FC2ブログ
スクウェア・エニックスノベルス『スタンプ・デッド』1~5巻&コミック版、『太陽で台風』1・2巻発売中!
ガンガンノベルズ『魔法少女アーヤ☆アミー』発売中!
徳間デュアル文庫『魔王さんちの勇者さま』1~4巻発売中!
徳間文庫『欠陥妖怪住宅』、『パラレル家族計画』発売中!
ぽにきゃんBOOKSライトノベルシリーズ『ブチ切れ勇者の世界征服』1~2巻発売中!
HJ文庫『カンスト勇者の超魔教導』1~3巻発売中!
ファンタジア文庫『お助けキャラに彼女がいるわけないじゃないですか』1~3巻発売中!
JUMP j BOOKS『ぼくたちは勉強ができない 非日常の例題集』発売中!

受賞歴:
2004年、第1回スクウェア・エニックス小説大賞『入選』
2008年、第5回トクマ・ノベルズEdge新人賞『徳間デュアル文庫特別賞』
2017年、第11回HJ文庫大賞『銀賞』
2017年、ジャンプ小説新人賞’16 Winter 小説フリー部門『銀賞』
2017年、第30回ファンタジア大賞 『金賞』

«  | ホーム |  »

だがちょっと待ってみてほしい

どうも、はむばねです。

今日も二回目の更新。

買い物も済ませてやることもある程度終わったので、久々に痛いニュースより。

“「かわいそう」「気分悪くなった」と観光客” くじらウオッチング船の眼前で、捕鯨船が捕鯨作業…北海道


スレでは観光客叩きの流れになってるようですが、だがちょっと待ってみてほしい。

動物愛護団体やら捕鯨反対団体やらを匂わす状況に、脊髄反射で叩いてしまってはいないだろうか。

確かに私も上記団体は比較的クソだと思いますが(思想は自由にしてもらって結構ですが、それを強要してきたり何か知らんけど露出狂だったりする点で)、この場合は少々違うような気がします。

まぁ、「かわいそう」ってのはハイハイワロスワロスって感じと言えなくもないですけれど。

さすがに、気分は悪くなると思うんだ。

我々が牛さんを見に牧場に行ったら、いきなり牛さんが屠殺されたようなものでしょう?

「いつも牛や豚食ってんだろ?」とはいっても、気分悪くなるもんは悪くなるでしょう。

「捕鯨ウォッチングを楽しめ」というのも、それは我々の感覚だから。

それこそ、捕鯨反対って言ってる人と変わらなくなってしまうと思うのです。


まぁだからといって、猟師さんの方を責めるのはもちろん見当違い。

観光客船の方が、バッティングしないように注意すべきだったように思います。

偶然バッティングしてしまったなら、ある程度の進路変更もやむなしとみなして。

思想の是非云々は置いといて、客が特に外国人だったのならこの事態をある程度予測しておくべきかと。

客商売なわけですし、極力お客さんに不快な思いはさせないようにしないと。

自分がどれだけ任天堂の信者であろうと、取引先の人がSONY社員ならWiiよりPS3をマンセーしとかなければいけないような感じ(ちょっと違う)。


前述の通り私も動物愛護団体とか捕鯨反対団体とか(の、過激派なんですかね? 表に出てくるようなのは)はクソだと思いますが、今回はある程度同情の余地はあるんじゃね? という話。

最初から捕鯨ウォッチングを見に来たわけじゃないんですしね。

わざわざ捕鯨ウォッチングの船に乗ってそんなことのたもうたなら、存分に叩かれていただいて結構ですけれど。

と、改めてスレ見て気付いた。

なるほど、クジラがいるところ=捕鯨場≒鯨ウォッチング場所なわけですか。

それなら、ある程度バッティングもやむなしと言えるかもしれない気がしないでもないですね。

それでもあらかじめある程度の告知をしておくか、捕鯨が始まった時点で引き返すなり離れるなりすればよかったと思いますけれど。

そういえば昔、イノシシ村に行ってイノシシのショーを見た後イノシシラーメン(イノシシの肉が入ってる)を食べるのもどうかと思った。
そう思う私は、実はどっちかといえば思想が動物愛護団体寄りなのかもしれませんね。

なんか嫌だけど。


スポンサーサイト



火傷した

どうも、はむばねです。

本日は雪魔氏襲来です。

何時くらいになるかわからないのはいつものことですね。

なので、とりあえず今日は起きて部屋の掃除。

まぁいつも通りの対雪魔氏クオリティですけれど。

この後は買い物行ってから待機ですかね。

もしかすると思った以上に早く着く可能性もあるので、今のうちに更新しときます。


さて、それとは全く関係がないのですが。

昨日、久々に火傷しました。

マジ痛い。

これがお湯とかならともかく、ほぼ固まった片栗粉だったからさぁ大変。





立派な水ぶくれができましたとさ。

おいおい、何年ぶりだよ。

まぁ、左手の小指というのは不幸中の幸いといえないこともない気がします。

全指中、最も使わなくないですか?


いずれにせよ、今はもう触らなければ痛くもないので大丈夫。

しかし、みなさんも片栗粉の野郎には注意してください。

やつら、ひとたびくっついたら親の仇のようにしつこくつきまとってきやがりますぜ。




«  | ホーム |  »

プロフィール

hamubane

Author:hamubane

たぶんライトノベル作家的なもの


Twitter

既刊情報

最新コメント

最新記事

カレンダー

07 | 2007/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

月別アーカイブ

カテゴリ

ジャンルランキング

[ジャンルランキング]
日記
235位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
95位
サブジャンルランキングを見る>>

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR