FC2ブログ
スクウェア・エニックスノベルス『スタンプ・デッド』1~5巻&コミック版、『太陽で台風』1・2巻発売中!
ガンガンノベルズ『魔法少女アーヤ☆アミー』発売中!
徳間デュアル文庫『魔王さんちの勇者さま』1~4巻発売中!
徳間文庫『欠陥妖怪住宅』、『パラレル家族計画』発売中!
ぽにきゃんBOOKSライトノベルシリーズ『ブチ切れ勇者の世界征服』1~2巻発売中!
HJ文庫『カンスト勇者の超魔教導』1~3巻発売中!
ファンタジア文庫『お助けキャラに彼女がいるわけないじゃないですか』1~3巻発売中!
JUMP j BOOKS『ぼくたちは勉強ができない 非日常の例題集』発売中!

受賞歴:
2004年、第1回スクウェア・エニックス小説大賞『入選』
2008年、第5回トクマ・ノベルズEdge新人賞『徳間デュアル文庫特別賞』
2017年、第11回HJ文庫大賞『銀賞』
2017年、ジャンプ小説新人賞’16 Winter 小説フリー部門『銀賞』
2017年、第30回ファンタジア大賞 『金賞』

«  | ホーム |  »

ライトノベルを書こう!

どうも、はむばねです。

あなたに送る独り言byはむばね
ライトノベルを書こう! (宝島SUGOI文庫)


読みオワタ。
うん、実に「入門書」な一冊だったと思います。
小説の書き方からライトノベルの応募方法まで、一通り教えてくれてます。
私が(小説書き始めてからの)11年程で学んできたことが、大体まとまってた感じ。
流石に新たに得るものはありませんでしたが、(自分がやってないことの確認含め)要素の確認は出来たと思います。
あんまり人に自分の小説読んで貰ったことない人や、ネットレベルでも小説の書き方的な情報をあんまり見ない人は、てっとり早く基礎を学べるのではないでしょうか。
以下、私が最も共感した部分と少し違う意見を持った部分についてちょっっ書いてみます。

共感:必ず最後まで書くこと
本文中でも引用されてますが、「未完成の傑作よりも完成した駄作」。
けだしその通りだと思います。
小説を書く上で、まず第一の壁がそこでしょう。
正直、どんな奇抜な設定を思いつける人でも、類い希なる描写力を持つ人でも、1本も仕上げたことがないならば、駄作を一本書き上げた人の方が小説家としては何歩も先を進んでいると言えましょう。
マインスイーパーで、上級を1回でもクリアしたことがあるかどうかくらいに差がある。
(1回目は大抵の人が999秒を大きくぶっちぎるが、2回目からは割と余裕で記録が残るレベルでクリア出来る)
まず、1回書き上げたことにより小説を書く上でのプロセスを全て経験することになるわけです。
これは次回以降、初めて行く目的地なのか1回行った場所に行くのかくらいの違いがあります。
いくら完璧な地図を持っていようと、基本的に現地での経験に勝るものはありません(特に私みたいなタイプはな!)。
そして何より、「1回書けたんだからまた書けるだろう」という自信に繋がります。
小説を書いていると、「これってホントに完成するのかな?」と思うこともあるでしょう。
書けた、という経験は結構重要。
なので、どんだけクソでもいいからまずは完成を目指すのが私は良いと思っています。

違う意見:ブレの修正について
この本では、ブレないために「パソコンを立ち上げたら必ず、その時点までに書き上がっている部分を全部読み返す」のが良いと書かれています。
最終的にブレをなくさなければいけないという点についてはもちろん私も同意ですが、そのやり方については少し違う意見です。
個人的には、「ブレとか気にせず最後まで書いて、終わってから修正」するのが良いと思っています。
「前に合わせる」のではなく、「(基本的には)後ろに合わせて前を修正する」という方向ですね。
その理由として、まずなんだかんだで一作書いてるうちに人は成長するものだから、というのが一点。
長編なんて書いてると、最初と最後で文体とかキャラの性格とかが全然違ってきたりします。
でもそれは、試行錯誤の末に産まれた文体でありキャラなはずです。
無論この本の中でも「何がなんでも前に合わせろ」って言ってるわけではないですが、基本的には前の部分は気にせずその時の感覚で書いていくのが良いのではないかと思います。
何しろ、読み返すとどうしても気になるところが出てきたりして直したくなってくるもんですからね、というのが二点目の理由。
書き始める度に読み返して直してしてたら、いつまで経っても進みません。
さりとて、直したいと思ってしまった箇所を放置するのも気になるもの。
ゆえに私は、一度書き始めたが最後、一度たりとも前の部分を読み返すことなく最後まで書ききるのがベストだと思ってます。
実際には、全く読み返さないっていうのは難しいですけどね。
設定が変わったとか、性格が変わったとか気にすんな!
前の部分は、もうそれに合わせて直ってる前提で考えろ!
って、前にも書いた気がしますが。
たぶん最終的にクオリティの高い作品を作るためには遠回りだと思うけど、まずは作品を完成させるだけならこっちの方が近道だと思うよ!
前述の通り、完成させればまず一勝!
目先の勝利を得るために、先の勝利の事は考えないようにするのがはむばね流だよ!
基本的に私は、先のことを考えて(そこに至るまでのステップを考えて)萎える派なので、まずは目先のゴールしか考えないことにしてるんだ。
スポンサーサイト



«  | ホーム |  »

プロフィール

hamubane

Author:hamubane

たぶんライトノベル作家的なもの


Twitter

既刊情報

最新コメント

最新記事

カレンダー

10 | 2011/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

月別アーカイブ

カテゴリ

ジャンルランキング

[ジャンルランキング]
日記
402位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
165位
サブジャンルランキングを見る>>

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR