FC2ブログ
スクウェア・エニックスノベルス『スタンプ・デッド』1~5巻&コミック版、『太陽で台風』1・2巻発売中!
ガンガンノベルズ『魔法少女アーヤ☆アミー』発売中!
徳間デュアル文庫『魔王さんちの勇者さま』1~4巻発売中!
徳間文庫『欠陥妖怪住宅』、『パラレル家族計画』発売中!
ぽにきゃんBOOKSライトノベルシリーズ『ブチ切れ勇者の世界征服』1~2巻発売中!
HJ文庫『カンスト勇者の超魔教導』1~3巻発売中!
ファンタジア文庫『お助けキャラに彼女がいるわけないじゃないですか』1~3巻発売中!
JUMP j BOOKS『ぼくたちは勉強ができない 非日常の例題集』発売中!

受賞歴:
2004年、第1回スクウェア・エニックス小説大賞『入選』
2008年、第5回トクマ・ノベルズEdge新人賞『徳間デュアル文庫特別賞』
2017年、第11回HJ文庫大賞『銀賞』
2017年、ジャンプ小説新人賞’16 Winter 小説フリー部門『銀賞』
2017年、第30回ファンタジア大賞 『金賞』

«  | ホーム |  »

今 日 か ら 本 気 出 す

どうも、はむばねです。
正確には、今日寝て起きたら本気出す。
というわけで。

一人合宿、はじまるよー\(^o^)/


今回、場所に選んだのは有料自習室ウイングさんというところです。
1週間の契約を今日(日付的には昨日)済ませてきました。
最早、合わさってもいなければ宿でもないっていうね。


あ、ちなみに「有料自習室ウイング」等の検索ワードで引っかかってきた方々へ。
場所が、看板も何もないすげぇわかりづらいビルなので気をつけてね!
本当は写真撮ってこようかと思ったのですが、もう暗かったので断念したんですよね。
明日覚えてたら撮ってきます。

あと、申し込みに行ったら今日は無料で使わしてくれるってーんで今日もちょっと作業してきたんですけどね。
PC・電卓ルームというからもっとパーティションが区切られてるのかと思いきや、思ったよりオープンでワロタw
どのくらいオープンかというと、たぶんネカフェのオープン席くらい。
普通に直で机にルーズリーフ置いて文章書いたら音がうるさいと思うので、私のキータッチ音は恐らく騒音レベルでしょうね。
まぁ、今回PC使うところまで作業が進むのかは甚だ疑問ですけれど。


閑話休題。
結論としては、たぶん大学の図書館でやってもあんまり変わらないとは思うのですが。
でもまぁ、合宿というのは「特別な場所」を用意することが大切なんです。
雰囲気作りというやつですね。

んで、合宿のキーポイントといえばもう一つ。
「監視者がいる」というのが非常に重要なんですね。
自分一人でやってるとついついサボってしまうような性格でも、「人に見られている」間は頑張ろうとするものです。
相手も真面目に作業をやっているほど効果は高いのですが、まぁ別に隣でスパロボをやっているだけでも特に問題はありません(ただし寝られると困る。それもう完全に見てないから)。
今回最大の問題は、その監視者がいないということですね。
そ・こ・で!
今回は、読者の皆様にその役割を負っていただきたいと考えております。

というわけで、最も基本的なルールは以下の通り。

・毎日9~23時まで作業(ただし、進捗によっては途中退出可)
・帰宅後、その日の作業結果をブログにて報告

さらに、以下の要素を加えます。

・途中休憩可
さすがにご飯の時間とかは必要なので。
・7日間のうち、1日だけオフ日を作ってもよいこととする
合宿中盤でダレるのは最早恒例。
一人でそれと戦っても仕方ないので、いっそ中一日の休みはアリに。

なお、最大で23時まで向こうにいることになるため、下手をこくとその日のうちに更新ができないこともあるかと思います。
というわけで、今後1週間ほどは今回のように日付回ってからの更新が主となるであろうことをご了承ください。



また、以前から当ブログを閲覧くださっている方にはご存知の方も多いかと思いますが、前提条件というか基本的に私の活動・用語は以下のようになっています。

・小説の下書きは、まずルーズリーフに手書き
・「ルーズリーフ1枚」と書いた時は、表裏1枚
・「半枚」の場合は表1枚分
・基本的に、(最近は)一章=ルーズリーフ6~9枚分くらい



と、いうわけで。
今回のテーマは、限界に挑戦だよ!
人は、自分一人でどこまで頑張ることができるのか!
そしてその中で、どの程度の成果物が出るものなのか!
人っつーか私個人の話だけど、乞うご期待!
私の本気を見せてやるぜ!


ちなみに、今あるものはこんな感じだよ!
・プロローグ1枚、1章半枚
今日ちょっと作業したので書いた分
・プロット(笑)
相変わらず各章二行程度な上、ぶっちゃけ後半に関しては無いに等しい
・明日という名の大海原へと漕ぎ出すためのほんの少しの勇気
修論に対して、後ろ向きに全力疾走!


そんな感じでやっていきたいと思います。

スポンサーサイト



«  | ホーム |  »

プロフィール

hamubane

Author:hamubane

たぶんライトノベル作家的なもの


Twitter

既刊情報

最新コメント

最新記事

カレンダー

10 | 2009/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

月別アーカイブ

カテゴリ

ジャンルランキング

[ジャンルランキング]
日記
212位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
90位
サブジャンルランキングを見る>>

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR