FC2ブログ
スクウェア・エニックスノベルス『スタンプ・デッド』1~5巻&コミック版、『太陽で台風』1・2巻発売中!
ガンガンノベルズ『魔法少女アーヤ☆アミー』発売中!
徳間デュアル文庫『魔王さんちの勇者さま』1~4巻発売中!
徳間文庫『欠陥妖怪住宅』、『パラレル家族計画』発売中!
ぽにきゃんBOOKSライトノベルシリーズ『ブチ切れ勇者の世界征服』1~2巻発売中!
HJ文庫『カンスト勇者の超魔教導』1~3巻発売中!
ファンタジア文庫『お助けキャラに彼女がいるわけないじゃないですか』1~3巻発売中!
JUMP j BOOKS『ぼくたちは勉強ができない 非日常の例題集』発売中!

受賞歴:
2004年、第1回スクウェア・エニックス小説大賞『入選』
2008年、第5回トクマ・ノベルズEdge新人賞『徳間デュアル文庫特別賞』
2017年、第11回HJ文庫大賞『銀賞』
2017年、ジャンプ小説新人賞’16 Winter 小説フリー部門『銀賞』
2017年、第30回ファンタジア大賞 『金賞』

«  | ホーム |  »

偽善という言葉

どうも、はむばねです。
短い滞在期間を終え、本日滋賀に帰還いたしました。
本来は中学の友達と会う約束をしていたから帰ったわけなんですが、その人に急な仕事が入ってしまったため結局ただ帰っただけという形になってしまったのですね。
まぁ私も予期せず徹夜明けになってしまいましたし、これはこれでよかったのではないでしょうか。

帰還途中の電車で雪魔氏の日記を見て、そういや明日だか明後日だかに雪魔氏が来るんだったなと思い出しちょっとだけ掃除。
たぶん明日あたりにまたするとは思いますが、まぁ最悪雪魔氏だしこの程度でもいいや。
ところで、(聞くの3回目くらいですが)来るのっていつでしたっけ?



さて、ここからは完全に余談ですがタイトルの件について。
うん、いやまぁこれまで余談以外の話を書いた記憶もあまりありませんが。
そのあたりは気にしない方向で。
んで、時折思うことなのですが、今日またふと思い出したので。

「偽善」という言葉がありますね。
私は、昔っからこれがどういう行為のことを指すのかイマイチわかっていないのですよ。
以下、一般的に言われているような対象をちょっと見てみましょう。

・自己満足で善行を行う
まず真っ先に挙がるのがこれなんですが、これには私は声を大にして反論したい。
いや、善行を行うことで自己満足を感じることのできる人間を善人と呼ぶのだろう、と。
自己満足=偽善とか、わけわかんない。
これこそが純粋な善行なんじゃないの?

・お礼を期待している、お礼を言われないとムッとする
これは、ちょっとだけ純粋な善行からは遠ざかった感はありますね。
でも、お礼の言葉だけを期待している、お礼を言われることで自己満足を得られる、というならまだまだ善行と呼んでいい範囲なのではないでしょうか。
いずれにせよ、行ってもらった人にとって善行以外の何物でもないわけですしね。

・自分に何かの利益があると、確信を持って善行を行う
例えば、助ければ確実にお礼がもらえる、とかね。
これはかなり善行から遠ざかった感じがしますね。
行ってもらった人にとっては善行以外の何物でもない、はずなのにここまで来てしまうとそう感じてしまうのはなぜでしょう。
やはり人間、「無償」ほど「善」に近いイメージなのでしょうか。
まぁそりゃ例え善行を行うことで罵られようが殺されようが善行を行い続ける人のことを真の「善人」と呼ぶなら上記行為も十分偽善に含まれるのかもしれませんが、そんなありえない仮定の話をしても仕方ない。
ここは現実標準で考えるべきでしょう。
というわけで、これも「偽善」というよりは「ビジネス」とかそういった言葉の方が近い気はしますね。

・善行と見せかけ、自分の利益だけが出るようにする
実際には、行われた人に対して利益が生じない場合。
ここまで来ると、普通に「偽善」っつーか「悪」ですよね。

・本人は良かれと思ってやっているが、被対象者には不利益が生じる場合
これも微妙。
仮に、上記の「自己満足のため」というのがこの事象を指しているなら首肯はしないまでも頭ごなしに否定はしない。
でも、やっぱり「偽善」というよりは「余計なお世話」とかそういった言葉の方がしっくりきますよね。


でまぁ、やっぱり「偽善」にしっくり行為がないのです。
マンガなんかで「偽善者め……!」という言葉があっても、大抵「いやそれただの善なんじゃないの?」と思うわけで。
しかしこれは私だけではないようで、よく2chなんかでもそれに関連するスレが立っていたりします。
その中で、先日ついに私は「あ、なるほどな」と思える意見にめぐり合えました。
曰く。
「手を出さずに口を出す」
おぉ、これは確かにかなり偽善っぽいぞ。
実際には何も進展しないのに、「俺いいことしてるぅ」っていう感じがありありと出ててすごくいい。
今後、「偽善」という言葉を私はそういった意味をイメージして使っていきたいと思ったのでした。

え、オチ?
特にないですが?
長文だからってオチを期待しちゃいけないよ、だって余談だもの。
スポンサーサイト



«  | ホーム |  »

プロフィール

hamubane

Author:hamubane

たぶんライトノベル作家的なもの


Twitter

既刊情報

最新コメント

最新記事

カレンダー

11 | 2009/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

カテゴリ

ジャンルランキング

[ジャンルランキング]
日記
260位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
104位
サブジャンルランキングを見る>>

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR