FC2ブログ
スクウェア・エニックスノベルス『スタンプ・デッド』1~5巻&コミック版、『太陽で台風』1・2巻発売中!
ガンガンノベルズ『魔法少女アーヤ☆アミー』発売中!
徳間デュアル文庫『魔王さんちの勇者さま』1~4巻発売中!
徳間文庫『欠陥妖怪住宅』、『パラレル家族計画』発売中!
ぽにきゃんBOOKSライトノベルシリーズ『ブチ切れ勇者の世界征服』1~2巻発売中!
HJ文庫『カンスト勇者の超魔教導』1~3巻発売中!
ファンタジア文庫『お助けキャラに彼女がいるわけないじゃないですか』1~3巻発売中!
JUMP j BOOKS『ぼくたちは勉強ができない 非日常の例題集』発売中!

受賞歴:
2004年、第1回スクウェア・エニックス小説大賞『入選』
2008年、第5回トクマ・ノベルズEdge新人賞『徳間デュアル文庫特別賞』
2017年、第11回HJ文庫大賞『銀賞』
2017年、ジャンプ小説新人賞’16 Winter 小説フリー部門『銀賞』
2017年、第30回ファンタジア大賞 『金賞』

«  | ホーム |  »

専業作家として生きるための前提を真剣に考える~ワープア編~

どうも、はむばねです。
昨日は飲酒の上でスキル不眠が発動したので(最近多いね!)、今朝は比較的デロンデロンでした。
しかしそのくらいの方が、やる気が出ないと思うだけのやる気も出ないのでむしろ出社意欲は普段より高いくらいだったという。


そんなこんなで、昨日の続きです。
ぶっちゃけトークが続くけど、別に会社辞めるわけでも作家辞めるわけでもないよ!
今のところはな!

なお、これらの記事は私の適当な認識を元に裏も取らずに記載した適当なものである。
事実と相違があったとしても、責任なんて取らないんだからねっ!


というわけで。
昨日の結論:大卒・院卒並の生涯年収を作家で得るのは無理ぽ\(^o^)/
では一気に水準を下げて、いわゆるワープア並、年収200万で定義するとどうだろうか。
これを達成しようと思うと、年間約3万5千冊の発行が必要となります。
年間3作書くと考えると、1作1万強の発行。
ないし、年間2作で1作2万弱の発行。
この辺りならば、確実とは行かないまでも、実績から考えても不可能ではない数値です。
私のこれまでの作品でも、「当たり」の方なら達成出来るレベルですね(どれが当たりだったかはご想像にお任せしますが)。
なるほど、ワープアレベルを覚悟出来るならば専業作家への道も十分現実的ということか。

……と、いう結論に至るにはまだ早い。
なぜならば、この議論は「今後40年変わらぬペースで書き続ける」ことが前提になっているからです。
年収200万だともっと長く、なんだったら死ぬ直前まで書き続ける必要があるかもしれません。
これが、この議論における最も現実感のない部分です。
むしろ、1シリーズでリーマンの生涯年収を超えるよりも現実味がないかもしれない。
なぜならば、「日本で40年書き続けたライトノベル作家」という例が一例たりとも存在しない(と私は思う)からです。
「ライトノベルを書いたことのある作家」という括りで言えば、40年選手もいるのかもしれません。
それこそ、筒井康隆先生とかね。
しかし私は、日本における狭義のライトノベルの発症は角川スニーカー文庫の創刊で、ファンタジア大賞の始まりが「ライトノベル作家」の始まりだと思ってます。
すなわち、1989年に始まったライトノベルは、現在24歳。
私より年下じゃねぇか! という状況です。
結構な成長を続けてきたライトノベル市場ですが、40年後にどうなってるかというと、まぁ正直微妙というか楽観視は厳しいですよね。

そんなわけで、「ライトノベル専業作家は早期に1発当てない限り厳しい」というのが結論になるのではなかろうか。
まぁしかし、確かに安定性など求めないフロンティアスピリッツを持つ者だけが成功を掴めるのかもしれない。
ギャンブルはギャンブルでもそれなりに実力がモノを言う世界だし(少なからず運が絡むのは確実だとは思いますが)、自信のある方はそういった選択肢を採るのもアリなのではないでしょうか(他人事)
スポンサーサイト



«  | ホーム |  »

プロフィール

hamubane

Author:hamubane

たぶんライトノベル作家的なもの


Twitter

既刊情報

最新コメント

最新記事

カレンダー

05 | 2013/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

月別アーカイブ

カテゴリ

ジャンルランキング

[ジャンルランキング]
日記
320位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
124位
サブジャンルランキングを見る>>

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR