FC2ブログ
スクウェア・エニックスノベルス『スタンプ・デッド』1~5巻&コミック版、『太陽で台風』1・2巻発売中!
ガンガンノベルズ『魔法少女アーヤ☆アミー』発売中!
徳間デュアル文庫『魔王さんちの勇者さま』1~4巻発売中!
徳間文庫『欠陥妖怪住宅』、『パラレル家族計画』発売中!
ぽにきゃんBOOKSライトノベルシリーズ『ブチ切れ勇者の世界征服』1~2巻発売中!
HJ文庫『カンスト勇者の超魔教導』1~3巻発売中!
ファンタジア文庫『お助けキャラに彼女がいるわけないじゃないですか』1~3巻発売中!
JUMP j BOOKS『ぼくたちは勉強ができない 非日常の例題集』発売中!

受賞歴:
2004年、第1回スクウェア・エニックス小説大賞『入選』
2008年、第5回トクマ・ノベルズEdge新人賞『徳間デュアル文庫特別賞』
2017年、第11回HJ文庫大賞『銀賞』
2017年、ジャンプ小説新人賞’16 Winter 小説フリー部門『銀賞』
2017年、第30回ファンタジア大賞 『金賞』

«  | ホーム |  »

上期に受けた資格を振り返る

どうも、はむばねです。
実は気が付けばもう3週間切ってるということで、流石に情処の勉強を始めてます。
今回受けるのはネットワークスペシャリスト。
なのですが、相変わらずネットワークは苦手意識が……。
特に、前半の規格が延々出てくるあたりは参考書を放り投げたくなります。
つーか、実際ほとんど流し読みですけど。

そんなこんなで、現実逃避がてら上期に受けた資格について振り返ってみよう。

★データベーススペシャリスト(情報処理試験)
情処では基本情報以来の一発合格。
しかし当時も書いてた通り、ぶっちゃけなんで通ったのかわからん。

$あなたに送る独り言byはむばね-121003_1613~0001.jpg

試験対策としては、↑の本を一通りやったのみ(ステマではない)。
最低限ER図とSQLは書ける必要があると思うけど、逆にそれさえ出来れば受かるのではないかという気がしないでもない。
なお、私はどっちも微妙にしか理解してないけどなんか受かった。
恐らく沢北を止めた時の花道ばりのラッキー。
あと9回受けたら9回落ちる気がする。
たぶん、過去問3回分くらいやって完璧に解けるようになったら受かるんじゃねーかな(適当)。


★簿記1級
ダントツに時間と金を掛けたが、結果は伴わず。
ぶっちゃけ、(結構時間かけて勉強したのに)ほとんど何も理解せず戦いに挑まざるをえなかった。
これについては、受かってからドヤ顔するために今は何も書くまい。



★LPIC L1(101,102)
101は、(合格発表順の違いにより)上期で最初に土を付けられた敵。
流石に、ほぼノー勉でクラムメディアのみはちょっとやりすぎた。
しかもこの時は、無料版のクラムメディアを利用したんですけどね。
これを利用しようと思っている人は気をつけた方がいい、無料版は製品版とは全くの別物である。
機能が制限されて使いづらいのはともかく、バージョンが古いのか他のレベルも混ざっているのか、とにかく試験範囲が全然違う。
つーか、これを無料版として提供するのは誰得なんだよ……。
むしろクラムメディアへの不信感を募らせるだけだと思うのですが。
とにもかくにもその後、茶本で勉強して合格。
茶本に付いてる問題で100%100点が取れるようになったら大体大丈夫だと思う。
割と細かい事まで出てくるので、普段から触ってる人でもたぶん一通りは勉強した方が良い。

★LPIC L2(201,202)
201までは茶本だけで合格。
が、これもギリギリだったし運要素が強かったかも。
202は、茶本の問題100%100点状態で挑んだものの不合格。
もっかい受けたら受かりそうな気もしたけど、流石に1万5千円を賭けたギャンブルは痛いのでクラムメディア(製品版)でリスク分散。
無料版と製品版は違うのではないかという101の時の疑惑を確かめるためでもあったのですが、やはり別物だった、というのはここでわかった事実。
流石に製品版はそこそこのクオリティで、2回目はどうにか合格。
でもあくまでそこそこのクオリティであり、クラムメディアだけでは厳しいと思う。


★CCENT
白本で勉強後、クラムメディアで確認。
したところ、クラムメディアクソすぎワロタwwww
なんでVLANメインで問題組んでるんだよwwwwそこはCCENTでは範囲外だろwwwwww
製品版なのにwwwwwwww
マジで金返せと言いたくなるレベル。
代わりに、今回はping-tで勉強。
CCENTの範囲なら無料で、特に機能的な制限も無し。
思ったより実戦的で、CCENTを受ける前にやっておいて損はない(ステマではない)。
また、モバイル版はガラケーでも利用出来るところがありがい。
画像が見にくくなるので、モバイル版では90度回転させることが出来る機能もアリ。
これは(主にOracle研修中に勉強する際に)非常に助かりました。
途中中断機能がないのと、選択問題数が多いと途中で謎の終了するのと、全体的にもっさりしているのを除けば非常に優秀。

★CCNA
というわけで、引き続きping-tで勉強。
CCNA版は有料ですが、払う価値アリだと思いました(ステマではない)。
ぶっちゃけクラムメディアも買ってたんですが(安くなるので、まとめ買いしてた)、結局そっちは1回も開くことがありませんでした。


★Oracle Gold
講習必須なので、ぶっちゃけ講習の中でほとんど内容は理解出来るはず(もしかすると私の受けた講習が超当たりだった可能性はある)。
個人的には、Silverより内容も覚えやすかった気がする。
とにかく覚えゲーのイメージが強かったSilverと比べて、ある程度のストーリー性がありましたからね……。
加えて、クラムメディアで確認まですると鬼に金棒状態。
なぜかOracleに関してはホントに的中率が異常に高い。
当日も書いたけど、丸暗記で余裕で合格出来るレベル。
でも(これも当日書いたけど)ちょいちょい解答が合ってるのか怪しい問題もあり、しかも解説が無いに等しいので、あまり頼りすぎるのもどうかと思う。
私は全力で頼っていったけどな!




最後に、個人的に感じた難易度の順でも。
・内容の難易度(というか、勉強中に感じたストレス度合い)
簿記1級>DBスペシャリスト>CCENT>CCNA>Oracle Gold>LPIC L2>LPIC L1
簿記1級は、まだ何もわかってない状態。
ぶっちゃけ、DBもあんまわかってない。
ホントはちゃんと理解出来てればもっと順位も変わるのかもしれんけど、とりあえず未だ理解出来ていない2つが上位に。
次いでCCENTなのは、ケーブルの種類だとかスイッチの種類だとか、読んだ瞬間「あ゛ぁ!?」と言いたくなる内容が多かったから。
まだCCNAの方が(CCENTである程度免疫が出来てたこともあり)マシだった。
あと全体的にネットワークに苦手意識が多いことも関係。
次のOracle Goldは、講習ありき。
基本的に人に教わることに対して否定的な私ではありますが、やはり人に教わった方がわかりやすいものもある。
あの内容をテキストだけで理解しようとするとかなりキツいものがあると思いますが、実際の勉強中に感じた苦痛度合いから行くとこの程度が妥当。
最後にLPIC。
一応普段からLinux触ってるし、知ってる内容も多いしで、一番勉強中のストレスは少なかった。
ような気がする。
喉元過ぎればで、割と前に受けた分忘れてるだけかもしれませんが。
あと、茶本の日本語は死に気味だと思う。

・試験合格難易度(※あくまで個人の感想です)
簿記1級>LPIC L2>LPIC L1>DBスペシャリスト>CCNA>CCENT>Oracle Gold
実績からすると、この順にならざるをえない。
実際、LPICは記述問題があることで結構難易度高いと思います。
なんとなくこんな感じだったような気がする……っつーのが通じませんからね。
逆に、DBスペシャリストはそのあたりで部分点を稼げてたのかもしれん。
そういう意味でシミュレーション問題があるCisco系も厄介といえば厄介ですが、最悪なんとなく覚えてれば「?」ゴリ押しが可能ですらかね。
択一問題オンリーなOracleは、試験としての難易度はそんなに高くないと思いました。
何よりクラムメディア無双すぎて、なるほどこれは確かに批判されるのも納得。


そんな感じです。
さぁ、こんなことを延々書いてたら今日の勉強時間がなくなってきてるよ!
冒頭で「もう(試験まで)3週間切ってる」と書いた時、誰より「え、マジで?」となったなったのは何を隠そうこの私である。
スポンサーサイト



«  | ホーム |  »

プロフィール

hamubane

Author:hamubane

たぶんライトノベル作家的なもの


Twitter

既刊情報

最新コメント

最新記事

カレンダー

09 | 2012/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

月別アーカイブ

カテゴリ

ジャンルランキング

[ジャンルランキング]
日記
281位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
115位
サブジャンルランキングを見る>>

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR