FC2ブログ
スクウェア・エニックスノベルス『スタンプ・デッド』1~5巻&コミック版、『太陽で台風』1・2巻発売中!
ガンガンノベルズ『魔法少女アーヤ☆アミー』発売中!
徳間デュアル文庫『魔王さんちの勇者さま』1~4巻発売中!
徳間文庫『欠陥妖怪住宅』、『パラレル家族計画』発売中!
ぽにきゃんBOOKSライトノベルシリーズ『ブチ切れ勇者の世界征服』1~2巻発売中!
HJ文庫『カンスト勇者の超魔教導』1~3巻発売中!
ファンタジア文庫『お助けキャラに彼女がいるわけないじゃないですか』1~3巻発売中!
JUMP j BOOKS『ぼくたちは勉強ができない 非日常の例題集』発売中!

受賞歴:
2004年、第1回スクウェア・エニックス小説大賞『入選』
2008年、第5回トクマ・ノベルズEdge新人賞『徳間デュアル文庫特別賞』
2017年、第11回HJ文庫大賞『銀賞』
2017年、ジャンプ小説新人賞’16 Winter 小説フリー部門『銀賞』
2017年、第30回ファンタジア大賞 『金賞』

«  | ホーム |  »

スクエニ座談会的な

どうも、はむばねです。
すっかり忘れかけていましたが、そういえば本日はTHE MANZAIの日でしたね。
改めて見れば23時終了、4時間番組て。
いいから漫才だけをしてくれよ……という気はしないでもない。
とりあえず録画の予約はしておいた。
あとは、今日の更新さえ終われば心置きなく集中できますね。

というわけで。

あなたに送る独り言byはむばね-111217_1311~0001.jpg

朱鴉先生から文芸思潮43号送ってもらったよー\(^o^)/
見所は(というかまだそこしか読んでねーけど)、もちろんスクエニ作家さん達による『ライトノベル作家座談会in出雲』だね!
朱鴉先生プレゼンツ(?)の、チャー先生、大渡先生、阿部先生、志藤先生、UGさん(チャー先生の後輩)による座談会の様子が掲載されているよ!

ちなみにこれを読んだ際、まず私が最初に思ったことはこれである。

思ったより真面目に座談会してるーーーーー!?(ガビーン)

おいおい、どうなってるんだよ……。
てっきりょぅι゛ょ犯す話とか死体犯す話とかショタ犯す話とか中学生を愛でる話とかしてると思ったのに……。
なんか一人違うの混じった気がするのはたぶん気のせいとして、これどう考えてもTwitterと中の人違うだろ……。

ま、それはともかくとして以下感想。
といっても私の感想については概ね神近先生が同じ事を書いてくれているので、それを読んでいただければ特に私から付け加えることはない。
読んでる時に考えていたことも、自分がその場にいたらどうなっていたであろうかという想定も、概ね同じ。
唯一異なる点を挙げるとすれば、私には修学旅行で女子に好きな人を二時間に渡り聞かれるというリア充体験がないことくらいである。
というかぶっちゃけ、神近先生のレビューが面白すぎてマジで私は書くことがない。
でも確かに神近先生のレビューでは内容にはそんなに触れられてないかもしれない。
だから私は少し内容に触れよう。

というわけで。
テーマ的には「ライトノベルとは?」から始まり、専業作家について、ゆとり教育について、震災についてと、なかなか幅広いです。
幅広いけど、基本一貫して創作論になっているのは流石ですね。
というか、(これはしばしば他の創作者さんに会った時に思うことですが)みんな色々考えてるんだなぁと思ったり。
私自身はあんまり(創作に対してだけでなく、世の中全般に対して)持論的なものを持っていないのですが、それゆえにか、人のそういった考えに触れるのは好きです。
特にこの座談会では皆さんキャラが立ってて、だからそれぞれ異なった視点となってるから面白い。
好みの作品一つとっても、バラバラでワロタw
しかも、それが「あぁ、確かに好きそうですね」と思えるところがまたw
特に興味深いのは、チャー先生と大渡先生、阿部先生と志藤先生が、それぞれ近しい感覚を持ってるっぽいところですね。
世代間で、やはり差が出来るものなのでしょうか。
……いやうん、このメンツに限って言うとかなりパーソナリティーに依存している気はしますが。

とまれ、神近先生もおっしゃっている通り、なかなかに濃い内容だと思います。
先にも述べました通り、参加者の皆さんの、様々な視点からの持論を見ることが出来ます。
少なくとも創作に携わってる方なら、興味深く読めるのではないでしょうか。
(参考にするかはともかくとして)刺激にはなると思います。
意外と、人の創作論とかに触れられる機会ってない気がしますからね(私が触れてないだけかな?)
本当ならここで私も自分の持論でも披露出来ればいいのでしょうが、前述の通り私にそういうことを聞かれても「……さぁ?」として答えられないのであった。
そういう意味で、私は参加しなくて実に正解だったと言えるのかもしれませんね。


あなたに送る独り言byはむばね
文芸思潮43号

うんまぁ結局私も内容にそんな触れてない気がするけど、そんなこんなで文芸思潮。
なんか書店で見つけるのは困難とのことなので、興味がある方は↑をポチればはむばねさんにもちょっとキャッシュバックが入ってきっとみんな幸せだよ。
ただ、恐らく皆さんの普段のキャラを知っている方が楽しめると思いますので、まずは参加者の皆さんのTwitterアカウントをフォローしてから読んだ方が楽しめるかもしれませんね。
スポンサーサイト



«  | ホーム |  »

プロフィール

hamubane

Author:hamubane

たぶんライトノベル作家的なもの


Twitter

既刊情報

最新コメント

最新記事

カレンダー

11 | 2011/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

月別アーカイブ

カテゴリ

ジャンルランキング

[ジャンルランキング]
日記
152位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
61位
サブジャンルランキングを見る>>

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR