FC2ブログ
スクウェア・エニックスノベルス『スタンプ・デッド』1~5巻&コミック版、『太陽で台風』1・2巻発売中!
ガンガンノベルズ『魔法少女アーヤ☆アミー』発売中!
徳間デュアル文庫『魔王さんちの勇者さま』1~4巻発売中!
徳間文庫『欠陥妖怪住宅』、『パラレル家族計画』発売中!
ぽにきゃんBOOKSライトノベルシリーズ『ブチ切れ勇者の世界征服』1~2巻発売中!
HJ文庫『カンスト勇者の超魔教導』1~3巻発売中!
ファンタジア文庫『お助けキャラに彼女がいるわけないじゃないですか』1~3巻発売中!
JUMP j BOOKS『ぼくたちは勉強ができない 非日常の例題集』発売中!

受賞歴:
2004年、第1回スクウェア・エニックス小説大賞『入選』
2008年、第5回トクマ・ノベルズEdge新人賞『徳間デュアル文庫特別賞』
2017年、第11回HJ文庫大賞『銀賞』
2017年、ジャンプ小説新人賞’16 Winter 小説フリー部門『銀賞』
2017年、第30回ファンタジア大賞 『金賞』

«  | ホーム |  »

はむばね式就職活動~よくある勘違い編~

どうも、はむばねです。
本日3回目の更新。
俺、この更新終わったら帰るんだ……



× 最悪、レベルの低い(規模の小さい)企業ならば入れる


むしろ、小規模な企業ほど門戸は狭いです。

採用一人二人なんてのもざら。

そして例年ならばその一人でも来てくれれば恩の字、というような企業にも今年はめっちゃ募集が来ます。

下手こくと大企業より倍率高い場合だってあるでしょう。

「最悪小さいところに行けばいいや」などという考えでいると、ガチで就職逃す可能性すらありますよ。

ただし、入りやすい企業・入りにくい企業があるのは純然たる事実だと思います。

もっといえば、(その年に)入りやすい企業・入りにくい企業、かな。

たまたまその年応募が少なかったとか、そんなので。

ただし、これはほとんど受けてみるまでわからない場合がほとんどだと思います。
よって、手当たり次第受ければどこかは受かる、ならばある程度正しい。

あと、(これは割と余談ですが)時期も重要。

今年はどうだかわかりませんが、去年は選考してても合格者が全然出ないという時期がありました。

例年だと辞退者が出てくるような時期に全然自体がなく、枠があかなかった模様。

そういう時期は、どんだけ質のいい面接しても結構落とされます。

去年で言うと、4月の後半くらい。

結構最終面接が重なってくる時期ですね。

まぁこれもこちらから明示的にはわからないので、どうしようもないっちゃないのですが。
そういう時期もある、ということでくじけないようにしましょう。




× 最終面接まで行ければ安心


「最終面接なんてただの確認だから、そこまで行ったら大抵受かるよ」なんて話を昔よく聞きました。

しかし、それは一昨年までの話である。

前にも書きましたが、私の最終面接戦績は4勝6敗。

余裕で5割切ってるぞ!

まぁでも上の話と合わせて、時期さえ良ければもうちょっと良かったんじゃないかという甘い幻想は持っています。




× 一つ内定が出れば後はトントン内定が出る


これもよく聞いた話ですが、無論一昨年までの話である。

たぶん意味的には、「どこにも受からないのは、受かるだけの能力がないから。それが身に付けばどこでも受かる」的なところなんでしょうが、今はそんな状況じゃねぇから。

実際私は29回目の面接が初内定の面接だったわけですが、その後も余裕で13敗してますからね。




× 緊張しなければ受かる


正直、こんなこと言ってるうちはまだまだマンモーニです。

確かに、過度の緊張は成功を阻害する原因です。

が、全く緊張しないというのもそれはそれでNGなのです。

なぜならば、緊張するということはイコール体が準備をしているということなのですから。

準備もなしにいきなり面接が始まったら、体が反応しきれません。


ちなみに、緊張を完全に消し去るのは無理だとしてもある程度慣れれば制御することは可能です。

ついでなので、一応私の緊張制御法も載せておきますね。

正直自分でも引くほど概念的な話なので、まぁたぶん他人の役には立たない。


1.自分を観察するもう一人の自分を作る

「あー、緊張するなー」とか思っている意識から、『自分』を切り離しましょう。

緊張しないようにする、と言っているわけではありません。

『緊張している自分』を認識しつつ、もう一人の自分が「おぉ、緊張しとる緊張しとるw」と笑いながら観戦している感じ。

まぁ、一般的な言葉に直すと「自分を客観視する」という感じかな?


2.緊張をお腹に集めるイメージ

こっちはより概念的。

緊張すると、胸のあたりがヒュイっとなる感覚が生まれたりしませんか?

それを、意識してより強く感じ取ります。

そして、それをおへその上あたり(いわゆる丹田)のあたりに押し込めるようイメージします。

成功するとあら不思議、胸のあたりの緊張感がなくなります。

逆に丹田から少しずつ緊張を開放していくイメージをすると、任意のレベルで緊張することが可能となります。

始めの頃は、深呼吸と併用すると成功しやすかったように思います。


これらの手法に慣れれば、面接1分前だろうが眠れるほどのリラックス状態になれますし、前日から死ぬほど緊張することも可能です。

ただまぁ、待合室などでは基本的に緊張を押し込め、5分前くらいから適度な緊張を調整しつつ待つようにするのくらいが最適ですかね。

そうすれば、面接が始まる頃には最適な緊張感に☆




× 早期に内定が出れば安心


無論、その瞬間の安堵感はあります。

しかし早期に内定が出た人は、他の人より長い間日程調整に気を割かねばなりません。

「精神論編」で言うなら、第四期が短い代わりに第五期が短くなる感じですね。

ベストは期間内に次々とより志望度の高い企業から内定をもらって乗り換えて行くことですが、世の中そう上手くはいきませんね。




× 就活中は体に気を付けねばならない


はい、甘っちょろいです。

むしろ、体を壊す気でいけ!

大体ね、少々の体調不良なんて面接すれば治るんですよ。

このあたりは、リアルタイムで私の就活を観戦していた方にはお馴染みの概念ですね。

実際私も、電車の中で視界がホワイトアウトして思わず電車降りたこともありましたが、その後にあった面接はきっちり受かってきましたよ。

あの日の面接は、むしろ他の日より調子が良かった気がするね。

ともあれ、ガチで体が壊れた場合はどうしようもありません。

そうならないためには……壊すな! と、許斐先生ばりのアドバイスをしておきます。




△ 奇跡は起こる


実際、就活を行ってると「これは奇跡だな」と思えるような結果が出てくることもあります。

しかしそれは、あくまでも全力を尽くして尽くした結果にほんの少しだけのプラスアルファが付加されるだけにすぎません。

就活における奇跡は、愚鈍にただ奇跡を待つだけの醜悪な豚の元に訪れるものではないのです。





× 就活はお金がかかる


はい、ここ重要です。

就活にはお金がかかる。

世間一般ではそんなことがまことしやかに囁かれていますが、まずはそのふざけた幻想をぶち殺す!


とはいえ、出費が多いのは事実です。

ここで、ざっと就活にかかった費用を概算してみましょう。


-交通費
通学定期(草津ー大阪):14,890 ×3 =44,670円


大阪駅からの移動費用を平均400円×25日/月と仮定
=30,000円


東京への往復費用(新幹線)は約22,500円
×10回=225,000円
うち1回はバスで帰ったため,-8000=217,000円


東京への往復費用(夜行バス)は約8,000円

×4回=32,000円


-食費

1日平均、増加分が500円×25日/月と仮定

(基本私は就活中昼ごはんを食べなかったので、たぶん実際はここまでの増加分はない)

=37,500円


-その他

東京での宿泊費を1日平均5,000円(かなり多め)と仮定

×6回?(若干適当)=3,0000円


総計:391,170円



実に、40万円近くの出費があった計算ですね。

が、しかし忘れてはいけない。

就活には、交通費という名の収入があることを。

なんだかんだで、IT業界(に限らないだろうけど)は東京本社が多いです。

んで、最終面接は大抵本社で行います。

その際、大抵の場合交通費は向こうが負担してくれます(会社によっては大阪でも出ます)。

会社によっては二次面接や一時面接、社員懇親会などでも交通費を出してくれるところがあります。

加えて、これもリアルタイム観戦していた方はご存知の通り、私の就活後期は週の半分くらいが東京でした。

1回行って、複数個の面接を東京で受けることもしばしば。

しかしそんな場合でも、交通費は各社から満額いただけます。

つまり、例えば1回の東京遠征で3社受けた場合、2社分が丸々お得となるわけですね。

そんな事情も鑑みつつ、今度は収入の部を見てみましょう。

「×」表記が入ってるのは、同じ会社から複数回受け取っているということ。


25,000×5=125,000
25,000
27,000

2,000
27,840
27,000
15,000×2=30,000
27,000
15,000
24,000×2=48.000

25,500

2,000

30,000

25,000

2,200


総計:438,540円


はい、というわけで収入は40万オーバー余裕でした^^


支出は結構多めに見積もってるので(収入は割と正確な数字)、少なくとも5万は儲けが出ている計算となるはずです。

ただまぁ、交通費が発生しない2月3月とかはバリバリ赤字ですけどね。

というわけで結論として。

就活は、一時的な支出は必要だが最終的には黒字で終了する。


ちなみにこれは、ごくナチュラルに受けていった結果でこれです。

なので、交通費もらえる会社を狙い撃ちしてそれこそ東京で出来る限り固めて行けば、つまり儲けるための就活をすればもっと黒字は増えると思います。

あと、私は生まれも育ちも関西なので東京でネカフェ等に泊まるしかなく必然的に滞在日数も限られますが、関東に住処があって関西在住の人ならより効率がいいでしょうね。

ただ、やはり去年から交通費を出してくれる会社も少なくなっているみたいですね。

例年だと、就活で儲けたお金で車を買った、なんて人もいるとか聞くんですけどね。


スポンサーサイト



はむばね式就職活動~その他編~

どうも、はむばねです。
本日2回目の更新。
なんか最早ここにコメント書くのも疲れてきた。


というわけで今回は、今までの更新分に入れることができなかった要素についていくつか書いていきたいと思います。




・就活はいつから始めるべきなのか?
これは最初から書いている通り、3ヶ月計画なので2月開始でおk。
た・だ・し。
2月が始まった瞬間から助走なしでマックス速度を出せる青峰君(黒子のバスケ)ばりな人に限る。

まぁでも、そんなに早くに始める必要もありません。
というかそもそも、はむばね式の前提が「あんまり早くに始め過ぎると途中でダレるようなカスのため」ですからね。
とりあえず、12月中にめぼしい企業のエントリくらいは済ませておけばいいと思います。
下手こくと、年明けた頃にはエントリ締め切るような企業もチラホラありますからね。
エントリするだけなら特に面倒なこともないので、目についた企業は片っ端からエントリしておきましょう。

んで、実際に動き始めるのは1月後半くらいからですかね。
カスには助走が必要ですので、一応ちょっとだけ早めの開始を意識しましょう。
ちなみに、履歴を見る限りどうやら私が初めてエントリシートを書いたのは1月27日らしいです。
私のカスっぷりが如実に表れていますね^^
まぁでも、そのくらい開始でも間に合うことは間に合います。



・面接で嘘をついてもいいものなのか?
これは人によると思います。
個人的な意見としては、嘘をつくことで自信を持てるなら嘘をつくがよろしい。
ただ、私自身は嘘をつくとそこが気になって集中できないので、就活中通して基本的に嘘はほとんどついていません。
せいぜい、「御社が第一志望です(キリッ」くらいじゃないですかね。
あと当然ですが、嘘をつくないばれないくらいに固めてからつきましょう。
私自身は嘘ついたことないので具体的なアドバイスはできませんが、とりあえずその嘘に対してどんな質問が来そうなのかを想定し、答えを予め用意しておく。
さらにその答えに対する質問を考えて、を何回かは繰り返しておいた方がいいでしょうね。
ただ、物理的にバレる可能性のある嘘はたぶんNGです(資格とか)。



・志望動機は会社ごとに変えるべきなのか?
これは個人的な意見ですが(というかこれまでの全部そうだけど)、特に変える必要はないと思います。
ESの項目でも書きましたけどね。
同じ業界なら、似通った志望動機になるのは当たり前。
たぶん向こうも、どうしてもその会社じゃなければいけない理由を持ってる人なんてそうそういないとわかってるはずです。
とりあえずは、大体業界全体に通じる志望動機を作っておけばおk。
ただし一応、一点くらいは「その会社ならでは」という理由は考えておいた方がいいです。
あんまり突っ込んで聞かれた記憶はありませんが、ないこともないので。
なので、基本方針としましては。
例えば私の場合、IT業界の、更にSIer企業を受けることが多かったので、
1.IT企業を志望する動機
2.その中でのSIer業界を選んだ理由
あたりを考えておけば、大体どこでも使いまわせます。
んで、行きの電車の中ででも会社の資料読んで、これなら「御社のここに惹かれました(キリッ」って言っても大丈夫かな(他の会社とちょっと違うところ)でも見つければモアベター。
なければないで、もう仕方ないと開き直りましょう。

まぁ私は、SIer用の志望動機ほぼそのままでメーカー行ったりもしたけどな!
それでもそれなりに受かってたし、たぶん何とかなるもん。
そのあたりも、結局私の結論が「何をしてきたか」「何ができるか」「何をしたいのか」が最重要だと思った理由の一つですね。
ぶっちゃけ、企業側も今日び志望動機ってそんな重視してないんじゃねーですかね。
だって、究極的にはその会社のことなんて入ってみなきゃわからないわけですし。
逆に考えてみてくださいよ。
例えばあなたが、あなたの研究室に配属される人を決めるための面接官だとしてですよ?
あなたの研究室で日常を過ごしたこともない、あなた方の研究に触れたこともない人が「貴研究室の雰囲気が~」とか「~についての研究をやりたいと思いまして」とか言われても「はいはいワロスワロス」という感じになるとは思いませんか?
まぁ私は企業はおろか研究室の配属決定も当たり前にやったことなどないので、実際のところはどうだか知りませんけどね。

あ、もちろんその会社のことを全く知らないなんてのは論外ですよ。
行きの電車の中で資料を見る程度で結構ですが、逆に行きの電車の中で見る程度の情報は最低でも仕入れて行きましょう。
前日にその企業のHP行って、片っ端から印刷していけばおk。
狙い目は事業紹介とか、先輩社員の話とかですかね。
このあたりは具体的な話を載せてくれていることが多いので、特徴とか他企業との差を把握しやすいです。
まぁ、実際はどこもおんなじようなことやってんですけどね!
企業概要とかは別にいらん。



・春の花粉症対策
花粉症の人にとって、就活最盛期は花粉症最盛期でもあります。
予めポケットティッシュを大量購入し、常に鞄・スーツにいくつか分散して用意しておきましょう。
特に、鞄をどこかに置いて行動する機会も割とないではないので、スーツに複数のティッシュ常備を忘れないように。



はむばね式就職活動~精神論編~

どうも、はむばねです。
結局泊まりだよ!
いや、しかしこれでどうにか可及的速やかに終わらせるべき(終わらせられる)案件はそれなりに終わらせたはずだ。
本当は昨日中に終わらせて今日は普通の作業に入れるはずだったのですが、まぁそれは仕方ない。
あとはとりあえず色んなもの一旦置いといて、年末年始は一つのことに集中すればどうにかなる……と、いいなぁ。



ま、そんなこんなで実践編は昨日で終了です。
今回は、主に精神的なお話とか。
・5回の欝期を乗り越えろ
・とにかく自信を持っていけ
・理系オタには相応の戦い方がある
の三本でお送りして行きます。



さて、はむばねさんは基本的に「明るく楽しくハッピーに」をモットーに就活を行って参りました。
実際就活自体は割と楽しかったと思いますし、もっかいできるならやりたいと考えているくらいです。
別に結果を後悔しているわけじゃなくて、単純に「もう1回部活やってた頃に戻りたいなぁ」みたいな感じ。
ただまぁさしもの私も、3ヶ月間常に浮かれた気持ちでいられるほどのハッピー野郎ではありません。
就活中大小合わせて5回ほど気分の沈みやすい時期がありました。
これは私の場合、ですが、大体一般的に見てもこんなもんなんじゃないですかね。
以下にその時期と理由を列挙しますので、その時期は特に気ぃ張って行くように。
昨日も書きましたが、もう一度言う。
こちとら、半年とか1年とか就活できるほど出来た人間じゃないんです。
3ヶ月で終わらせる覚悟決めたんなら、1日たりとも落ち込みなんかで無駄にすることは許されねぇぜ!

・第一期:2月後半~3月
説明会&エントリーシートラッシュ。

毎日毎日2社や3社回って、帰ったらリクナビ見て予定突っ込んで翌日のためのESや履歴書を書く。

ここは肉体的疲労がマックスです。

しかし、ここでどれだけESを書けるかが後の勝負の分かれ目だ!

もちろんケースバイケースではありますが、二次募集とかよりは一次募集に応募した方が有利なことが多いです。

食事時間・睡眠時間を削ってでもここでESを書きまくれ!

一度候補に入れた企業のESは、死ぬ気で全部書くくらいの覚悟でいくように。

最終的にやめるかどうかは、その後に決めればよろしい。


・第二期:3月後半

第一次お祈りラッシュ。

このあたりは、自分の未熟さゆえ「あぁ、そりゃまぁ落ちるよな……」という面接が続きます。

むしろ受かってたらラッキー。

しかし、はむばね式を選択した時からその覚悟は持っているはず。

パーフェクトソルジャーになるための痛みとして、甘んじて受け入れましょう。


・第三期:4月前半

第二次お祈りラッシュ。

ここらあたりで、4月選考開始企業が混じってきます。

大企業が多いだけのことはあり、奴らは容赦なく落としてくるぞ!

でも、よく考えたら別に中小だからって容赦してくれるわけじゃないので一緒だよNE☆

4月開始組のおかげで一気にお祈りが増えた気になるけど、まぁそれまでとあんま変わらんよ。


・第四期:4月中旬

無い内定状態、減っていく残弾、死亡数だけが重なっていく。

精神的疲労マックスがこのあたり。

しかし逆に言えば、ここさえ乗り切れば待っているのはヘブン状態だ!

ここに至る頃には、あなたは心もパーフェクトソルジャーとして成長しているはず。

未来を信じて最後まで走りきれ!


・第五期:4月後半

いくつか内定も出てきて、こちらが選ぶ立場になる頃。

「~までに内定の返事出さなきゃいけないけど、別のところの結果出るのはその翌日だ……返事待ってもらえないかな……」など、気疲れのような疲れ方。

ある種嬉しい悲鳴のような状況だが、少なくとも私に関しては瞬間風速値的にはまず間違いなくここがマックス欝期。

まぁでも私の場合は少々特殊な状況だったので、普通の人はここはそこまででもないと思う。たぶん。




まぁとはいえ、気分が沈んでしまうものは仕方ありません。

どんだけ気分が沈んでようが選考は待ってくれないので突き進むしかないわけですが、時には足が止まりそうになることもあるでしょう。

そんな時に重要なのが自信です。

いわゆる一つの、「弱音という名の地雷原を最短距離で走ってこい。自信という名のスーツは大層丈夫な作りだから」ってやつですね。

根拠のない自信でいい、というか根拠のない自信であるほどいい。

なぜならば、根拠がない以上その自信は突き崩しようがないからな!


しかしながら、当然なかなか根拠のない自信というのも持ちにくいものです。

そこで、ここではとりあえず根拠のある自信を身につけましょう。

それすなわち、自分ははむばね式を選択しているんだという根拠です。


沢山落ちた? だからどうした、そんなもんは端から想定済みだぜ。

むしろ落ちるために受けてんだよ!

3月くらいまではそんな気概で行きましょう。

そして、4月になった頃。

ふと周りを見回した時、あなたはこう思うことでしょう。

あれ? こいつら、雑魚ばっかりじゃね? と。

例え文系であろうと、(特にIT企業受けに来るような人なら)あなた以上に面接を経験した人など希少なはずです。

度重なる失敗の経験が、あなたの面接力を周りの誰にも負けないものにまで成長させてくれいるでしょう。


始まりがカスだったから? それがどうしたというのか。

いや、むしろ私は言おう。

始まりがカスであるほど、最終的には有利であると。

なぜならば、スタートがカスであればあるほどその分伸び代があるということですから。

振り返ってみてください。

4月のあなたは、2月に比べて最早別人と言えるまでに成長しているはずです。

成長の実感は自信に繋がります。

つまりあなたは、最初から能力が高かった人に比べてより多くの自信を持てるはずなのです。




しかし、それでも不安を感じる人もいるでしょう。

特に、文系リア充に対してコンプレックスを持っている理系オタは多いのではないでしょうか。

明るくハキハキと、「はいっ! よろしくお願いしますっ!」とか言っちゃう体育会系のオーラ。

どうせそういう奴の方が面接官受けがいんだろ? と思ってはいませんか?


まぁ、実際そこは否定しません。

しかし、だからといってどうなのか。

自分も、そのオーラを身につけるよう努力するのですか?

別に、その努力を否定はしませんけどね。

あなたは、あなたであることを選択した結果今のあなたであるのではないのですか?

文系になれなかったから、仕方なく理系に進んだのですか? 違うでしょう。

「リア充裏山」とか言いつつ一歩も踏み出そうとしないのは、オタである自分を結構気に入っているからではないのですか?

ならば恥じることはない。

自分に合わない真似をする必要もない。

理系オタは、理系オタの戦い方をすればいい。


なに、別に難しいことはありません。

あなたも理系に在籍しているなら、「この人すげぇな」と思うような同級生・先輩・先生などに出会ったことがあるでしょう。

その人を目標に掲げればいいのです。

あなたのその人を尊敬する理由は、「はいっ! そうっす!」とか明るくハキハキ返事ができるからですか?

「昨日合コンの後オールで朝まで行っちゃてさーwwww」とか言うリア充だからですか?

恐らく違うでしょう。

あなたが人を尊敬する時、それはその人から圧倒的インテリジェンスを感じ取った時ではないのですか?

理系オタであるからには、共感できる人は多いはず。

あなたが尊敬するその人が、面接に行って「いやお前リア充じゃねぇからいらねぇしwww」とか言って面接官に落とされている場面が想像できますか?

できないなら、それが答えです。


もちろんある程度の明るさがあることは前提ですが、別に体育会系である必要はないんですよ。

・どっしり構え

・自信たっぷりに

・説得力を持って

・理路整然と

話せば、ほら。

ただ声がでかいだけの人なんかより、随分素敵な人材に見えやしませんか?



注:

もちろん、会社によっては有無を言わさず体育会系を求めているところもあると思います。

でもまぁ、たぶんそういうところに我々みたいのは入ってもなじみにくいんじゃねーかな。

«  | ホーム |  »

プロフィール

hamubane

Author:hamubane

たぶんライトノベル作家的なもの


Twitter

既刊情報

最新コメント

最新記事

カレンダー

11 | 2009/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

カテゴリ

ジャンルランキング

[ジャンルランキング]
日記
225位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
93位
サブジャンルランキングを見る>>

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR