スクウェア・エニックスノベルス『スタンプ・デッド』1~5巻&コミック版(完結)、『太陽で台風』1・2巻(完結)発売中!
ガンガンノベルズ『魔法少女アーヤ☆アミー』発売中!
徳間デュアル文庫『魔王さんちの勇者さま』1~4巻(完結)発売中!
徳間文庫『欠陥妖怪住宅』、『パラレル家族計画』発売中!
ぽにきゃんBOOKSライトノベルシリーズ『ブチ切れ勇者の世界征服』1~2巻発売中!

2017年4月、第11回HJ文庫大賞にて『銀賞』をいただきました!
2017年5月、ジャンプ小説新人賞’16 Winterにて 小説フリー部門『銀賞』受賞をいただきました!
2017年9月、第30回ファンタジア大賞にて 『金賞』をいただきました!

第11回HJ文庫大賞"銀賞"受賞作『カンスト勇者の超魔教導 ~将来有望な魔王と姫を弟子にしてみた~』
1・2巻、HJ文庫より発売中!
第30回ファンタジア大賞 "金賞"受賞作『お助けキャラに彼女がいるわけないじゃないですか』
3巻、8/18(金)ファンタジア文庫より発売です!

«  | ホーム |  »

なーにやってんだか

どうも、はむばねです。
私は下宿して以来ずっと自転車通学だったのですが、最近どうにもこれでは運動不足らしいということに気付いてきました。
そこでですね、最近はたまに大学から家まで走って帰ることにしているのです。
しかし大学に自転車置きっぱなしだと色々都合が悪いですし、かといって歩いて大学まで”行く”のはかったるい。
というわけで、行きが自転車な日は帰りも自転車、ランニングで帰ろうと思った日はバスで行くことにしているわけですよ。
つまりこれは逆にいえば、バスで行った日に関しては走って帰る以外に選択肢がなくなるということでもあります。
いやまぁ帰りのバスもあるにはあるのですが、19時半とかで終わるバスに乗れる時間に私が帰るわけはありませんからね。
以上を踏まえて、昨日から今日にかけてのダイジェストをお送りします。


昨日のブログ記事更新後(バースト後)、ちょっと休憩に入る
 ↓
みんなが集まってるところに行く
 ↓
なんか知らんけど桃鉄をやる流れになる
 ↓
29日22時前ごろ、桃鉄25年開始
 ↓
30日10時15分ごろ、終了(当然インターバル無し)
 ↓
10時40分、授業開始
 ↓
14時、授業終了
 ↓
14時半、プロジェクトミーティング開始
 ↓
15時半ごろ、ミーティング終了
 ↓
ちょっと休憩
 ↓
16時半ごろ、作業開始
「ろうそくは消えかけが最も激しく燃える! 輝け私の最後のバースト!」
 ↓
20時前、昨日やった分と合わせてこれでようやく3分の2終了かよこんなもん今日中に終わるかアホ死ね!
 ↓
このままラストまで作業するか、明日の自分を信じるか審議中 ←今ココ!
 ↓
いずれにせよ(昨日バスで来たため)この体調で走って帰ること決定 ←オワタ\(^o^)/




いやぁ、なんつぅかあれですよね。
なんで私たちは、こうもおバカさんなんでしょうね。
ちなみに桃鉄に参加した人+バイト明けで徹夜の人で、今日はウチの院生全員授業中死に掛けでした。
でも私は、そういうバカをこれからもやっていきたい。

ただ、私は一睡もしない完全徹夜ってあんまり経験ないんですよね……
おかげで、ぼーっとするあまりですね。
授業前に「徹夜明けだし、たまにはコーヒーでも買うか」と思って自販機行ったら間違えてあったか~い買っちゃったよ!
うん、まぁその辺は徹夜とか関係なく普段からやらかしてるミスという説もありますけれど。




スポンサーサイト

解禁!

どうも、はむばねです。
本日より、ついにFUNKY MONKEY BABYS解禁!


   。
    〉
  ○ノ イヤッホォォ!
 <ヽ |
 i!i/, |i!ii ガタン
 ̄ ̄ ̄ ̄

バーストするぜぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇ!


 ↓6時間後(今)


バーストしすぎてすっげぇ疲れた……

頭が重い……座り作業だから全身も重い……

ほぼマックスの音量でかけてるので、耳までちょっと重い。

しかし全力とはいえ6時間作業しただけで瀕死て……社会人どころか、今後の院生生活本当に大丈夫なんでしょうか。



ところで、今日もアラーム鳴ってた記憶が一切ないんですけど一体どういうことなんでしょう。

これ、実はアラーム鳴ってなくね?

いやまぁ今日は授業ないですし、別に多少寝過ごそうがいいんですけど。

明日は念のため、久々に目覚しい時計の方もかけておいてみますか。

あれ、心臓に悪いんであまり使いたくないんですけどね……




というわけで、今日はちょっと寝過ごした後バーストしっぱなしだったので特に書くことはありませんでしたとさ。

疲れてるときは、本当にブログの記事がクソになるから困りますね。

いつもこんなもんという説もありますけど。

今期初

どうも、はむばねです。
本日は、今期初やっちゃったぜをやっちゃったぜ!

授業開始:10時半

起床時間:11時過ぎ

オワタ\(^o^)/


しかもよりによって出席とる授業でやってしまうとは……

久々に、目覚ましが鳴ったことに気付かない真性ですぜ……

昨日は比較的早く寝たはずだったのに……




さてそれはともかく、本日の某氏。

トランプで、平面ピラミッドっぽいのを作っているのを見て。

「それなんていうんやっけ? トラ……トラミッド?」

トラミッドwww

その時はトランプでピラミッドを作ってるからトラミッド、なんて言葉を作ったんだろうなぁとか思ってたんですけどね。

その後の展開。

「プラ……あぁ、ピラミッド!」

って、ピラミッドという名称を普通に忘れてたのかよ!

ちょwww



そんなの関係ねぇ!

どうも、はむばねです。



昨日は大学の新歓祭でした(先週あったのは新歓祭ではなくただの新入生歓迎イベントだったらしい)。


〇∧〃 でもそんなの関係ねぇ!
/ >   そんなの関係ねぇ!
< \  そんなの関係ねぇ!


私が大学行った頃にはほぼ終わりかけだったしな!

あちこち買い物行ってたら遅くなった……




世間一般では、昨日あたりからゴールデンウィーク扱いらしいですね。


〇∧〃 でもそんなの関係ねぇ!
/ >   そんなの関係ねぇ!
< \  そんなの関係ねぇ!


間の平日が休みになるどころか、昭和の日も普通に授業日だよこのヤロウ。

まぁ私は元々火曜に授業入ってないので関係ないですけど。

さすがに5月5日6日だけは休みにしてるのがウチの大学の最後の良心でしょうか。

でもやっぱり私は元々火曜に授業入っていないので、実質祝日で休みなのは1日だけというこの事実。

まぁ、土日だろうが祝日だろうがどうせ研究室には行くのでそれこそあんまり関係ねぇですが。




日曜のこの時間は、相変わらず某氏がコードギアスを観るため研究室の電気全消しだよ。


〇∧〃 でもそんなの関係ねぇ!
/ >   そんなの関係ねぇ!
< \  そんなの関係ねぇ!


ただまぁ、消す前にせめて一言断ってくれると嬉しいかもしれないです。




ところで、小島よしおってまだいるんですか?


スタンプ・デッド 偽キャラクター考察 ver next generation

どうも、はむばねです。

昨日(日付的には一昨日)の現実逃避の結果を放出するよー!

4月1日の記事バージョンのキャラクター紹介です。

なので、当然


   *      *
  *  ウソです  +
     n ∧_∧ n
 + (ヨ(* ´∀`)E)
      Y     Y    *



それにしても、すんげー時間かかった……4月1日の時の比じゃありません。

というか、すぐ終わるだろうと思って続き書いてたら今日(日付的には昨日)の時間まで全部費やしちゃったよー!

後ろの方に気合い入れすぎたかも……




○茶玖(さく) ―真面目なバトルマニア―
 契約課から回収課へと異動になった死神。
 その意図は上層部のみが知る。
 初仕事のターゲットとして、華白という少女と出会った。
 自ら死を願う少女を前に、この仕事に対する疑問を覚える。
 バトルマニアな一面や言動に隠れているが、実はそれなりに情に厚く常識もある死神である。
 死神としても優秀であり、これまでの実績も結構なもの。
 しかしそれだけに、突然の異動と少し奇妙な初仕事に本人も戸惑いを隠せない様子である。
 また、バトルマニアとしての一面も健在。
 愛生や彗に敗北して以来、自分を鍛えなおしたとかいないとか。
 今なら千年クラスまでなら勝てる、などと吹聴しているが、その真偽は定かではない。
「は。何百年が生きてきたが、負けたことなんざ数えるほどしかねぇな」
「ふーん。でも、包丁の扱いはあんまり上手くないね」
「……俺はもっと豪快な得物の方が好きだからな」
「あ、ダメダメ。ちゃんと指を折りたたんで、猫の手にしなきゃ」
「あ゛ぁ? 別にいいだろ、最悪切っても包丁くらいじゃ問題ねぇよ」
「ダメです。あ、ついでに味見してもらっていい? ちょっと味が足りない気がするんだけど、何を足せばいいかな?」
「俺に聞いてわかるわけねぇだろ!」
 家事はちょっと苦手。




○黒川 華白(くろかわ かしろ) ―明るく死を望む少女―
 茶玖の今回のターゲット。
 神無砂希学園一年生。
 茶玖に出会ってすぐに、「私を殺して」と微笑んだ。
 しかし、その心中を語ろうとはしない。
 明るく活発な少女で、常に笑顔は絶やさない。
 両親は10年近く前に亡くなっているらしい。
 以来、両親の残した家を一人で守ってきた。
 家事スキルは万能で、見た目と違ってかなりしっかりとした芯を持っている。
 様々な影を持っているようだが、普段はそれを垣間見せることさえもない。
 学校でも、男女問わずに人気があるようである。
 しかし出会ったその日に茶玖を居候させることを決めるなど、豪胆なのか無警戒なのか天然なのか計算なのかよくわからない一面も。
「はーい、カレーできたよー」
「……待て。オレの知ってるカレーはこんなに赤くないんだが」
「そう? 私はいつもこんな感じだよ?」
「普通に食ってるな……意外と大丈夫なのか……? とりあえず、ちょっとだけ舐めてみるか……」
「あはは、そんなに警戒しなくても大丈夫だってば」
「……ごふっ!?」
「? どうかした?」
「おま……舌、どころか、全身、痺れ……」
 辛いもの大好き。




○朱麗(あかり) ―姉御肌だけどオレ様―
 見た目も中身も全く変わらない死神。
 元々変化が少ないのが死神ではあるが、これほどまでに変化しないのも珍しいとか珍しくないとか。
 基本的に人をからかうのが好きらしく、かなり長い間彗で遊んでいた。
 しかし彗もそれなりに人として落ち着いてきたことにより、茶玖で遊ぶことが一気に増えたとか。
 能力的には死神の中でも上位に属するはずだが、さほど仕事に対する情熱は高くないようである。
 昔から担当地域は変わらず、今でも昇神家とは頻繁に交流しているらしい。
 ちょうど華白の家が自分の担当地域だったこともあり、茶玖の仕事にもちょっかいを出しに行く。
 普段はふざけているが、いざとなれば頼れる存在。
 なんだかんだで、面倒見のいい一面も持っている。
「ふ……茶玖君、これを見るがいい」
「カエル、だな」
「そう、カエルだ。しかしただのカエルじゃないぞ? ほら、こうすると……」
「……ゲコゲコサンバのリズムを刻みながら、軽快に踊ってるな」
「どうだ、すごいだろう」
「これ、魂のエネルギーから作ってるのか……確かにこの細かい制御は尋常じゃねぇな」
「そうだろう、そうだろう」
「なんでそんな自慢げなんだ……てか、もっと有効な方向にその力を使えねぇのか……」
「あの日見て以来、10年間研究を続けた結果ようやく出来たものだからね」
「アンタ10年も何やってんだよ!」
 が、普段はいつも真面目にふざけている。




○昇神 菫(しょうじん すみれ) ―スーパークール & スーパーアナーキー―
 神無砂希学園三年生。
 頭脳明晰、容姿端麗、真面目で運動神経と芸術センスもバツグン。
 二年生時には生徒会長も勤めた。
 と、ただ一点を除けばパーフェクトな存在。
 しかし、それらを全て霞ませるほどの大きすぎる愛を妹たる蓮華に対して向けている。
 普段は冷静沈着なその頭脳が、妹に関わる時のみ沸点が著しく下がるのである。
 蓮華を至高の存在とし、自分に恋人を作ったことはない。
 ついでに、蓮華に恋人を作らせたこともない。
 「別に蓮華に恋人ができること自体に反対はありません。ただ、悪い男に引っかからないようにしているだけです」とは彼の言だが、未だ菫の眼鏡に適った男は一人もいない。
 また、直接死神の血を引いているせいか、”力”の強さは父親の比ではない。
 幼い頃から自ら志願して訓練をつけてもらったため、その使い方もほぼ完全に掌握している。
 飛岳の血の影響か幼い頃から超常の事態に立ち会うことも多く、その場数の多さも強さに拍車をかけているのだろう。
「父様、今日も特訓ありがとうございました」
「ん……構わんよ。けどさ、お前も随分強くなったんだし。もう特訓とかいらなくないか?」
「いえ、僕などまだまだです。いざという時に蓮華を守れないようでは、兄失格ですから」
「だから、お前が守れない事態なんてもうほとんどないだろ? 今のお前なら、たぶん地力だけでブドォとかにも勝てるよ。あ、ブドォって俺が殺されかけた死神ね」
「力はあるに越したことはありませんから」
「自分に厳しいねぇ……一体誰に似たんだか」
「それに、身近に父様という大きな目標があります。僕は、まだまだ父様には敵いません」
「冗談。もうお前の方が遥かに強いだろ」
「単純な力だけならば……けど、実際に戦えば僕は父様には勝てないでしょう」
「ま、俺だって未だに父親に敵う気はしないけどさ……その辺、昇神家の伝統なんかね」
「ふふ……かもしれませんね」
「あぁそういや話は変わるけどさ、さっきお前に女の子が訪ねてきてたぞ。なんか、ノート返しに来たとか」
「ノート……あぁ、じゃあたぶん池上さんですね」
「菫のこと呼ぼうか、って言ったんだけどな。今日は返しに来ただけだからいい、とさ」
「はぁ、そうですか。ノートなんて、明日でもいいんですが……なんでわざわざウチまで」
「そりゃ、あわよくばお前に会えればって思ったんじゃねぇの……」
「? なぜです? それこそ明日になれば会えますし、用があるなら電話でもメールでもいいではありませんか」
「だから、お前の顔を見るためにだな……いや、まぁいいや。まったく、そんなところも誰に似たんだか……」
「??」
 その部分は、間違いなく昇神家の伝統である。




○昇神 蓮華(しょうじん れんげ) ―二通りの最強―
 神無砂希学園一年生。
 華白の親友で、菫の妹。
 実年齢よりも幼く見える容姿を持ち、また行動もどこか子供っぽい。
 甘やかされて育った結果だろうか。
 しかしその愛らしい笑顔は、今も実父と実兄をメロメロにしているという。
 もちろん家族以外をも多くを魅了しているのだが、兄が裏で全て叩き潰しているため蓮華自身にその自覚はない。
 また、菫が向けてくる愛情が過剰であることに対しても特に自覚はない。
 どうやら、世間一般的に兄妹とはそういうものであると認識しているらしい。
 兄同様”力”を受け継いでいるが、その”力”の強さは歴史上類を見ない。
 単純な力量ならば、数千年級の死神をも圧倒しうるほどである。
 しかし菫とは違って特別訓練を受けているわけではないため、その力の扱い方をあまり知らない。
「お兄ちゃんお兄ちゃん、お菓子買って帰ろうよ!」
「ダメです。あまり買い食いばかりしていると太ってしまいますよ?」
「大丈夫だよ~! ママの体質受け継いでるから、食べても太らないもん!」
「それに、今月はもうお小遣いが残り少ないと言っていたでしょう」
「ちょっとくらいなら平気だもん」
「そもそも、帰り道に買い食いなんてお行儀がよくありません」
「むぅ~」
「さ、帰りますよ」
「……だめ?」
「ダメです」
「…………どうしても?」
「……どうしてもです」
「………………ぜったい?」
「…………ぜったい」
「………………」
「ぐ……その目は反則……しかし、ここを耐えねば……」
「お兄ちゃん、お願い……」
「…………わかりました。仕方ないですね」
「やったぁ!」
 やはりこの少女、最強である。




○仁山 祥太郎(にやま しょうたろう) ―軟派なムードメーカー―
 神無砂希学園三年生。
 菫の(自称)親友。
 誰に似たのかかなりのお調子者で、女の子がいれば片っ端から声をかける。
 しかし、本当に好きになった人に対しては一途という噂も?
 その真偽のほどは定かではない。
 毎日のように蓮華を口説き、毎日のように菫にぶっ飛ばされている。
 また、特に戦闘能力を持たないにも関わらず菫にくっついて危険な現場に立ち会うこともしばしば。
 それなりに傷を負ったこともあるはずだが、それでもまた菫についていく。
 精神的にも肉体的にも、実のところかなりの強度を誇る少年である。
 本人は「蓮華ちゃんと一緒にいるためなら、命の一つや二つ惜しくないぜ!」などと嘯いてはいるが、蓮華のこととなるとしばしば熱くなり過ぎるきらいのある菫と、素で抜けたところの多い蓮華のことを心配しての行動なのだろう。
 事実、祥太郎がキーパーソンとなったことで菫が救われたことも一度や二度ではない。
 菫も一見邪険に扱っているように見え、やはり実のところ祥太郎に対する態度は他に者に対してのものとは少し違う。
 本人は否定するかもしれないが、親友に対するそれである。
「蓮華ちゃ~ん! 今日も可愛ぶふろばっ!?」
「何度も言わせないでください。蓮華にちょっかい出すとぶっ飛ばしますよ?」
「す、菫……君、手加減って言葉知ってるかい……?」
「1 手に持った感じや手に握ったぐあいで分量や程度をはかること。2 相手や状態に応じて、扱いの厳しさの度合いをゆるめること。てごころ。手勝手」
「さすが……辞書通りの解答をありがとう。では、その二番を今後は俺に適用する方向でいってみようか……」
「既に十分手加減しています。というか、僕が本気を出していれば君は既に蒸発してます」
「うん、いやまぁそうなんだけどね……なにも、毎度毎度半殺しにすることないじゃない……?」
「君が毎度毎度蓮華に手を出そうとするからです」
「ただのコミュニケーションじゃん! というか、親友様を半殺しにするか普通!?」
「失礼ですね、君だから半殺しで済んでいるのです。他の人が君と同じ行動をとれば、10分の9はぶっ殺しますから」
「いや、それもう相手死んでね……?」
 そんな光景は、最早神無砂希名物と化しているとか。




○大元 貴文(おおもと たかふみ) ―鬼才の血を引く現代の鬼才―
 先祖と同じ名をもらった刀匠。
 そしてその名に負けず、二十歳を前にして既に天才の称号を欲しいがままにしている。
 天先を作り出した初代以来の天才と称されるほどである。
 しかし、本人はまだ自分の作る刀に満足はしていない。
 なぜならば、彼の作る刀にはまだ意思が宿っていないからである。
 本物の天先を知らない人は「刀に意思など宿るわけがない」と嗤い、本物の天先を知る人は「あれは積み重ねた年月が生み出した奇跡だから」と諦観させようとする。
 それでも彼は、自らが死ぬ前に意思を持つ刀を生み出すことを生涯の目標としている。
 そしてその刀の使い手をなぜか仁山祥太郎に決めているらしく、新しく刀を打つ度に祥太郎へと寄贈している。
 その意思と肉体の強さを買ったらしく大元は「彼と自分ならば刀に意識を宿らせることができる」と言っているが、祥太郎本人は「なんか知らんけどタダで刀もらえてラッキー」ぐらいにしか思っていない。
「よぅ、担い手殿。新しい刀の具合はどうだねぃ?」
「んー? 前との違いがよくわからないかなぁ」
「はは、そうかぃ。別に担い手殿はそれ構わないさね」
「ていうか毎回言ってるけど、もっとちゃんと刀を扱える人にモニター頼んだ方がよくない? 俺、授業で剣道やったくらいしか経験ないんだけど」
「これまでの経験は関係ねぇさね。よぅは刀との相性さ。オレの見立てじゃ、担い手殿とオレの刀との相性はピカイチだ」
「ふーん、そういうもんかねぇ……?」
「それに、担い手殿は力が欲しいんだろぃ?」
「まぁねぇ……菫とか蓮華ちゃんのこと、もっとちゃんと助けてあげたいしねぇ……」
「その意思が大切なんさね。なーに、あと十年もすりゃ完成するぜぃ」
「気の長い話だねぇ……」
 その口調は、どこかで聞いたことがあるものだが……?




○昇神 彗(しょうじん すい) ―幸せいっぱい苦労人―
 普通に大学進学後、普通に就職。
 最近は年相応に落ち着いてきた人。
 が、これも飛岳の血か定期的に妙な事件には巻き込まれているらしい。
 さらに、子供が生まれてからはその苦労も倍増。
 例の一件以来”力”は既に失われて久しいが、その経験値が着々と強さに変わっていっている様子。
 戦闘スタイルや顔立ちが徐々にありし日の父親に似ていっている、とは愛生の談である。
 背負った苦労のせいか顔に渋みが増し、しかしそれが受けて職場での女性人気は結構高いとか。
 もっとも、当然の如く本人にそんな自覚はないが。
 夫婦仲は良好。
 ご近所にはラブラブ夫婦として知れ渡っている。
 が、こちらも本人(たち)に自覚はない。
 本人は厳しく振舞っているつもりではあるが、基本的には親バカ。
「蓮華、学校にはもう慣れたか?」
「うん。友達もいっぱいできたよ~」
「そうか、それは何よりだ。変わった奴が多いけど、楽しい学校だろ?」
「うん! あのね、私のクラスの担任の先生、金魚なんだよ!」
「金魚……河合先生か。パパの時の担任も河合先生だったんだよ」
「河合先生? 違うよ。山白先生、っていう先生」
「え、今あの人も金魚になってんの!?」
「も、っていうか河合先生ってあの人でしょ? ミツクリエナガチョウチンアンコウの着ぐるみ着てる先生」
「ミツク……なんだって!? なんでそんなややこしい生物の着ぐるみ着てんの!? 今度は何があったんだよ!?」
 時代が変われば、人も変わるようである。




○昇神 円花(しょうじん まどか) ―未来の最強死神候補―
 彗の魂を(一旦)送ったことで正式な死神になったものの、休職状態。
 現在実質専業主婦状態である。
 ただし、料理担当だけは今でも旦那の役割となっている。
 円花が最近覚えた料理は”牛乳ミックスオ・レ。
 内容に関しては推して量るべし。とりあえず白い。
 休職中でも旦那や子供達が巻き込まれるいざこざには首を突っ込むため、実は結構会社に貢献していることも。
 その経験も相まって、死神としての力も日々増している。
 実はブドォや小山慎司の見立てよりもさらに早く、円花が彼らを抜く日は来るのかもしれない。
 見た目は高校生時代とあまり変わっていないが、少し大人びた顔立ちにはなっている。
 死神の見た目は基本的に精神年齢に依存するらしいが、だとすれば”少し”大人びた顔立ちとなった彼女の精神年齢は……?
「彗さん、菫ちゃんと蓮華ちゃんはどうしました?」
「あぁ。蓮華が本屋行くっつーんで、菫もついてったよ」
「あ、そうでしたか。了解です」
「しかし菫の奴、ちょっと蓮華に対して過保護すぎやしないか……?」
「そうですか? 別にいいと思いますけどねー。ほら、ナイトと姫って感じで」
「そういうのは恋人がやるもんであって、兄妹でやるもんじゃないだろ……」
「あれれ? 菫ちゃんはともかく、蓮華ちゃんに恋人ができても平気なんですか?」
「……本人が選んだ奴なら、俺は文句言わんさ」
「あはは、ちょっと無理してますねー」
「うっさい。だいたいあいつら、揃いも揃ってそういうのには鈍いからな。しばらく浮いた話もないだろ」
「……彗さんがそれを言いますか」
「どういう意味だ?」
「というか……前から聞きたいと思ってたんですけどね。彗さん、今までに彗さんに恋愛感情を向けてきた女のこと、どれくらい知覚してます? 多すぎて数えられないなら、とりあえず今現在の話だけでいいです」
「? 多すぎるも何も、そんな奇特な奴ってお前くらいだろ?」
「……はぁ」
「なんだその溜め息は」
「じゃあもう一つ聞きますけど。彗さん、私が彗さんのこと好きだ、って気付いたのはいつですか?」
「えーと……確か、小山慎司と戦う前後くらい?」
「そんな後の方なんですか!?」
「え? いや、ていうかそれ以前て別にお前俺のこと好きとかじゃなかっただろ?」
「好きでしたよだいぶ前から! むしろ初めて会った後そんなに経ってない時からですよ!」
「あれ、マジで……?」
「……………………はぁ」
「……なんか、すまん」
「愛生さんが前に愚痴ってた事がよくわかりますよ……まぁ逆に、一度捕まえちゃえば後は安心なんでしょうけど……あれ、でもよく考えたら秋乃さんの気持ちにさえ気付いてなかった私も結構鈍いんでしょうか? ということは、今私が知ってるのも氷山の一角ということに? マジですか、どんだけモテるんですか彗さん……」
「何をブツブツ言ってるんだ?」
「うん、でもよく考えると当たり前ですよね……元々顔は悪くないですし、というかどんどん男前になってきてますし、優しいですし、頼りになりますし、お料理も上手いですし……そりゃ好きになりますよね。そもそも、私もなりましたもん」
「おーい?」
「彗さん!」
「はい?」
「好きです!」
「……なんだ唐突に。俺も好きだけどさ」
「……にへへ~。ありがとうございます」
 そのラブっぷりは、高校時代の比ではないという噂である。



最近こんなのばっか

どうも、はむばねです。
昨日(から今日)のダイジェスト。

ゼミの資料を作らねばならない
 ↓
現実逃避として別の作業(ブログ更新とかTAの仕事とか)実行
 ↓
そうこうしているうちに夜中
 ↓
なんか知らんけどそん時いたメンツでUNOやる流れに
 ↓
某氏がマクロス見るためUNO終了
 ↓
マクロスOPくらいで資料を作り始めEDまでに作り終わる

つまり、結局資料は30分くらいで作り終わりましたよ。
だったらさっさと夕方くらいに作って帰ればよかったね。
でもまぁUNO楽しかったですしね。
あと、現実逃避で溜まってたタスクも一部消化できましたしね。
結果はあんまりオーライしてないけど、これはこれでまぁいいや。
てか、夕方に作ることができるような優秀な人間だったらもうちょっとマシな人生歩んでますからね。



私が働きたくないわけ

どうも、はむばねです。
さて、就職活動もいよいよ佳境といった時期でしょうか。
就活中の皆様、順調ですか?
我が研究室では順調に、今年も就職から院進に切り替わる方が生まれました。
ちょwww去年のtbt氏wwwこれウチの研究室の伝統なのかよwww
ていうかですね。
今年はM2がいないからMは誰も卒業しないし、4回生で就職するのは2人だけ。
つまり、今年研究室出て行くのは全部で二人。
にも関わらず次の3回生が+13人か14人くらい入ってくるはず。
いよいよもって人口過密になりそうです。


さてそれはともかく。
あと半年もすれば、私もいよいよ就活が他人事じゃなくなります。
就活が近づくにつれて、本当に真面目に働きたくないという気持ちが強まってきております。
というかですね。
たぶん私は、”働きたくない”というよりは”環境を変えたくない”というのが大きいと思うのですよ。
変化よりも停滞を好む事無かれ主義者ですからね。
だいたい、考えてもみてくださいよ。
私は、最終的に大学に6年いることになるわけですよ?
6年も過ごした環境を今更変えるとか、冗談じゃないぜ。
いやまぁ変えないわけにもいかないわけですけど。
さらにさらに考えてみるとですね。
小学校入学から院卒業まで数えると、18年も学生なわけですよ。
24年の人生のうち、18年が学生なんですぜ?
人生4分の3が学生ですよ。
ここまできたら、もういっそ一生学生でいいじゃない!

そんなことを思いつつ、とりあえず今は先の就活よりも明日のゼミの方が大問題な今日この頃でした。




頭痛い?

どうも、はむばねです。
なんか昨日から頭が痛いです。
ぶっちゃけ昨日は頭痛いとか気のせいだと思ってたんですが、どうやら本当に痛いようです。
うーん、風邪……?
けど、こないだ風邪治ったばっかりなんですけど……

それとも、これが噂に聞く偏頭痛というやつなのでしょうか。
しかし今ってむしろ、着々とタスクを消化していって楽になってる最中なんですぜ?
今残ってる気が重いタスクなんて明後日のゼミくらいのもんですよ。
まぁ、確かにそれは結構気が重いけど。
偏頭痛になるとしたら、もっと前になってると思うんだ。
それとも、別に精神的なものが原因じゃなくもっと物理的な要因でもあるのでしょうか。
というか、そもそも偏頭痛とかってある日突然発症するもんなんでしょうか。
とりあえずバファリン飲んだので今は頭痛治まってます。
さすがバファリン様だぜ!

しかし、ホントに何なんでしょうこれ……
風邪にしては、他の症状が出なさすぎな気がするんですよね……
私の風邪は、頭痛よりも喉・鼻に来るのが基本ですし。
でも、別に日常生活に支障が出る程痛いわけじゃないしまぁいいか。
なんて言ってると、本当は怖い家庭の医学あたりじゃ確実にこの後大変なことになるんでしょうけどね。
これが、最終警告だったのです……


あ゛ぁぁぁぁぁ聴きたい!

どうも、はむばねです。
私は、基本的に作業中は常に音楽を聞きながらやってます(別に作業中じゃなくとも音楽聞いてますが)。
外界の音をある程度シャットするという意味もありますし、何より音楽があった方が作業自体進みやすいですしね。
特にカッチリ心にフィットする曲がきた時のバースト感は異常。
正直、作業速度が数倍くらいに跳ね上がってる気がします。
単に集中力の違いだとは思いますけれど。

しかし、このバーストを引き起こせる曲というのはそう多いわけではありません。
それこそ、ジャストストライクゾーンに来るような曲じゃないとダメなわけですからね。
バーストできる曲を量産できるアーティスト単位となるとさらに稀少です。
今まででいくと、BUMP、RAD、ガガガ、FLOW、あたりはほぼ安牌といったところでしょうか。

なんというか、好みが典型的すぎる気もしますがその辺のことは置いといて。
でもまぁ、やはり1アーティストの曲数は有限なわけで。
また、いくらバーストできる曲とはいっても聴き続けてるとそのバースト力は弱まってくるわけです。


それでですね。
諸事情により、26日あたりからバーストする必要性が出てきたのでですね。
ここ最近、結構前から目をつけていたFUNKY MONKEY BABYSの曲を収集してたのです。

FUNKY MONKEY BABYSは最近の3曲くらいしか知らなかったので、それ以前の曲とかも集めてみたんですよね。

そしたら予想通りです。

うん、これはいい。

特に個人的には、最近の曲よりは初期の頃の方が好きな感じです。

ちょっと曲数少ないのがアレな感じですが、久々にバーストできるような曲を収穫できました。

これで26日以降は安泰だぜ!



と、思ったら。

いかん、集めるのが早すぎた。

あ゛ぁぁぁぁぁぁ!! 聴きたくて仕方ない!!!
ここで断っておくと、バーストできる曲=稀少+有効期限有り=貴重

つまりここぞという時にこそ使うべきであり、無駄遣いはできねぇ!

すぐそこで聴ける状態にあるというのに聴けないというこのジレンマ。

仕方ないので他の曲収集して誤魔化してます。

しかし、HOME MADE 家族、ET-KING、ONE☆DRAFT、GreeeeNあたりじゃ少しバースト力と曲数が足りない気がするぜ……

結局、その辺全部合わせたら大体いい感じになりましたが。

ただ、このあたりも結構前からとっておいた感のあるラインナップなのに……
まさかこんなところで全部消費することになろうとはな。




トランプ遊び~某氏編~

どうも、はむばねです。
この前の日記で、書くの忘れてた件。

私が遊んでいると、当然某氏も参加するよ。
というわけで、某氏の作品。




相変わらず写真じゃ大変わかりづらいですが、各所一枚ずつで支えてます。
パッと見、物理法則無視してね? と思わないでもない一品。
まぁ確かによく見るとちゃんと支えあってるんですけどね。
これが出来ると思える発想がすごいわ。







もう一つ某氏の作品。
こちらはどちらかといえば芸術性が高いですね。







私の作品とのコラボ。
写真がでっかくなると微妙になってしまいましたが、携帯で撮った時は結構芸術性高い気がする構図でした。



ところで、某氏といえばですね。
これを作った日の記事にも書きましたが、私はこの後tbt氏らと共に飲みに行ったわけですよ。
でも、実はその日昼のうちに夕食分の弁当も買ってきてたんですよね。
でもまぁ、明日食べればいいか……と思って、そのまま研究室に放置していってたわけですよ。

そしたら、次の日行ったら某氏に既に食べられてたよー\(^o^)/
いや、別にね。
「食べていい?」って聞かれたら間違いなく「いいっすよー」と答えてましたけどね。
まさかその部分が以心伝心、何も言わずとも伝わってるとはな。
元々別に食べても構わなかったわけですし、某氏のその行動を聞けただけでも弁当分くらいの価値はあったと思いますけどね。




«  | ホーム |  »

プロフィール

hamubane

Author:hamubane

たぶんライトノベル作家的なもの


Twitter

既刊情報

上の方は絶版じゃないよ!

お助けキャラに彼女がいるわけないじゃないですか2 (ファンタジア文庫)

最新コメント

最新記事

カレンダー

03 | 2008/04 | 05
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR