FC2ブログ
スクウェア・エニックスノベルス『スタンプ・デッド』1~5巻&コミック版、『太陽で台風』1・2巻発売中!
ガンガンノベルズ『魔法少女アーヤ☆アミー』発売中!
徳間デュアル文庫『魔王さんちの勇者さま』1~4巻発売中!
徳間文庫『欠陥妖怪住宅』、『パラレル家族計画』発売中!
ぽにきゃんBOOKSライトノベルシリーズ『ブチ切れ勇者の世界征服』1~2巻発売中!
HJ文庫『カンスト勇者の超魔教導』1~3巻発売中!
ファンタジア文庫『お助けキャラに彼女がいるわけないじゃないですか』1~3巻発売中!
JUMP j BOOKS『ぼくたちは勉強ができない 非日常の例題集』発売中!

受賞歴:
2004年、第1回スクウェア・エニックス小説大賞『入選』
2008年、第5回トクマ・ノベルズEdge新人賞『徳間デュアル文庫特別賞』
2017年、第11回HJ文庫大賞『銀賞』
2017年、ジャンプ小説新人賞’16 Winter 小説フリー部門『銀賞』
2017年、第30回ファンタジア大賞 『金賞』

«  | ホーム |  »

はむばね式就職活動~今年就活を迎える全ての方に送る言葉~

どうも、はむばねです。
本日4回目の更新。
4日間に渡って続けてきたこのテーマ「しゅーかつ」も今回で終了です。


去年、私は就職活動を経験致しました。
厳しい厳しいと言われていた去年ですが、実際まぁ厳しくはあったと思います。

が、しかし戦えないほどではない。


というか、ぶっちゃけ私が想定してた就職活動ってこんくらいの難易度だったんですよね。
まぁ今年の就活の感想は、既刊太陽で台風2のあとがきに書いてあるのでそこで読んでね!

あなたに送る独り言byはむばね
太陽で台風2

えぇ、ここに来て宣伝ですよ。



今年は、去年以上に厳しい年だと言われています(少なくともIT業界は)。
しかし、はむばね式就職活動を行っている限り決まらないということはありえません。

なぜならば、決まるまで全力疾走するのがはむばね式だからな!

皆さんがパーフェクトソルジャーに成長し、就活という戦場を無事駆け抜けられることを陰ながら祈っております。

スポンサーサイト



はむばね式就職活動~作家の方に送る言葉~

どうも、はむばねです。
本日3回目の更新。

今回は、作家の方に向けた就活論です。
日野氏以外に需要の可能性が全く思い当たりませんが、まぁ読者の方で将来作家になる方もいるかもしれませんしね!


さて、学生作家の方が就活の際に最も心配するのはただ一つ。
すなわち、「面接で小説のことを言っていいのか?」ということでしょう。
だが安心してほしい。
私の就活は、むしろ小説を全面に押し出してやってたからな!

ていうか、他に言うことがなかったんだよ!



まぁ私がやったからといって安心できるのかはかなり微妙なところですが、とりあえず小説の話しても内定は出るということで。
ちなみに、最終的に私が行くことになった会社の人事の方は小説の話にめっちゃ反応してました。
大抵の会社で「ライトノベル」という言葉が通じない中、一時面接で私が「若年層向けの小説書いてます」と言ったら「ラノベ? 電撃とか富士見?」と聞いてきたり最終では別の方が「コバルトとか?」と聞いてきたり。
更に、「就職後は趣味程度で、商業ベースでは辞めようと思っています」と言うと(後述)面接後に「続けなよー」と言ってくれたり。
私がこの会社を選んだ理由に、その要素もないことはない。


閑話休題。
いやまぁ実際問題、「プロで作家やってます」っていうのはほとんど最強クラスの飛び道具だと思うんですよね。
これ言うと、大抵の面接官は笑うからね。
もはや鉄板のネタですよ。
印象度でいえば、かなりのレベルなのではないでしょうか。
まぁもちろん、印象に残るというのが必ずしもいいこととは限らないんですけどね。


ところで、「面接で小説のこと言ってるよ」と言うと「文章書くの得意です! とかのアピールに繋げるんですか?」的なことを聞いてくる人がたまにいるんですけどね。
あのね、よく考えてみなさいと。
あなたが仮にサッカー部の主将だった話を面接でするとして、「サッカー部主将だったのでサッカーが得意です!」とか言うんですか、と。
確かに印象には残りやすいでしょうが、結局のところ「何をやってきたのか」の経験そのものなんて完全に余談ですよ。
小説を書くことでどんな能力が培われ、それが社会に出てどう役立つのか、それを言うのが大切なんです。
話す話題が小説だろうがサーフィンだろうが、一緒です。
もちろん、「文章書くのが得意」がアピールポイントになると思うならそう話せばいいと思いますしね。


ただし、気を付けなければいけないのは。
面接で「プロ作家やってます」とか言うと、まず間違いなく「就職後はどうするおつもりですか?」と聞かれます。
まぁここは、実際はどう考えるにせよ「やめます」と言っておいた方が無難でしょうね。
ただ、そう言うと今度は「えー? もったいない」とやたら粘られる場合があります。
もうね、お前私を御社に入社させる気ないだろうと。
一度それくらい粘られてから、とりあえず私は「この時代、必ずしも出版しなくとも作品を発表する方法はあります。元々出版することが目的ではなく作品を人に見てもらうことが目的だったので、今後はそういった方法で趣味程度に書くことにしようと思っています」と答えるようにしています。
あ、ちなみにこれ本テーマで唯一の模範解答だから。
まぁ、実際に正解なのかはわかりませんけどね。
そもそも、小説の話題出すこと自体が正解なのかもわかりませんし。
ただまぁ、小説の話題を出すことで明確に空気悪くなったりしたことはなかったので私はほぼ最初から最後までそれでいきましたけどね。



ちなみに、「面接編」で最も多く聞かれた質問は

・あなたの弱点は?
・(あなたは)周りの人にどう思われていると思う?
・なぜ今の大学(学部・学科)に入った?(なぜ大学院に進学した?)
・ストレス解消法は?
・サークル・部活はやってた?(スポーツは?)

だと書きましたが。



・どうして小説書こうと思ったの?

・どんな小説書いてるの?

・入社後はどうするの?
本当の本当に最も多く聞かれたのは、この3つです。

まさに、「過去」「現在」「未来」の自分の話ですね。

ガチでほぼ例外なく聞かれるので、小説の話をしようと思っている作家の方は最低限これらの質問の答えは用意しておくようにしましょう。

ちなみに、「どんな小説書いてるの?」はたぶん普通に説明しても伝わらないので「ハリーポッターみたいなやつです」とか適当にフカシこいとけばいいんじゃないかな。

「どんな小説を書いてるのか、あらすじを説明してください」とか言われた時はどんな羞恥プレイかと思った。



はむばね式就職活動~院生の方に送る言葉~

どうも、はむばねです。
本日2回目の更新。
いかなる訃報にも負けず、更新していくよ!


と、その前に昨日の「その他編」で書き忘れたこと。

・就活本は読んだ方がいいのか?
太陽で台風2のあとがきでもちょっとだけ書いた話題ですね。
世の中には数多くの就活本が出ていますが、どれを読めばいいのか?
結論から言えば、個人的には特に読む必要はないと思います。
あれ、基本的に文系向きだと思いますからね。
私も5冊か6冊くらい読みましたが、役に立ったことは……まぁ、1・2ページ分くらいはないこともなかったかな?
「最初からそんなもんわかっとるわ」という話か「そんな状況ねーよ」という話がほぼ全てだった気がします。
個人的に最も感銘を受けたのは、どれかのまえがきに書いてた「これは就活の正解が書いてある本ではない。しかし、これはあなたの先輩方がやってしまった何千何万の失敗をもとに書かれている。これを読むことで、あなたは自分でするはずだった失敗を事前に知ることができる」的なことですかね(超うろ覚え)。
まぁ残念ながら私がその本を読むことで回避できた失敗があったのかはかなり微妙ですが、概念としては大変納得できる。
無論、これははむばね式就職活動においても同じこと。
私の話は当然答えではありません。
なので、私がしてきた経験から何か1ミリでも役に立つことがあれば儲け物、くらいの感じで読んでください。

んでまぁそんなわけで結論としてはクソの役にも立たねぇというのが就活本なわけですが、それでも読んだ方がいいのかと問われれば私は読んだ方がいいよと答えます。
なぜならば、実際に読んで見なければ本当に役に立たないのかどうかもわからないからです。
というか、これも最終的には自信の問題なんですよね。
「就活本なんて読まなくても俺は自信満々でいけるぜ!」という人は読まなくてよいと思います。
ただ、私のような人は「就活本を読まなくて本当に大丈夫なのかな? 就活本なしで面接対策なんてできるのかな? もしかして、今日の失敗は就活本読んでたら回避できてたんじゃないかな?」とか考えて不安になってしまうわけです。
その不安を解消するためには、実際に読むのが一番。
実際に読んで、あなた自身が「あ、こいつぁ役に立たねぇな」との結論に至ってください。



で、ここからが今回の本題。
今回は特に、院生の方向けの精神論です。

さて私自身もそうですが、今のM1の方はもし学部生時代に就職していれば就活バブル期だった人たちですね。
「あと数年は就活大丈夫だから、院進しちゃいなYO☆」と言われて進学した方もいるでしょう。
そういう意味では不運も甚だしいわけですが、それでも私は院進したことを全く後悔はしていません。
なぜならば、学部生時代に比べて圧倒的に自信を持って就活をできたと思うからです。
具体的には、以下の3点。

・トーク力
研究室に配属されれば、それまでとは比べ物にならないほどプレゼンの機会が訪れます。
仮に平均月2回プレゼンしているだけだとしても、3回生の方に比べれば2×12×2=48回分多くプレゼンを行っているわけです。
プレゼン能力が単純に面接力に変換されるかといえば答えは否ですが、共通する部分も多い。
単純に、「喋る力」で言えば院生は学部生に比べて圧倒的に優れているはずです。
まぁ相対評価は別にするとしても、少なくとも自分の3回生時代に比べれば随分喋れるようになっているでしょう?
それが、自信の糧となるのです。

・知識量
これはたぶん、自分の学部・学科と全く違う分野に行く人にとっては関係のない話ですが。
トーク力では流石に個人差がかなりあり、院生でも学部生に負けるということはままあると思います。
が、知識量で負けるってことはそうそうありえません。
実際、例えば今年ウチの研究室に配属されてきた3回生の方々は非常に優秀な方々が多いです。
ぶっちゃけ、ポテンシャルじゃガン負けしている。
私が3回生の頃は彼らのように振舞うことはできませんでしたし、彼らがM2になる頃には今の私よりも遥かに優秀な人材となっていることでしょう。
が、しかし現B3の方とM1の頃の私を比べれば知識面ではまず負けていない自信があります。
いやまぁ、こんなもん自慢げに言うまでもなく当たり前なんですよ。
大体、大学で学ぶ知識なんてのは研究室に配属されてからが本番なわけですよ。
そんな研究室に配属されてんだかされてないんだかもわからないような人に知識で負けている人は、今すぐ学部からやり直せと言われても仕方ありません。
ただ、もちろんたとえ自分より随分年下でも「こいつ自分より(知識面で)すげぇな」と思う人も存在はします。
でもまぁ、そんなもんは飛空艇手に入れた直後に遭遇するデスゲイズみたいなもんよ。
万一そんな存在に就活で出会ったら、不運だったと諦めましょう。

んで、この知識量というのが何の役に立つのかというと。
まず、面接で研究のことがちゃんと言える。
これが大きい。
これは別に、「学部・院生問わず研究についてちゃんと話せることが求められている」というわけではありません。
私自身は学部生時代に就活したわけじゃないので具体的にはわかりませんが、たぶん学部生の方って面接とかで研究についてほとんど聞かれないんじゃないですかね?
向こうも、B3で研究固まってる人がいることなんてあんまり想定してないでしょうし。
なので、ESの「研究概要」の欄がちゃんと書けるとかいう利点もありますが本質はそこじゃない。
一番重要なのは、面接において「研究」話のウェイトが高くなることで余計なことを聞かれるリスクを軽減することができることです。
面接官だって、そうそう何個も聞くことがあるわけじゃない。
聞くことがなくなってくると、「とりあえずこんなもんでも聞いとくか」とトリッキーな質問が来てもおかしくはありません。
まして、研究なんてのは「何をやってきたか」「何ができるか」を両方話せる一石二鳥の話題です。
この話を引っ張れるのは、とても大きいです。

また、やっぱりここでも「自信」の概念が出てきます。
選考としてのグループディスカッションではなく、説明会とかでやるグループワークなんかでは特に顕著なんですけどね(※)。
ぶっちゃけ、周りが全員雑魚く見えます。
あ、ちなみにこれはあくまで「知識面」での話ね。
自分は情報系の院生なんだから、周りに比べてIT系の知識が多いのは当たり前です。
当たり前ですが、それが自信に繋がるのです。


選考のGDだと、当然不公平が出ないよう事前知識に有無に(あんまり)関わらない話題が選ばれます。
「新商品の開発」とか「新店舗出店の候補地選定」とか。
でも、説明会のGDはあくまで「会社(業界)のことをわかってもらう」のが目的。
なので、割と普通の情報系の問題が出てきます。
割と普通の問題だからこそ、情報系の院生なら見た瞬間に答えが出せる問題が多いです。
一応気を使って周りの意見も聞きながらやりますが、私の場合かなりサクサク進めて行くことが多かったです。

・単純に年齢が上
当たり前ですが、院生は学部生より2つ以上年齢が上です。
この歳になっても、なんだかんだで2年あればそれなりに成長します。
ブログやってる方とかだと、ふと過去ログ読んだ時にそういうこと感じたりするのではないでしょうか。
知識とかトーク力とか抜きにしても、その成長分はやはり自信を持っていいはず。


そんな感じですかね。
さてお気づきの方も多いかと思いますが、上記三点全てに「自信」というワードが出てきていますね。
そう、しつこいようですがやっぱりこれも自信の問題です。
「俺は学部生だけど、院生なんてメじゃねぇぜ!」って人はそれで構いません。

また、何度も言っている通り院生が学部生よりあらゆる面で優れているのは当たり前です。
(※少なくとも自分自身に関して、B3の頃よりM1の頃の方が優れているはず、という意味で)
当たり前なので、企業も当然そういう目で見てきます。
つまり逆に言うと、院生は学部生よりあらゆる面で優れていなければならないのです。
ハードルが上がるわけなので、「学部生よりちょっと優れてる」程度ならアウト。
ちゃんと2年分優れていてください。

ま、もっとも。
そんなものは採用側の都合であり、どのくらいハードルが上がってるのかなんてこっちにはわかりません。
なので院生の方は、もうそのあたりはなかったことにして存分に俺TUEEEEEEEEEE気分を味わって自信にしてください。
就活では、あらゆる要素を自信の糧とせよ!
せっかくの院生アドバンテージ、使わない手はありません。



とはいえ、やはり不安に思うことも多いでしょう。
例えば私なんかは、学部時代に就活なんてしてなかったので「やっぱり学部生時代に就活をしていた人の方が有利なのかな?」とか考えていました。
似たような不安を抱えている方も多いのではないでしょうか?
あぁちなみに、これを読んでるような院生の方(カス)は当然学部時代に就活してなかったことが前提だよ!

んで。
当然ですが、学部生時代に就活をしていた方が初動にアドバンテージはあります。
経験しているとしていないでは雲泥の差です。
特に我々のような、「経験のないことを避けたがる人種」にとってはね。
なに、しかし心配はありません。
だったらこっちは、今年その人の倍の数受ければいいのです。
はむばね式就職活動をやっていれば、4月頃には差なんてなくなってるので大丈夫です。
ていうか、相手が普通に受けてる人だったら4月頃にはブッチ切りで追い抜いてるはず。



まぁ、そんなわけでね。
ぶっちゃけ私は、就活という面で言えば院進を推奨しています。
仮に今から2年前に戻るとしても、たぶんもっかい院進を選択するでしょうね。

た・だ・し。
院進する方は気を付けましょう。
院進していいのは、就活よりも遥かに辛い(主観)卒論をもう1回やってもいいというマゾに限ります。

あと、もしかするとちょっと小さいところとかになると院生は避けられる傾向があるかも。
私自身それを明示的に感じたことはありませんが、院生なんてただでさえ歳食ってる上初任給も多いですからね。
学部生をとる方がリスクが少ない、と考えるところがあってもおかしくはありません。

いずれにせよ、今3回生の方はじっくり考えて進路を決めるようにしましょう。
とりあえず就活してみて、無理そうだったら院進というのもいいでしょうしね。
ただし、私に相談したら「とりあえず院進すればいいんじゃない?」と言うから気をつけろ!

ご冥福をお祈りいたします

どうも、はむばねです。
マイケルの時も臼井先生の時も完全スルーでしたが、これは反応せざるをえない。

フジファブリックのボーカル・ギター志村正彦逝去

マジかよ……今となっては数少ない、名前買いできるグループだったのに……
ご冥福をお祈りいたします。

«  | ホーム |  »

プロフィール

hamubane

Author:hamubane

たぶんライトノベル作家的なもの


Twitter

既刊情報

最新コメント

最新記事

カレンダー

11 | 2009/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

カテゴリ

ジャンルランキング

[ジャンルランキング]
日記
438位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
176位
サブジャンルランキングを見る>>

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR