スクウェア・エニックスノベルス『スタンプ・デッド』1~5巻&コミック版(完結)、『太陽で台風』1・2巻(完結)発売中!
ガンガンノベルズ『魔法少女アーヤ☆アミー』発売中!
徳間デュアル文庫『魔王さんちの勇者さま』1~4巻(完結)発売中!
徳間文庫『欠陥妖怪住宅』、『パラレル家族計画』発売中!
ぽにきゃんBOOKSライトノベルシリーズ『ブチ切れ勇者の世界征服』1~2巻発売中!

2017年4月、第11回HJ文庫大賞にて『銀賞』をいただきました!
2017年5月、ジャンプ小説新人賞’16 Winterにて 小説フリー部門『銀賞』受賞をいただきました!
2017年9月、第30回ファンタジア大賞にて 『金賞』をいただきました!

第11回HJ文庫大賞"銀賞"受賞作『カンスト勇者の超魔教導 ~将来有望な魔王と姫を弟子にしてみた~』
1・2巻、HJ文庫より発売中!
第30回ファンタジア大賞 "金賞"受賞作『お助けキャラに彼女がいるわけないじゃないですか』
3巻、8/18(金)ファンタジア文庫より発売です!

«  | ホーム |  »

結局朝が一番眠かったわ

どうも、はむばねです。
せっかく朝に更新したけど、本日2回目の更新。
どうせ明日は休みですし、ネタもありましたしね。

と、いうのもですね。
今日からサーバサイドプログラミングに入るっつーことで、みんなでTmocatのインストール作業を行ってたわけですよ。
でもなんか設定がおかしかったのか、私のは上手く起動しなかったわけですよ。
講師の方が「動いてない人いますかー? 手伝いますよー?」というので、当然私も手を挙げたわけですよ。
そしたら、どこからともなく聞こえる「え、先生(※)!?」という声。
ざわめく場内。
そして沸き起こる爆笑。
しまいには、「笑かしてくれるわーw」とまで言われる始末ですよ。

いやいやいやいや。
ネ タ じ ゃ ね ぇ よ

※いつのまにかみんなに広まっているはむばねさんのあだ名。
たぶん作家的な意味ではない。
最初は「(名字)先生」という呼び名だったはずが、最近はそれすらも省略されつつある。

もうね、そん時の私の心境はまさにこのAAですよ。

                       _,.-‐"':" ̄~゙'ヽ、       __
      _,---‐" ̄\         /          ``ー‐-、   ノ   \
    /        ヽ      ;"                ) /      \
   /   ぐ わ   |      /                |ノ/        \
  /    ら か     |     |                 )/.|   ・  オ   |
  |    .い ら    |     |          ,;';;,,    /ノ |   ・   レ   |
  |     ・  な    |    |::::.................:::::::::;;,'^;、::::::'''..,,_;、丿 |   ・   に   |
  |     ・  い    |    /:::::::::::::::::::::::::::;"゙, /゙~゙`''::;'゙;     |  ・   だ.  |
  |    あ  こ    |    `、;;::::::::::::::::;/ ),;'   :.'.,、   |  ・   っ  |
  |    る  と    |  ,へノ   `'''''"´   .:;     .:::_ヽ  |  ・   て   |
  |    ・        Y   \       .::;     ::::ゝ    .|  ・         |
  |    ・       ∧    \     ::::::、   .:;`     |         |
  |    ・       |ヽ丶    \;;  :::;;;;::..,,、. ::i       |          |
  |    ・       | `       \;;;;/    `゙"       \



ていうかね、みんな騙されすぎなんですよ。
私と同じ研修室から行った後輩の子(ちなみに大阪初の遅刻者の子である)が私をやたら持ち上げるから、なんか錯覚してるんだって。
私はWindowsもJavaもHTMLもサーバプログラムも素人だって。
もっと「先生」と呼ぶべき変態さんとかがいると思うの。
スポンサーサイト

今はいいけど、午後が不安

どうも、はむばねです。
昨日から連休に入っている方もいらっしゃるかと思いますが、ウチは今日も研修です。
とはいえ、明日からは流石に休み。
というわけで、今日は実験的に早起きなどしてみました。

というのもですね、会社に入ってからというもの、家に帰ってから一切やる気が出ない。
この1ヶ月、ほとんど作業をやっていない状況ですよ。
慣れればどうにかなるかなーとも思ってたんですが、どうやらこれは私の性格上どうにかなりそうにもない。
だったら、むらちゃんさん方式で朝に作業すればよくね?
……というのも、以前から考えてたことなんですけどね。
これを行うことによる会社での影響を考えると、なかなか踏み出せなかったりしたわけです。
でもまぁ休日に挟まれた1日くらいなら大丈夫かなってことで、今日はいつもより2時間弱早く起きてみました。

あと「帰った後の最後の気力を削ぐのはブログ更新の作業なのではないか」という説もあるため、ついでなので更新も朝のうちにしてみた。
ただこれ、朝に更新したら当然の如くネタがないんですよね。
前日のことをネタにしてもいいんですが、それもどうも新鮮味に欠けるというかぶっちゃけ私の熱が既に冷めてるというか。
単純に、思い出せないっていうのもありそうですしね。
ただ朝更新の利点は、飲み会の日も安心ってところですよね。
飲み会がある日は潰れたり帰るのが日付変わったりするのを警戒して、大抵携帯からの更新になるわけですが。
皆様ご存知の通り、ほとんどが「これから飲み会でーす」というだけの内容になってしまうんですよね。
朝のうちに更新しとけば、とりあえずそれよりは内容がある更新にできるでしょう。
しかし逆に欠点としては、それこそ飲み会翌日だったり、ちょっと夜更かししてしまった日なんかは恐らくは睡眠時間を優先して朝更新などしないであろうこと。
まぁ、その場合は夜の更新すればいいだけのお話なんですけれど。

とにもかくにも、今後どうなっていくかは不明です。
毎朝更新するようになるかもしれないし、これまで通りかもしれない。
とりあえず生暖かい目で見守っててください。
どうせ、GW終わったら(私も皆さんも)忘れてる可能性大だけどな!

『Sky* きみの生きるせかい』

どうも、はむばねです。
昨日は本当に別段何もやらかしてないはずなのに、今朝の起床と共に訪れたのは後悔の念でした。
もはや、飲み会の翌日は条件反射で後悔するようになっているのだろうか。
まぁあえていうなら、何もしなさすぎたっていうか喋らなさ過ぎたのが後悔っちゃ後悔。
しかし今から昨日に戻ったとして状況は(私の性格的に)一切変えられなかったと思うので、それを「後悔」と呼ぶのは少し違う気もする。



ま、それはともかく。
『最強彼女黒髪めがね』に続き、ようやく『Sky* きみの生きるせかい』を読み終えました。
というわけで、遅くなりましたが感想。

あなたに送る独り言byはむばね
Sky* きみの生きるせかい (ガンガンノベルズ)

作者である志藤先生のブログはこちら

スクエニから出ている作品を読むたび思いますが、やっぱり私の好みに合ってる作品が多いですね。
毎回受賞作の雰囲気は割と違ってたりしますが、そういう意味で、なんだかんだで似通ってる部分がある気がします。
そんなわけで、この作品も非常に私好みの構成でありました。
まず、全体的な空気がいいですよね。
ほのぼのとはまた少し違う気がしますが、静かというか綺麗というか。
……うん、まぁあまりこの表現を使うのは好きじゃないのですが(恥ずかしいから)。
やはり、「優しい」というのが一番しっくりくる気がしますね。

そういう意味で、燃えや萌えよりも癒しを感じる作品なのかもしれません。
とはいえ、、前者のような部分もありますけどね主にショタに対して。
この作品の押しの一つでもあると思いますが、子供たちとのやりとりがとてもいいです。
いや変な意味じゃなくて。
たぶん物語の「主役」としてはセリオスさん(表紙の女の人だよ)が挙げられると思うのですが、「主人公」という言葉は子供たちにも当てはまるのではないでしょうか。
というよりも、「主人公」が沢山いると言った方がいいかもしれませんね。

ここでちょっと作品の作りについても触れると、基本的に章ごとに語り部が変わる短編集のような形になっています。
短編集というと少し語弊がある気もしますが……幾人かの視点でそれぞれの人生を描き、それが一つの物語を作っている、みたいな?
一冊を通して物語の流れ自体はあるのですが、それをそこに関わった人間それぞれの視点で見ている感じ。
そしてそのそれぞれが、「優しい」感じがしてとても心地よかったです。

あと先にも述べた通り、全体的に物語が静かというか穏やかでもあります。
私もこういう話を書いてみたいと常々思っていたりするのですが、未だに辿りつけていない場所の一つですね(なにせ、私の書く話は基本騒がしいからな!)
物語としては山場もあり、盛り上がりはするのですが、なんだろう、表現しづらいのですが、そこも静かというか。
結局場面そのものよりも、人物の内情をメインで描いているからですかね?
変に盛り上げようとせず、それまでの空気を保ったままで運んでくれてます。
バカ小説とはまた違った意味で、サラッと読めるお話ではないでしょうか。

それから、文倉先生のイラストもまたその空気を作り上げる一助となっていますね(ちなみにこちらは挿絵もあります)。
心を激しく揺さぶるというよりも、じんわりくる感じ。
一冊読み終えてから改めて目次イラストとか見ると、特にそう思いますね。
というか、全体的に読み終えてから改めて見ると(より)しっくりくる。
表紙も、まさに作品の空気をよく表してますよ。

あとは、ラスト2つは書き下ろしなのかなぁとか、これはどんくらい直したんだろうなぁとか、カブさんがイケメンだったとかいう話も書こうかと思いましたが、既にご本人のブログで書かれてました


飲み会後だよ

どうも、はむばねです。
楽しかったJava研修も終わり、今日の後半はHTMLでした。
いや、まぁHTML自体はいいんだ。
それ自体はいいんだけど、HTMLっつったらやっぱりページ作ってみようとかなるわけざん?
私は、あぁいうクリエイティブな作業が死ぬほど苦手なんですよね。
つーか、出来上がったのが高二の頃に作ったサイトに酷似していて絶望した!
10年近く前から進化してねぇ!

とまれ、そんなこんなで明日が休みなので今日は飲み会です。

今日は感想の感想的なもので誤魔化す

どうも、はむばねです。
意外と身近にヘンタイがいることを知った今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか。
流石に、小学生の頃からプログラミングやってるとは思わんかったわ。
私もいい加減、自宅サーバでも立ててみようか。
まったく持って心から使い道ないけど。


ま、それはともかく。
志藤先生と遭川先生(黒髪めがねsky)も、それぞれの作品について感想を書かれたようです。
購入を迷っている方は、参考にしてみてはいかがでしょうか。
私自身は、まだ既読分の感想しか読んでないんですけどね。

ただその中で、遭川先生の感想を見て気づいたこと。

>そういえば、同時に購入した「sky*」と比較すると、「黒髪めがね」の方が薄い印象を受けましたが、ページ数ではこちらの方が上なんですよね。

…… ほ ん ま や 。

いや、普通に黒髪めがねが一番ページ数少ないのかと思ってましたよ。
skyの方が短いのに値段が安いのは大人の事情なんですかね、とか思ってたっていうか下手すりゃ昨日書こうかと思ってたくらいだよ。
まぁでも、紙が違う理由はなんでか知らんけど。


ついでにもう1個遭川先生の記事からですが、遭川先生は(自己申告では)『60%近く応募原稿のまま』だそうで。
正直、私としてはそれでも「結構変えてんだなー」って印象です。
正直、スタンプの時は変更なんてほとんどした覚えがないぜ。
まぁ、追加は1章丸まるとかしたけど。
みなさん、受賞作ってどれくらい直されてるんですかね?


今日一日何をしていたか思い出せない

どうも、はむばねです。
うん、いやまぁ当然今日も一日研修を受けてたわけなんですが。
受けてたはずなんですが。
なんか、今日一日何もした気がしない。
うーん、演習がほとんどなかったから……か……?
別に寝てたわけでもないのに、ホントに今日は何も覚えてない。
いや今日学んだことはちゃんと覚えてるんですが、実際の時間に対して実感が少なすぎるというか。
ちょっと本当に、自分の頭が不安になるレベル。
キングクリムゾンとか言ってる場合じゃねぇぞ。
今日は寝すぎたせいか月曜だからか朝からずっと頭がぼーっとしてたけど、そのせいかなぁ……?

まぁでもそれはともかく、今週はついに入社して初めての祝日があります。
なんかもう、それだけで月曜から気が楽です。
別に研修が嫌なわけじゃないですが(むしろ結構楽しい)、それはそれとして休日は嬉しいもんですね。
今週の金曜が終わればGWですし、あと少し頑張っていってみよう。


あと、昨日の記事に対して終先生がレスポンスしてくださりました
やはり元のヒロインはいなくなってたみたいですね。
というか、あとがきを読んで思ったより大幅に修正してるんだなぁと思ったよりも更に大幅に修正してるんですね。
むしろ、昨日書いてた「あっきーヒロインにして書き直す」が割と近い線いってるのかもしれません。

『最強彼女黒髪めがね』

どうも、はむばねです。
昨日はちゃんとお会計も覚えているしその後カラオケに行った時も声が出せる程度にしか飲んでいなかったはずなのに、朝起きたらめっちゃしんどかったです。
ウコン飲んでなかったからかな?
それとも、単純に二日連続で朝帰りしたからだろうか。
そして飲みすぎようがすぎまいが、最近は飲み会のたびにある種の後悔を残している気がする。
まぁでもそれは別に飲み会に限ったことでもないので、単純に飲み会だと口数が増えるから種も増えるというだけの話なのかもしれない。
私みたいな頭の回転が鈍い人間が饒舌に喋ると、まったく碌なことがないですね。
ブログですらたまに書いたこと後悔するってーのに、いわんやリアルをやですよ。


ま、それはともかく。
昨日買ってきた3作のうち、とりあえず『最強彼女黒髪めがね』読んだよー。

あなたに送る独り言byはむばね
最強彼女黒髪めがね (ガンガンノベルズ)

作者である終倉敷先生のブログはこちら


とりあえず読み始めて最初に思ったのは、「黒髪めがねってそれかよ!w」というところでしたね。
新鮮な気持ちで読むためプレビューも読んでなかったので、それさえ知らなかったのですよ。
それも含めて、名前が全体的に面白いです。
それだけで割とパンチがある気がしました。
主人公の名前はたまに混乱しますが、たぶんそれも狙いなんでしょうねw

内容的には、前述の通り私はプレビューすら読んでいなかったので完全なる初見だったわけですが(あらすじは読んだとは思うけどあんま覚えてなかった)。
ラブコメかと思いきやそうでもないかと思いきやラブコメだったよ!
というか、とてもいいラブコメだったよ!
素直クールはいいですね。
私も好きですよ、素直クール。
ていうか、私は(私の作品見てりゃわかるけど)ストレートな子が基本的に好きです。
なので、黒髪さんもとても好きです。
もっとイチャコラしているところが見たかったですね。

あと、割と主人公サイドが無体に強いのも好きです。
そういう意味でも、黒髪さんがとても好きです。
敵が喋ってる最中に普通に殴り飛ばす姿も素敵です。
なんだかんだ悩みつつも、あんまり弱みを見せないところもいいですね。
流石は素直クール。

それにしてもあとがきに書いてありましたが、思ったよりも大幅に修正してるんですねー。
ヒロイン交代で、元の正ヒロインはそもそもいなくなってるのかな?
スタンプで言うと、あっきー主役で書き直すようなもんか。
その場合本当にもう完全に別のお話になる気がしますが(なにせ死神とか出てこなくなるしな!)、この作品の場合はどのくらい変わったんでしょうね。
元のヒロイン(ななめさん?)についても、非常に興味が沸くところですw

とりあえず結論としましては、黒髪さんかわいいよ黒髪さん! という(いつも通りの)感想ですね。
私の作品の中では太陽で台風が一番好き、という人には特にオススメでしょう。
ただ惜しむらくは、表紙以外で鳴見なる先生のイラストが見れないことですかねー。
これを一番最初に読んだのは、表紙に一番惹かれたからですし(一番薄かったからというのもありますが)。
まぁ、連載でお忙しいので仕方ないですかね?
それに、イラストなしでも十分黒髪さんのかわいさは堪能できますよ!

うん、振り返ってみるとホントに「黒髪さんかわいい」しか言ってねーな。

今日こそこのネタでごまかすぜ!

どうも、はむばねです。

あなたに送る独り言byはむばね-100424_1921~0001.jpg

ほい、というわけで無事ゲットして参りました。
(2時前まで飲んだ後)本屋が開く時間までネカフェで粘った甲斐があったぜ!
ただまぁそこそこ飲んだ後ほとんど寝てなかったので、電車の中で死にそうになってましたが。
京都と高槻と新大阪と東三国で、危うくくじけそうになった。
いつ読めるかはちょっとわかりませんが、読んだら感想でも書いてみたいと思います。

そんなこんなで、今日は同期の方々との飲み会です。
今日はちゃんと自重する予定。

草津より

どうも、はむばねです。
南草津の本屋にて、スクエニの小説置いてないことを確認。
うーん、昔は置いてくれてた気がしたんだけどなぁ……
ていうか、置いてると思って今日の更新のネタ用意してねぇよ。
3冊買った写真をうpしてごまかそうと思ってたのに……

まぁそんなこんなで、今日は南草津に来てます。
S島君の就活終了祝いだよ!
先週以来の草津ですね。
今日は帰らなくていいので、それなりにはっちゃます。

勝手に宣伝

どうも、はむばねです。
第6回スクウェア・エニックス小説大賞受賞作。

あなたに送る独り言byはむばね
Sky* きみの生きるせかい (ガンガンノベルズ)




あなたに送る独り言byはむばね
最強彼女黒髪めがね (ガンガンノベルズ)



あなたに送る独り言byはむばね
要塞都市の錬生術 (ガンガンノベルズ)



以上3作品、本日発売ですよー。
ガンガンオンラインにて、プレビューもう公開されております。

私も早速買いに行……ったけど、余裕で置いてなかったよ!
ていうか、よく考えたらスクエニの小説置いてないのは初日で確認済みだったわ。
ちゃんと予約しときゃよかったなー。
明日草津に行く予定があるので、そこで買えなかったらAmazon先生に依頼しようかと思います。


«  | ホーム |  »

プロフィール

hamubane

Author:hamubane

たぶんライトノベル作家的なもの


Twitter

既刊情報

上の方は絶版じゃないよ!

お助けキャラに彼女がいるわけないじゃないですか2 (ファンタジア文庫)

最新コメント

最新記事

カレンダー

03 | 2010/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR