FC2ブログ
スクウェア・エニックスノベルス『スタンプ・デッド』1~5巻&コミック版、『太陽で台風』1・2巻発売中!
ガンガンノベルズ『魔法少女アーヤ☆アミー』発売中!
徳間デュアル文庫『魔王さんちの勇者さま』1~4巻発売中!
徳間文庫『欠陥妖怪住宅』、『パラレル家族計画』発売中!
ぽにきゃんBOOKSライトノベルシリーズ『ブチ切れ勇者の世界征服』1~2巻発売中!
HJ文庫『カンスト勇者の超魔教導』1~3巻発売中!
ファンタジア文庫『お助けキャラに彼女がいるわけないじゃないですか』1~3巻発売中!
JUMP j BOOKS『ぼくたちは勉強ができない 非日常の例題集』発売中!

受賞歴:
2004年、第1回スクウェア・エニックス小説大賞『入選』
2008年、第5回トクマ・ノベルズEdge新人賞『徳間デュアル文庫特別賞』
2017年、第11回HJ文庫大賞『銀賞』
2017年、ジャンプ小説新人賞’16 Winter 小説フリー部門『銀賞』
2017年、第30回ファンタジア大賞 『金賞』

«  | ホーム |  »

ガンガンONLINE短編小説カーニバル感想 その2

どうも、はむばねです。
短編カーニバル感想続き。
なお、基本的に私の嗜好は「ソフト>ハード」「ライト>ヘヴィ」「笑い>シリアス」に偏る傾向がありますのでそこも踏まえてご覧ください。




・君の声、僕の物語 / 日野イズム
うーん、日野氏だなぁ。
読んで1ページ目でそう思いました。
(少なくともこの中では)最もよく知る作家さんなので、期待度も信頼度もダントツでした。
正直補正が入ってない自信はないですが、まぁそんなことろも含めてレビューだと割り切っていこうぜ。

それにしても、文字詰まりすぎワロタw
ページ数的には一番短いはずなのに、下手すると一番読むのに時間がかかった可能性すらあるのではなかろうか。
もちろんそれは、他の作品ならある程度流し読みするような部分もガッツリ読ませてくるというか読まずにいられぬ引き付けがあるからこそなのですけれど。
ただ詰まってるだけの作品なら普通に読み流すよ。
そういう意味で、少なくともページ単位における満足度はまず間違いなくナンバーワンだったのではないでしょうか。

さて、前置きが長くなりましたが内容に。

ヤバい。
これはヤバい。
正直最初の10数ページを読んでそんな予感はしてたけど、マジでヤバかった。
『太陽で台風』発売の際の日野氏のレビューにて青春云々の話を書いていただきましたが、なんだこれはその復讐(?)か。
はい、というわけで青春です。
ついでに『太陽で台風』が遥か手の届かなかった青春だとすれば、こちらは(美少女さえ除けば)ぶっちぎりで我々寄りです。
それだけにヤバい。
まぁぶっちゃけこの作品はそういうところを楽しむものではあまりないと思うのですが、勝手に色々思い出して泣きそうになりました。

ま、それはともかく。
短編ということで、色々と取捨選択はあったものだと思います。
その中でも、たぶん物語中の設定を詰めるところよりは掛け合いを重視して選んだろうなぁという印象を受けました。
実際、展開的にはちょっと「速いかな?」と思う部分がないでもないです。
が、その分掛け合いがバツグンに楽しい。
ロールプレイの頃と比べると、なんとなく若干お笑い寄り? の掛け合いが多くなったかな? という印象を受けます。

あと個人的に、日野氏の書くヒロインは他の作品とはなんとなく違った魅力を感じるような気がします。
単純に「可愛い」とか「萌える」のではなく、なんでしょうね。
主人公と「相性がいい」というか?
主人公かヒロイン、どっちかが別の人だとこうはいかないというか。
そういう意味で、二人の掛け合いが楽しく感じるのかもしれませんね。

あとどうでもいいけど、この作品に出てくる作中作と私がたまに出す作中作のモデルは同じもの。
たぶんみんな気付いてる。




・メフィストフェレスの嘘 / 月島総記
普通に面白かったです。
うん、いやこう書くと他のが面白くなかったみたいですけど。
なんというか、うん、まぁ普通に面白かったんですよ。

最初はもっと鬱々とした雰囲気の作品かと思ったのですが、そんなこともなく。
最初から最後まで、楽しんで読むことができました。
特にこういう知略系は、現在だけでなく「続き」に対する期待が常々更新されていくところがいいですね。
もちろん、期待を持たすことができる魅力があることが大前提ですけれど。

文体も、ごちゃごちゃしておらず、さりとて軽すぎるわけでも読みやすかったと思います。
また、物語が過不足なくキッチリ短編の中に収まっているのがいいですね。
「短編に押し込めた」のではなく、「短編のために作った」ような印象を受けました。

キャラではなく、ストーリーで引っ張る。
8作品の中じゃ、その観点で言えば他の追随を許さないのではないでしょうか。
もちろん、どちらが優れているかは好みによると思いますが。
ただ、本来かなり「キャラ」寄りの私も引き込まれる物語ではあったと思います。
というかそもそも、別にキャラが死んでるわけでもないですしね。
今回の作品の中じゃ、ストーリー偏向タイプ(?)はこの一作だけですね(とりあえず私基準だと)。
ちょっとやらしい話もすると、そっちが好きな人の票が軒並み流れていきそうな予感がします。

ただ、エゼキエルにはもっとダークヒーローっぽいキャラクターを期待していたのでそういう部分では拍子抜け。
まぁ勝手に自分で想像したことですし、その理由もちゃんと作中で語られるのですけれど。
あとは、たまに「ん、そこに気付かないの?」というキャラに対する疑問もあったりなかったり。

それでも、総じて「面白い」に加えて「上手い」物語だったように思います。




・ゆ、幽霊調査なんて、こ、こわくないんだからねっ!? / 紺いつき
一方、こちらは全力でキャラ勝負。
ヒロインに萌えなければ敗北、それで構わん!
とばかりの意気込みを感じました。

話的には、マンガ連載だとすれば2巻か3巻くらいで1つくらいありそうなエピソード。
とりあえずキャラ見せも済んで、一通り設定も見せて、脇も固まってきたし、ここらでちょっと二人の距離近づけとくか? 的な位置づけで。
ちょっとエッチなシーンもあるマンガで、(二人の仲を深める回だから)お色気控え目な回、ってな感じだったように思いました。
怪談のオチも、話のオチもまさにそんな感じ。

そんな調子なので、もちろん文体はライト。
さらっと読めます。
幽霊モノと一口に言っても、(たとえコメディでも)「何か起こるんじゃないか……?」と思わせるものもありますが。
こちらはそんな空気さえもほぼない、まさに安全ストーリー。
安心してヒロインに萌えたい方にオススメです。





・ライバル少女 / 七海真咲
とりあえずイラストに一目惚れ。
やだなにこの子かわいい。

ま、それはともかく。
普通に面白かったです、その2。
総じて全体のレベルが高かったように思います。
キャラもいいし、ストーリーも悪くないし、運び方も自然。
特に主人公がいいですね。
こういうツッコミ、好きですよ。
その他、性格面も好感。
個人的ベストオブ主人公賞を与えましょう。
開始1ページ目で惹かれました。

展開的には、まぁ王道。
大体予想はつきますが、これは「予想通り」よりも「期待通り」と言った方がいいでしょう。
最後のオチも、実に私好みであると言えます。

うーむ、それにしてもイラストが好み。
個人的ベストオブイラスト賞も与えましょう。
思わず絵師さんのサイトにまで行ってしまったぜ。
正直、感想にもイラスト補正が入っていないとは言い切れない。

短編という制約上仕方ないとはいえ、(どちらかといえば)ヒロインよりも主人公に焦点を当てているこの作品も割と異質かな?
その観点で票が割れるとすれば「君の声、僕の物語」あたりでしょうか。

うん、なんかこう全体的に無難に面白くてあまり書くことがないですね。








そんな感じで、以上全八作品の感想でした。
割と微妙にジャンル違っていたりしますし、少なくとも「全部全然面白くなかった」と感じる方はあまりいないのではないでしょうか。
皆様も読んでみてくださいな!

しかしやっぱ短編って難しいんだろうなーと思いつつも、自分だったらどんなの書くのかなーとか考えてしまいますね。



スポンサーサイト



«  | ホーム |  »

プロフィール

hamubane

Author:hamubane

たぶんライトノベル作家的なもの


Twitter

既刊情報

最新コメント

最新記事

カレンダー

09 | 2009/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

月別アーカイブ

カテゴリ

ジャンルランキング

[ジャンルランキング]
日記
379位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
158位
サブジャンルランキングを見る>>

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR