FC2ブログ
スクウェア・エニックスノベルス『スタンプ・デッド』1~5巻&コミック版、『太陽で台風』1・2巻発売中!
ガンガンノベルズ『魔法少女アーヤ☆アミー』発売中!
徳間デュアル文庫『魔王さんちの勇者さま』1~4巻発売中!
徳間文庫『欠陥妖怪住宅』、『パラレル家族計画』発売中!
ぽにきゃんBOOKSライトノベルシリーズ『ブチ切れ勇者の世界征服』1~2巻発売中!
HJ文庫『カンスト勇者の超魔教導』1~3巻発売中!
ファンタジア文庫『お助けキャラに彼女がいるわけないじゃないですか』1~3巻発売中!
JUMP j BOOKS『ぼくたちは勉強ができない 非日常の例題集』発売中!

受賞歴:
2004年、第1回スクウェア・エニックス小説大賞『入選』
2008年、第5回トクマ・ノベルズEdge新人賞『徳間デュアル文庫特別賞』
2017年、第11回HJ文庫大賞『銀賞』
2017年、ジャンプ小説新人賞’16 Winter 小説フリー部門『銀賞』
2017年、第30回ファンタジア大賞 『金賞』

«  | ホーム |  »

君が主で執事が俺で

どうも、はむばねです。

本日は、研究室には行かないでずっと引きこもり。

といっても、遊んでたわけじゃないんですぜ。

ちゃんと、合宿までに終わらせることリストにも乗ってた『君が主で執事が俺で』をずっとプレイしてたんですぜ。

おかげでCG回収まで終了ですぜ。

我ながらよく働いたんですぜ。


というわけで、『君が主で執事が俺で』。

多少のネタバレを含む場合がございますので、お気をつけください。


・全体

作画も作風もシステムさえも『つよきす』に似ているので絶対『きゃんでぃそふと』の作品だ、と思いきや『みなとそふと』という別の会社だった、かと思いきや『きゃんでぃそふと』のスタッフが立ち上げた会社だった。

相変わらず、名作とはいえないけど良作です。

つよきす同様、一応山場みたいなのは全ルートあるもののめっちゃ軽い

しかも、ルートによっては一瞬で解決。

重い話は読んでて鬱になるのでこれは私向き。

誰の悪意も混じってないというところがいいですね。

それと、これもつよきす同様その山場的な場面を乗り越えた後の幸せいっぱいなシーンが多目なのも私的には好感です。

昔から、「エンディングのその後をもっと見せてくれよ」とよく思っていた私には最適ですね。

あと、パロディネタがなかなか多目。

しかもシナリオ担当は一人ということなのに、ルートによってパロディの種類にやたら偏りのある気が。

ミュー・ハトルートが一番パロディが多く、主にニコニコで取り上げられるようなネタ(外山・ボブ・俺のターン、など)。

夢・ナトセルートはジャンプ系(108まであるぞ・アロ ロウロリ ロロア、など)。

森羅・ベニルートはイマイチわかりませんでしたが、あえて言うなら旧ジャンプ系?(ジョジョ・北斗など)。

なかなか微妙なラインナップがいい感じでした。

総じて、別に感動なんかは求めてなくて軽~くやれるゲームが好き、という方にはお勧めです。

ネットで遊ぶ機会が(そこそこ)多い人ならパロディ要素でなお楽しめると思います。


・システム

つよきす以上に簡略。

実質選択肢1回ないし2回選ぶだけ。

しかも選択は超直球。

そのせいなのでしょうが、オープニングがすげぇ長い。

オープニングっていうか、あれもう第一部とか言っといた方がいいと思うんですが。

あと、初プレイ時からオープニングがとばせる仕様ってのはどうなんだぜ?

体験版とかでオープニングだけ配布でもしてたんでしょうかね?


・キャラ

つよきすの時は攻略順(第一印象)と終了時の好感度の順番がほぼ反転しましたが、今回は別にそんなこともなかったです。

サプライズがなかっというか、予想通りの展開というか。

ベニの好感度だけは上がりましたが、あれはちょっとオープニングで貶めすぎたせいだと思います。

好感度が上がったのも、別に固有ルートでじゃなくて別ルートでですし。

それはともかく、攻略順(主人公除く)に各キャラについて。


・主人公

つよきすの時はちょっち甘すぎる顔だったのがアレでしたが、今回は微妙に目つきも悪くなかなかの悪人面でいい感じです。

ただ、つよきす同様『ケンカが強い』という設定があんまり生きていない気がする。

つよきすの時よりはちゃんと使ってますが、なんでこの属性をつけたがるのだろう?

私が無意味に頭良い設定のキャラを作りたがるようなものなのでしょうか。


・ミュー

デニーロの声がどう聞いてもジャイアンです、本当にありがとうございました。

このルートはとにかくデニーロだと思います。

一番の見せ場で活躍したのデニーロだし。

主人公何もしてねぇよ。

というか、このルートは酒飲んでやってたんで中盤あんまり覚えてない。


・ハト

よっぴーの時みたいなイタ展開があるかと思ったのですが、そんなこともなくて一安心。

終わり方も綺麗は綺麗なんですが、これ執事とか主とか関係なくね? な展開な気が。

ハト関連が一番パロディ多かった。


・夢

あんまり印象に残ってない。

キャラ設定自体が『普通』『影が薄い』というものなのである意味正解っちゃ正解なんですが、本当にそれでいいのか?

軽い山場の多いこの作品の中でも、さらに軽いお話でした。

揚羽様かわいいよ。


・ナトセ

一方、こっちはちょっとだけヘヴィー。

ラストもちょっとだけヘヴィー。

どのくらいヘヴィーかというと、朝からラーメンとか食べてなんかちょっとお腹がダルい感じで一時間目の授業を受けてる時ぐらいヘヴィー。

つまりはライト。

揚羽様かいわいいよ揚羽様。

是非とも揚羽様ルートを作って欲しかった、と思わせるお話でした。


・森羅

一応チュートリアルでお勧めされてるルート。

全力で逆らって後回しにしましたが。

ほとんど平坦な中にちょっとだけ山がある的なお話が多い中、結構山あり谷あり。

たぶん、相対的には一番ヘヴィー。

ただ、ハトルートで既にお父さん実はいい人フラグが立っていたので、山場での盛り上がりが微妙に。

チュートリアルでお勧めされてるのも、そういう意味だったのかもしれません。

シナリオにも一番気合が入ってる気がしました。

ベニは自分のルートよりこっちの方が輝いてると思います。

あと、ここは時々(結構頻繁に)『夢お嬢様』ではなく『夢』と表現されてる部分がありましたがたぶん誤植でしょうね。


・ベニ

今回の人格チェンジャー。

ココナッツの時ほどじゃないけど、ツンデレとかそんなレベルではない。

図らずとも(いや、実際は図られてるのかもしれませんが)ココナッツと同じ声優さん。

でもって、軽い軽いと言っているこの作品の中でも最強の軽さを誇るお話です。

終わってみて、「おい、まさかとは思ったけど本当にあそこが山場だったのかよ」と思ったくらい。

あと、他のルートの印象が強いからか序盤の二人も仲がいいようにしか見えませんでした。

オープニングからこのルート直行ならもうちょっと印象は変わったのかもしれませんね。

森羅様を経由しないと現れないルートなので、実質不可能ですけど。



そんな感じです。

相変わらず、無意味に長くなりました。






スポンサーサイト



«  | ホーム |  »

プロフィール

hamubane

Author:hamubane

たぶんライトノベル作家的なもの


Twitter

既刊情報

最新コメント

最新記事

カレンダー

05 | 2007/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ

カテゴリ

ジャンルランキング

[ジャンルランキング]
日記
364位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
149位
サブジャンルランキングを見る>>

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR