FC2ブログ
スクウェア・エニックスノベルス『スタンプ・デッド』1~5巻&コミック版、『太陽で台風』1・2巻発売中!
ガンガンノベルズ『魔法少女アーヤ☆アミー』発売中!
徳間デュアル文庫『魔王さんちの勇者さま』1~4巻発売中!
徳間文庫『欠陥妖怪住宅』、『パラレル家族計画』発売中!
ぽにきゃんBOOKSライトノベルシリーズ『ブチ切れ勇者の世界征服』1~2巻発売中!
HJ文庫『カンスト勇者の超魔教導』1~3巻発売中!
ファンタジア文庫『お助けキャラに彼女がいるわけないじゃないですか』1~3巻発売中!
JUMP j BOOKS『ぼくたちは勉強ができない 非日常の例題集』発売中!

受賞歴:
2004年、第1回スクウェア・エニックス小説大賞『入選』
2008年、第5回トクマ・ノベルズEdge新人賞『徳間デュアル文庫特別賞』
2017年、第11回HJ文庫大賞『銀賞』
2017年、ジャンプ小説新人賞’16 Winter 小説フリー部門『銀賞』
2017年、第30回ファンタジア大賞 『金賞』

«  | ホーム |  »

UFO食べてて思った

どうも、はむばねです。
無意味に本日3回目の更新。

さて。
マンガとかでですね、カップ麺作ろうとして、湯切りのところでドバッと麺も出ちゃって失敗、みたいな場面あるじゃないですか。
あれってペヤング以外で起こり得る現象なのでしょうか?
普通、あの手のカップ麺って結構前から対策してくれてると思うんですよね(ペヤング以外)。
相当の無茶をしても麺は出ないと思うのですよ(ペヤング以外)。
実際私は、ペヤングを初めて食べるまで「あんな現象どうやって起こるんだ……?」と常々疑問に思っておりました。
初めてペヤングを作った瞬間には、「おぉ、これがあの場面なのか!」と感動を覚えたほどです。
いや麺飛び出したことはありませんよ。
飛び出しかけただけです。

これは私が思っている以上に世間一般では「カップ麺といえばペヤング」なのか、それとも実は私が知らないだけでこの手のカップ麺は結構あるのか、あるいはみんな昔の話で昔ははみ出るカップ麺ばっかりだったのか、一体どれが正解なのでしょう?

と、人間つらくなってくるとそんなことを考えて現実から逃げたくなりますよね。
はぁ、せめて眠かったら寝るんですが……眠気はないのにダルいが、一番厄介。


スポンサーサイト



今日は結構頑張っている

どうも、はむばねです。
ぽてまよ見たりなんかしながらも、今日は結構頑張ってます。
あぁ、そういや本日2回目の更新。

前回の更新から後は、またプログラム組んだり色々。
やはりCプログラミングは癒される。
もうシステムなんていじりたくない。
でもいじらないといけない。
そして今日も絶望した。
今回に関しては何が悪いのかは大体わかるんですが、解決方法が一切思いつかないぜ……

で、とりあえず一旦それは置いておくことにしまして。
いい加減、ソフ開の勉強を始めることにしました。
いやぁ、これがはかどるはかどる。
さすが、4回もやってる参考書だと進み具合が違うぜ。
ホント、回を増すごとに一冊終えるまでの速度が上がっていきます。
1回目は忘れましたが、確か2回目は1週間、3回目は3日で終えたはず。
今回は1日で終わりそうです。
ていうか、時間にすると12時間もありゃあ終わりそう。
後半の方が時間かかりそうなことを考慮しても、4時間くらいで半分終わりましたし。
半年ブランクがあいても、意外と蓄積されてるもんなんですねぇ。

んで、まぁアレですよ。
勉強ばっかりってのもアレなので、画期的な方法を考えました。
ぽてまよを、もう1回始めっから見始めます。
ただし、1話見終わったら15問問題を解くこととします。
するとあら不思議、ぽてまよを見終わる頃には参考書も終わってるって寸法ですよ。
やったね! すごいね!

……という計画を立てていたのですが。
正直、ぽてまよを見るのさえしんどくなってきた。
仕方ないので、さっきまで4~5時間ほど寝てました。
最近は体も慣れてきたのか24時間程度ならそこそこ頑張れるようになってきたのですが、それ以上寝てないとやっぱりきついっす。
寝たら結構すっきりしたのですが、起きたら食堂終わってた。




感動した

どうも、はむばねです。
昨日「夜になったらまた来る」という名言を残し一旦帰った某氏ですが、結局レンタルマギカの時間になっても戻ってはきませんでした。
んが、先ほど5時頃に出現。
予想通りというか何と言いますか、寝てたそうです。
さすがすぎますね。


さてそれはそうと、今日は約1年ぶりくらいにC言語でプログラム(ごく簡単なのですが)組みました。
いやぁ、忘れてる忘れてる。
でも、やっぱり慣れ親しんだだけのことはあるのかphpよりは遥かにすぐ思い出すことができました。
というか、一回もエラー・警告出ずに完成したことに感動した。
たかだか80行程度とはいえ、久々だから絶対出ると思ったのに。
というか、現役の頃でさえどんな短いプログラムでもほぼ確実にエラー出てたのに。
正直、コンパイラがぶっ壊れてるのかと思いました。
でもちゃんとプログラム動いてるので、コンパイラは正常だったようです。


さてさらにそれはそうと、ぽてまよ全部見終わりました。
なんだよ、ラストの方ちょっと感動させてくるじゃねぇか。
いや、わかってはいるんですよ。
一般的に見てあれは”無難なラスト”というか、まったくもって予想通りの展開を予想通りにやっただけなんですけどね。
普段の……というかぽてまよを見ているとき以外の私なら、「おいおいやっぱりこんな終わり方かよプゲラ」って言ってるところなんですけどね。
最終回という事実そのもの……いやさ、ぽてまよという存在そのものに感動したわけですよ。
この世にこの作品が存在して、そして私と出会った感動。
ぽてまよという作品を見終わったという事実そのものに感動を感じました。
そして、その感情とのつり橋効果的(?)に内容にも感動してしまったわけですね。
なんていうか、久々に魂が打ち震えるほどの出会いだったような気がします。
まさに心のクリティカルヒット。
まぁ、ある個人の魂を震わせるような作品というのは、その個人ピンポイントで弱点ど真ん中を攻撃するようなわけで。
当然人それぞれポイントが違う以上、誰かのピンポイントを攻撃するということは、他の大多数への攻撃は当たりもしないということになります。
無難にみんなにそこそこ掠るような攻撃じゃなくて、ホント狙い済ましたポイントに向けて撃ってるわけですからね。
というわけで、周りの共感が得られないであろうことはわかっております。
だがあえて言わせていただこう!
今回に関しては、ある程度同意してくださる方もいると思いますしね(泣くようぐいすの時と違って)。

ぽてまよかわいいよぽてまよ。
そしてぐちゅ子の可愛さは異常。


2年ぶりくらいにアニメで感動しました。
内容というよりも、存在そのものに。
ありがとうぽてまよ!
今度原作見かけたら買うことにするよ!

ちなみに2年(くらい)前の時はフタコイのオルタナティブ。



«  | ホーム |  »

プロフィール

hamubane

Author:hamubane

たぶんライトノベル作家的なもの


Twitter

既刊情報

最新コメント

最新記事

カレンダー

09 | 2007/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

月別アーカイブ

カテゴリ

ジャンルランキング

[ジャンルランキング]
日記
152位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
61位
サブジャンルランキングを見る>>

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR