スクウェア・エニックスノベルス『スタンプ・デッド』1~5巻&コミック版(完結)、『太陽で台風』1・2巻(完結)発売中!
ガンガンノベルズ『魔法少女アーヤ☆アミー』発売中!
徳間デュアル文庫『魔王さんちの勇者さま』1~4巻(完結)発売中!
徳間文庫『欠陥妖怪住宅』、『パラレル家族計画』発売中!
ぽにきゃんBOOKSライトノベルシリーズ『ブチ切れ勇者の世界征服』1~2巻発売中!

2017年4月、第11回HJ文庫大賞にて『銀賞』をいただきました!
2017年5月、ジャンプ小説新人賞’16 Winterにて 小説フリー部門『銀賞』受賞をいただきました!
2017年9月、第30回ファンタジア大賞にて 『金賞』をいただきました!

第11回HJ文庫大賞"銀賞"受賞作『カンスト勇者の超魔教導 ~将来有望な魔王と姫を弟子にしてみた~』
1・2巻、HJ文庫より発売中!
第30回ファンタジア大賞 "金賞"受賞作『お助けキャラに彼女がいるわけないじゃないですか』
3巻、8/18(金)ファンタジア文庫より発売です!

«  | ホーム |  »

溢 れ る 開 放 感

どうも、はむばねです。
まぁ所詮学生とはいえ兼業作家なんてやってると、割と常にいろんなものに追われることになるわけですね。
ゼミが終わったかと思えば執筆だー、ゼミの翌日までに校正紙送り返さにゃならんだー、なんてのは日常茶飯事ですよ。
学業か執筆業、常に目先に終わらせなければいけない何かが転がっています。
が、しかし。
10月という(一部無意味な)修羅場を潜り抜けた結果ですね。

ゼミ、終了!
会社からの課題や提出書類、終了!
スクエニの作業、終了!
徳間の作業、(たぶんほぼ)終了!

というわけで。

ま さ に



゚ | ・  | .+o    _    o。 |  *。 |
 *o ゚ |+ | ・゚ _二ー-゙ヽ/_ +・  o |*
 o○+ |  |i -= ´      ` ミ、 ゚| o ○。
・+     ・ l /,         ヽ ・|*゚ + |
゚ |i    | + / i |ー|-|i | i l . i | |!     |
o。!    |! ゚o !|{ヽ{`━' |i iト、 l |   | *  ゚ |
  。*゚  l ・ ゚ |ソ_` "" リ!ノ /|  |o  ゚。・ ゚
 *o゚ |!   | 。 ヽ'-   ノi| {  +   *|
。 | ・   o  ゚l  ゚+ ` イ  jハ l  *゚・ +゚ ||
 |o   |・゚ ,.‐- .._ -‐}!    ヽ!  |  ゚   |
* ゚  l| /    、  i  }  \   o.+ | ・
 |l + ゚o i     ` -、{! /_   \  ○・ |o゚
 o○ |  | ヽ.     ヾ´    ̄  `ヽ  *。
・| + ゚ o }  }                ヽ O。
 O。 |  | リ、  ..:::        ..   l 。
 o+ |!*。| / `ー::::       , ヘ:::::..  | *
 |・   | ゚・ |/   /  :::... ..   /:::/ | ::..... { |
    _|\∧∧∧MMMM∧∧∧/|_
    >                  <
  /\  ──┐| | \     ヽ|  |ヽ  ム ヒ | |
  /  \    /      /  | ̄| ̄ 月 ヒ | |
      \ _ノ    _/   / | ノ \ ノ L_い o o
    >                  <



どうせぼやぼやしてると少なくとも次のゼミなんてあっという間だけど!

ていうかこんだけ一気に終わったってことは次のタスク降ってくる時も重なる可能性が高いけども!


今は束の間の休息を、全力で享受してやるぜ!



スポンサーサイト

あまこい君誕生日

どうも、はむばねです。
はい、本日はあまこい君の誕生日ですよ。

というわけで。



あなたに送る独り言byはむばね

実にいつも通りの光景である。




あなたに送る独り言byはむばね

FUNSTATION3と、ニンジャガ(と見せかけたじゃじゃまる忍法帳




あなたに送る独り言byはむばね

エアベッド。





あなたに送る独り言byはむばね

ブルガリアシリーズ。




あなたに送る独り言byはむばね

(BL)同人誌も、最早恒例といったところですね^^




あなたに送る独り言byはむばね

ガチャピンの素、ムックの素。




あなたに送る独り言byはむばね

そして、これが今回最大の爆弾。
おわかりいただけるだろうか?
某氏からのプレゼント、CLANNADの制服である。

そ の 発 想 は な か っ た わ

ちなみにこちら、たぶん女性物のMサイズですが、あまこい君の服はLLです。






あなたに送る独り言byはむばねあなたに送る独り言byはむばね

ちなみに私からのプレゼントは、こちら2点。



あなたに送る独り言byはむばね



あなたに送る独り言byはむばね

まずは、パエリアセット。
スペイン村で衝動買いした、後悔はしていない。
1万円以上する最大サイズを買おうかとも思ったんですが、それはさすがに自重した。
このサイズでさえ旅行中すっげぇ邪魔だったので(旅行1日目で買った)、そこに関しては私GJ。



本当はこれだけの予定だったのですが、あまこい君から尋常ではない(主に値段的な意味で)プレゼントをもらってしまったので、急遽増やすことに。
それが、ダンボール箱の方。
中身は……


あなたに送る独り言byはむばね


あなたに送る独り言byはむばね


あなたに送る独り言byはむばね

プリン(×30個)だよー!



あなたに送る独り言byはむばね

メッセージカードも付けてみたのですが、まさかの手書きのようです。


あなたに送る独り言byはむばね

ついでにロウソクも入ってたわけですが、どこに刺せと。




そんな感じです。
他にもプリン(私とは別に)とかライトノベルとかもあり、たぶんまだ増えると思われますがここまで。
よっぽどネタがなければ、そのあたりもアップするかもしれないよ!


ぶっちゃけ忘れてt(ry

どうも、はむばねです。
はい、というわけで本日は最終木曜日。
ガンガンONLINEにて、太陽で台風2が更新ですよ!
ぶっちゃけもう終わった気になってたので、更新一覧見て焦ったぜ!
でも、毎回コメント欄で感想もらってから「あ、そういやそうか」と思い出してたので、今日はむしろマシだよね!

今回、堂々の……かは、ともかく。

最 終 回

ですよ!


たぶん、単行本情報もそろそろ(公式で)出るんじゃねーかな!






うむ、良い朝だ(もう昼だけど)

どうも、はむばねです。
衰えてきたなぁと思うとき。
・徹夜明けで、テンションが上がるよりも前に体力が尽きていたとき
・大きなタスクが終わった際、はしゃぐよりも寝たくなっていたとき
というわけで、昨日はゼミが終わり次第速やかに帰宅して就寝しました。
本当は昨日のうちに多少作業も進めておきたかったのですが、まったくもってそんなテンションじゃなかったぜ!

ただ、おかげで今日は早起きすることができました。
相変わらず睡眠はぶつ切りになりがちですが、まぁ睡眠時間も足りているでしょう。
営業開始と同時に郵便局に行き、実家からの荷物(通帳とカード)をゲット。
その場で口座の番号を記入し、会社への書類を送付。
スーパーに寄って、研究室へ。
非常に美しい流れでここまできてます。

あとは30日までに郵送で送らなければいけない案件の作業を明日の19時(宅急便営業所の締め切り時間)までに処理。
でもって、明後日に30日当日までにメールで送らなければいけない案件の作業を処理。
これで10月はフィニッシュ!
パーフェクトゥな計画ですね。
修羅場で始まった10月も、残るは残党処理のみ!
ラストまで油断せずにいきましょう。

実測データ収集(ちょっとだけ)完了きた! これで勝つる!

どうも、はむばねです。
普段私は、当日ともなればなんだかんだ言っても最終的なセーフネットは用意しています。
「まぁ、(クオリティはともかくとして)発表することは可能」状態なわけですね。
だが、今日はそれすらもないぜ!
あと5時間半で、進捗作って資料作って発表!
焦りが一周して、なんか逆に穏やかな気持ちになってきました。
これが……悟りの境地か……

まぁでもタイトルにある通り、どうにか今月の進捗(があるように見せること)ができそうなのでちょっと休憩がてら更新です。
研究室では昨日より、M2(一人除く全員)の悲鳴が響き渡っております。
みんな、ゼミ直前になって焦るようなこんな院生になっちゃいけないぜ!
まぁでも、その中でも私は皆より一段下の段階で悩んでたんだけどな!
みんなが(発表資料とは別の)ペーパー資料をどうするか悩んでる中、私はガチで発表資料を捻出するのに必死ですた。

え? デジモン?
うん、正直途中からデジモン観るテンションですらなくなりました。



おまけ、今日の朝食。


あなたに送る独り言byはむばね

これで250円ちょいは、まぁそれなりにリーズナブル。

んでこの食堂、朝限定なんですが、Mサイズ(一番大きい)にすればご飯を盛り放題という謎のシステムになっています。
います、いるのですが。

あなたに送る独り言byはむばね

某氏、だからって盛りすぎ。

ちなみに私はSS(一番小さい)です。

さぁ、いよいよ時間がなくなってまいりました

どうも、はむばねです。
時間がない時間がないと言いつつ、昨日は結局あの後「TOEICの試験終わったんで飲みにいきませんか?」とサキ君・ガンダム君に誘われホイホイついていってしまったよ!
しかも、久々に飲みすぎたぜ!
どれくらい飲みすぎたかというと、どんだけ泥酔しててもコンタクトを外して歯磨きだけはすることに定評のある私に、朝起きたらコンタクトが入ってたくらいに。

どうやら二日酔いは回避できているようですが、なんだか全体的にぼーっとします。
おかげでブログのネタも出てこねーぜ。


仕方が無いので、全く何の脈絡もない話。
「疲れてるときには甘いものがほしくなる」とか「甘いものを食べると頭の働きがよくなる」とか言うじゃないですか。
けどこれ、一般的には自覚的に効果を実感するものなんですか?
正直私は疲れてるときに「甘いもの食べたい」と思ったことがないですし、実際食べたところで「疲れがとれた」とも感じません。
甘いものを食べた後に「お、なんか頭働くわ」とかも思いませんし。
これは、私が甘いものの恩恵を受けにくい体質なのか、そもそも一般的に言われてる効果自体本来気のせい程度でプラシーボ効果を狙っているものなのか。

自分は明確にその効果を感じてるよ、という方とかいらっしゃいますか?

視聴時間=作業時間

どうも、はむばねです。
月末に向けて、なんか着々とタスクが放り投げられてきてます。
そろそろちゃんと計画立ててやってかないとどっかで詰むレベル。
差し当たっては、明後日のゼミが強敵ですね。
というわけで、デジモンアドベンチャーを観始めることにしました。
オープニング曲をカラオケで歌うとアニメが流れるので、前から気になってたんですよね。
現在16話まで観たところです。

しかしこれ、ラストにはどの程度の盛り上がりを見せるのでしょう?
デビモン倒すところあたりまでなら普通にBGAとして機能しますが、あんまり盛り上がると逆に作業どころじゃなくなるんですよね。
コードギアス観てたときなんか、かなり序盤からアニメの方に集中してたからな!
そういう意味でBGAのチョイスは難しい。


ガンガンONLINE短編小説カーニバル感想 その2

どうも、はむばねです。
短編カーニバル感想続き。
なお、基本的に私の嗜好は「ソフト>ハード」「ライト>ヘヴィ」「笑い>シリアス」に偏る傾向がありますのでそこも踏まえてご覧ください。




・君の声、僕の物語 / 日野イズム
うーん、日野氏だなぁ。
読んで1ページ目でそう思いました。
(少なくともこの中では)最もよく知る作家さんなので、期待度も信頼度もダントツでした。
正直補正が入ってない自信はないですが、まぁそんなことろも含めてレビューだと割り切っていこうぜ。

それにしても、文字詰まりすぎワロタw
ページ数的には一番短いはずなのに、下手すると一番読むのに時間がかかった可能性すらあるのではなかろうか。
もちろんそれは、他の作品ならある程度流し読みするような部分もガッツリ読ませてくるというか読まずにいられぬ引き付けがあるからこそなのですけれど。
ただ詰まってるだけの作品なら普通に読み流すよ。
そういう意味で、少なくともページ単位における満足度はまず間違いなくナンバーワンだったのではないでしょうか。

さて、前置きが長くなりましたが内容に。

ヤバい。
これはヤバい。
正直最初の10数ページを読んでそんな予感はしてたけど、マジでヤバかった。
『太陽で台風』発売の際の日野氏のレビューにて青春云々の話を書いていただきましたが、なんだこれはその復讐(?)か。
はい、というわけで青春です。
ついでに『太陽で台風』が遥か手の届かなかった青春だとすれば、こちらは(美少女さえ除けば)ぶっちぎりで我々寄りです。
それだけにヤバい。
まぁぶっちゃけこの作品はそういうところを楽しむものではあまりないと思うのですが、勝手に色々思い出して泣きそうになりました。

ま、それはともかく。
短編ということで、色々と取捨選択はあったものだと思います。
その中でも、たぶん物語中の設定を詰めるところよりは掛け合いを重視して選んだろうなぁという印象を受けました。
実際、展開的にはちょっと「速いかな?」と思う部分がないでもないです。
が、その分掛け合いがバツグンに楽しい。
ロールプレイの頃と比べると、なんとなく若干お笑い寄り? の掛け合いが多くなったかな? という印象を受けます。

あと個人的に、日野氏の書くヒロインは他の作品とはなんとなく違った魅力を感じるような気がします。
単純に「可愛い」とか「萌える」のではなく、なんでしょうね。
主人公と「相性がいい」というか?
主人公かヒロイン、どっちかが別の人だとこうはいかないというか。
そういう意味で、二人の掛け合いが楽しく感じるのかもしれませんね。

あとどうでもいいけど、この作品に出てくる作中作と私がたまに出す作中作のモデルは同じもの。
たぶんみんな気付いてる。




・メフィストフェレスの嘘 / 月島総記
普通に面白かったです。
うん、いやこう書くと他のが面白くなかったみたいですけど。
なんというか、うん、まぁ普通に面白かったんですよ。

最初はもっと鬱々とした雰囲気の作品かと思ったのですが、そんなこともなく。
最初から最後まで、楽しんで読むことができました。
特にこういう知略系は、現在だけでなく「続き」に対する期待が常々更新されていくところがいいですね。
もちろん、期待を持たすことができる魅力があることが大前提ですけれど。

文体も、ごちゃごちゃしておらず、さりとて軽すぎるわけでも読みやすかったと思います。
また、物語が過不足なくキッチリ短編の中に収まっているのがいいですね。
「短編に押し込めた」のではなく、「短編のために作った」ような印象を受けました。

キャラではなく、ストーリーで引っ張る。
8作品の中じゃ、その観点で言えば他の追随を許さないのではないでしょうか。
もちろん、どちらが優れているかは好みによると思いますが。
ただ、本来かなり「キャラ」寄りの私も引き込まれる物語ではあったと思います。
というかそもそも、別にキャラが死んでるわけでもないですしね。
今回の作品の中じゃ、ストーリー偏向タイプ(?)はこの一作だけですね(とりあえず私基準だと)。
ちょっとやらしい話もすると、そっちが好きな人の票が軒並み流れていきそうな予感がします。

ただ、エゼキエルにはもっとダークヒーローっぽいキャラクターを期待していたのでそういう部分では拍子抜け。
まぁ勝手に自分で想像したことですし、その理由もちゃんと作中で語られるのですけれど。
あとは、たまに「ん、そこに気付かないの?」というキャラに対する疑問もあったりなかったり。

それでも、総じて「面白い」に加えて「上手い」物語だったように思います。




・ゆ、幽霊調査なんて、こ、こわくないんだからねっ!? / 紺いつき
一方、こちらは全力でキャラ勝負。
ヒロインに萌えなければ敗北、それで構わん!
とばかりの意気込みを感じました。

話的には、マンガ連載だとすれば2巻か3巻くらいで1つくらいありそうなエピソード。
とりあえずキャラ見せも済んで、一通り設定も見せて、脇も固まってきたし、ここらでちょっと二人の距離近づけとくか? 的な位置づけで。
ちょっとエッチなシーンもあるマンガで、(二人の仲を深める回だから)お色気控え目な回、ってな感じだったように思いました。
怪談のオチも、話のオチもまさにそんな感じ。

そんな調子なので、もちろん文体はライト。
さらっと読めます。
幽霊モノと一口に言っても、(たとえコメディでも)「何か起こるんじゃないか……?」と思わせるものもありますが。
こちらはそんな空気さえもほぼない、まさに安全ストーリー。
安心してヒロインに萌えたい方にオススメです。





・ライバル少女 / 七海真咲
とりあえずイラストに一目惚れ。
やだなにこの子かわいい。

ま、それはともかく。
普通に面白かったです、その2。
総じて全体のレベルが高かったように思います。
キャラもいいし、ストーリーも悪くないし、運び方も自然。
特に主人公がいいですね。
こういうツッコミ、好きですよ。
その他、性格面も好感。
個人的ベストオブ主人公賞を与えましょう。
開始1ページ目で惹かれました。

展開的には、まぁ王道。
大体予想はつきますが、これは「予想通り」よりも「期待通り」と言った方がいいでしょう。
最後のオチも、実に私好みであると言えます。

うーむ、それにしてもイラストが好み。
個人的ベストオブイラスト賞も与えましょう。
思わず絵師さんのサイトにまで行ってしまったぜ。
正直、感想にもイラスト補正が入っていないとは言い切れない。

短編という制約上仕方ないとはいえ、(どちらかといえば)ヒロインよりも主人公に焦点を当てているこの作品も割と異質かな?
その観点で票が割れるとすれば「君の声、僕の物語」あたりでしょうか。

うん、なんかこう全体的に無難に面白くてあまり書くことがないですね。








そんな感じで、以上全八作品の感想でした。
割と微妙にジャンル違っていたりしますし、少なくとも「全部全然面白くなかった」と感じる方はあまりいないのではないでしょうか。
皆様も読んでみてくださいな!

しかしやっぱ短編って難しいんだろうなーと思いつつも、自分だったらどんなの書くのかなーとか考えてしまいますね。



ガンガンONLINE短編小説カーニバル感想 その1

どうも、はむばねです。
オーケイ、予想通り今日でほぼ完全復活ですぜ!
まだ若干眠りがブツ切りにはなっているものの、かなり睡眠時間を確保することができました。
気分もバッチリですぜ!


というわけで(?)。
現在、ガンガンONLINEにて短編小説カーニバルが開催中ですよ。
というわけで、私も一通り読んでみました。
せっかくなので、全作品の感想など書いてみたいと思います。
なお、今回(に限ったことですがないですが、基本的にレビューや感想を書く時)私はあくまで作家としてではなく読者として書いています。
なので、若干上から目線が入ったりすることもありますができればスルーでお願いします。
NGワードは「お前が言うな」だよ!
あと、敬称略ですのであしからず。



・a kiss & a hero / フラワー
現代、非ファンタジー。
よくまとまっていました、という印象でした。
現代ライトノベルにおいては、『王道』に分類されるお話でしょう。
好きな人は素直に受け入れると思いますが、変化球を求める人にはあんまり向いてないかな? という感じ。
え、私はそのどちらかって?
それは私の作風を見て考えようか。

あと一オタクとして、主人公の行動や主張には共感せざるをえない。
そりゃ二次元を至高としつつも、三次元に生きている以上それを無視するわけにはいかないし。
我らが崇拝する物語の必然がそうである以上、「ここでケツを捲ったら」「オタクを廃業しなきゃなんねー」ですよ。
現実と非現実の境界線上で、少しだけ非現実に寄っている距離感は割と絶妙ではないかと思います。

短い文章の中でキャラの性格・性能の紹介、物語の目的とその帰着。
きっちり収まっているあたり、短編のお手本のような作品だったのではないだろうかと思います。




・ウィザーズ・センチュリー ~高空の魔法使い~ / 早坂千尋
ミリタリー+ファンタジー。
正直言ってミリタリーものは全く好みではないです。
が、そんな私をしても楽しめる作品ではありました。
(もっとも、私のような門外漢でないとこれを「ミリタリー」とは分類しないのかもしれませんが)
(個人的には、ツールがファンタジーなだけであってノリは完全にミリタリーだと感じましたけれど)

雰囲気はハード。
ちゃんとキャラ付けするスペースがあった上でこの展開なら欝展開に分類するレベル。
a kiss & a heroがよくまとまった短編だとすると、こちらは第1章。
ないし、第一部をダイジェストで見た印象です。
この話だけではなく、ここを含む大きな物語の一部を見た、という感じでした。

同じく比較になりますが、a kiss & a hiroがそれ単体での是非を問う作品ならば、こちらは「続きが読みたいかどうか」での評価を望んでいる作品な気がしました。
正直私もこの企画がどんな位置づけだかわかってないので、どっちが正解かは全くわからんのですけどね。
前後の補足をほとんど放棄して、一部分だけを取り出すというのも短編としては正しい姿だと思います。



・ウソクイ / 九石はくね
中二病テイスト溢れる作品。
自己紹介の時点で(もっといえば、最初の段落で)看破余裕でした。
中二病スキー的にはゾクゾクくる立ち上がりです。
文体的にも、全作中最も『ライトノベル臭』が漂う作品だったのではないでしょうか。

設定も割と捻りがあり、あらすじで引き付けられる作品だと思います。
(もっとも、そのあたりの設定のコアな部分は公式のあらすじには書かれていないようですが)
ただ、都市伝説系というのは最近流行っているのですか?
学園ナイトメアもそうですし、ちょっと前に2chのスレなんかでも結構見たような。
(余談ですが、保健室の死神もそっち系かと思ったら、ちょっと違ってた)
一時期の吸血鬼ブームみたいな感じ?
いや別に、もちろんそれが悪いといっているわけではないのですけれど。

あと昔ロマンサー読んでた時にも思いましたけど、汎用性の高すぎる能力って逆に扱いづらいですよね。
そのあたり、無体な能力の無体なまま貫くという姿勢がよかったと思います。

それにしても全60ページのうち、8ページをもそっち系のシーンに費やしたのは流石w
そして名前ありキャラの3割がノーパンという奇跡。
ある種の信念すら感じました。

総じて、ライトノベルらしい読みやすい作品だったと思います。
最初の中二臭さが人によってはちょっと受け付けがたいかもしれませんが、割と最後の方には気にならなくなっているのではないでしょうか。
短編単体でも楽しめますし、続きにも期待できる。
良い短編だったと思います。




・運命三分クッキング / みなみのうさぎ
これまたライトノベルらしい作品。
なんとなく懐かしいノリを感じます。
たぶん最初の数ページでノリについていけるかが勝負。
そこに乗ることができれば、最後まで一気に読むことができると思います。
文章自体は非常に読みやすいです。

ただ、どちらかといえばこれは短編じゃなく一冊通して読みたかったかな? という気はしますね。
今回の中では割と長めとはいえ、80ページでこの展開は少し性急な印象を受けました。
ダラダラと続けるよりは、引き締まってて逆によかったという考え方もありますけどね。

様式美というか、まぁだいたいそうなんだろうなーと思いつつも、こういった話は結構好きです。
また、全(あらすじとかストーリー)ではなく個(キャラやそれぞれの場面)を重視しているあたり、私の作風に近いところがあるのかなぁという気がしました。
私の作品(特に初期)を好んでくださっている方なら、楽しめる可能性は高いのではないでしょうか。

あと何かを思い出すと思ったら、たぶんネガティブハッピー・チェーンソーエッヂだった。




長くなったので、後半は記事を分けます。
どうでもいいですが、ビュアー開いてたらコピペが(ビュアーからじゃなくても)できない仕様はちょっとめんどいですね。


行ける……! 気がしないでもない

どうも、はむばねです。
本日2回目の更新。

昨日に引き続き、昼前にウトウトしたことでどうにか調子は保ってます。
「普通にあんまり寝てないとき」くらいの感じ。
一応(総合すれば)徐々に睡眠時間戻ってきてる気がするし、そろそろ復活しそうな予感。

しかしそんなことよりも問題は、現在トラップカード『二日酔い』が発動していることだな!
お腹はめっちゃすいてるけど、食欲が全くないぜ!
昨日飲んだのは二日酔いするような量じゃなかったろ常考……
これも弊害か。

とりあえず今日も引きこもり、家で出来ることだけやっときます。
明日あたりにはきっと戻ってる。



«  | ホーム |  »

プロフィール

hamubane

Author:hamubane

たぶんライトノベル作家的なもの


Twitter

既刊情報

上の方は絶版じゃないよ!

お助けキャラに彼女がいるわけないじゃないですか2 (ファンタジア文庫)

最新コメント

最新記事

カレンダー

09 | 2009/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR