FC2ブログ
スクウェア・エニックスノベルス『スタンプ・デッド』1~5巻&コミック版、『太陽で台風』1・2巻発売中!
ガンガンノベルズ『魔法少女アーヤ☆アミー』発売中!
徳間デュアル文庫『魔王さんちの勇者さま』1~4巻発売中!
徳間文庫『欠陥妖怪住宅』、『パラレル家族計画』発売中!
ぽにきゃんBOOKSライトノベルシリーズ『ブチ切れ勇者の世界征服』1~2巻発売中!
HJ文庫『カンスト勇者の超魔教導』1~3巻発売中!
ファンタジア文庫『お助けキャラに彼女がいるわけないじゃないですか』1~3巻発売中!
JUMP j BOOKS『ぼくたちは勉強ができない 非日常の例題集』発売中!

受賞歴:
2004年、第1回スクウェア・エニックス小説大賞『入選』
2008年、第5回トクマ・ノベルズEdge新人賞『徳間デュアル文庫特別賞』
2017年、第11回HJ文庫大賞『銀賞』
2017年、ジャンプ小説新人賞’16 Winter 小説フリー部門『銀賞』
2017年、第30回ファンタジア大賞 『金賞』

«  | ホーム |  »

布団の中

どうも、はむばねです。

なんか、布団の中で考え事してるとものすげぇネガティブになるのって私だけなんですかね。

布団の中で考えてる時は「あぁ、鬱だ……どうしようもない……いますぐ飛行機突っ込んできて苦しまないで死ねないかな……」と思ってたのに、起き上がった瞬間「まぁいっか、どうでも」と思った。

あまりの落差に自分で吹いた。


布団の中で、特に眠れない時(大体いつもそうですが)ってのは、思考がグルグルして困ります。

それでさらに眠れなくなって、眠れないことで「あぁ眠れないなぁ、欝だなぁ」とさらにダウンし、さらに眠れなくなり、以下無限ループ。

二度寝する寸前のウトウト感とかは、ものすげぇ気持ちいいんですけどねぇ。

なぜここまで違うものなのか。

なんかもうそのまま自殺しそうな勢いで思考が沈んでいってたので、仕方なくこんな時間に起床ですよ。




ゆwwwきwww

どうも、はむばねです。

長門のことじゃありません。

普通に雪です。


起きて外見たら、雪降りすぎワロタw

仕方ないので大学行くのやめました。

なんかもう人としてかなり駄目なレベルになってきている気がします。


いや、違うんですよ。

雨と雪じゃ、威力が違うんですよ。

そりゃ確かに傘ささなくてもなんとかなる分、単純な移動のみなら雪の方が都合いいんですけどね。

例えばですね、行きはいいんですけどね。

帰りになって雪が積もってたら、ただ帰るだけなのに命がけの大冒険になってしまうわけじゃないですか。


とまぁここまで書いといてなんですが、このネタ全然話が広がんねぇな。

仕方ないので話題を変えましょう。

まぁでも元々話題がないからこそこんな広がりそうもないネタ選択してるわけで。

仕方ないので変人占い でもしてお茶を濁しますよ。



はむばねさんは一人になると踊り出しそうな変人 です!
一人になると踊り出しそうな変人さんのあなたは、周りから何かしら変なことをする人だと思われているようです。明るい性格で、態度や表現も背伸びすることはありません。突然踊ったりすることは、等身大で、ありのまま。周りから見ると、とてもわかりやすく信用できる人です。周囲の雰囲気を素早く察知して気を配ることもできます。今度は衣装を持参して思う存分踊って見てください。そんなあなたに好意を抱く人が現れるでしょう。
はむばねさんの開運ダンスは、フラメンコです!




なんてこったい、私は周りから突然踊りだしても特に不自然でもない人だと思われていたのか。



まぁ別にどうでもいいんですが、これ占いの結果が12種類しかないっぽいのには何か意味があるんでしょうかね。



フジファブリック

どうも、はむばねです。
RADもさすがに延々かけすぎたし、オリコンもあんまり顔ぶれ変わってないし、昔の曲も一瞬で再び飽きます。
定期的に発生する音楽枯渇期間です。
しかも卒論前です。
少しでもやる気を向上させるため、良質な音楽が早急に求められています。

そこで、以前RADに関する記事を書いた際に紹介いただいたフジファブリックを試してみることに。
『銀河』のPVが決め手ということで、早速見てみたわけです。





ちょwww何これwwww

中毒性TAKEEEEEEEEEEEEEwwww
何日か前に初めて見たわけですが、それ以来毎日数回は見てます。
ちょっと覚えてきたとです。
カラオケでPV配信されてないかな……されてたら普通に踊るのに……

他の曲も、なんかノスタルジックなのが多くていい感じですね。
しばらくは、フジファブリックを延々かける日々となりそうです。
あとはたまに適当なの混ぜていけば、どうにか卒論まではもつかな……?

バンブーさん、(ものすげぇ今更ですが)紹介ありがとうございました!
ONE OK ROCKも聞いてます。



真の血液性格型診断

どうも、はむばねです。

さっきブログ更新に時間とりすぎという記事を書いたばかりなのに、早速2回目の更新ですよ。

しかも結構時間がかかりそうな真の血液性格型診断 とかやりますよ。

少しでも現実から逃げたいからな!



というわけでやってみました。

ちなみに、私の実際の血液型はAB型。

なので、どうせ全部やりますが最初はAB型から。



・真のAB型性格診断結果

結果:50 点 (不合格)

不www合www格www

どうやら真のAB型はもっと頭の回転が早く、物怖じせず、モテるようです。

そりゃ確かに当てはまってねぇな。




・真のA型性格診断結果

結果:75 点 (不合格)


おぉう、また不合格。

どうやらA型としては、頑固さとか意思の強さのようなものが足りないようです。

しかしAB型よりは適正が高いらしい。




・真のB型性格診断結果

結果:10 点 (不合格)


適正ほぼなしwww

でもB型なウチの妹君は、結構私と性質似てる気がするんですけどね。

妹君もあまりB型っぽくないということなのだろうか。


・真のO型性格診断結果

結果:45 点 (不合格)

何気にABとあんまり変わらない。

似てる部分があるんですかね?

関係ないですが、O型の知り合いってあんまりいない気がします。






というわけで私は、どちらかといえばA型っぽいAB型なようです。

そういや、A型に見られることが結構多い気がしますしね。

B型とかO型に見られることはあんまりない。

気のせいかもしれませんけど。



時間

今日の小ネタ(出来事自体は今日じゃないですが)。

ウチの大学の食堂、丼コーナーではS・M・Lのサイズから選びます。
Lが一番大きいのですが、それでも足りない人も当然います。
そういう人で、たまに「L、大盛りで」とか言ったりしている人がいます。
中の人も、そういう時はちゃんとちょっと多めにしてくれているみたいです。
で、前に聞いた注文。

「Sサイズ、大盛りで」

そこは素直にMを頼めwwww





どうも、はむばねです。
日野氏の記事より。
>ブログの記事は絶対に10分以内に仕上げる、というマイルール
ちょwww私なんて、編集時間10分以内の時の方が少ないwww
ちょっと長い記事とかバトンとか書こうものなら、気が付くと1時間経ってたとかザラですからね。

……ちょっと待てよ。
なんか最近一日が短いと思ったら、ただでさえあんまりない活動時間をそんなに記事更新に充ててるからじゃね?
8時間睡眠とすると、活動時間の16分の1をブログ更新に充ててるわけですからね。
まぁ、たぶん他にもっと無駄なことしてる時間の方が問題なんでしょうけど。

こんなのを読んでる時間とかね。
でも、なんか結構普通に熱かったんだもの……
もっとちゃんと都道府県の特色とかわかってたら、より面白かったのでしょうけれど。


ちなみに、今回も当然の如く編集時間10分はオーバーしました(15分くらい)。

センター試験といえば

どうも、はむばねです。
相変わらずな受験生の皆様、こんにちは。
今回は、そんな皆様に私の経験談をお話したいと思います。

当然といいますかなんと言いますか、私も大学受験は経験しました。
センター試験も、5教科7科目の900点満点という、一般的な形で受けてます。
んで、ですね。
元々私の場合、点数の稼ぎ頭は大体みんな点数がいい数学とか化学で、あとは国語で他と差をつけるような形だったわけです。
でもまぁ、なんか知りませんがセンター本番の国語で過去最低級の点数をたたき出しまして。
その時は英語も(元々そんなにいいわけでもなかったですが)かなり振るわず。
しかしながら、数学・理科でどうにか他の点数をカバーするという最後の最後で奇跡的に理系の典型的な点数の取り方をすることとなりまして。

まぁ、そんな点数の内訳はどうでもいいです。
結局なんだかんだで、総合点は今までの中でもいい方の点数をとれたわけですね。
で、有り体に言いますと、そこで完全に気が抜けてしまったわけです。

私は国公立志望だったわけですが、その後国公立の二次試験は全滅。
私立は大体受かりましたが、全部センターオンリーの入試形態です。
当然、今の大学にもセンターオンリーで入ってます。
つまりですね。
私はセンター後もいくつか試験を受けたわけですが、今になってよく考えれば、センターだけ受けてても現状は一切変わっていなかったわけですよ。
全てがそのせいとは言いませんが、センター後に気を抜きすぎるのは危険ですぜ!




想いが遂げられた時センターオンリーしか残らなかった……私のようにはなるなよ!!!


(ばい 烈火の炎)


センター試験

どうも、はむばねです。
さて、噂によると昨日と今日がセンター試験だったらしいですね。
ちょっと、早く言ってくださいよ。
というのもですね、ウチの大学もセンター会場になってるわけですね。
でもって、センター特別シフトで食堂の一部メニューが安くなる(場合がある)わけですよ。
くそぅ、そうと知っていたならよりにもよって昨日をオフになんてしなかったのに……
まぁ、先週あたりに「センター来週かぁ」とか言ってた気もするけど。
でもまぁ、せめて昨日のうちに知れたのは僥倖です。
「よーし、今日はちょっと無理してでも食べちゃうぞー」なんてほざきつつ、wktkしながらいつもより早めに大学に行ったわけですよ。
そしたらですね。

食堂普通に閉まってやがった。
え、なにこれ?
もしかして遅すぎた?
いやけど、開いてた形跡さえない気がするぜ。
おいおい、別に安くなってなくてもいいからせめて営業しててくださいよ。
うーん、今年から方針変わって休みにしたんですかね……?
まぁあいてないもんは仕方ない。
というわけで、コンビニに行ったわけです。
なんか安くなってねぇかなぁ、なんて思いながらね。
しかし、やはり食堂が閉まっていることによって受験生が集中したのでしょうか。
こっちも、安くなってるどころか何も残ってねぇ。

結局今日の昼ご飯は研究室でカップ麺ですよ。
ファーック!
こんなんだったら家で袋麺調理してた方がなんぼかマシだったわ!


とまぁ、そんな話はどうでもよくですね。
本日センター試験を受けてきた皆様、出来はどうだったでしょうか?
手ごたえを感じた方は、その調子で頑張ってください。
力を発揮できなかった方も、受験はまだまだこれからです。
高校受験の皆様も、もうそろそろ試験が近いですね。
そんな受験生の皆様に、この言葉を送ります。

































こんなとこ見てる暇があったら勉強しるwwww



でもまぁ、勉強の合間の息抜きにでもなってるのなら。
それはそれで、私としては嬉しい限りなのですけれど。
ついでに言うと、当時の自分を思い出すとこんなこと人に言えたもんじゃない。



今夜もシチュー

どうも、はむばねです。

はい、本日もビーフシチューを作りましたよ。

他に材料の使い道がないからな!

まったく、限界まで具材入れてんのに全く使い切れませんぜ。

なんせ、近いうちに(腐らないうちに)もう1回シチューを作らにゃならない量が余ってますもの。

玉ねぎに至ってはさらにもう1回分もありやがる。

奴ら、ちょっと売ってる時の最少単位が多すぎるよ。

ちなみに、カレーは別途ご飯を炊く必要があるため私は専らシチュー派です。


しかしシチュー(ないしカレー)の何が面倒って、作るのもそうなんですが片付けるのも面倒なんですよね。

なんであんなにこびりついてんの?

粘着質なの?

焦げ付いた時なんて最悪ですよね。

まぁ、ほぼ毎回焦げ付きますけど。


しかぁし!

諦めは停滞!

改善しようと努力する意思だけが進化を呼び起こす!

というわけで、どうすれば焦げ付きがなくなるのかちょっと考えてみました。

その結果、「もしかして、煮込む前に材料炒める段階で既に焦げてんじゃね? その段階で防げば最終的に焦げ付かないんじゃね?」というホームズも(あまりの単純さに)ビックリな推理にたどり着きます。

しかし、それがわかったところでどうしようもありません。

なんせ、あんな鍋であの量を炒めようとしていること自体が間違いですもの。

しかしかし、諦めるのはまだ早い。

「鍋がダメならフライパンを使えばいいじゃない!」というエリザベス女王も(ry


というわけで、やってみた。





写真はラストの、ほうれん草投入時の様子。

フライパンで炒めると改めて思いますが、もっさりしすぎ。

でもまぁ、材料を使い切るためにはこのくらいのペースでないとやってられません。

あと、いちいち材料小分けにするのが面倒。

こんな量があの鍋に収まるのが疑問に思えてきますが、ちゃんと収まりました(大体前回と同じ量です)。

量の多さと火力不足で、最早炒めるというか蒸し焼きになってますが今更なので気にしない。



さて、というわけで今回もアホみたいに時間がかかってつい今しがた完成したわけですが。

わざわざフライパンで別途炒めた意味はあったのか!

確認してみます。




……うん。



たぶんですけどね。





これ、別にいつもと変わらんね。




ですよねーwwww

まぁ、横着せずこまめにかき混ぜとけってこった。


そんなもん最初からわかってましたけどね。






やる気

どうも、はむばねです。

はいはい、定期的に発生するやる気出ない記事ですよ。


しかし、ちょっとここで考えてみてください。

やる気出ないやる気出ないと言いつつ、私はそれなりに日常生活を送っているわけです。

生きてますし、単位も3回生までで大体とり終わってますし、卒論も絶望的とまではいってません。

たまに小説も出してます。

やる気が出ていない状況でこれなわけです。

つまり、つまりですよ?

私がやる気を出せば、どうなるのか。





  NヽN`              `゙、
.、Nヾミ                i     
 ヾミミ、       _,.ィイ八、     !     
  ー-=ニ _,..、_'"'ノ,."-'ニ'ヾ、._ l_    ほら…… 
     {F|!  ̄ ゙iニ{'´   ゙̄!r'-r,^、i      なんつーか……
      l;j゙、_   ノ ヽ)、  ノ'  ゝ:'/     あれだよ……
      `!  ̄ヽ '   ̄~´u ,'.,ィ'      つまり、その……
       i.u  ___     ,' |      やる気出したら……
        ヽ、 ´ -- ``   ./  ト、   
       ,..-i;:ヽ、   ,. '´  / ヽ、_
    _,.イ´  j   ̄ ̄   /   ,i、゙ト-、 







      ,.ィ , - 、._     、
.      ,イ/ l/       ̄ ̄`ヽ!__
     ト/ |' {              `ヽ.            ,ヘ
    N│ ヽ. `                 ヽ         /ヽ /  ∨
   N.ヽ.ヽ、            ,        }    l\/  `′
.  ヽヽ.\         ,.ィイハ       |   _|
   ヾニー __ _ -=_彡ソノ u_\ヽ、   |  \   
.      ゙̄r=<‐モミ、ニr;==ェ;ュ<_ゞ-=7´ヽ   >    
.       l    ̄リーh ` ー‐‐' l‐''´冫)'./ ∠__   なんか大変なことになる!!!
       ゙iー- イ'__ ヽ、..___ノ   トr‐'    /    
       l   `___,.、     u ./│    /_ 
.        ヽ.  }z‐r--|     /  ト,        |  ,、
           >、`ー-- '  ./  / |ヽ     l/ ヽ   ,ヘ
      _,./| ヽ`ー--‐ _´.. ‐''´   ./  \、       \/ ヽ/
-‐ '''"  ̄ /  :|   ,ゝ=<      /    | `'''‐- 、.._
     /   !./l;';';';';';';\    ./    │   _
      _,> '´|l. ミ:ゝ、;';';_/,´\  ./|._ , --、 | i´!⌒!l  r:,=i   
.     |     |:.l. /';';';';';|=  ヽ/:.| .|l⌒l lニ._ | ゙ー=':| |. L._」 ))
      l.    |:.:.l./';';';';';';'!    /:.:.| i´|.ー‐' | / |    |. !   l
.     l.   |:.:.:.!';';';';';';';'|  /:.:.:.:!.|"'|.   l'  │-==:|. ! ==l   ,. -‐;
     l   |:.:.:.:l;';';';';';';';| /:.:.:.:.:| i=!ー=;: l   |    l. |   | /   //
       l  |:.:.:.:.:l;';';';';';';'|/:.:.:.:.:.:.!│ l    l、 :|    | } _|,.{::  7 ))
        l  |:.:.:.:.:.:l;';';';';'/:.:.:.:.:.:.:.:| |__,.ヽ、__,. ヽ._」 ー=:::レ'  ::::::|;   7
.      l |:.:.:.:.:.:.l;';';'/:.:.:.:.:.:.:.:.:.|. \:::::\::::: ヽ  ::::::!′ :::|   .:/
.       l |:.:.:.:.:.:.:∨:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.!   /ヽ::: `:::    ::::  ....::..../ 




         ナ ゝ   ナ ゝ /    十_"    ー;=‐         |! |!
          cト    cト /^、_ノ  | 、.__ つ  (.__    ̄ ̄ ̄ ̄   ・ ・
ミミ:::;,!      u       `゙"~´   ヾ彡::l/VvVw、 ,yvヾNヽ  ゞヾ  ,. ,. ,. 、、ヾゝヽr=ヾ
ミ::::;/   ゙̄`ー-.、     u  ;,,;   j   ヾk'! ' l / 'レ ^ヽヘ\   ,r゙ゞ゙-"、ノ / l! !ヽ 、、 |
ミ/    J   ゙`ー、   " ;, ;;; ,;; ゙  u ヾi    ,,./ , ,、ヾヾ   | '-- 、..,,ヽ  j  ! | Nヾ|
'"       _,,.. -─ゝ.、   ;, " ;;   _,,..._ゞイ__//〃 i.! ilヾゞヽ  | 、  .r. ヾ-、;;ノ,.:-一'"i
  j    /   ,.- 、  ヾヽ、 ;; ;; _,-<  //_,,\' "' !| :l ゙i !_,,ヽ.l `ー─--  エィ' (. 7 /
      :    ' ・丿   ̄≠Ξイ´,-、 ヽ /イ´ r. `ー-'メ ,.-´、  i     u  ヾ``ー' イ
       \_    _,,......::   ´゙i、 `¨ / i ヽ.__,,... '  u ゙l´.i・j.冫,イ゙l  / ``-、..- ノ :u l
   u      ̄ ̄  彡"   、ヾ ̄``ミ::.l  u   j  i、`ー' .i / /、._    `'y   /
              u      `ヽ  ゙:l   ,.::- 、,, ,. ノ ゙ u ! /_   ̄ ー/ u /
           _,,..,,_    ,.ィ、  /   |  /__   ``- 、_    l l  ``ーt、_ /  /
  ゙   u  ,./´ "  ``- 、_J r'´  u 丿 .l,... `ー一''/   ノ  ト 、,,_____ ゙/ /
        ./__        ー7    /、 l   '゙ ヽ/  ,. '"  \`ー--- ",.::く、
       /;;;''"  ̄ ̄ ───/  ゙  ,::'  \ヾニ==='"/ `- 、   ゙ー┬ '´ / \..,,__
、      .i:⌒`─-、_,....    l   /     `ー┬一'      ヽ    :l  /  , ' `ソヽ
ヾヽ     l      `  `ヽ、 l  ./  ヽ      l         )  ,; /   ,'    '^i







というわけで、はむばねさんにやる気がないのは大いなる世界の意思なのですよ。


なんだこの記事。



securityで制限のかかったPDFファイルのテキストコピー

どうも、はむばねです。

なんかここ最近、テキストコピーできないPDFファイルへの遭遇率が異常です。

セキュリティ機能によってロックされてるんですよね。

著作権保護といいますが、PDFのテキストを制限することで守られる著作権ってどういうのを想定しているんでしょう……?

あと、印刷禁止の意味はもっとわかりません。

ファイル自体は普通にコピーできるのに紙媒体にはできないって一体何が狙いなんだよ。

まぁ別に、著作権保護自体はいいんですけどね。

PDFファイル中のURLとか、タイトルや著者まで手打ちで写さにゃならんてどういうことやねん。

参考文献書くだけで一苦労じゃねぇかこの野郎。

というわけで、卒論を書いていたはずが途中で制限のかかったPDF中のテキストをコピーする方法について調べるのに全力を尽くしてしまいました。

経験上こういう話を書くと(なぜか)ちょいちょいそのワードで検索かけて来る方がいらっしゃるので、新たに”情報系”テーマを作成してこれからは一応内容も書いていくことにします。

まぁ、検索ワードで引っかるっつってもウチなんて何ページ目にヒットするんだよって話なんですが。

ウチに至るまでに、もっとまともなところが引っかかっているだろうと。

でも実際に来ているのは事実ですしね。


というわけで。

(以下、著作権法に触れる恐れがありますので自己責任でお願いします



======== 2012/6/13追記 ========
コメント欄にて、ソフトを使う必要さえなくセキュリティを解除してくれるサイトについて教えていただきました!

FreeMyPDF
「参照」から、ローカルのPDFを選択するだけ。
こら神がかり的なお手軽さやでぇ……。

本サイトについて教えて下さったMaChiさん、本当にありがとうございました!
もはやここから先の情報は必要ないのではないかという説が濃厚ですが、一応以前に記載した情報も残しておきます。
======== 追記ここまで ========

・フリーソフトを使う

まず真っ先に思いつくのが、「そういう機能持ったフリーソフトって既に存在するんじゃね?」ということ。

実際今の時代、自分が思いつくような機能を持ったフリーソフトなんて大抵既に存在しますからね。

……と、思いきや意外とあんまりありません。

一応、いくつか見つかったやつを紹介。



======== 2011/11/16 追記 ========
コメント欄にて、完璧なソフトを教えていただきました!

PDFLock
使い方も簡単。
こちらのダウンロードページから、「PDFLock - single dll - 1.151 kb zip-file」を選択してダウンロード。
解凍して、exeファイルから起動し、パスワードを入力して「Lock now!」をクリックするだけ。
元のパスワードなぞ関係なしに、ファイルそのものに新しいパスワードでロックをかけてくれます。
全部の項目を「1」に設定して、パスワード入力しなければ普通にパスワード無しのファイルに。
一応試用版みたいですが、1個ウインドウが挟まるだけで特に機能的な制限はないようです(2011/11/16現在)。
パスワード書き換えるだけなので、特に出来上がりに弊害もなし。
まさに完璧なソフトです。
ただ、一度これで編集したpdfファイルにもう一度編集かけようとするとエラーが出ることもある様子?
めんどいので条件は検証していません。
一旦コピーをとってから編集することを推奨します。

本ソフトについてコメントくださったJJさん、本当にありがとうございます!
なお、このソフトの扱いがいつ変わるかわかりませんし、私の苦労の結晶でもありますので、以下の情報も一応残しておきます。

======== 追記ここまで ========


iTextFont

”読み込んだPDFを制限なしにして保存してくれる”という紹介だったのですが……

私が使ってみたところ、まず読み込んでくれませんでした。

”場合によっては開けることもある”程度のものらしいです。




xdoc2txt

使い方が若干ややこい。

以下使い方コピペ。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

まず、こちらのページ から以下の二つのファイルをダウンロードします。

  • xdoc2txt 1.16 ( d2txt116.lzh /107KB )
  • cryptlib.dll Ver1.00 ( crypt100.lzh / 37KB )

※バージョンアップによりファイル名の数字が変わる場合があります。

上記二つのファイルをダウンロードしたら解凍します。
一つ目の「xdoc2txt 1.14 ( d2txt114.lzh /98KB )」を回答したフォルダに、二つ目の「cryptlib.dll Ver1.00 ( crypt100.lzh / 37KB )」を回答したフォルダにある「cryptlib.dll」をコピーして、それを「Program Files」に置いてください。

「xdoc2txt.exe」のショートカットを作成して、「Send to」(送る)へコピーします。

「ファイル」メニューの「プロパティ」、またはAlt+エンターキーでこのショートカットのプロパティを開いて、リンク先の後ろに
-f -n
を追加してください。

【例】 "C:\Program Files\d2txt\xdoc2txt.exe" -f -n

以上で準備完了です。テキスト抽出するには、エクスプローラで目的のPDFファイルを選択して、「ファイル」メニューの「送る」メニューにある、「xdoc2txt.exe」のショートカットを選んで送ります。


――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

とりあえずこの方法でやってみても、私の場合「送る」に該当のショートカットが追加されてませんでした。

が、作成したショートカットに対象PDFファイルをドラッグ&ドラッグでおk。

ややこしければ、もうコマンドプロンプトで「d2txt126>xdoc2txt.exe -f -n (対象PDFファイル)」でもおk。

かろうじて変換はされますが、文字抜けが激しかったりでぐちゃぐちゃになりました




ALTAIR for Windows
なぜか若干ダウンロードに時間がかかった。
あと慣れてないせいもあるとは思いますが、ものすげぇ使いづらい。

まぁ、本来の用途と違う目的で使っているのだから仕方ないっちゃ仕方ないかも。

一応、x2doctxtよりは若干まともに変換してくれるっぽい。

一部修飾された文字? 以外は変換されてるかも。

ただし、(たぶん)全部コピー以外にコピペの方法がない。

そして、全部コピーすると改行が消去されるためものすげぇ見づらい。

あと、間違えて保存とかするとpdfファイルとしては壊れます。

使用の際は注意しましょう。



Braval Reader

使い方は簡単。

また、txt形式に変換するわけじゃなくpdf(っぽい形式)から直接コピーできるようになります。

やはり一部の修飾文字はコピーできないようですが、pdfの形で見ながらコピーできるので抜けた部分も補完しやすい。

完璧ではないものの、たぶんフリーソフトの中じゃ一番優秀。





・有料ソフトを使う

普通に販売されているソフトもとりあえず紹介。

ちなみにいつか本当に使う時が来るかもしれないということで、日数制限付き体験版は試してません。

だいたい紹介だけです。


やさしくPDF OCR v.2.0
PDFからテキストを取り出すというか、OCR処理をするらしい。

使ってないので、どの程度の精度なのかは不明。

結構誤字が出るという噂もあり。



いきなりPDF to Data
これも同じくOCR処理。

これに関しては体験版さえないっぽい。



PDF Password Remover

これは本当にパスワードをクラック? するっぽい。

それは本当にいいのか?

トライアル版が日数制限じゃない(50回制限)だったのでこれだけ使ってみました。

確かに、完璧に解除されてました。

かかった時間的に全文探索をかけてるって感じでもなかった(一瞬でした)し、これもしかして本当に制限自体削除してんじゃね?

本 当 に い い の か ?

ただ、PDFからPDFへの変換なので当然誤字等もありません。

ポップアップは出るわ半分しか変換されないわでかなりウザいトライアル版ですが、前半にコピーしたい部分があるならこれで完璧です。

正直これなら、本当に必要になったら買ってもいい気がします。

出来自体はそれほどに完璧。





・OCRソフトを使う

先ほどのようにソフトが勝手にPDFに対してOCR処理(画像からテキストを取り出す処理)をしてくれるソフトを使うのではなく、自分でPDFを(スクリーンショット等で)画像に変換、自分でOCRソフトを使ってテキストを取り出す方法。

一番手間はかかります。

また、OCRソフトでフリーソフトってのもほとんどないみたいです。

SmartOCR がフリーのORCソフトだったようですが、現在は配布が停止されている模様。

もっとも、この辺 とかから拾ってくることは可能なようですが。
ただ、私はインストールさえできませんでした。

インストール済みなのに、「.Net Frameworkをインストールしてください」とか言われるのはなぜなんだぜ?

まさか、バージョンが新しすぎるのか?
と思ってダウングレードしたらできた。
で、試してみたわけですが。
うん、使えないね。
ちょっと精度悪すぎ。
ものすごく拡大した画像にもっと小分けすればどうにかなるのかもしれませんが、そんな手間をかけるくらいなら他の手法を採った方がいいでしょう。





・パスワードを解除する

私の場合パスワードわからないから苦労してんだよハゲ! という状況ですが、もしかすると「パスワードはわかってるけどどうやって解除するのかわからん……」という方もいるかもしれません。

Acrobat Readerだけではパスわかってても解除できませんからね。


一番手っ取り早いというか正攻法なのは、普通にAcrobat を使うこと。

本家です。

ただし(体験版もあるものの)さすがのAdobeクオリティでバカ高いです。


というわけで、とりあえず(編集等はできませんが)パスワードで解除するだけならばフリーソフト(というかフリーでも使える)クセロの瞬間PDF で十分です。

他にもあるかもしれませんが、元々ウチのPCに入ってたこれだけ紹介。

といってもパスワード解除目的ではなく(その機能があることも今日初めて知りました)、パワーポイントファイルをPDFに変換するために使っているのですけれど。

いちいち広告ページを表示してくるのがウザいですが、そこにさえ目を瞑ればそこそこ優秀です。





・タイピングで写す

最終手段。

ただまぁ一ついえることは、少なくとも今日だけに限っていえばこんだけ調べてる間に手で写した方が遥かに早かったということです。

あと、なんだかんだで一番確実・簡単。




そんな感じ。

どうでもいいですが、はてなやYahooなんかでやはり同じような質問をしてる方が何人かいらっしゃったのですけれど。

「コピー&ペーストでできます」「ツールバーで”選択”モードにすればできます」とか言われすぎワロタwww

それでできないから聞いてるんだろ。

と言いたいところですが、本当にそれで解決するような質問をしている人もいるのであながち笑えるものでもない。




«  | ホーム |  »

プロフィール

hamubane

Author:hamubane

たぶんライトノベル作家的なもの


Twitter

既刊情報

最新コメント

最新記事

カレンダー

12 | 2008/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

カテゴリ

ジャンルランキング

[ジャンルランキング]
日記
364位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
149位
サブジャンルランキングを見る>>

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR