FC2ブログ
スクウェア・エニックスノベルス『スタンプ・デッド』1~5巻&コミック版、『太陽で台風』1・2巻発売中!
ガンガンノベルズ『魔法少女アーヤ☆アミー』発売中!
徳間デュアル文庫『魔王さんちの勇者さま』1~4巻発売中!
徳間文庫『欠陥妖怪住宅』、『パラレル家族計画』発売中!
ぽにきゃんBOOKSライトノベルシリーズ『ブチ切れ勇者の世界征服』1~2巻発売中!
HJ文庫『カンスト勇者の超魔教導』1~3巻発売中!
ファンタジア文庫『お助けキャラに彼女がいるわけないじゃないですか』1~3巻発売中!
JUMP j BOOKS『ぼくたちは勉強ができない 非日常の例題集』発売中!

受賞歴:
2004年、第1回スクウェア・エニックス小説大賞『入選』
2008年、第5回トクマ・ノベルズEdge新人賞『徳間デュアル文庫特別賞』
2017年、第11回HJ文庫大賞『銀賞』
2017年、ジャンプ小説新人賞’16 Winter 小説フリー部門『銀賞』
2017年、第30回ファンタジア大賞 『金賞』

«  | ホーム |  »

超人計画

どうも、はむばねです。
もちろん本日も徹夜です。
最早最近のここははむばねさん徹夜の歩みみたいな感じになっていますが、今はそんなことはどうもでいい。
問題は、ただ私がここに書くべきことは、書かずにいられないことは、私が今、この、徹夜のテンションで、だいぶ前にガンダム君にもらった滝本竜彦先生の超人計画を読んでしまったということです。

まず最初に、ここに断っておきます。
ここから先の文章は、完全に支離滅裂です。
作家にあるまじき、理系にあるまじき、あるいは人としてあるまじき支離滅裂さです。
既にその兆候が現れ始めていますが、とにかくそれほどに支離滅裂です。
これは私が誰かに何かを伝えたいと思って書く文章ではなく、ただ単に私が自分の内を吐き出したいがために書く文章です。
チラ裏です。
でもなんか人目につくところに書きたいのでここに書きます。
別に読まなくてもおkです。
たぶん読んでも面白くありません。
と、言い訳を色々書き連ねていったところでさぁ始めよう。


私にも幾人か、世の中に尊敬するクリエーターさんというのは存在します。
しかしあえてその中で一人を選ぶなら、と言われれば私はぶっちぎりのトップで滝本竜彦先生を挙げます。
これはもう好みの問題が多分に混じっておりますので、”尊敬”というよりは”好きな”と呼んだ方がいいかもしれませんが、それはともかく。

何度か書いたかもしれませんが、私が初めて滝本先生を知ったのはNHKにようこそ!でした。
その時は単に、「あ、面白いな」といった程度の感想でした。
しかしその後に読んだネガティブハッピー・チェーンソーエッヂが、私の中の何かをえらい勢いでぶっ叩きました。
それまでにも「面白い」と思う作品にはいくつか触れてきましたが、まさに魂が震えると表現するに相応しいほどの作品に触れたのは初めてでした。
今でも、Be FreeのPV見るだけでちょっと泣きそうになるほどです。
特にあれは、たぶん読んだ時期が良かったとも思うのです。
思えばあれは高校二年だか三年(既にそのあたりは曖昧)。
まさに鬱屈した気持ちというか、そういうのが溜まっていたのだと思います。
本当の本当になんかこう作品と自分の気持ちみたいなのがシンクロして、なんかもう感情がえらい勢いで揺れ動きました。
たぶん、ベストの時期に読んだんだと思います。
恐らく今の私が初見でこの作品を読んだとしても、あの時ほどの感動は得られないでしょう。
思えば、私と滝本作品との出会いはいつも奇跡的です。
その辺りのことは後述します。


次に読んだのは、大学1回生だか2回生だかの頃に読んだ『僕のエア』でした。
当時単行本にはなってなかったので(というか、今もなってない気がする)、わざわざあっちこっちの図書館行って別冊文藝春秋からコピーしてきました。
そして読んだわけですが、これが正直、面白いか面白くないかと問われれば「?」な感じだったのにですね。 

あぁ時に、私は滝本作品はドラッグに似ているのではなかろうかと思っています。
もちろんこれはたぶん一部の人にしか、あるいは私にしか作用しない効果ではあると思うのですけどね。
どのようなところがドラッグ的かといいますと、すなわち服用時の精神状態によって大きく効果が左右されるということ。
いい気分の時に読めばアッパー系として作用し、最高にハイな気分になれます。
思えば『ネガティブハッピー・チェーンソーエッヂ』を読んだ高校生時代は、私の人生ピークでした。
鬱屈した云々とは言っても、当時からして「あぁ、ここが人生のマックスだな」と悟っており、今現在もそれが真実であると確信しております。
つまり私はあの頃、ナチュラルな状態でも既に”最高にハイ”だったわけです。
そんな時にアレ読んだら、そりゃもうものっすごいことにもなりますさ。
前述の通り、読んだ時期が本当に良かったのですね。

さて、話は『僕のエア』に戻ります。
同時私は大学1回生だか2回生(たぶん1回生)。
大学受験は中途半端に失敗し、なんか下宿だし、周りの友達とはまだそんなに親しくないしで、ぶっちゃけたまーに欝期を繰り返したりしている時期でした。
私の人生において、ここかリアル中二時代が一番欝ってたと思うほどです。
さぁ、そんな時期に滝本作品に触れればどうなるか。
あぁ、揺れたさ感情がえらい勢いで。
なんかもうえらい方向にな!
正直、この時期の『僕のエア』読んだ後はマジでヤバかった。
数日間情緒不安定気味になるほど感情揺れまくりんぐ。
ちょっと下手こいたら練炭買いに行ってもおかしくなかった。
うん、ただここで勘違いしていただいては困るのが、別に私は『僕のエア』を読むことで欝になったわけではないのですよ。
ただこう、なんか感情の振れ幅が本当に大きくて、それを処理する術がなくて、溢れんばかりの何かを何かする方法がわからなくて、爆発しそうだったわけですよ。


まぁ過去のことはいいです。
前置きが長くなりました。
まだまだ全然書き足りてはおりませんが、前置きなのでこのくらいにしておきます。

さぁ問題は、本題に戻ると、今ここで私が滝本作品に触れたということですよ。
しかも、読んだことがある方ならわかるかと思うのですが、よりによって超人計画をだ!
あぁ今年で23で、周りはチラホラ就職してる人もいて、私はまだ就活さえも始まってなくて、それどころか院生活も始まったばかりで、上はいなくて下を引っ張っていかなくちゃで無茶な量のTAの仕事があって小説もとりあえず1シリーズ完結してでもまだ終わってなくて徹夜徹夜でやること全然終わらなくて一人で今日も徹夜しているという、あえてこのタイミングで!
先にも述べた通り、『僕のエア』はよくわかりませんが『ネガティブハッピー・チェーンソーエッヂ』はまずベストのタイミングで読んだと思います。
そして今恐らく、私はこの『超人計画』もベストのタイミングで読んだ。
読んでしまった。
あぁ、なんですかこの奇跡は。
滝本先生24歳と今の私がシンクロしたのかその類似かその相違かとにかくなんかもう色んなところを刺激されまくりで、脳内物質いろんなもん出まくりで、久々にえらいことになりました。
本当に、本当にストライクど真ん中に来る作品は、読んでる時はいいんです。
しかしその後の事後処理というか、感情処理が上手くいかず胸の中に色んなものがものすごく渦巻くのです。
走り出したいような叫びだしたいような世界の中心で愛を叫びたいような、そんな衝動に駆られるのです。
こういう時はアホみたいに酒を飲むのが私的ベストな選択なのですが、あいにく今日はこの後授業があります。
今から仮眠とって、授業出て、速攻帰って酒飲むのが次にベターな選択ですが、それさえも叶わぬでしょう。
なぜならば最早ドリンク剤さえ必要とせず徹夜の眠気はぶっ飛んだこの状態では、今から寝ることなど不可能でしょうから。
だったら、そのあふれ出さんばかりの情熱を小説にでもぶつければいいだろう、と思う方もいらっしゃるかもしれません。
しかしあまりに高すぎる熱量は、制御しきれずに小説なんて形には変換できないんだぜ。
というか、そんなことは今ここに書いている文章読んでいただければわかると思いますが。

うんまぁしかし、こうして思いつくがままにガリガリ書いていくと少しは気分が落ち着いてきました。
恐らく何一つ……とまではいわないまでもほとんどの部分が伝わらないであろうこの文章は私の自己満足というか自己防衛に過ぎないのですが。
あぁ結局、オチも締めも思いつかないけどまぁいいや。
『超人計画』、よかったよ!
ただまぁ特に今回の場合、私はなんでこんな本にこんな心を揺り動かされているんだろう、とか思わないでもないよね!


スポンサーサイト



«  | ホーム |  »

プロフィール

hamubane

Author:hamubane

たぶんライトノベル作家的なもの


Twitter

既刊情報

最新コメント

最新記事

カレンダー

04 | 2008/05 | 06
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

月別アーカイブ

カテゴリ

ジャンルランキング

[ジャンルランキング]
日記
235位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
95位
サブジャンルランキングを見る>>

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR