっは、なんてこったい結局勉強できねぇじゃねぇか。

そう思いかけたとき、私の頭に天啓が。


――私は、午前の勉強もできなかったのか?


答えは、否。


――では、それは図書館の本で勉強したのか?


答えは、否。


――なら、それはどこで手に入れた本なのだ?




答えは出ました。

そう。

図書館にないなら、古本屋を探せばいいじゃない。




















で。

6件まわって全滅ですた。

いや正確に言うと、かつてソフトウェア開発技術者試験が第一種などと呼ばれていた遥かなる頃(2000年度版)はあったんですけどね。

そんな古文書さすがに使えるか。

え~、うんまぁアレですよ。

明日は頑張りたいと思います。





風邪ひきますた

どうも、はむばねです。

というわけで、今日は(参考書はちゃんと使えましたが)早めに切り上げて帰ってまいりました。

いやぁ、今までだとイベントが一段落するまではとりあえず風邪ひかない感じだったんですけどねぇ。

なんか知らないうちに気が緩んでしまったんでしょうか。

それとも、早くも体にガタがきているのか。

いずれにせよわかっていることは、全9章中2章しか終わっていないという事実

明日はヤマ張ってできるところまでやってみたいと思います……



残り2日

どうも、はむばねです。

いやー、なんと言いますか。

まさか、本当にこんなことが起こるとは思いませんでしたよ。

まさか、本当に図書館の参考書が先に使用されているとは。

誰だ、この期に及んで図書館の参考書なんかに頼ろうとするアフォは。

計画がかなり危ういことになっております。

計算上、あの参考書を終わらすのに必要な時間がおよそ14時間。

明日授業が終わるのが2時、そこから図書館閉館まで粘るとして6時間。

明後日には奈良の方に帰らねばなりませんので、午後4時には電車に乗っておきたいところ。

図書館の開館が土曜は確か11時からなので、そこから5時かnどう考えても物理的に不可能です。

もともと午後はノー勉強の予定でしたし、なんとか頑張ってみます……


さて、ここからちょっと私信。

急なことでつい言いそびれてしまいました(その時点でちょっとどうかと思いますが)。

恐らくここを見てはいないと思いますが、この場をお借りしまして。

窪田さん、今まで大変お世話になりました。

どうも、ありがとうございました!


時間的に微妙

どうも、はむばねです。

本日も、1コマ目から授業。

されど、今日の授業は1コマ目だけ。

さぁ初っ端だけ出てあとは勉強だと意気込んで(は、いなかったですが)大学に行きました。

休講でした。

なんてこったい、今日大学に行った意味は……

いやさ、ここから勉強すれば行った意味はあるじゃないか。

どうせ家にいたってやらないのは目に見えてるんだし、大学でやってしまおう。

そう思いまして。

眠すぎて帰宅しました。

なんてこtt(ry

とりあえず、今日のノルマだけこなして早めに寝たいと思います……


眠っ

どうも、はむばねです。

さていよいよ迫って参りました、3回生最初の峠ソフトウェア開発技術者の試験が。

授業があるだけでこんなに違うのかい、という集中力で(大学にいる間だけ)順調に勉強は進んでおります。

ちなみに、ここからの予定は。


水曜 午前対策完了・午後対策開始

木曜 午後対策

金曜 午後対策

土曜 午前の復習

日曜 本番


どう見てもカツカツです、本当にありがとうございました。

いやしかしこれでもね、かなり順調に進んできてますよ。

午後の勉強なんて、いざとなれば無しでいくつもりでしたから。

ただ順調すぎるというか何と言いますか、1日で問題集の3分の1とかやって、本当に内容頭に入っているのかと。

ていうかぶっちゃけ入ってないと。

あとですね、どうせやるかどうかわからなかったので午後の対策本は買ってません。

大学の図書館にある本で勉強する気満々です。

館内利用なので貸し出されてる心配はないのですが、既に使われていた時点で試合終了です。

そんな色んな意味でギリギリな試験対策、もうちょい頑張ってみたいと思います。




なんかまたアメブロの仕様変わりました?

どうも、はむばねです。

いや、なんというかね。

思うんですけどね。

いや、覚悟はしてたことなんですけどね。

人多いわ。

もうね、なんですかこれは。

ウチの大学は一昨年に情報理工学部が設立されたばかりでして、年々人が増えていくのはわかってるんですよ。

けどね、一昨年でさえ人数いっぱいいっぱいで食堂溢れまくってたんですよ。

経営陣の皆様、これを見てなんとも思いませんか?

食堂がえらいことになってますよ?

いやマジで教授すら言ってましたが、学生交流施設とか建ててる場合じゃないって。

しかしまぁ不思議なことに、(例年通りなら)1ヶ月もすればかなり人が減ってるっていうのも事実なわけですが








あしたからまたがんばろー

どうも、はむばねです。

本を読むということ。

高校時代ならば迷うことなく「一番好きなことです」と言えましたが、今思えばあの頃はその他のことがあまりに当たり前すぎて気付いていなかっただけかも。

そんなわけで今は「何事にも代えがたい一番好きなことです」と言うことはできませんが、今でもやはり本を読むのは大好きです。

まぁ私が言う『読書』というのは主にライトノベル(またはマンガ)を指すわけですが。

周りには本(この場合マンガは除く。ライトノベルは含む)なんて数年読んでないし読む気もない、なんて人が多いですが、私は1日に何冊何時間読もうが苦はありません。

むしろ最も有意義な時間の一つ。

だから休日がほぼ丸々本を読むだけの日になってしまっていたとしても、別に後悔はありません。

執筆やら何やらやるべきことが多くまして既に一週間後にソフトウェア開発技術者の試験が迫っている今日を読書で費やしてしまった事実が仮に、仮にですよ? 仮にあったとしても。

……後悔は……ない、です……よ……?



«  | ホーム |  »

プロフィール

hamubane

Author:hamubane

たぶんライトノベル作家的なもの


Twitter

既刊情報

最新コメント

最新記事

カレンダー

03 | 2006/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

月別アーカイブ

カテゴリ

ジャンルランキング

[ジャンルランキング]
日記
364位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
149位
サブジャンルランキングを見る>>

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR