FC2ブログ
スクウェア・エニックスノベルス『スタンプ・デッド』1~5巻&コミック版、『太陽で台風』1・2巻発売中!
ガンガンノベルズ『魔法少女アーヤ☆アミー』発売中!
徳間デュアル文庫『魔王さんちの勇者さま』1~4巻発売中!
徳間文庫『欠陥妖怪住宅』、『パラレル家族計画』発売中!
ぽにきゃんBOOKSライトノベルシリーズ『ブチ切れ勇者の世界征服』1~2巻発売中!
HJ文庫『カンスト勇者の超魔教導』1~3巻発売中!
ファンタジア文庫『お助けキャラに彼女がいるわけないじゃないですか』1~3巻発売中!
JUMP j BOOKS『ぼくたちは勉強ができない 非日常の例題集』発売中!

受賞歴:
2004年、第1回スクウェア・エニックス小説大賞『入選』
2008年、第5回トクマ・ノベルズEdge新人賞『徳間デュアル文庫特別賞』
2017年、第11回HJ文庫大賞『銀賞』
2017年、ジャンプ小説新人賞’16 Winter 小説フリー部門『銀賞』
2017年、第30回ファンタジア大賞 『金賞』

«  | ホーム |  »

べ、別にあんたのためにやるんじゃないんだからね!

どうも、はむばねです。
さて、相変わらず実家にいると特に何も話題がないので恒例の「全く心から何一つとして生産性はないけど特にネタもないので普段思っているようなことを滔々と語ってみよう」のコーナーです。
今回の議題は、タイトルのセリフについて。
このセリフといえばツンデレ、ツンデレといえばこのセリフですね。
あまりにおなじみすぎて、最早このセリフがギャグ以外で用いられることさえほとんど見かけないほどです。
しかしこのセリフが一番最初に用いられたのはいったい何の作品なのでしょう?
印象としては、「べ、別にあんたのために(お弁当を)作ってきたわけじゃないんだからね!」から派生していった感はありますが。

似たようなセリフに、後に味方になるライバルキャラが主人公を助ける際の「お前を倒すのはこの俺だ」や、最も有名な死亡フラグ「「俺、この戦争が終わったら結婚するんだ……」などもあります。
前者は割とベジータな印象がありますが、それが走りなのでしょうか。
後者は、たぶん映画とかなんでしょうね。
こっちは本気で探せば見つからないこともないかもしれません。
同じく死亡フラグ「こんな、殺人犯がいるような部屋にいられるか!」は金田一少年あたりなのでしょうか。
その他、「冥土の土産に教えてやろう」とか「ヤツは四天王の中じゃ最弱」とかも、最近はネタの領域に昇華されつつありますね。
あとは、『角を曲がったらパンを加えた美少女とぶつかってそれが転校生』というシチュエーションとか。
これに至っては、ギャグじゃなくて使われてる作品って本当にあるの?


……と、いったことをつらつらと書いてみたところでまぁ一切結論になんて至るわけがないんですけどね。
だから生産性がないって言ったじゃない。

しかしいずれは私も、そういう歴史に残る(?)ようなセリフを残してみたいものですね。
でもそのためには、これまでにない新しいシチュエーションなりキャラクターなりを考えなければいけないわけで。
それは恐らく私向きではないのだろうなぁ、などと思う今日この頃なのでありました。



スポンサーサイト



«  | ホーム |  »

プロフィール

hamubane

Author:hamubane

たぶんライトノベル作家的なもの


Twitter

既刊情報

最新コメント

最新記事

カレンダー

07 | 2009/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月別アーカイブ

カテゴリ

ジャンルランキング

[ジャンルランキング]
日記
364位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
149位
サブジャンルランキングを見る>>

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR