FC2ブログ
スクウェア・エニックスノベルス『スタンプ・デッド』1~5巻&コミック版、『太陽で台風』1・2巻発売中!
ガンガンノベルズ『魔法少女アーヤ☆アミー』発売中!
徳間デュアル文庫『魔王さんちの勇者さま』1~4巻発売中!
徳間文庫『欠陥妖怪住宅』、『パラレル家族計画』発売中!
ぽにきゃんBOOKSライトノベルシリーズ『ブチ切れ勇者の世界征服』1~2巻発売中!
HJ文庫『カンスト勇者の超魔教導』1~3巻発売中!
ファンタジア文庫『お助けキャラに彼女がいるわけないじゃないですか』1~3巻発売中!
JUMP j BOOKS『ぼくたちは勉強ができない 非日常の例題集』発売中!

受賞歴:
2004年、第1回スクウェア・エニックス小説大賞『入選』
2008年、第5回トクマ・ノベルズEdge新人賞『徳間デュアル文庫特別賞』
2017年、第11回HJ文庫大賞『銀賞』
2017年、ジャンプ小説新人賞’16 Winter 小説フリー部門『銀賞』
2017年、第30回ファンタジア大賞 『金賞』

«  | ホーム |  »

やる夫で学ぶサーバ構築 ~VM構築編~

どうも、はむばねです。
本日2回目の更新。

文字数制限……だと……?
というわけで、前回の続きです。
とりあえずここからが本番です。
といっても、結局基礎に入る前に今回も終わるけどな!
yumのインストールくらいまではいこうと思ってたのに、そんな気力は全く残りませんでした。

なんという無駄な労力、普通に解説するだけなら間違いなくこの三分の一もかからない。
まぁ今回は丸々序章ということで、次回からが本番だよ!
次回がいつになるかはわからないけどね!

まぁとりあえず、YOUもここまで一緒に試してみればいいじゃない!



―――――――――――― 第1章~VM構築編~ ――――――――――――


文芸部室前


      ____
    /      \ ( ;;;;(
   /  _ノ  ヽ__\) ;;;;)
 /    (─)  (─ /;;/  ここに、やらないおが紹介してくれた人がいるのかお・・・
 |       (__人__) l;;,´  
 /      ∩ ノ)━・'/
 (  \ / _ノ´.|  |
 .\  "  /__|  |
   \ /___




    |┃三ガチャッ ____
    |┃      /⌒  ⌒\
    |┃    /( ●)  (●)\   
    |┃三  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \   
    |┃   |     |r┬-|     |   こんにちはだお!
    |┃   \      `ー'´     /
    |ミ\  /          \





               _. --- ._
.         ,..イ´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:´ ̄`丶、
       /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
      /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
.    /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヘ
  ∠:ィ:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:.',:.:.:.:.:ハ:.:.:.:.:.:\
    /:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:!:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.ハ:.:.:|:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:トゝ
.   |:.:':.:.:.:.:.:.:.:|:.:∧:.:.:.:.:!、:.:.!.、:._」',...L:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.N
.   l:.:l:.:.:.:|:.:.:下'ト ヽ:.:.:| x|'´\! ',:l:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.|     待っていた
    V||:.:.:.V:.:.|,ィ=ミ、\!  ィイ¨'トヽ:.:.:.:.:ハ:.:トソ       やらないおから、話は聞いている
      リ、:.:.:.\|:{ ヒ,ハ     ら、j.| |:.:.:.:.,'ノ〉:|′
        ヽN:.:.:.:| ー‐'     ー-' ,!:.:.:./イ/ヾ
        l∧:.:.ヽ   '_     /:.:.// '′
           \:.|`  _,..__ .ィ ./:.:./ー、
          `rァ ´ /  l  ,./:.:/  ∧
            /′ /三ミ 、///     ヽ
         / .′ /   `y ´      ヘ.




         ___
       / ⌒  ⌒\
      / (⌒)  (⌒) \   (お、おにゃのこ! それもかわいいお!
    /   ///(__人__)/// \  さすがやらないお、粋なことしてくれるお!!!!!)
     |   u.   `Y⌒y'´    |   はじめまして、やる夫だお!
      \       ゙ー ′  ,/
      /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
      / rー'ゝ       〆ヽ
    /,ノヾ ,>      ヾ_ノ,|
    | ヽ〆        |´ |





        /     .: / .:.:.:.:.: /.:.:.:. ;イ.:.:.: j:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..::\.:.:.:.:.:.:.:.:\ .:.:.|.:.:.:.:.:.  |.:.:.:.:.:.:ヽ
       / /  .:.:/ .:.:.:.:.:.:.:l.:.:.: / .|.:.:.:∧:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. l\.:.:.:.:.:.:.:.ヽ.:.|.:.:.:.:.:.  |!.:.:.:.:.:.:.:\
       ,′ l  .:.:.l  :.:.:.:.:.:.: j:.:. /  |:.:. | ヽ .:l\.:.:.:.:.:.:.| \.:.:.:.:.:.:.',:!.:.:.:.:.:.   |:l:.:.:.:.:.:. ト ヽ、
        l :/|   :.:.:|  :.:.:.:.:. /|:.:/   !:.: |.  ヽ:{  \.:.:.:.:|    \ .:.:.:.l|.:.:.:.:.:  i |.:.l:.:.:.:.:.:.| `ーゝ
        | / !   :.| l::.:.:.:.:.l V    l:.:.l    \   >┼ ── \‐:.! .:.:.:.:. i |.:.:.l.:.:.:.:.:|
        レ'  l   l l:.:.:.´丁 j ̄ ̄ `ヽ{     \´  >l _ -==r 、│.:.:.:.:. i |.:.:.:|:.∧:.l
           l   |ハ ヽ .:.:.:|〃チ不テミ、ヽ       ァ彳゚ア千.ハヾ}! :.:.:.:. i |ヽ:.:|/ V
           ヽ  .|i.: ヽ\:.:lヾハ_j::::::::ハ           | _j:::::::::} j " |.:.:.:.:.: i | }j:|
           \∧:.:l \ヽl  う、:::イi|          'う、:::::イ./  j :.:.:.:.: / レ':/リ
            ヽヽ|:.:.:. \l. _ヽ辷_リ           ゞ 辷='  l.:.:.:.:. / ∧/   私は長門有希。
            /::/ l:.:.:.:.: 小          ,           ,'.:.:.:.:./ /     早速始める。
              /::/  l:.:.:.:.:.:.lハ                       /.:.:.:.,イ ∧
        _, -、 /::/__,ム:.:.:.:.:.l::.:lゝ       -        , イ.:.:.:./ j/  }
ー-、厂 ̄了::::/:: ̄::::::::::::∧ :.:.:.:l:.:|  丶、             / /.:.:. /∨   l
  〃:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ :.:.:l.:| ヘ {{> _        イ  ./:. /  }    |
  {{:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ:.:.:l:| ヘヽ|l  /:`irー-r<.     /:/   /   |
  ll::::::::: /' ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: \八   |l  /:/ /  〉    /    /     |
- ヾ}:::::: j ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ヘ:> |l // ノ   /            /       |
ー‐‐ヘ_/ー<:::::::::_二>─-、::::::::::::: {  |l //          , -‐'´        |
       /::/  ̄      `ー‐一ヘ__jレ∧  \   ,,-‐'´             |
        /::/               / ∧ ヽ   >ー'´            │





       ____
     /_ノ ' ヽ_\
   /(≡)   (≡)\
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \   わかったお!
  |     |r┬-|     |
  \      `ー'´     /        早速ちゅっちゅ始め……






     /.:.:.         \
      /:,:.:.:  /   ヽ    \
    /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー
    /!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ
  /イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }
  N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j
   ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ    
      `ヘ:ゝ    .'    小/      パソコンの前に座って。
        ヾ:{>、 _ ィ<}/|/
    _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_





      / ̄ ̄ ̄\ 
    / ─    ─ \     
   /  (●)  (●)  \.  ・・・はい。 
   |    (__人__)    |  (普通に目的忘れてたお)
   \    ` ⌒´    /    
   /              \






     /.:.:.         \
      /:,:.:.:  /   ヽ    \   Linuxの知識は皆無に近いと聞いている。
    /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー そこで今回、必要な環境はこちらで選定しておいた。
    /!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ
  /イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }  VM上でのシステム構築を想定。
  N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j   ディストリビューションはFedora9。
   ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ    今日はyumのインストールまでを目標にする。

      `ヘ:ゝ    .'    小/      
        ヾ:{>、 _ ィ<}/|/       これで問題はないはず。
    _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_




         ___
       / ⌒  ⌒\
      / (⌒)  (⌒) \   フェラ!? やる!?
    /   ///(__人__)/// \  やった、ユキちゃんもやる気満々だお!
     |   u.   `Y⌒y'´    |   
      \       ゙ー ′  ,/
      /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
      / rー'ゝ       〆ヽ
    /,ノヾ ,>      ヾ_ノ,|
    | ヽ〆        |´ |





         _,. --─- ,_
       -''テ''´  _     ヽ
      ,r'ァ' ,r// , ,     `!    
       ´ ' /,'/_ィ,イ ! |   |  ヽ   
       l1,l ハ.、`|/| /トィ._|   |
       〃 l lュ}  ', -、.V/ / |   今の用語については後ほど説明する。
.       l| l  '   5iツ  ノ ハ|   準備を始めて。
        ヽトlヽ`   /,.-シイ″
           `¨仁'-'ユ、       
           ,r=ニ.ヽ、  l
      _,.. イ   ヽ`、 ヽ
     f-r'/|     l |   |
     | !′|    | |___{
.     {|_」 |    ,L. -¬リ






      / ̄ ̄ ̄\ 
    / ─    ─ \     
   /  (●)  (●)  \.  ・・・はい。 
   |    (__人__)    |  (てっきり、やる夫の顔が凹むAAが来るかと思ったお。
   \    ` ⌒´    /    ツッコミがないと、それはそれで寂しいお)
   /              \






      / ̄ ̄\   
    /ノ( _ノ  \
    | ⌒(( ●)(●)    だったらお望みどおりに!
    .|     (__人__) /⌒l
     |     ` ⌒´ノ |`'''|
    / ⌒ヽ     }  |  |              
   /  へ  \   }__/ /             / ̄ ̄\
 / / |      ノ   ノ           / ●)) ((●\’, ・ ここできたか
( _ ノ    |      \´       _    (   (_人_)’∴ ),  ’
       |       \_,, -‐ ''"   ̄ ゙̄''―---└'´ ̄`ヽ   て
       .|                  ______ ノ    (
       ヽ           _,, -‐ ''"  ノ       ヽ   r'" ̄
         \       , '´        し/..     | J
          \     (           /      |
            \    \         し-  '^`-J







     /.:.:.         \
      /:,:.:.:  /   ヽ    \
    /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー
    /!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ
  /イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }
  N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j
   ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ    
      `ヘ:ゝ    .'    小/      それではまずVMWare Playerを用意する。
        ヾ:{>、 _ ィ<}/|/
    _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_






      / ̄ ̄ ̄\ 
    / ─    ─ \     
   /  (●)  (●)  \.  ・・・はい。 
   |    (__人__)    |  (何事もなかったかのように進めるのかお)
   \    ` ⌒´    /    
   /              \







━┓
┏┛    ⌒
・    .___ ⌒  ___   ━┓
   / ―\ / ―  \  ┏┛
 /ノ  (● X  (●)  \ヽ ・.   とはいえ、VMWare Playerってどこで手に入るんだお?
| (●)  /_  (⌒  (●) /.    というかそもそも、VMって何だお?
|   (__/      ̄ヽ__) /
 \  /´    ___/
   \|        \
   /|´        |






         ,.. --- ..
       ,..-.:. ̄.:..:..:.. : : : : `丶、
      /:..:..:. ..: : : : : : : : : : : : :\
    /:ヘ=、、:._: : : : __:ヽ:_: -^,.ト、    VMとはバーチャルマシンの略。
   ノ:..:..:./:..  ̄: :7´:―― : :|‐: :´、: ヽヽ   コンピュータのCPUや記憶装置などの
  ー-/:..:.i:../:. : : ,/:..:.:イ:.ハ:.. : j:.. :}:.、ヽ:. トヽ  リソースを仮想化した上で、
    !:..:..:|:.{/:..ィ_jz≦ノ ' }:./_}_イ:. } |:.|||   その仮想化したコンピュータを実行するための
    Vl:.:.|:. Vl´「_ 、` ノ′ _ノ:ソ:イ: リ ノ  アーキテクチャまたはソフトウェア。
.      }:ハ: : l f7「::`ハ   /:::7}7イ:/}/
     ノヘーl、: :!VZツ     ヒ:ノ/:.//      VMWarePlayer はそのVM環境を構築するためのソフトウェア。
        `ィヘ:ト、 _   _   ノ:イ/       公式サイト からダウンロードが可能。
      rく、\` ヽ二コ:千:|K、′
      |:..:ヽヽ\: :Yニ|: :!:/j!:.l
      ト:..:..:.\ヽ\!r|┴=ミ!r ァ7
     |!::.:..:.ヽ\ヽ|!    /7 /
      j::.l::..:..:.⌒ーァ⌒}   / / /^}
      |::.:.\::..::.::.::>ー'―-L∠_¨´
      l::.::.:..:. ̄ ̄ト 、, --、―弋i
       ヽ::.:..:..:.::..∧/    ヽ  i _ .. -―
       ``ーニ´/ー-、   | _|
       _. -―  ̄  ト―.:「:.:l
                 ヽ:..__:L_|
                ヽ.__)ノ






         /    //  /‐───- 、   \
        /r‐─‐ァーf/    /-────-、 \\ ヽ   【解説】
         / ∨三/'¨7   /   / /      \厶 ハ ',   研究・開発には何かとLinux環境の方が
        /  \/__,/   /  ,イ l  |       il V∧ハ   都合がいいことが多いわ!
      /  _//〉‐/    /\/ |i |l | 丶    i|  l ト、 ',
      ,′ f⌒∨ /    /ハ {\! |l !{   \  i|  | トく l   けど、いちいち別でインストールするのは面倒!
      / ハ.  V    /ィfテミ、 ヽ八 ヽ    ヽ_|  l |/ |   それに、Windowsも同時に使えれば便利よね!
      l l 〈_∧   ',   ハ{_f::j:リヾ    ヽ∧>七 j  ! |_  |  
      | l   _ム _ ゝへ| V;之_        _ ヽハ ,' /  | \|   そこで出てくるのがバーチャルマシンよ!
      | l  >'´     ヽ           ィ≡气 / /  l\/!   VMWare Playerを使うことで
      | l  |   -ー―一ヘ   , 、__  ヽ    〃:/|   ∧ |   Windows上で別のOSを動かすことができるわ!
    j八 |       __}  {  `ア    ,ムイ /  ,イ__j│   WindowsとLinux、両方取りができるってわけね!
   ,r≦三ヘ   ̄    ト、 ` ー'  ,. イl│ Ⅳ  / | jlリ   
  /  /  ハ   _,  --‐〈. >‐r<  /l│ 〃  / j /   ボタン一つでOSが切り替えられる、

  // /   | ハ     , イ1  /   ヽ./ ∧/   / /'     技術の進歩って素晴らしいわね!
〆 /    い \ -<  }}/ ̄ ̄`ヽ>ーイ 、 /
〈  /     ∨ 代\   ハ、 , -―‐- 丶 //丁fヽ    
∧/       ∨   `三彡' \    __ ∨´  |│       
l |        \==彳│  \/  ` |   |│ l     
l |          `ー‐ ´ |    \    l|   |│ l






      ____
     /\  /\
   /( ●)  (●)\   なるほど、だいたいわかったお。
  / :::::⌒(__人__)⌒:::::\ さっそくVMWarePlayerをインストールしてみるお。
  |     |r┬-|       | とりあえず、この落としたファイルを開けばいいのかお?
  \     ` ー'´     /






     /.:.:.         \
      /:,:.:.:  /   ヽ    \
    /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー
    /!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ  ここまでは普通のソフトウェアのインストール。
  /イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }
  N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j   『次へ』を押していけば構わない。
   ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ    最後の『インストール』をクリックで完了する。
      `ヘ:ゝ    .'    小/      
        ヾ:{>、 _ ィ<}/|/   
    _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_






       ____
     /⌒  ⌒\
   /( >)  (<)\   再起動して……
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \  やった! インストール完了だお!
  |    /| | | | |     |  楽勝だお! きっとやる夫には才能があるお!
  \  (、`ー―'´,    /
       ̄ ̄ ̄





     /.:.:.         \
      /:,:.:.:  /   ヽ    \
    /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー 次にVMWareでOSをインストールする。
    /!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ  ディストリビューションはさっきの通りFedora9。
  /イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }  

  N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j   
   ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ    
      `ヘ:ゝ    .'    小/      
        ヾ:{>、 _ ィ<}/|/   
    _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_




         ____
      /::::::─三三─\    ディストリビュー・・・ション・・・?
    /:::::::: ( ○)三(○)\   
    |::::::::::::::::::::(__人__)::::  | 
     \:::::::::   |r┬-|   ,/ 
    ノ::::::::::::  `ー'´   \






     .  -‐-
    〃.     ヾ   Linuxディストリビューションとは、
.    ! |ノiノハ从ハヽゝ  Linuxを、一般利用者がインストールしたり、
    i (| |┰ ┰iイ  利用できる形にまとめ上げたもの(頒布形態)。
     'ハリ、 - ノリ 
.     ⊂}:|{H}l:iつ  Debian系、RedHat系などが存在し、
.      くソ_i_li;ゝ   それぞれに特徴を持っている。
       (__i_)    





            __ __ _
.        _ , '"´  ,. _ ___`丶、     【解説】
       / ` /  /´-‐ァー-ヽ \     ようはディストリビューションっていうのは、
.      / /下7 ..///.:.::/ .:.:ト、 ヽ   Linuxの種類みたいなもんだと思っておけばいいわ。
      / └イ_j/ .://;へ、/!.:.::/:.}ヽ ',  
     ,'  ///!l .::j.:lイ仔くヽ/,.イ,.ム:.', l  今回は、ウチの大学で使ってるRedHat系列。
    ,   '〈/f`| l ::l`' ゞゾ '´ rャjノ::.l:. |  最新はFedora10だけど、
    |  l:l :!:{、| l ::|        マソハ: |:: |   今回は諸々の事情上Fedora9を使用するわ。
    |  l:l::i个| l ::l!     _  ′} .:}:.l:: l  
    |  lハ:l::{::', ::::{、        /.:/::.l:: l  
    l !:|:::',::',::ヽ:::ヽ\._    /.:/::::/l::;!   
.     ',::{:{、:::ヽ\:\;ゝ `「:フ´!::::/;:::/ 〃   
.     ヾハj>''´ ヽ ト、_..上くイ::::{ {::{/    
    /⌒ヽ、\ ` \-ー ̄\ヾ     





     /.:.:.         \
      /:,:.:.:  /   ヽ    \
    /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー 先ほどインストールした
    /!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ  VMWare Playerを起動する。
  /イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }
  N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j   
   ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ    
      `ヘ:ゝ    .'    小/      
        ヾ:{>、 _ ィ<}/|/   
    _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_






       ____
     /_ノ  ヽ、_\   ポチッとな!
   o゚((●)) ((●))゚o
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \
  |     |r┬-|     |    (⌒)
  |     | |  |     |   ノ ~.レ-r┐、
  |     | |  |     |  ノ__  | .| | |
  \      `ー'´     /〈 ̄   `-Lλ_レレ
                  ̄`ー‐---‐‐´





あなたに送る独り言byはむばね




      / ̄ ̄ ̄\ 
    / ─    ─ \    こんな画面が出てきたお。
   /  (●)  (●)  \.  
   |    (__人__)    |  
   \    ` ⌒´    /    
   /              \





     /.:.:.         \
      /:,:.:.:  /   ヽ    \   まずは仮想マシンのイメージを手に入れる
    /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー 
    /!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ  『ダウンロード』をクリックすれば
  /イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }  仮想アプライアンスのダウンロード画面に進める。
  N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j   
   ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ    検索バーに『Fedora』と入力し、Fedora9を選択。
      `ヘ:ゝ    .'    小/      『Download this Appliance』『web dawnload』
        ヾ:{>、 _ ィ<}/|/       『Fedora9』の順で選択すればいい。     
    _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_




         -‐―-  ―- 、
        /: : : : : : : : : : : : : : : \    【解説】
    /:./´ 二二_`\`::.:.:.:.:.:.:.:.ヽ   ようは、VMで使える形式でOSを落としてくるわけね。
    /:.:./.ヤ丁:.:.:.:.:. `\ヘ:.ヽ:.:ヽ:.:.:.:.:.  本当はisoイメージあたりから自分で作った方が便利なんだけど、
  /:/:/:.:{:.:.l:.:.:.:.:ヽ:.\:.:.:l:.:..マ¨}\:.:.:.',   今回は面倒なのでこちらを利用するわ。
 /7:.:l:.:∧:.ト:.:.ヽ:.:.}:.:.:ハ_.l:.:.:.:Yヽ_/:.:.:.:!  初心者には難しいと思うしね。
,'ヽl :.:i:.!\ヽ \∧>jム|:.:.:.:.!=く:.:.:.:.:.l
i:.ijハ:.:ハヘ処ミ 丶` イf::圷 |:.:.:.:.|`ヽヽ:.:|   その方法については、また今度ってことで。
|:.| l !:.:.:ハ ゞ'    `ー' l:.:.:.:.|_ノlヽ〉 :|
|:.Ljヘ ..:八 '_        ,':.:.:.:.:l:.}_j :.:.:.:.l   代わりに今回は、初心者用にわざわざSS付きで解説してあげわ。
l:.!ヽ:ヽ .:.: \ `     ./ .: /:/:.:.:ノ:l:.:.:l:l   感謝しなさいよね!
ヾ 丶\ヾ:.个ー-イ´///イ:.:.:/:.:〃:.:リ





あなたに送る独り言byはむばね






あなたに送る独り言byはむばね






あなたに送る独り言byはむばね






あなたに送る独り言byはむばね





あなたに送る独り言byはむばね



       ____
     /⌒  ⌒\
   /( ●)  (●)\
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \   ダウンロード完了したお!
  |     |r┬-|     |
  \      `ー'´     /






     /.:.:.         \
      /:,:.:.:  /   ヽ    \
    /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー 
    /!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ  次はVMWare Playerの『開く』で
  /イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }  今ダウンロードしたファイルを選択する。
  N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j   
   ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ    あらかじめ解凍しておくのを忘れずに。
      `ヘ:ゝ    .'    小/     .vmxファイルを選択して。
        ヾ:{>、 _ ィ<}/|/   
    _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_





あなたに送る独り言byはむばね





      ___    ━┓
    / ―\   ┏┛
  /ノ  (●)\  ・   なんか聞かれてるお?
. | (●)   ⌒)\
. |   (__ノ ̄  |
  \        /
    \     _ノ
    /´     `\
     |       |
     |       |





     /.:.:.         \
      /:,:.:.:  /   ヽ    \
    /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー 
    /!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ  『コピー』を選択で構わない。
  /イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }  あまり気にしないでいい。
  N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j   
   ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ   
      `ヘ:ゝ    .'    小/    
        ヾ:{>、 _ ィ<}/|/   
    _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_




       ____
     /_ノ   ヽ_\
   /( >)  (<)\    了解だお!
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \  それじゃあ早速さっきのファイルを指定するお!
  |     |r┬-/      |
  \     ` ̄'´     /






あなたに送る独り言byはむばね




           ____
       /::::::::::::::::\  な、なんか怒られてるお?
      /::::::─三三─\
    /:::::::: ( ○)三(○)\
    |::::::::::::::::::::(__人__)::::  |  ________
     \:::::::::   |r┬-|   ,/ .| |          |
    ノ::::::::::::  `ー'´   \ | |          |
  /:::::::::::::::::::::             | |          |
 |::::::::::::::::: l               | |          |




     /.:.:.         \
      /:,:.:.:  /   ヽ    \   恐らくはUSBデバイスの認識中に
    /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー 文字化けが発生したのが原因。
    /!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ  
  /イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }  .vmxファイルを開いて。
  N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j  

    ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ    
      `ヘ:ゝ    .'    小/     その中の『usb.present = "TRUE"』を
        ヾ:{>、 _ ィ<}/|/   『usb.present = "FALSE"』に書き換えれば解決する。
    _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_  










      /    / // /       ヽ\    【解説】
     /    // // l/         ヽ丶  .vmxファイルっていうのは、
    / l / r―/ l  | ハ l ヽ   ト、}  設定ファイルのようなものだと思っておけばいいわ。

      l  l'   レ7l l  ハ !_ ヽ.ト、 |ハ、 l ノ  TeraPadとかににドラッグすれば開けるはずよ。

    l  l  / ハl l  { l/ `ヽ! ヽf,r、l  !   『プログラムから開く』からメモ帳を選択すれば確実かしら。
  /  l / 〃,くl !   レf示r'    lリ/ ! |    
  / // ∨lハ (_! l  ハト辷リ   、´l   l   ちなみにさっきのエラーで強制終了された場合、
/ // l   l \l |ノ〃ノ r'フ   _ ノ/ /   VMWareのプロセス自体は残ってるから。
|/ l  l   ヽ l | ||Y 〈__´/ ′/    プロセスマネージャで”VMWare-vmx.exe”を終了させるか、
| /{  ト、   ヽヽヽ、     `ヽ, ノ     OSを再起動させないと、設定を書き換えても
l/ ', ト,l\  ト.}⌒ ̄`ヽ、_,   r′    何度も同じエラーが出るから注意することね。





      / ̄ ̄ ̄\
    / ─    ─ \    
   /  (●)  (●)  \.  
   |    (__人__) し  |  よくわからないけど、とりあえず書き換えたお。
   \    ` ⌒´    /
   /              \





           _,.--- .
          ,.'´: : : : : : : : : :`ヽ、
    ___,ノ: : : : : : : : : : : : : : : : \
    `ーァ: : : : : : /: : : : : /: : : : : : : \._
     /:/: : : : :.リ: : : : :|/: : :/:イ: : : |ー'´   それではもう一度先ほどのステップを。
      l/{: : : : :.ム|:.l: : :斤ァ</|/:./:}:.|      
      い: : { 6|:.l: :.|テfミ  /:_/:/,ィ|     ここから先は普通のOSインストールと同じ。
        V: :.>リ:.l: :.| ヒソ /ィf':/:/ リ     基本的に指示通りに進めていけばいい。
.          |人{ |:.l: :.|   rタイ:人
       ,f¨¨ヽ Ⅵ:.リ  ‐ イ|: :「        『Create User』では自分の好きなユーザ名と
       ノ     \|:[_¨´ ||.:/  ,z-.、    パスワードを設定。
      /===ヽ  辷ト、_/リ´  イt:::ノ    
      //´⌒ヽ\ Ⅵ| 寸  r'T[_7     『Date and Time』ではとりあえず東京のゾーンを選んでおけばいい。
      〈: : : : : : : :\\Ⅵ 》<´ ̄了     『Time Zone』タブを選択して、Tokyo Japanを選択。
     |:.( : : : : : :}:.:.\.|| /: : ヽ_ノ      ntpサーバの選択はここでは省略する。
     |: :.\ : : :〈: rrr、|/: : : : : 〉      機会があればまた別途記述する。
     fヘ: : : :`: .;}:リ儿/: : : : : ;h      
     | ∧: : : : : >イ: : : : :/:.く     『HardWare Profile』を送信するかどうかは個人の判断に任せる。
     | | ∧ : : : /: : : : : : : /: : : : 〉    ここでは送信しないを選択する。
     | | |_∧ : ,': : : : : : : 人: : : /     
     | |__ヽ: : : : :,ィ´.| | トr'’     
     └r――‐`ー'―┴┤| |:.|
       |: : : : : : /: : : :.:.:.|| | |:.|       
     /|: : : : : /: : : : : :.:.||_|_|:.|
.    /: |: : : :./: : : : : :.:.:.:|  |:.:|






     ____
   /      \
  /  ─    ─\  
/    (●)  (●) \ えーと次は・・・
|       (__人__)    | どうするんだったかお?
/     ∩ノ ⊃  /  一旦Windowsに戻るお
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /






            ___
       /      \
      /ノ  \   u. \ ・・・!?
    / (●)  (●)    \
    |   (__人__)    u.   | VMWare Playerの画面から脱出できないお!?
     \ u.` ⌒´      /
    ノ           \
  /´               ヽ
 |    l              \
 ヽ    -一''''''"~~``'ー--、   -一'''''''ー-、.
  ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) )  (⌒_(⌒)⌒)⌒))







       ____
     /      \
   /  _ノ  ヽ、_  \
  /  o゚⌒   ⌒゚o  \  やるおは一生この画面の中で過ごさなきゃいけないのかお・・・?
  |     (__人__)    |
  \     ` ⌒´     /






     /.:.:.         \
      /:,:.:.:  /   ヽ    \   
    /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー 
    /!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ  
  /イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }  落ち着いて。
  N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j   Alt + Ctrlで戻ることが可能。
   ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ    
      `ヘ:ゝ    .'    小/     
        ヾ:{>、 _ ィ<}/|/   
    _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_  



      / ̄ ̄ ̄\ 
    / ─    ─ \    
   /  (●)  (●)  \.  よく見たら普通に書いてあったお
   |    (__人__)    |  
   \    ` ⌒´    /   
   /              \







       ____
     /      \
   /  _ノ  ヽ、_  \
  / o゚((●)) ((●))゚o \  しばらく経って
  |     (__人__)    |
  \     ` ⌒´     /
  / / ̄ ̄12 ̄ ̄\\
  / /    |     \\
 | | 9   ○    3 | |
 | |    /      ||
  \\   6     //







      ____
     /\  /\    終わったお。
   /( ●)  (●)\   意外とサクサク進んだお。
  / :::::⌒(__人__)⌒:::::\
  |     |r┬-|       |
  \     ` ー'´     /







         , '´ ̄ ̄` ー-、
       /   〃" `ヽ、 \        【補足】
      / /  ハ/     \ハヘ  人   実は筆者自身Fedora9のインストールは初めてなんだけど、
      |i │ l |リ\    /}_}ハ `Y´   設定項目の少なさに驚いているにょろ!
       |i | 从 ●    ●l小N      実はどこか間違っているかって不安があるから、
      |i (| ⊂⊃ 、_,、_, ⊂li|ノ キリッ   いつかここらへんはまたやり直すかもしれないよっ!
      |  l   (_丿、 __, イ l(/丿 
      |  lくミ//::::ヘ三l:::::ノl //
      |  l( ⌒ )..::::V::/( ⌒ )
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|









     /.:.:.         \
      /:,:.:.:  /   ヽ    \   
    /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー 
    /!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ  
  /イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }  
  N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j   これでOSのインストールは終了。
   ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ    基礎環境が出来上がった
      `ヘ:ゝ    .'    小/     
        ヾ:{>、 _ ィ<}/|/  
    _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_  



       ____
     /      \
   /  _ノ  ヽ、_  \   よ、ようやくかお・・・
  /  o゚⌒   ⌒゚o  \  すぐ終わったはずなのに、
  |     (__人__)    |  なんだか一晩やってたような気がするお・・・
  \     ` ⌒´     /








             _____  
   r⌒ヽ、   .  / ー  ー\
  / \  \. / ( ●) ( ●)  
 _/ / ヽ   /     (__人__) \  
〈__/  . |  |       ` ⌒´   | それじゃあユキちゃん、お世話になったお!
     /  .\     i⌒\   /    この恩は一生忘れないお!
    ./   / ⌒ヽ, _.ヽ  .\/
__   r  /     |/ー、\   \ 
"ヽ |  i,        ノ   .\^   i
  .| ヽ./ ヽ、_../   /     .  ヽ、__ノ
  .i /  //  ./   
  .ヽ、_./ ./  /    
      ./ /      
    .ノ.^/   ダッ
    |_/  




   /:::/::::/::::::::::::l::::::::|:::::::l:::::::::l:::::::::::::::::::::ヽ:::::::::::::::::::::i::::::
  /::;イ::::i::::::::::::::| ::::::l|;::::::li;::::::::|、;::::::::::::::::::::l:::::::::::::::::::::l:::::
  .l::/ l:::::|::::::::::::/!::::::| li::::::lヽ::::::l. ヽ;:::::::::::::::::l::::::::::::::::::::l::::::
  |::l | ::::|::::::::-i-L;;_l .|!i:::::l ヽ::::l  ヽ、__;;;;::::| :::::::::::::::::l::::
  |:! .|::::::l::__;;;|_ l:::l`ヽヽ;:::l ヾ;レ‐'''゙゙´\ :::::| ::::::::::::::::l:::::
  l!  .|:::/ ___ノ,ィ'ト|''=ミ、 ヾ!  ,r-=fニミ;;弍;;| :::::::::::::::l~゙'i    待って。
    l/ ,/ト、::l゙__゙ヾ::ii::|ヽ  ,/  .|:::illi:::゙ii/ |:::::::::::::::j¨゙ l
   /⌒ヾ、|/`fト l ゙K);j .l'⌒''h.   K);;;;ッリ l:::::::::::::/ .ノ 
  /‐-、 `iノ /'ヽ|、   ノ    ヾ、     ,/  |:::::::::::/=7゙
 ./ 、. ヽ |゙V,_  l:::i、 ̄ 丶    ゙''ー-‐''  ,l::::::::::/|:;/
 i  '゙ヽ_j-'   .|::::|.\   ‐-        ,,イ::::::::/ ,l/
 ヽ    ヽ   jl:::::l.   ヽ、      , ''゙ /:::::::/゙`ヽ、
  ヽ、.     /ヽ::::|    ,,`=ー '''i´    /:;/レ'〉;:;:;:;:,.,\
   /    /.  ヽ:| ,,r''゙,.;:;:;r''゙~ノ   /イ  /;:;:;:;:;:;:;:;:;:;







      / ̄ ̄ ̄\
    / ─    ─ \    な、なんだお?
   /  (●)  (●)  \.  まだ何かあるのかお?

   |    (__人__) し  |  もしかして、告白・・・
   \    ` ⌒´    /
   /              \






     .  -‐-
    〃.     ヾ
.    ! |ノiノハ从ハヽゝ  ここまでで環境の構築は完了。
    i (|r|┰H┰i |   これより、Linux講習の本番に入る。
     'ハリ、 - ノリ 
      Ol⌒ll⌒D
.      くソ_i_li;ゝ
       (__i_)



       ____
     /⌒三 ⌒\    
   /( ○)三(○)\   やっぱりやるのかお・・・
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \
  |     |r┬-|     |
  \      `ー'´     /



続くはず!




スポンサーサイト



やる夫で学ぶサーバ構築 ~立志編~

どうも、はむばねです。

結局、こんなもん作ってたら夜が明けてたよ!


というわけで、本日はサーバ構築の基礎、というかLinuxの基礎について少し触れたいと思います。
普通に書いてもいいのですが、せっかくなので俺はやる夫を選択するぜ!
なお、私はハルヒは原作一巻のみ購読、アニメは未視聴です。
よって口調や性格等に齟齬が生じる可能性がありますが、そこは本題じゃないんだからスルーしとけよハルヒオタども。
ついでにやる夫その他の口調も適当だけどそこもスルーしとけよVIPPERども。



―――――――――――― プロローグ~立志編~ ――――――――――――


とある研究室にて・・・

         ____
       /      \        
      /  ─    ─\    
    /    (●)  (●) \   さて、そろそろ卒業研究も考えなきゃいけない時期だお
    |       (__人__)    |  
     \      ` ⌒´   /





 

 

━┓
┏┛    ⌒
・    .___ ⌒  ___   ━┓
   / ―\ / ―  \  ┏┛
 /ノ  (● X  (●)  \ヽ ・.
| (●)  /_  (⌒  (●) /.    とはいえ、研究って何をやればいいのかお?
|   (__/      ̄ヽ__) /
 \  /´    ___/
   \|        \
   /|´        |







 

        / ̄ ̄ ̄ \  ホジホジ
      / ―   ― \     ま、適当にやってりゃなんとかなるだろうお
     /   (●)  (●)  \   一応、3年間授業受けてきたんだし
     |     (__人__)      |
     \   mj |⌒´     /
        〈__ノ
       ノ   ノ






 

                ____
              /     \
            / ⌒   ⌒ \
           /   (●)  (●)  \  とりあえず研究室を覗いてみるお
         _|__    (__人__)      |
       /   \    `ー'´     /
 /⌒⌒⌒/ ..:::::::::::.. ヽ ピトッ
 |  |  | { .::::::●:::::  }
 |  |  |  \ ::::::::::::::/
 ヽ ヽ ヽ   `ー一'´






 


    |┃三 ガラッ
    |┃  ____
    |┃/⌒  ⌒\
    |┃(●)  (●) \
――‐.|┃:⌒(__人__)⌒:::::\  えへへっ
    |┃  |r┬-|     |⌒)遊びに来たお!
    |┃   `ー'ォ     //
    (⌒ヽ・    ・ ̄ /
    |┃ノ       /
    |┃   つ   <
    |┃  (::)(::)   ヽ
    |┃/    >  )
    |┃     (__)







 

何    シェルスクリプトで             ヒソヒソ・・・      ・・・だからデーモン化しとけって
て          Xenのオーバーヘッドが   yumで
奴   Debianの方が                    マジ? Python?   
           本当に大した奴だよ・・・お前は                
 コソコソ・・・                                  そろそろペタ・・・
        今時Fedora6て・・・       逸      C.C.
                               材               
 ・・・sshで                      ザワ・・・       
               え、Windows?^^;      / ̄ ̄ ̄\        
     vimなら                    ./ ─    ─ \ /etc直下に
                             /  <○>  <○>  \  
   ロン                       |    (__人__)    |
ザワザワ・・・・      ガヤガヤ・・・        \    ` ⌒´    /
      写輪眼でも見切れない・・・     /              \      configureでエラーが・・・






 

 

            ___
       /      \
      /ノ  \   u. \ !?
    / (●)  (●)    \
    |   (__人__)    u.   |
     \ u.` ⌒´      /
    ノ           \
  /´               ヽ
 |    l              \
 ヽ    -一''''''"~~``'ー--、   -一'''''''ー-、.
  ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) )  (⌒_(⌒)⌒)⌒))


         ____
       /      \!??
      /  u   ノ  \
    /      u (●)  \
    |         (__人__)|
     \    u   .` ⌒/
    ノ           \
  /´               ヽ
 |    l              \
 ヽ    -一''''''"~~``'ー--、   -一'''''''ー-、.
  ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) )  (⌒_(⌒)⌒)⌒))


         ____
       /      \
      /  ─    ─\
    /    (●)  (●) \   何のことを言っているのかさっぱりわからないお
    |       (__人__)    |
     \      ` ⌒´   /
    ノ           \
  /´               ヽ
 |    l              \
 ヽ    -一''''''"~~``'ー--、   -一'''''''ー-、.
  ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) )  (⌒_(⌒)⌒)⌒))







 

 

 

 




 

というわけで、教えてほしいお / ̄ ̄\    
      ____       /       \   
    /      \ ( ;;;;(  |::::::        |  いきなりすぎるだろ、常識的に考えて
   /  _ノ  ヽ__\) ;;;;)  |:::::::::::     |  
 /    (─)  (─ /;;/   |::::::::::::::    |          ....,:::´, .
 |       (__人__) l;;,´    |::::::::::::::    }          ....:::,,  ..
 /      ∩ ノ)━・'/    ヽ::::::::::::::    }         ,):::::::ノ .
 (  \ / _ノ´.|  |      ヽ::::::::::  ノ        (:::::ソ: .
. \  "  /__|  |       /:::::::::::: く         ,ふ´..
――\ /___ ノ―――――|:::::::::::::::: \ -―,――ノ::ノ――

 

 




       __________
      /      \
   /  _ノ  ヽ、_  \
  / o゚((●)) ((●))゚o \  研究っていっても何をやればいいのかわからないお・・・
  |     (__人__)'    |
  \     `⌒´     /




       ____
     /      \
   /  _ノ  ヽ、_  \
  /  o゚⌒   ⌒゚o  \  ついでに研究室の人が何を言ってるのかもわからないお・・・
  |     (__人__)    |
  \     ` ⌒´     /

 

 


   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)
. |     (__人__)   まぁ、研究ってのは
  |     ` ⌒´ノ   これまで授業で使ってきたのとはまた違う知識が必要だからな
.  |         }     (ていうか自分の研究室の人に聞けよ常考・・・)
.  ヽ        }
   ヽ     ノ        \
   /    く  \        \
   |     \   \         \
    |    |ヽ、二⌒)、          \

 

 






   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \  とりあえずやる夫
 |    ( ●)(●) 
. |     (__人__)  お前が今思う、自分の理解度ってのはどの程度だ?
  |     ` ⌒´ノ  
.  |         }  
. ヽ        } 
   ヽ     ノ    
   /    く       
   |     `ー一⌒)  
    |    i´ ̄ ̄ ̄

 


.       ____
      / \  /\  キリッ
.    / (ー)  (ー)\    任せるお!
   /   ⌒(__人__)⌒ \   必修科目は全部完璧にとってるお。
   |      |r┬-|    |    
    \__ `ー'´__/    今期も、2教科までなら落としても進級できるお。
   /    ヾ、 //  \. ヽフ 既に過去問は入手済みだお。
   ヽ_⌒)ハ //   | レつ||)  
  i⌒l ミ゚Д゚,,彡⌒)  ヽ_ノ  ̄  C言語もできるお
  |  | ヽ__"" ヽ_ノ|  |     配列だって完璧に使いこなせるお!
  ヽ  ̄ ̄ ̄/ ヽ ヽ_ノ
    ̄ ̄ ̄ /  /ヽ__)
       (__ノ

 

     / ̄ ̄\
   / ._ノ  ヽ、\
   |  (●)(●) |
   |  (__人__)  |   ・・・。
.   |   ` ⌒´  }    そういえばそうだったな。
    |         }    (プログラミングの課題は俺が代わりにやってたんだったな
    ヽ      /             こいつ、未だにポインタも使えないだろ常考)
    __ヽ    ノ__   
  /         .ヽ 
  ||        || .
  ||        ||  

 







 

   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \   まぁそれはいい。
 |    ( ●)(●) 
. |     (__人__)   さっきも言った通り、
  |     ` ⌒´ノ  これまでの授業と研究はある種別物だからな。
.  |         }   もちろん、授業をおろそかにしていいってわけじゃないぞ?
. ヽ        } 
   ヽ     ノ    とりあえずやる夫、
   /    く       Linuxについての知識はどのくらいある?
   |     `ー一⌒) 
    |    i´ ̄

 


     ____
   /      \
  /  ─    ─\
/    (●)  (●) \  Linux?
|       (__人__)    |  って、演習とか実験の時に使ってたやつだお?
/     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /

 







       / \  /\ キリッ
.     / (ー)  (ー)\  なら完璧だお!
    /   ⌒(__人__)⌒ \  EmacsにGNOME、もうほとんど忘れたけど
    |      |r┬-|    | きっと使ってるうちに思い出すお!
     \     `ー'´   /
    ノ            \

 

 


        / ̄ ̄\
      /       \
      |::::::        |      なるほど・・・
     . |:::::::::::     |     ほぼ知識はなしか・・・
       |::::::::::::::    |          ....,:::´, .
     .  |::::::::::::::    }          ....:::,,  ..
     .  ヽ::::::::::::::    }         ,):::::::ノ .
        ヽ::::::::::  ノ        (:::::ソ: .
        /:::::::::::: く         ,ふ´..
-―――――|:::::::::::::::: \ -―,――ノ::ノ――
         |:::::::::::::::|ヽ、二⌒)━~~

 






 

         / ̄ ̄\ 
       /  ⌒ ⌒\   わかった
       |  (●) (●)|   お前にある人を紹介してやろう。
.       |   (__人__) .|   その人について、Linuxの基礎を学ぶといい。
        |   ` ⌒´  |
.        |        }   必ずしも必須ってわけじゃないが、
.        ヽ       .}   Linuxの知識は重要だからな。
         ヽ     ノ   
         /     }    研究を進める上で、知っておいて損はないだろう。
         |      | 
          |      |

 


            ___
       /      \
      /ノ  \   u. \  
    / (●)  (●)    \  やらないおが教えてくれるんじゃないのかお?
    |   (__人__)    u.   | 
     \ u.` ⌒´      /

 





        / ̄ ̄\
      /       \
      |::::::        |   あぁ・・・
     . |:::::::::::     |  俺じゃAAのバリエーションが少なすぎて扱いづらいからな・・・
       |::::::::::::::    |          ....,:::´, .
     .  |::::::::::::::    }          ....:::,,  ..
     .  ヽ::::::::::::::    }         ,):::::::ノ .
        ヽ::::::::::  ノ        (:::::ソ: .
        /:::::::::::: く         ,ふ´..
-―――――|:::::::::::::::: \ -―,――ノ::ノ――
         |:::::::::::::::|ヽ、二⌒)━~~

 



      / ̄ ̄ ̄\ 
    / ─    ─ \     
   /  (●)  (●)  \.   
   |    (__人__)    |  そういう事情なら仕方ないお
   \    ` ⌒´    /    
   /              \

 




続け!



«  | ホーム |  »

プロフィール

hamubane

Author:hamubane

たぶんライトノベル作家的なもの


Twitter

既刊情報

最新コメント

最新記事

カレンダー

11 | 2008/12 | 01
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

月別アーカイブ

カテゴリ

ジャンルランキング

[ジャンルランキング]
日記
215位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
91位
サブジャンルランキングを見る>>

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR