FC2ブログ
ファンタジア文庫『世話好きで可愛いJK3姉妹だったら、おうちで甘えてもいいですか?』11/20発売!
JK文庫『異世界からJK転生した元妹が、超グイグイくる。』11/30発売!
JUMP j BOOKS『ぼくたちは勉強ができない 未体験の時間割』12/4発売!

スクウェア・エニックスノベルス『スタンプ・デッド』1~5巻&コミック版、『太陽で台風』1・2巻発売中!
ガンガンノベルズ『魔法少女アーヤ☆アミー』発売中!
徳間デュアル文庫『魔王さんちの勇者さま』1~4巻発売中!
徳間文庫『欠陥妖怪住宅』、『パラレル家族計画』発売中!
ぽにきゃんBOOKSライトノベルシリーズ『ブチ切れ勇者の世界征服』1~2巻発売中!
HJ文庫『カンスト勇者の超魔教導』1~3巻発売中!
ファンタジア文庫『お助けキャラに彼女がいるわけないじゃないですか』1~3巻発売中!
JUMP j BOOKS『ぼくたちは勉強ができない 非日常の例題集』発売中!

受賞歴:
2004年、第1回スクウェア・エニックス小説大賞『入選』
2008年、第5回トクマ・ノベルズEdge新人賞『徳間デュアル文庫特別賞』
2017年、第11回HJ文庫大賞『銀賞』
2017年、ジャンプ小説新人賞’16 Winter 小説フリー部門『銀賞』
2017年、第30回ファンタジア大賞 『金賞』

«  | ホーム |  »

勢いって大事

どうも、はむばねです。
下宿に戻ってまいったわけですが、今日の話題はそんなこととは関係なく。

ご自分で小説を書く方ならば割と馴染みの深いことかと思いますが、自分の書いた小説を他の人に読んでもらうというのは質を上げる上でとても有効な手段です。
プロになると当然「編集さん」という読み手が確実に一人はできるわけですが、読んでもらう人数は多いに越したことはありません。
そもそも編集さんも多忙ですので、あんまり細かい話はしないことが多いですしね。
そんなわけで私は、未だに原稿上げたら周りの人に読んでもらうことにしているわけです。
最近では、その役割をガンダム君に負ってもらうことが多い。

しかしガンダム君のチェックを見て時折、「すげぇ細かいところ気にすんなぁ」と思うことがあります。
「この設定上~なんだから、この場面で~なのはちょっとおかしくないですか?」的な。
というか、基本的にたぶん私がその辺大雑把すぎるんですけどね。
小説とかマンガとか読んでても、一般的にツッコミ入れられまくってるようなところも華麗にスルーしますし。
そういう意味で、ガンダム君の視点は大変助かるものなのです。

たぶん、世の中的には私よりもガンダム君寄りの人が多いと思いますし。


しかし、ふとこの点に着目してみるとですね。
ガンダム君自身の執筆活動が割合難航しているのは、このあたりに原因があるんじゃないかなぁと思ったり思わなかったり。


私の、特に昔の作品を読んだことのある方ならわかると思うのですが。

基本的に私の作品は、全編通して


             /)
           ///)
          /,.=゙''"/
   /     i f ,.r='"-‐'つ____   こまけぇこたぁいいんだよ!!
  /      /   _,.-‐'~/⌒  ⌒\
    /   ,i   ,二ニ⊃( ●). (●)\
   /    ノ    il゙フ::::::⌒(__人__)⌒::::: \
      ,イ「ト、  ,!,!|     |r┬-|     |
     / iトヾヽ_/ィ"\      `ー'´     /


な空気に溢れています。

とりあえず勢いで書いてるわけですね。


それでも時を経るにつれ変化(これが必ずしも「成長」という言葉に当てはまるのかは微妙なので、あえてこの言葉を用います)してきて、だいぶ「落ち着いて」きたのではないかと(自分では)思っていますが。

別に昔から「整合性なくてもいいや」と思っていたわけではないのですが、「このままだとこういう可能性も考えられるから、その可能性は作中で潰しておこう」と思うことが明らかに以前より増えてきたのですね。


でもこの、いわば「つじつま合わせ」。

これが結構厄介なんですよね。

一つの文に対して「あ、これだとこんな疑問抱かれるかな?」と思ったら、その何倍ものテキスト量を用いてフォローしなければならないわけです。

だからといって、フォローばっかりの文章になってしまっては意味がない。

理想は、その「フォロー」の部分まで面白く描くことなんですけどね。


私もプロで約5年、アマから数えれば8年ほどお話書くことをやっているわけで。

それなりの能力上昇はしているつもりでいますが、中でもこの「フォロー」の仕方は割と上手くなってきたんじゃねーかなーと思わないでもないです。

例えば、私が書き始めの頃から今程度(でも、相当おおらかな方ではあると思いますが)にフォローとか気にしてたら、たぶん話が完成してなかったんじゃないですかね。

気にしたとしても、それを解決するだけの能力を持ってなかったから。

あの頃は、そういうのあんまり気にしていなかったからこそ小説が書けた。



うん、なんだか話がごちゃごちゃしてきましたけども。

私が言いたいのは、たぶん(自分でもよくわからんけど)「完璧な物語を書くのもいいけど、勢いで書くっていうのも大事だと思うな!」ということなんだと思います。

フォローって結構大変な作業。

だからそこで詰まっているのなら、あえてそこを無視して勢いで書いてみるのもいいんじゃないかと思うのです。

もっとも、それをどうしても気にしてしまう人だからこそそういった事態にも陥るのでしょうけれど。


そういう意味で、私はたぶんとても恵まれた変化を遂げてきたんだと思いますね。

これも、勢いで書いてた頃に拾い上げていただいたおかげ。
明らかに、「フォロー」については商業出版してから上がり始めた能力ですから。

感謝感謝です。


といっても、無論まだまだ私も未熟者。

日々精進していかねばなりませんね。



おうふ、なんかすっげぇ久々に作家っぽいこと書いた気がしますぜ。
「っぽい」だけで、別段だからどうということもない話ですけれど。



スポンサーサイト



«  | ホーム |  »

プロフィール

hamubane

Author:hamubane

たぶんライトノベル作家的なもの


Twitter

既刊情報

最新コメント

最新記事

カレンダー

09 | 2009/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

月別アーカイブ

カテゴリ

ジャンルランキング

[ジャンルランキング]
日記
68位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
27位
サブジャンルランキングを見る>>

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR