FC2ブログ
スクウェア・エニックスノベルス『スタンプ・デッド』1~5巻&コミック版、『太陽で台風』1・2巻発売中!
ガンガンノベルズ『魔法少女アーヤ☆アミー』発売中!
徳間デュアル文庫『魔王さんちの勇者さま』1~4巻発売中!
徳間文庫『欠陥妖怪住宅』、『パラレル家族計画』発売中!
ぽにきゃんBOOKSライトノベルシリーズ『ブチ切れ勇者の世界征服』1~2巻発売中!
HJ文庫『カンスト勇者の超魔教導』1~3巻発売中!
ファンタジア文庫『お助けキャラに彼女がいるわけないじゃないですか』1~3巻発売中!
JUMP j BOOKS『ぼくたちは勉強ができない 非日常の例題集』発売中!

受賞歴:
2004年、第1回スクウェア・エニックス小説大賞『入選』
2008年、第5回トクマ・ノベルズEdge新人賞『徳間デュアル文庫特別賞』
2017年、第11回HJ文庫大賞『銀賞』
2017年、ジャンプ小説新人賞’16 Winter 小説フリー部門『銀賞』
2017年、第30回ファンタジア大賞 『金賞』

«  | ホーム |  »

私が試験を受けるワケ

どうも、はむばねです。
というわけで、CCNPの勉強を始めていると見せかけて実は平日は特に何もやっていない今日このごろです。
朝に勉強するわけねーし、昼休みはミーティングだし、流石に残業して帰った後に勉強する気になれないしラノベ読まないといけないし。
というわけでちょっと止まってはいますが、上期中には確実に取る予定です。

ちょっと前(主に去年辺り)からブログの話題がそこそこの割合で資格の話に占められている事からも、そろそろ私は「趣味は資格取得です」と言っていい気がしています。
自分で言うのも何ですが、(それなりに意味のある資格で)年間取得資格数10個とかもはや狂気を感じるレベル。
ちょっと難易度が上がってきたので流石に去年並の取得数とはいかないですが、今年もそれなりに資格は取得していこうと思います。

さて、ではなぜ私がここまで資格試験を受けるのか。
それはまず、スキルを身に付けて自らのキャリアアップに活かすためではない。
キャリアアップのためだったら誰が簿記1級とか受けるか!
オーバーキルすぎるわ!

では、なぜなのか。
それは、自己実現のためである。
まぁそう言ってしまうと資格取得なんてものはそれが就業要件でもない限りは大体自己実現のためと言えないこともないのですが。
私の場合は、たぶん一般的に言うよりももう少し趣味的要素が強い。
基本的には、合格という結果を得るのが主目的と言えましょう。
ぶっちゃけた話、勉強の内容そのものとか超どうでもいい。
だからすぐ忘れる。
逆に、だから簿記なんかも受けようって気になる。

そして、合格という結果から私が得るもの。
何はともあれ、まずは自慢出来るということでしょう。
つまり、ドヤ顔したいというのが最たるモチベーションです。
俺TUEEEEEEEEEEEE! したいという感覚と似たようなものがある。
私は、主人公最強系作品が大好きなんだ。

次に、己の価値の確認。
基本的に能力に対して分不相応な程に高いプライドを持つ私は、常にプライドを持て余し気味です。
しかし試験に合格すれば、少なくとも「その試験に合格出来るだけの価値がある自分」は確認出来るわけです。
定量評価が出来るって、とっても大事!

そして最後に、合格した瞬間の快感。
「合格」の文字を見た瞬間に、脳内物質がドパドパ出ます。
これはもしかすると私だけかもしれませんが、普段仕事の中で達成感が得られることってほとんどないんですよね。
特に最近は。
コマい作業なんてもはや上手くいって当然ですし(むしろそこでミスるとシャレにならない)、でかい作業は結果は良くても途中で至らない点が多々生じますし。
最終的に終わった時にも、得られるのは達成感よりも疲労感ですよ。
また、一人で出来る作業ってのも限られます。
ていうか、ない。
一人で出来る作業なんてない。
そうなってくると、各所との調整が必要となってくるわけです。
コミュ障の私にとって、他者と関わる事は基本的にストレスに他なりません。
それに比べて、資格取得はどうでしょう。
ザ・個人プレーです。
勉強するのは己一人、頑張る権利もサボる責任も、全て己一人のもの。
#余談だが、私は勉強会というものが非常に嫌いである。勉強会自体を楽しみのはアリだが、効果の面で見ると、他人と一緒に勉強して効率的な事など何一つあるわけないだろアホか死ねと思っている。
合格すれば己一人の手柄、不合格であれば己一人の不備。
結果は合格か不合格か、1か0か。
「惜しい」なんて言葉は何の意味もなさない。
そんなシンプルな構造において、1の側、すなわち合格という結果を得た時の何と心地よい事か。
そこに他者が介在する余地など1ミリもなく、曖昧な部分も何もなく、ただただ己のみが成した明確な成功を享受出来るのである。
これは癖になる快感だと思います。
でもって、これを続けていると、やっぱり同じレベルの資格じゃ意味を成さなくなってくるし(そもそも候補自体がなくなってくるし)、もっと上の資格を、もっと上の資格を、となってくるわけですね。
なんだ、つまりただの中毒か。
実際、しばらく資格の勉強してねーとなんか不安な気持ちになってくるしな!
……うん。
冗談抜きで、これマジで何か脳に変化が起こってるんじゃないかという気がしないでもない。

よし、諦めよう

どうも、はむばねです。
はい、というわけでね。
この土日、私は考えたわけだ。
簿記の試験まで、残り3週間となったわけです。
しかも飲み会やら出勤やらで次の土日は潰れるので、実質勉強に使える週末はあと2回なわけです。
現状の勉強時間、限りなくゼロなわけです。
うん、それ無理♪

$あなたに送る独り言byはむばね-130520_2051~0001.jpg

というわけで私は、簿記を放り投げてCCNPの試験勉強を始めたのであった。
最後まで足掻くなんて殊勝な真似はしねぇ、諦めこそが我が美学よ!
とはいえ、結果的に勉強に時間が使えなかった事はままあれど、流石に他の試験勉強を始める程潔く諦めたのは今回が初めてだけどな!

いや実際、今期取ることを目標に入れたはいいものの、CCNPは流石にちょっと危ういかなーと思わないでもないわけです。
CCNP取得のためには3つ試験に合格する必要があるわけですが、それぞれ薄めの参考書で600ページくらいありますしね。
一応1つ1ヶ月で取っていけば大丈夫だろうという算段ですが、それで勉強しきれるのかも割と未知数ですので。
もうどうせ簿記の勉強が無駄なら、いっそ前倒しにしようということにしたわけです。

そんなこんなで、少しだけ読み始めてるんですけどね。
すげぇな、CCNAを取ってから1年も経っていないはずなのに何もかもを忘れているぜ。
さも当然のように書かれている単語もいちいち用語集を確認しながらでないと進めません。
それもあって、100ページも読まないうちに嫌になってきましたぜ……。
というか黒本ってあんまりわかりやすかった記憶がないので本当は避けたかったのですが、他の参考書は分厚すぎてそれだけで心が折れそうやったんや……。
私は参考書を流し読んだ後に問題集で身に付ける派なので、まぁ参考書はまさしく参考程度でいいか……という考えである。
こんな勉強方法してるから、知識が歯抜けになる上にすぐ忘れるんだけどな!

整理という名の配置転換

どうも、はむばねです。

$あなたに送る独り言byはむばね

整理の結果、どうにか本棚に空きが出来たよー\(^o^)/
まぁ整理っつーか、「未読だけどこれはもう一生読まねぇんじゃねーか」ゾーンを他に追いやっただけだけどな!

$あなたに送る独り言byはむばね

おかげで他の場所のカオス具合は増しました\(^o^)/
ここは、いつかバランスを崩して崩壊しそうで怖い。

うーむ、しかし整理したとはいえ正直言って焼け石に水ですね。
今年のペースをこのまま維持出来ると考えると、また3ヶ月ともたずにパンクするでしょう。
というか3ヶ月と言わず、次に何らかの漫画を大人買いするか、今積んでる分の小説(ポチって届いてない分含む)を読みきった段階でパンクする見込み。
今の住まいが、会社の借り上げ寮の契約切れても継続出来るというのが確定すれば、本棚買うんですけどね……。

つーか、今回棚を整理してて改めて思ったんですけどね。
やっぱ、前後2列に渡って本を敷き詰めるのはわかりづらい。
あれ、こんなところ(の裏)にあったんだー? というのが、何回もありましたよ。
まぁ、それで不都合ないようなものを基本的には2列目に回しているのですが……。
いつか一部屋を書斎に当てて、前後2列なんてみみっちいことをせずに並べられるようになりたいもんですね。
実家に置いてある本まで引き取れば、結構な蔵書量になることでしょう(ほとんどライトノベルと漫画ですが)。
宝くじが当たったら実現したい夢の一つですね。

そしてあれからまた3ヶ月が経過した

どうも、はむばねです。

$あなたに送る独り言byはむばね-130518_1239~0001.jpg

本棚に空きがなさすぎてマジエマージェンシー状態\(^o^)/

というわけで、本棚の整理も兼ねて、またちょっと読んだ本について整理してみました。
前回の確認から約3ヶ月なので、ちょうどいいですね。
決意の日から、約4ヶ月。
現在の状況は、こんな感じでした。

$あなたに送る独り言byはむばね

一番左が未読で、14冊。
その他が既読で、114冊。
この3ヶ月で75冊ですか……。
うーん、結構読んでるつもりでいましたが、1日1冊には全然届いてませんね……。
ま、今回は継続しているだけ良しとしましょうか。

あと、相変わらず積ん読が減る傾向に。
つーか、今積んでる本のラインナップが3ヶ月前とほとんど変わってねぇ。
まぁより直近で欲しいと思ったものを追加でポチるわけで、そっちから読み始めるスタック構造になるのは当然といえば当然か。
特に最近は、シリーズものの続刊をポチることが多かったですからね……。
しかし新しいのをどんどんポチる一方、たまには以前ポチったものも読まねば、そこの魅力が更に色あせていってしまうというスパイラルに陥りかねません。
今回のコンセプトとして、基本的に積んでいる本は全て読みたいもので、「どれを後回しにしよう」ではなく「どれから読もう」と思える事が重要なので、その状況は芳しくない。
なかなかに難しいですね、積ん読道……。

それと前回はMFJ率高すぎワロタ状態でしたが、だいぶバランスが取れてきた感はありますね。
そんな中、意外にも電撃は(既読では)1冊だけだったり。
一応電撃・富士見ファンタジアあたりはそれなりに追っていたというのもありますが……。
何より、基本的にコメディメインのチョイスをしているとこういうことになるようです。
しかし改めて見ると、本当に色んなレーベルが増えましたねぇ……。
うん、まぁ他人事でもないんですけどね色んな意味で。

手順書作成とエラーログ追跡だけが僕の心を癒してくれる

どうも、はむばねです。
今日も、アプリからの問い合わせに対応してたら気づいたら定時だったぜ!
予定してたタスクなんも終わってねー!
しかし、問い合わせが来ることに少しほっとしている自分がいるのも事実である。
気の進まない仕事も、問い合わせを理由にすれば後回しに出来るぜー!
いや、本当の意味では後回しに出来ないから結局残業で対応するんですけどね。

もうねー、気の進まない仕事の締め切りがガンガン迫ってくるよね。
WBSなんて見たくねー、私は管理するより管理される側でいたいぜー。
もっとも、去年の今頃は私も希望に満ちており、自分でWBS引くとかwktkものだったんですけどね。
なんつーか自分で案件を回してるって感じがして、割と楽しかった覚えがあります。
それが、去年の連続失敗を経て今やこのざまだよ!
もう面倒くせーというか怖えーというか、今となっても昨年のを事前に回避できたビジョンが見えない。
正解がわからない中で進めてるので、やっぱり今回も不安が立ち込める。
というか、今回こそはどうにかせなというプレッシャーがヤバい。
普通に考えて今回はバージョンアップじゃなくてリプレースなので、リスクは低いはずなんですけどね。
もはや、結果オーライでは済まない状況に来ている……。
期待されて投入されたはずが逆に潰されるとか、河田弟にとっての湘北の赤坊主か!

ま、ともあれやったらやったでそれなりに楽しいんですけどね。
どうも苦手意識が出来てるだけで。
とりあえず次の土日は何も予定入ってないし、リフレッシュを……うん、簿記の勉強ですね。
正直、この辺りも最近の私のテンションを下げている要因な気がしないでもない。
勉強せなならんということよりも、今回も受かる程度の勉強時間は確保出来そうにねーな、と思う中での勉強ほど盛り下がるものはない。
いつになったら、私はガチで簿記の勉強が出来るのか。
する必要が一ミリもないから出来ないのか。

おかえり僕らのジーニアス

どうも、はむばねです。
今日金曜じゃねぇのかよ!
なんか知りませんが、今日の金曜っぽさはハンパなかったです。
明日も出勤だと気付いた時、危うく挫けそうになったわ。
むしろ、今日が金曜だとタスク的な意味でヤバくはあるのですが。
つーか、今週は火曜休んでるのでむしろ逆だろうという気がしないでもない。

さて、それはそうと、
昨日、ようやくジャンプを読んだんですけどね。
今週から新連載のSOUL CATCHERSが面白い!
ような気がする!
いや、わかっている。
恐らく、LIGHT WING補正が多分に掛かっているであろうことは自覚している。
ジャンプの打ち切り漫画の中では、私はぶっちぎりでLIGHT WINGが好きですからね。
なんなら歴代ジャンプ作品で見てもそこそこ上に来る。
なにせ、ジャンプを購読して以来既読のジャンプ作品で単行本を買ったのはLIGHT WINGだけだからな!
あと、アルコール補正も割と入ってる。
しかしながら、それを差っ引いても新連載時点でここまで期待するのはハイキュー以来です。
(なお、その前となるとタカヤまで遡る)
うんまぁ、若干の死臭が漂っていることもわかっている。
い、いやでもハイキューも正直ここまで安定してくれるとは思わなかったし……。
とりあえず、今度こそはタカヤ以来のアンケートハガキを出すか。
ハイキューの時もそんなこと言ってましたが、結局出すまでもなく安定してくれましたからね……。
しかし、今度こそは私が出さねばヤバいのではなかろうかという気がする。
もしや、AKBのファンとかの人たちはこういう心境なのだろうか。
とりあえず、熱が冷めないうちにもうこの後ハガキ書き始めようと思います。

引き続き歯の話

どうも、はむばねです。
昨日歯に詰めてもらった、一時的な詰め物的なものが既に剥がれ始めてる気がするんだが。
こんだけ早いと、むしろ今残ってる方が異常なんじゃないかと不安になるよね!
ただ、その詰め物のおかげか痛痒かった部分は特に何も感じなくなったのですが。
代わりに(?)、その真下の歯が今度は痛みだしたんだが。
なんなの?
ピタゴラスイッチ的なシステムなの?

さて歯医者といえば昨日少し驚いたのですが、最近の歯の麻酔って塗るだけ(?)なんですね。
いや、実は最近じゃなくて昔からなのかもしれませんが。
なんか昔、麻酔をするのがまず痛いとか聞いたことがあった気がしてたので。
全く痛くなて驚きました。
というか、痛くなさすぎて「え、今何やってるの? 麻酔って言ってたけど、今麻酔してるの? それとも、何か他のことやってんの?」と不安になりました。
しかも、麻酔が効いてんのかよくわかんねー段階でチュイーーーーンが始まったしな!
治療が終わる頃になってようやく感覚が麻痺ってる実感が出てきたんですが、ホンマにあれ治療始めた段階で麻酔効いてたんやろうな……。
いや、痛くなかったんだから効いてたんでしょうけど。
なんか、その点もすげぇ不安でした。
歯医者さんって、もうちょっと色々説明しながらやってくれるんじゃねぇの……?
まぁ、今更医者を変える気もないですが……。
何にせよ、近いというアドバンテージには勝てない。

フッ……20年ぶりだな……

どうも、はむばねです。
今日は、歯医者に行くためにお休みを貰ったよ!
こないだからの、なんか痛痒い感が気になって仕方ないんでね!
なお、歯医者は夕方からだったので昼過ぎまでめっちゃ寝たよ!
おかげで、今日やろうと思ってたもろもろは一ミリたりとも捗らなかったよ!

閑話休題。
そんなこんなで、今日は歯医者に行ってきたのでした。
たぶん最後に行ったのが小学校低学年の頃なので、20年ぶりくらいでしょう。
ちなみに、行ったのはウチから交差点挟んで斜向かいにある歯医者さん。
だいぶ長いこと気付かなかったのですが、こないだふと見たら「あれ、ここ歯医者だったのか」と気付いたので。
私が歯医者行きを決めたきっかけでもある。
流石にここまで近ければ、面倒という気持ちも多少は薄れる。

で、検診してもらったわけなのですが。
歯医者における、何されてるかわからない感は異常。
口の中という死角、そして歯医者慣れしていないことにより、マジで何やってんのか全然わかんかったです。
とりあえず事前に違和感があると伝えているところに関しては、
「あー、穴あいてるねー」
あ、穴?
穴というのは、虫歯なのか?
それとも、欠けてるとかそういうことなのか?
「ここはちょっと弄る必要あるけど、後はちょっと詰めるだけで大丈夫そうだねー(チュイーーーーン)」
お、おう。
言ってることはわかるが、今その音を立てているオペレーションは何をしているんだ?

結局、とりあえず今日は型を取ったというのはわかったのですが、他に何をされたのかが全然わかりませんでした。
麻酔してなんかチュイーンってしてたので、何かはしてたと思うのですが……。
型取る時も、後に型を取っていたとわかっただけで、何かを口に入れられた後に「は噛んで―」と言われるままに従い「これはいつまで噛んでればいいんだろう。つーか、どんくらい力入れればいいんだろう。なんかちょっとずれた気がするんだが大丈夫だろうか」と、なかなかに不安な気持ちでいっぱいでした。
今現在、歯に何かがかぶさってる(詰まっている?)感もあるのですが、これは一体何なんだろう……。

とりあえず最後にもらった控えで虫歯と思しき箇所が8箇所あったのはわかったのですが、深刻度が全然わからねぇ。
先述の歯医者さんの言葉を信じるならば、1箇所除きちょっと詰めれば大丈夫という雰囲気っぽいですが……。
まさか、歯医者に行ったことでより状況が不透明になるとはな!

脱宣言

どうも、はむばねです。
あっつい\(^o^)/
一応まだ上着は着て(持って)行ってるんですが、そろそろ限界ですね。
財布入れとして持っていくには邪魔すぎる。
というか、たとえ着てなくとも持ってる部分が暑すぎる。
というわけで、今期の上着の出番はここまでですね。
さようなら上着、また会う日まで!
具体的に言うと、12月まで!

しかし、そう考えるとプリン体氏の結婚式はクソ暑い合間の奇跡的な涼しさでしたね。
雨が降っていたせいで屋外のイベントが変更になってしまったのはとても残念でしたが、おかげで涼しかったのは私にとって僥倖だったのかもしれない。
もっとも、その上で定期的に汗だくになってたけどな!

まず、第一の発汗ポイントはもちろん会場にたどり着くまで。
途中までは上着無しの半袖スタイルで行ってたのですが、流石に最寄り駅で最大フォーマルスタイルに。
もうこうなったら、汗をかくしかないよね。
徒歩5分て書いてあったところ、15分くらいかかったしな!
安定の、歩き出し180度真逆でした。
なんか、やけに人気のない方に行くなーとは思っとったんや……。
受付開始より微妙に早く着きそうだけど、どうしよう……とか完全なる杞憂でした。
なお、式が始まる直前まで(約40分)汗は引かなかった模様。

で、結婚式場は割とひんやりしてたので良かったのですよ。
その後の披露宴会場も、移動で若干汗ばんだものの、なに、ちょっと垂れ落ちる程度です。
アルコールが入って発汗量が増すものの、どうにか拭いきれる程度。
問題は、なぜかミニキャンドルに火を灯しに行った時でした。
ちょっと前行ってwwww帰ってきたら汗だくwwww
ボロボロ垂れてたでwwww
なんなの?
立ったからなの?
歩いたからなの?
ろうそくに近づいたからなの?
どれも原因として割と有力すぎて困る。
それらが複合した結果、今一度あたかもシャワーを浴びたかのような状態になっていたのでした。
というか、ただこの世に存在するだけで発汗するのが人間という生き物ですからね。

そんなこんなで、事あるごとに発汗していたのでした。
四次会の会場だけは、涼しくて(というか一般的にはたぶん寒くて)汗をかかなくて良かったです。

祝った

どうも、はむばねです。
というわけで、昨日はプリン体氏の結婚式に参加して参りました。
毎度思いますが、結婚式・披露宴というのはエンターテイメントですね。
まだ私は3回しか披露宴経験がないわけですが、どれも趣向が違っていて、それぞれ非常に新郎新婦「らしい」感じがして面白いです。
しかしいずれも幸せな二人を見る点は共通で、こちらも幸せな気分になれますね。
普段幸せを見失いがちというかほとんど見失いっぱなしの私にとって、お裾分けとはいえ素直に幸せな気分になれるのは披露宴の時くらいではなかろうか。

披露宴の後は、ふくし氏達が幹事を勤める二次会へ。
参加者も多く、イベントも多数用意されてる規模大きめ? の二次会でした(つっても、二次会経験も乏しいので普通がどれくらいなのかもよくわかりませんが)。
こちら、結構な巻き進行だったようなのですが、それが逆に異常に濃い濃度を生み出してて楽しかった気がします。
あと、ビンゴの景品に「はむばねの本」があってワロタw

ちなみに、二次会以降は雪魔氏も参加だよ!
ここで、当ブログに登場するメンバーに詳しくない方(というか、もはや全部わかっている人はいるのだろうか?)のために補足ですが。
雪魔氏は、私の高校の同級生で今は違う会社(島根)に勤めてます。
プリン体氏は、私の会社の同期(大阪)です。
つまり、一般的に見て全く関わり合いのない者同士である。
私が雪魔氏を同期飲みに召喚し、何度か一緒に飲んだこで出来た繋がりですね。
なお、雪魔氏は二次会に呼ばれた件について私が手引きしたと思われていたようですが、今回の件に関しては一切ノータッチである。
むしろ、行くって聞いた時に「え、呼ばれてんの?」ってなったわ。
もはや、私とか関係無しに自走している状態である。
雪魔氏とウチの同期を引き合わせたのは、私が自社に対して唯一貢献した事項と言えるであろう。
なお、雪魔氏に二次会のお誘いが行ったのは1週間前との事で、実に雪魔氏である。
雪魔氏側に全く非はないはずなのに、なぜか納得出来る不思議。

ちなみに私は(なぜか)昨日のうちに帰るつもりで新幹線の往復チケット買ったのですが、そういや雪魔氏が来る以上(二次会に参加した時点で島根への帰還は絶望なので)朝までコースかと新幹線の中で遅まきながら気づいたり。
そんなこんなで、日付が変わる頃まで三次会、朝まで四次会やって始発で帰ってきたのでした。
ここでもそれなりに色々あったのですが、大体が身内ネタなので割愛。
なお、他社の同期の中に混ざっているにも拘わらずほとんど中心に雪魔氏がいたことだけはここに記しておきます。
彼の空間支配能力は日を追うごとに強力になっていってる気がしますね。

«  | ホーム |  »

プロフィール

hamubane

Author:hamubane

たぶんライトノベル作家的なもの


Twitter

既刊情報

最新コメント

最新記事

カレンダー

04 | 2013/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

月別アーカイブ

カテゴリ

ジャンルランキング

[ジャンルランキング]
日記
320位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
124位
サブジャンルランキングを見る>>

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR