FC2ブログ
スクウェア・エニックスノベルス『スタンプ・デッド』1~5巻&コミック版、『太陽で台風』1・2巻発売中!
ガンガンノベルズ『魔法少女アーヤ☆アミー』発売中!
徳間デュアル文庫『魔王さんちの勇者さま』1~4巻発売中!
徳間文庫『欠陥妖怪住宅』、『パラレル家族計画』発売中!
ぽにきゃんBOOKSライトノベルシリーズ『ブチ切れ勇者の世界征服』1~2巻発売中!
HJ文庫『カンスト勇者の超魔教導』1~3巻発売中!
ファンタジア文庫『お助けキャラに彼女がいるわけないじゃないですか』1~3巻発売中!
JUMP j BOOKS『ぼくたちは勉強ができない 非日常の例題集』発売中!

受賞歴:
2004年、第1回スクウェア・エニックス小説大賞『入選』
2008年、第5回トクマ・ノベルズEdge新人賞『徳間デュアル文庫特別賞』
2017年、第11回HJ文庫大賞『銀賞』
2017年、ジャンプ小説新人賞’16 Winter 小説フリー部門『銀賞』
2017年、第30回ファンタジア大賞 『金賞』

«  | ホーム |  »

私は誰?

どうも、はむばねです。
さて突然ですが、世の中には様々なWEBサービスがあります。
その中には、アカウントの登録が必要なサービスも数多くあります。
私もご多分に漏れず、いくつものサービスにアカウントを登録しています。
でも全部違うアカウント名なんて使ってた日にゃあ忘却消失待った無しなので、極力同じアカウント名にする方が多いと思います。
私も、ご多分に漏れずそうです。
基本的には、「hamubane」で登録してます。
「hamubane」で統一したいです。
まぁ、何が言いたいかというとですね。
SkypeとLINEと、あとpixivで「hamubane」アカウント取った人誰よ。
hamubaneとか、普通思いつかんフレーズやろ……。

まぁしかし、とはいえですね。
毎日「はむばねです」っつって宣伝とかもしてるけど、ぶっちゃけブログを更新している私とライトノベル作家はむばねが、本当に同一人物なのかを証明する術もないよね!
別段、作者しか知らない情報載せてるわけでもないですしね。
本の内容とかの話も、私の妄想かもしれない。
あるいは、近しい者がリークしているだけなのかもしれない。
なにせ、当ブログにおける発売日発表は大抵読者さんに指摘された後だしな!
ネット上での本人証明とは、かくも難しいものである。

まぁ、私がはむばねであろうがなかろうがとりあえず宣伝はしとくわ!

ブチ切れ勇者の世界征服 1 (ぽにきゃんBOOKSライトノベルシリーズ)
はむばね
ポニーキャニオン
売り上げランキング: 26,319

障害対応全部俺

どうも、はむばねです。
本日は休み、研修、研修、研修と、チーム内の体制がものっそい貧弱な日でした。
何も起こってくれるなよ、と祈っていたんですけどね。
そうだね、こういう時にこそお前《障害》は来る奴だってことはわかってたよ。

というわけで、朝ゼロから障害対応。
正確には、昨日の夜に出てたワーニングに関する対応。
割と早々に、サービス影響がないのがわかったのはよかった。
あと、元々私が見てたサーバだったので、私が全部わかるのもよかった。
しかし、調査するのも、問い合わせするのも、調整するのも、申請するのも、記録するのも、作業するのも全部私。
申請系が間に合わんということで、お昼休みも申請しながら昼食摂取。
障害対応をしながら食う飯ほどまずいものはないよね。
まぁその甲斐あって、夕方にはクローズできたのが救いでした。

しかしあれですね、久々に取りまとめじゃなく実担当として動きましたが。
やっぱ自分一人でやるとはえーな。
まぁ難度が低かったというのもありますが、なかなかに良い動きが出来ていたのではなかろうかと自画自賛。

さて、それはともかく。
昨日ちょろっと書いたメロンブックスの特典の件ですが、メロブ公式にもう出てたわ
なお、リンク先に飛ぼうとすると18歳以上か聞かれると思いますが、18禁ではないのでご安心ください。
どうやら、先着限定ということらしいですね。
どのくらい用意されるのか、予約は先着扱いになるのかとか、よくわかりませんけど。
ここで入手できなかった方のために、いずれは短篇集とかに収録したいものですね。
以前にも書きましたが、私は短篇集を出すのが夢の一つなんだ。
そしてこれもまた同じタイミングで書いたと思いますが、まぁいつも短篇集書いてるようなもんだけどな!

いけるやん

どうも、はむばねです。
本日は振休だよー\(^o^)/
本当は、(昨日もう振休の連絡出してたけど)今日やっぱり出社しようかと思ってたんですけどね。
起きた時点で大体諦めた。
いけるいける、私ならあのくらいのタスク量2日もありゃこなせるぜ!
頼んだ、明日の自分!

というわけで(?)、せっかく起きたので今日は朝から喫茶店で書いてみるテスト。
結果、午前中で約2枚(10ページ)。
2時間半くらいいたので、時速1枚弱ってところですね。
結構いけるやん!
というか、ひっさびさに酒飲まずに書いた気がする。
ファミレス飲酒執筆に変わる新たなスタイルになる可能性は感じましたね。
というか、一番一般的なスタイルなのになぜ今まで試さなかったのか。
問題は、2回3回とやった時に効果がどの程度継続されるかですね。
あとなぜか、個人的にファミレスより長居しづらい感がある。

なお、書いていたのはもちろん『ブチ切れ勇者の世界征服2』だよ!
やべー全然進んでねー、と思ってたけど、なんかコツコツやってるうちにいつの間にかそろそろ後半戦突入しそう。
まぁ私にとって、前半など文字通り前哨戦であり、後半が山場なんですけどね。
前半は基本、何も考えずに誌紙面埋めてりゃ問題ないからな……。
そんな労力を無駄にしないためにも、7/3(木)発売の1巻よろしくお願いします!
ちなみに、公式で発表されたらまた書きますが、メロンブックスで買うと書き下ろしSS付きの特性リーフレットがもらえるらしいよ!
そっちの原稿ももう上がってて、割といい出来だと思います。
なお、本文読了後に読むの推奨。

あと、今更ながらサイドバーにもリンク追加しました。

編集さんに対する思いとか

どうも、はむばねです。
突然ですが。
当ブログを読んでる方の中には、編集業を営んでいらっしゃる方もいらっしゃるのでしょうか。
もしいらっしゃるのだとすれば、一作家の意見としてこんな言葉を述べたい。
例えば貴方は、「こいつ何回言っても思ったようなアイデア出してこねーな」とか思ったことはないだろうか。
はっきり言おう。
作家サイドから言わせれば、それは8割貴方のせいである。

一応私も10年近いキャリアがあるわけで、それなりに何人かの編集さんとやりとりをさせていただきました。
もちろんベテラン作家の方からするとひよっこ同然の経験値でしょうが、まぁまるっきりのペーペーというわけでもないでしょう。
その中で、私が経験した編集さんは2種類。
・何個アイデアを出しても蹴られ、結局出版に至らない
・最初に出したアイデアの中から最低一つ気に入ったものを挙げていただき、最初とはかなり違う形になりつつも、出版に至った
最近ふと振り返ってみて思ったのですが、マジでこの2種類しかない。
まぁこれは私の性格によるところも大きいとは思うのですが。

大体私が合わない人というのは、以下のような特徴を持っている。
・とりあえず否定から入る
・否定の理由が凄い曖昧
・「じゃあこういうのは全部ダメなんですね?」というと、「いやそういうわけでもない」と言う

まぁ端的に言うと、たぶん自分でも明確なイメージをお持ちでないのでしょうね。
上2点はともかく、3点目は本当にイラッとくる。
否定するなら否定するで、こっちとしては否定される範囲を特定したいわけですよ。
点でしか否定しないとか、アホか。
せめて面で否定しろよ。
「そうじゃなくて、もっと狼の群れの中に羊が一匹いるような~」って、イメージで語るな、わからん。
「いや~、これはちょっとまどマギとかぶってますしね~」と言うので「じゃあ魔法少女ものは全部アウトってことですね?」って聞くと「いやそういうわけではない」と言う。
あのね、こっちは脱サラしたおっさんが魔法少女として就職する案出してるの、これでまどマギとかぶってるんだったら何ならかぶらないんだよ。

反面、モノになった作品というのは非常に「お互いの意見をぶつけあった結果出来た」という印象が強い。
「こうすればいいんじゃない?」というアイデアまでいただければベストですが、流石にそこまでは求めません(無論、そういった意見をいただいたことで大幅に質が向上した例は存在しますが)。
「ここは、こういう理由でイマイチですね」という意見をいただけるだけでも大助かりなのです。
特に最近の私は、なんかクソ面白くない文章が出来上がったけど、具体的にどうすればいいのかわかんないって状況がたまにあるんですね。
それに対して、「ここが良くないと思う」とか「こういうことを期待している」とか、そういう事を言ってもらえると、「なるほどそういう方向性もありか!」と思えるわけですよ。
そういうのが、作家と編集のあるべき姿だと個人的には思います。
ただ否定が貰いたいだけなら2chにでも投稿するわ。

無論、作家サイドに問題があるケースもままあるでしょう。
しかし自分の担当する作家が一部の天才除いてストップするとか、他の人が担当してた時に比べて明らかにスローダウンしている場合、ご自分の責任を疑ってみてもいいんじゃないですかね。

で、まぁ何が言いたいのかと言うとだ。

ブチ切れ勇者の世界征服 1 (ぽにきゃんBOOKSライトノベルシリーズ)
はむばね
ポニーキャニオン
売り上げランキング: 26,319


今回の作品は、かつてないほどに編集さんとやりとりした中で生まれたということですね!
今日は宣伝じゃないと思った?
残念、宣伝でした!

うん、ていうか書いてて思ったのですが、否定だけする編集さんと作品作りをすると、それって結局私一人が書いてる作品になっちゃうんですよね。
編集さんの否定を受けて、私が再考して、私が書く。
でも、(一部の天才除き?)一人で書けるものなんて限界がある。
そんなもんは、言ってみりゃあアマチュアレベルとさほど変わらんわけですよ。
今回も元のアイデアからは2転3転して全く別の形になりましたが……というか、2転3転した末原点に戻ってきた感がありますが、とにかく喧々囂々と創り上がった作品です。
最終的には、二人……正確には版元さん合わせた三人全員が面白いと思えるものになったよ!

なお余談ですが、否定されるとイラッとくるけど、全肯定されるとそれはそれで不安になる模様。
面倒くせぇな!

私のすべてをそこに置いてきた

どうも、はむばねです。

ブチ切れ勇者の世界征服 1 (ぽにきゃんBOOKSライトノベルシリーズ)
はむばね
ポニーキャニオン
売り上げランキング: 26,319


面白い(確信)
あえて言おう、自信作であると!

まぁこういうことを書いてると、かつて似たようなことを書いて大爆死した某魔法少女を思い出しますが!
いや、あれもね、私の中では今でも到達点の一つだとは思ってるんですけどね。
如何せん、売れなかったよね。

とはいえ、今回はまた、あれとは違った意味での到達点に至れたかな、と思っております。
かつて私はアーヤ・アミー以前の作品でそれまで給した全てを吐き出し、新たなインプットもない状態で、私の中に残った最後の最後の、しかしある意味最も濃厚と思われる部分をアーヤ・アミーに詰め込みました。
今回は、ある意味その逆。
とにかく材料を放り込みまくった後に煮詰めて、その上辺の旨味を救い上げた感じです。
具体的に言うと、↓がギュッと詰まってる。



特に、竹井10日先生の影響はそこそこ受けてると思います。
2013年(というかここ数年)で一番衝撃を受けた作家さんだからね、仕方ないね。

それに加えて、これまでに培ってきたものも詰め込めたと思っています。
スタンプで培った、勢いを。
太陽で台風で培った、ラブ一直線力を。
魔王さんちで培った、幼女力ファンタジー力を。
魔法少女で培った、構成力を。
欠陥妖怪住宅で培った、ボケ構成を。

これら全てが注入された一冊になっていると思います!
自分でも驚いたのは、かつての勢いが(恐らくはかつてとは真の意味では違うものではあれ)戻ってきたことですね。
年を取るにつれて失われ、もう戻ってこないものだと思っていたのですが。

昔からの読者さんにとってはある種の懐かしさも感じていただけるかもしれない本作、是非ともよろしくお願い致します!

いち

どうも、はむばねです。
よし、今日こそは新作の話をしよう。

というわけで。

ブチ切れ勇者の世界征服 1 (ぽにきゃんBOOKSライトノベルシリーズ)
はむばね
ポニーキャニオン
売り上げランキング: 26,319


既にコメントでもいただいておりますが、今回はタイトルのここに注目!
ブチ切れ勇者の世界征服 1

そう、今回は1巻なんだね。
それはどういうことなのか。
つまり、続編前提ということなんだね。

今までみたいな「続編も出せるよ」という構成ではなく、続編が完全に前提です。
1巻では何も解決していません。
そして、既に2巻書いてます。
私のシリーズ最長巻数はスタンプの5巻で、それは私自身がこれ以上無理\(^o^)/となったから終わらせたんですけどね。
#魔王さんちもそのパターンでした。
今回は、是非とも長編シリーズを目指したいと思っております。
数巻分の構成は自分の中で見えてますし、大体ラストの方の流れまで考えてる。

これらを無駄にしないためにも、皆様ご協力をお願い致します!
まずは、目指せ2巻発売!
1巻もまだ出てねーのに気がはえーな!

じゃぱにーず

どうも、はむばねです。
昨日「発売日に至るまで当ブログは概ね新作の宣伝ブログとなる」と書いたばかりだが、早速今日は別の話題について書くことにするぜ!

はい、というわけで受けて参りました日本語検定1級。
とりあえず、財布と受験票と筆記用具さえ持ってきゃいいだろう、と思ったら参考書を忘れていることに電車の中で気付く。
うーむ、電車の中で最後の勉強しようと思っていたのですが……。
なぜか日本語検定って、ネット上であんまり問題とか乗ってないので携帯じゃ勉強しづらいんですよね。
日本語能力検定の方はわんさか出てくるのに。

まぁでも、結論から言うと参考書持っていっててもあんま関係なかったかもしれません。
つーか、そもそも勉強した意味があったのかかなり疑問。
結局、参考書で学んだこととか何も生かさず以前からの知識のみで戦った感がある。
まぁ、元々そんな感じになるだろうという予感はありましたが。
出来の方は……うーん、微妙。
合格ラインは8割なので、「ようはセンターで160点とりゃいいくらうのラインっしょwww余裕www」と思っていたんですけどね。
よく考えたら私は、センター本番の時に国語で過去最低点を叩きだした実績持ってたわwww
5問に1問は間違っててもおkと考えるといけてないこともない気がしないでもないけど、四字熟語はたぶん全滅してるしなぁ……。

あとその他の事ととしては、すげぇ親切&思ったよりシステマチックでワロタw
普通会場の係員さんって聞かれたら答えるってスタンスだと思うんですが、とりあえず会場入りしたら「何級ですか?」「1級です」「では、右手のエレベーターで4階です」とちゃんと案内してくれた係員さん。
あぶねぇ、左に行くところだった……と、相変わらず二択に賭けてハズレを引きかけてた私も安堵。
で、教室前にも係員さんがいて、受験番号言ったら席まで案内してくれました。
すげぇ手厚いな。
それとも、私の会場入りが遅かったからか?
13時半開始、13時開場で、13時過ぎに行ったのに皆ほとんどもう座ってるってどういうことなの……。
なお、13時をちょっと過ぎたのは無論(駅から2分の距離で)迷っていたためである。

あと、机に受験番号と名前とバーコード付きのシールが用意されてて、解答用紙にはそれペタンと貼るだけで自分で名前とか書かないというのは新しいと思った。
受験番号間違える心配もないし、便利やん!
それから、最初の説明の時に合格発表日はおろか、速報が出る日まで教えてくれるのも親切。
更に、自分で見に行かなくても合格だろうが不合格だろうが結果を郵送してくれる模様。
なかなかやるやん。
だが、受験票に開始時刻が記載されていないのはなぜなのか。

はい、まぁそんなこんなで微妙な出来の一日でした。
試験時間は1時間だけだし、今回落ちたらまた受けましょうかね。
問題はこれ、勉強しても得点率が上がる気がしない点やな……。
素の日本語能力が問われる気がする。

ついに解禁

どうも、はむばねです。
公式発表きたよー\(^o^)/
というわけで。

ブチ切れ勇者の世界征服 1 (ぽにきゃんBOOKSライトノベルシリーズ)
はむばね
ポニーキャニオン
売り上げランキング: 141,374


新作『ブチ切れ勇者の世界征服1』7/3(木)発売だよー\(^o^)/
なお、ご覧のとおり今回はレジに持っていくハードルが少々お高くなっておりますのでご注意ください。
#私的には余裕なレベルだけどな!

はい、そんなこんなでようやく新作について触れられますね。
本作は、主人公勇者、ヒロイン(たぶん)魔王ものです。
どっかんちで見たことのあるような構成ですね。
ただし魔王さんちの勇者さまが世界を救わない系勇者だったのに対し、本作は世界を積極的に征服する系勇者です。
あと姫様が蝶よ花よと育てられた世界最強級魔王だったのに対して、本作の魔王様は(世界ランク的に見ると上位ではあるものの)作中最弱級ヒロインです。
その扱いの悪さは、ミィロ・クージャもかくやというレベル。
ちなみに、年齢は生後二ヶ月だよ!
姫様の七歳を大幅に更新したね!
これ以上は、胎児でも出さないと越えられないレベル。
とりあえず魔王は幼女にしておけばいいという風潮。
言うまでもないですが、表紙が件の魔王様です。

えぇまぁそんなわけでね。
今後は、出来る限り小出しにして情報を出していきたいと思います。
本日以降、発売日に至るまで当ブログは概ね新作の宣伝ブログとなることをご容赦ください。
なんだったら、これで発売日までのネタは概ね確保できたとすら言える。

どうでもいい話

どうも、はむばねです。
ぶっちゃけ昨日より今日の方が体調悪いよね。
朝はそうでもなかったけど、昼過ぎくらいからそこそこしんどかったです。
昨日は死ぬほど寝ていて、今日は普通に働いてた、というのもあるとは思いますが。
そんなわけなので、今日はちょっと早めに上がってきました。
微妙にカラオケに誘われたけど、丁重にお断り。
今日カラオケになぞ行こうものなら、口から声以外のものまで出そうだからな!

さて、そんなこんなで特に書くこともないのでどうでもいい話をしよう。
こないだ新幹線に乗って、初めて車内でコーヒー買ってみた時に気付いたんですけどね。
車内販売のコーヒーって、ビールより高いんですね。
詳しくは忘れましたが、確かコーヒーが300円強で、ビールが300円弱だったかな?
これはコーヒーが高いと見るべきか、ビールが安いと見るべきか。
いや、少なくともビールは安くはねーよな……。
妥当な車内価格という気はするが。
となるとコーヒーが高いのかもしれませんが、しかし喫茶店価格と思うとそこまで高くも思わない不思議。
うん、しかし店で出る価格を基準に考えると、ビールの方はそれなりに安い気もする。
まぁ一つ言えることは、この話が本当にクソほどどうでもいいということだな!

稀によくある

どうも、はむばねです。
風邪引いた\(^o^)/
山場を乗り切る直前で体調を崩すという、いつものあれですね。
まぁ、今は全然山場でもなんでもないけどな!
じゃあいつものあれじゃないじゃねぇか。

とりあえず、死ぬほど寝たらなんかだいぶ治った気がします。
昨日、窓開けっぱにしていつもの超薄着スタイルで寝たのがまずかったのだろうか。
気付いたら、私が寒いと思うくらいに涼しくなってましたからね。
今日は昼でも凄い涼しかった。
なんか、今暑くなってきてる気がするけど。

とりあえず、今日も死ぬほど寝て明日には復帰する所存。

«  | ホーム |  »

プロフィール

hamubane

Author:hamubane

たぶんライトノベル作家的なもの


Twitter

既刊情報

最新コメント

最新記事

カレンダー

05 | 2014/06 | 07
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

月別アーカイブ

カテゴリ

ジャンルランキング

[ジャンルランキング]
日記
377位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
146位
サブジャンルランキングを見る>>

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR