FC2ブログ
スクウェア・エニックスノベルス『スタンプ・デッド』1~5巻&コミック版、『太陽で台風』1・2巻発売中!
ガンガンノベルズ『魔法少女アーヤ☆アミー』発売中!
徳間デュアル文庫『魔王さんちの勇者さま』1~4巻発売中!
徳間文庫『欠陥妖怪住宅』、『パラレル家族計画』発売中!
ぽにきゃんBOOKSライトノベルシリーズ『ブチ切れ勇者の世界征服』1~2巻発売中!
HJ文庫『カンスト勇者の超魔教導』1~3巻発売中!
ファンタジア文庫『お助けキャラに彼女がいるわけないじゃないですか』1~3巻発売中!
JUMP j BOOKS『ぼくたちは勉強ができない 非日常の例題集』発売中!

受賞歴:
2004年、第1回スクウェア・エニックス小説大賞『入選』
2008年、第5回トクマ・ノベルズEdge新人賞『徳間デュアル文庫特別賞』
2017年、第11回HJ文庫大賞『銀賞』
2017年、ジャンプ小説新人賞’16 Winter 小説フリー部門『銀賞』
2017年、第30回ファンタジア大賞 『金賞』

«  | ホーム |  »

ダメ人間? だからどうした、それがわかったところで明日も私は私として生きる

どうも、はむばねです。
学会発表リハまで12時間を切りました。
資料は完成してません。
もう帰るのは諦めました。
あと、ちゃんとした完成資料を作ることも諦めました。
どうせリハはリハ、本番じゃない。
もうタイムとか気にせずに、今は叩き台を作ることに専念しよう。
そのために、若干とはいえ本番までに余裕持たせてリハ日程組んだんだし。

それはあくまでその場しのぎの逃げ道に過ぎないし、そもそも若干逃げちゃいけない方向に逃げてるような気もしないではないけど、しかしそれがどうしたこのヤロウ。
ゲームじゃあるまいし、バッドエンドに直行するような選択肢なんて人生にそうそうねーですよ。
逃げられるうちは逃げときゃいい。
それがベストじゃなくとも、ベターな場合だって存在するに違いない。
もっとも、もちろん今がそれとまでは言いませんけれど。
しかしどんな格好だろうと、(今回の場合なら)本番を切り抜けられりゃあ私の勝ち。
人生なんて、明日生きてたもん勝ちでいいんですよきっと。



とはいえ、大学生活6年間(特にラスト3年くらい)で培ってきたこの怠惰な生活が少々ヤバい域に達してきているのも事実ですね。
就職すればなんとかなると信じてますが、何かの間違いで(宝くじで1億円当たったりして)専業作家になってしまったりしたときがヤバい。
いやまぁたぶんないけど、なったとすればヤバい。
というかそこまで行かなくとも、残った学生生活半年がヤバい。
もうこの際ハルヒでもいいから、「早く仕事しないさいよ!」とか言ってお尻を蹴ってくれれば少しは作業も進むと思うのに。
でも私の好み的には、どちらかといえば優しく励ましてほしい。
優しく励ましつつも、「やらないとどうなるかわかってますよね?」的な黒さを少しだけにじませてほしい。
そうしたらきっとみんな幸せになれると思う。
※ただし美少女に限る。


まぁ流石にそこまで行くと実現可能性が非常に乏しいので(でも、不可能じゃないって信じてるよ! 信じる心がいつか力となるに違いないよ!)、現実的には「期間を限定し、監視者を置く(※美少女に限らない)」あたりが妥当でしょうね。
そういう意味で私は、大伝勇伝3のあとがきで鏡貴也先生が書かれていた「作家8人が同じ仕事場で仕事をしている」という環境は非常にいいと思うのです。
私が合宿合宿言うのもまさに同じ理由で、ようは「自分一人だとしんどいから誰か一緒にやろうぜ!」って感じなんですね。
もっと言うと、「俺がやってるんだからお前もやれや」と互いに監視者となる環境を作ること。
自分との戦いとはよく言ったものですが、ちょっと自分って強力すぎて勝てる気がしないの。
助っ人が必要なの。
ていうか元々研究室がそういう場所的な存在なはずですが、最早慣れすぎて我が家と変わんない。
それに加えて私の合宿の場合は、「1週間だけなんだからその間くらいはやれや」という条件もつけるんですね。
どっちかってーと、「この1週間で出来なかったらその後どうなるかわかってんだろうな?」というプレッシャーの方が強い気もしますけど(合宿以外で進む私の作業量など知れていることは私自身が誰より知っているので)。
雪魔氏が隣でスパロボやってるくらいが心理的にはちょうどいいんですが、やっぱりもう少しはプレッシャーがあった方が作業的には進みます。
でも自分一人でやるよりは遥かに効率がよくなるので、雪魔氏はいつでもウチにスパロボやりに来ればいいと思うよ。
ウチにはPS(初代)までしかないので、ソフトはおろかハードまで持ち込んでいただくことにはなりますけれど。
そうなってくると、もうわけがわかりませんね。

話がだいぶ逸れました。
もう一つ作業を進める方法、それも他者を巻き込まない形という案もありまして。
こちらは、男爵ディーノのかがみさんなんかがやってる手法(?)なんですけどね。
まぁようは、あらかじめ曜日単位の生活リズムと作業目標を決めておき、毎日ブログにてその達成状況を報告するというもの。
……文章にすると若干ニュアンスが変わってしまった気がしますが、まぁいいや。
合宿が「定量制」(その日に完成させる成果物の量を決める。それさえ終われば後は自由)だとすると、こちらは「定時制」(時間を決めて、その間だけはとにかく作業をする。成果物の量は問わない)ですね。
こっちは自分一人でも、いつでも始められるわけですし、常々やってみようとは思ってるんですけど。
けど、これをやると毎日「今日も予定狂いましたwwww」ばっかりになってしまいそうな気がするんですよねー。
いやまぁ、本来それを避けるためにやる方法なわけで、なんかもう色々とアレですけど。
こっちも、とりあえず期間決めてやればとりあえずその間はどうにかなるかな?



うん、そんなことを書いてたらいい感じに眠くなってきたよ!
よし、ここからが作業の本番だ。
合宿でもそうなんですが、「ヤバい、もう寝たい。でも今日の作業終わってない。終わるまで寝れない。チクショウ、ラストスパァトォォォォォォォ!」という時が一番進みます。
具体的には、(合宿の場合だと)日付変わったあたりから3時くらいまで。
頑張って、とりあえずせめて一旦の完成を見せてから寝たいと思います。


スポンサーサイト



«  | ホーム |  »

プロフィール

hamubane

Author:hamubane

たぶんライトノベル作家的なもの


Twitter

既刊情報

最新コメント

最新記事

カレンダー

07 | 2009/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月別アーカイブ

カテゴリ

ジャンルランキング

[ジャンルランキング]
日記
235位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
95位
サブジャンルランキングを見る>>

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR