FC2ブログ
ファンタジア文庫『世話好きで可愛いJK3姉妹だったら、おうちで甘えてもいいですか?』11/20発売!
JK文庫『異世界からJK転生した元妹が、超グイグイくる。』11/30発売!
JUMP j BOOKS『ぼくたちは勉強ができない 未体験の時間割』12/4発売!

スクウェア・エニックスノベルス『スタンプ・デッド』1~5巻&コミック版、『太陽で台風』1・2巻発売中!
ガンガンノベルズ『魔法少女アーヤ☆アミー』発売中!
徳間デュアル文庫『魔王さんちの勇者さま』1~4巻発売中!
徳間文庫『欠陥妖怪住宅』、『パラレル家族計画』発売中!
ぽにきゃんBOOKSライトノベルシリーズ『ブチ切れ勇者の世界征服』1~2巻発売中!
HJ文庫『カンスト勇者の超魔教導』1~3巻発売中!
ファンタジア文庫『お助けキャラに彼女がいるわけないじゃないですか』1~3巻発売中!
JUMP j BOOKS『ぼくたちは勉強ができない 非日常の例題集』発売中!

受賞歴:
2004年、第1回スクウェア・エニックス小説大賞『入選』
2008年、第5回トクマ・ノベルズEdge新人賞『徳間デュアル文庫特別賞』
2017年、第11回HJ文庫大賞『銀賞』
2017年、ジャンプ小説新人賞’16 Winter 小説フリー部門『銀賞』
2017年、第30回ファンタジア大賞 『金賞』

«  | ホーム |  »

ある意味今の状況は都合がいいのかもしれない

どうも、はむばねです。
うーむ、今日も昼間は割と普通に作業をしちまったぜぃ。
まぁでも今日でずっと片付けなきゃいけないなぁと思ってた案件は(友人の協力の元)概ね片付いたのでよしとします。
明日で中間発表本番も終われば、だいぶと色々とスッキリする気がしますねぇ。
ちなみに明日が本番ということでたぶん他のM2の皆さんは研究室で発表練習などしていると思うのですが、私は今日も一日引きこもり。
ホント、最近悪い意味で開き直りが得意になってきてしまっているなぁ。


まぁそれはそうと。
こっち帰ってくる日に古本屋に行って、初めてもっと!陰からマモル! が出てることを知りまして。
おいおいマジかよ続編出てたのかよってことで即買いしたわけですよ。
陰からマモルといえば、私的にはここ数年で一番のメガヒット。
もしかすると、シリーズものとしては歴代最高にフェイバリットな可能性すらある作品なわけですよ。
その続編が出ているとは、なんたる幸運。
ぶっちゃけ、定期入れなくしたのがこれに出会えた代償だったとしてもある程度は納得できるね。

でまぁ昨日それを読んで、面白かったわけですがそんなことはもう当たり前なので置いといて。
ここで、私の前に一つの選択肢があるわけです。
1巻ずつ見かける都度購入していくか、それとも完結まで待って一気に読むか。
私が前シリーズに傾倒した理由の一つに、完結してから(ほとんど)一気に全部読んだというのも少なからず関係していると思うのですよね。
私はアニメとかでも毎週待つのではなく完結してから一気に見たい派なので、その効果は非常に大きいと思うのです。
しかし反面、既に見つけてしまった以上、そしてそれが面白いと知っている以上、私は毎度本屋で見かける度に買いたい読みたいという欲求を闘い続けるのか、という問題があるわけです。

と、いうようなことを考えていてふと思ったこと。
まぁもう陰からマモルは(どうするにせよ)仕方ないとして、その他の作品のことを考えたとき。
今現在私は、極々一部の作品を除けばほとんどの作品に対して興味を抱いていない状態です。
ほとんどスルーしている状態が、もう何年も続いている。
と、いうことはだよ?
仮に今私がかつての情熱を取り戻した時、そこに広がるのは読んだことのない作品の海という桃源郷ではなかろうかね。
そう、それはまるで初めてこのジャンルに足を踏み入れたときのように。
思えば私があまりライトノベルを読まなくなってきた要因として、「読む作品がなくなってきた」ということが全く起因していないわけではなかったでしょう。
かつて手当たり次第に読みまくっていたとき、しかし手当たり次第とはいってもやはり自分の興味のあるものから順に手にとっていくわけです。
そうなってくると必然、前にも書いたように「現在出ている全てのライトノベルを読みつくせるくらいの勢い」で読んでいれば、後半につれ自分の興味が薄い作品が数多く残っていくわけです。
そんな中で、私のモチベーションは徐々に下がっていったのではなかろうか。
しかし今、もう一度世界を見渡してみよう。
かつて私が踏み荒らし、私の足跡だらけになった雪原の上には、ずっと新たな雪が降り続けているではないか。
随分汚れてしまったと思っていたそこは、新たな雪で覆われているではないか。
いつしかそこには、かつて見たのと同じ真っ白な雪原が広がっているではないか。

うはwwww夢が広がりまくりんぐwwwwww
そんなことを考えていると、そろそろ本当に(ライトノベル読者的な意味で)現役復帰してもいいんじゃないかという気がしてきましたよ。
「面白いよ」と勧められたけど、まだ読んでない本も山ほど溜まってきてるわけですし。
1日に2ケタの古本屋をハシゴする、そんな日々を取り戻してもいいのかもしれない。

……ただ、一つ不安な点もありまして。
10年近く前から変わらぬことなのですが、「完結してて」面白いと勧められる作品があまりないのはなぜなんだぜ?
やっぱりそれなりの長編ともなると完結する頃には1巻なんて随分前に出たもので、少々時代に遅れたものとなってしまうのですかねぇ。

とりあえずは今年に入ってから確か5巻くらいまで読んだ、ダブルブリッドの続編でも読もうかしら。
高校時代に読んでたやつの続編は、間あきすぎてもう完結してたとしても続き読むのが若干キツい。
結局あの頃読んでた長編で、ちゃんと終わりを確認したのってEMEくらいなのではなかろうか。

スポンサーサイト



«  | ホーム |  »

プロフィール

hamubane

Author:hamubane

たぶんライトノベル作家的なもの


Twitter

既刊情報

最新コメント

最新記事

カレンダー

08 | 2009/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

月別アーカイブ

カテゴリ

ジャンルランキング

[ジャンルランキング]
日記
68位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
27位
サブジャンルランキングを見る>>

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR