スクウェア・エニックスノベルス『スタンプ・デッド』1~5巻&コミック版(完結)、『太陽で台風』1・2巻(完結)発売中!
ガンガンノベルズ『魔法少女アーヤ☆アミー』発売中!
徳間デュアル文庫『魔王さんちの勇者さま』1~4巻(完結)発売中!
徳間文庫『欠陥妖怪住宅』、『パラレル家族計画』発売中!
ぽにきゃんBOOKSライトノベルシリーズ『ブチ切れ勇者の世界征服』1~2巻発売中!

2017年4月、第11回HJ文庫大賞にて『銀賞』をいただきました!
2017年5月、ジャンプ小説新人賞’16 Winterにて 小説フリー部門『銀賞』受賞をいただきました!
2017年9月、第30回ファンタジア大賞にて 『金賞』をいただきました!

第11回HJ文庫大賞"銀賞"受賞作『カンスト勇者の超魔教導 ~将来有望な魔王と姫を弟子にしてみた~』
1・2巻、HJ文庫より発売中!
第30回ファンタジア大賞 "金賞"受賞作『お助けキャラに彼女がいるわけないじゃないですか』
3巻、8/18(金)ファンタジア文庫より発売です!

«  | ホーム |  »

情報系女子またたびさんの事件ログ

どうも、はむばねです。
ノートPCがクッソ遅くなる件は、どうもWindowsアップデートが悪さをしてたっぽいです。
切り戻したらサクサク動くようになりました。
ホントにWindowsアップデートは碌なことしねぇな!

さて、それはそうと。
今年最後の更新は、今年最後の感想タグにして、今年最後に読んだ本の紹介だ!
日野氏の新作、『情報系女子またたびさんの事件ログ』だよー\(^o^)/

情報系女子またたびさんの事件ログ (TO文庫)
日野イズム
TOブックス (2015-01-01)
売り上げランキング: 15,681


おぉ、本格(?)科学ミステリー!
情報系の学部に所属する主人公・相川君が、画像処理系研究室の変人博士課程生またたびさんの力を借りて事件を解決していくお話です。
画像処理の技術を用いて、捏造写真のトリックを暴いたり、カメラの映像を解析して証拠を集めたりします。
なお、上記で「本格」に「(?)」を付けたのは、私が門外漢ゆえ本当に本格なのかの判別がつかないためです。
まぁ門外漢っつーか、まさしくその情報系の学部出身で、IT業界勤めなんですけどね!
うん、だいぶ門の中にいるな。
とはいえ、画像処理系はやっぱり門外漢ではあるのですけれど。
少なくとも(一応)情報系を齧った人間からすると「あぁ確かにそうだね」と思わせるだけの説得力はあります。
流石、本業のコンピュータビジョン系研究者が書いとる話やでぇ!

なお、「まさそしくの情報系の学部出身」と書きましたが。
本作の舞台は、R大学です。
そうだね、まさしくだね。
何のことかわからない人は、Wikipediaの私の項目でも見てみよう!
一応、変換はされているというか名称そのままが出ているわけではないんですけどね。
建物の位置から学園祭の空気、食堂メニューの価格帯まで全部鮮明に想像できるわ!
あ、もちろん某大学出身じゃない方にもちゃんとわかるよう説明はされています。
が、某大学OBならニヤリとする内容であることは間違いないでしょう。

閑話休題。
ミステリーと言っても、別段雰囲気が重苦しかったり、血みどろのの事件が起こったりするわけじゃありません。
事件としては学園祭に絡むもので、基本的に学内で閉じてますしね。
あらすじにも、「ほのぼのリケジョミステリー」とありますし。
雰囲気としては、個人的には日野氏のデビュー作『ロールプレイ』に戻ってきた感じかな? とちょっと思いました。
そして、仮にも作家としてこういうざっくりとした表現を用いるのは(今更ながら)どうかと思いますが、何というか凄く「ドラマっぽい」。
午後9時か10時くらいに凄い放送してそう。

私は実はミステリーってそんなに好きではないのですが、これは凄くサクッと、一気に読んでしまいました。
なんだろう、ミステリーが確かに話の多くを占めるのは確かなのですが。
でも、それも結局「大学生活の一部」みたいな風に感じるからなのかな?
主人公の相川君とまたたびさんとの出会いも、研究室訪問(?)で出会ったようなもんですしね。
上記の通り物凄い凄惨な事件に巻き込まれているわけでもなく、学園祭という日常の中の非日常の中に、もうちょっと非日常な事件が絡んだだけで、学生生活から大きく逸脱していないというか。
日常パートというか、学生生活の描き方が上手いというのもあるんでしょうね。
うん、私もこんな感じだったよ。
少なくとも某大学情報理工学部に進学しようと思っている高校生の皆さんは、大体大学に入ったらこういう生活になると思ってくれていいよ!
まぁもちろん、あくまで「典型的な」という注釈は付きますけれど。

うーむ、シンパシーが強すぎてどうしても現実の話題に引っ張られがちだな。
閑話休題。
ミステリーの皮をかぶっている……というかミステリーでは間違いなくあるんですけども、同時に描いているのが「人間」でもあると言いますか。
事件を通して、主人公組含む色々な人間の内面が見えてくるというのも面白いですね。
というかこれは、事件というツールを通して、相川君とまたたびさんという二人と、それを取り巻く環境について紹介する本なのかもしれない。
特に、一見何の変哲もなさそうな相川君が、確かに何の変哲もなく、それは間違いないのだけれども、またたびさん曰く実は「化け物を飼っている」というのが面白い。
もっとも、化け物といっても……というのは、本編をお読みになっていただければわかるかと。

あ、ちなみにまたたびさんまたたびさん言ってますが、別段彼女は猫又でも猫憑きでも何でもない、ただの博士課程の学生さんです。
家に帰らず研究室に寝泊まりして、大学の施設でシャワー浴びて、気が付くと昼間っからその辺の床に転がっていて、大体いつも同じ服装していて、何か変な物を好んで摂取し、本業に関しては天才的だけどそれ以外に関してはよくわからない事を言っている、そんな普通の学生さんです。
ていうかこれ、某氏じゃねーか!
うんまぁ、いるよね、こういう人……。
いや、流石に某氏にロボットのお友達はいなかったけれども。
二次元のお友達は沢山いたと思いますが。

はい、まぁそんなわけで。
相変わらず、雑多な感想になってしまいましたね。
つーか、内容についてほとんど触れてないじゃねーか!
いや、それもいつも通りか!

えー、一応まとめると。
かつて研究室に所属していた人も、いなかった人も。
科学捜査ドラマが好きな人も、人間ドラマが好きな人も。
おとなも こどもも おねーさんも。
幅広い人が楽しめる一作ではなかろうかと思いました。
軽快なやりとりも多く、私のようなラノベヲタにとってもものっそい面白かったです!

新年明けて早々、1/1発売ですよー!
つーか、たぶん今日開いてる本屋さんだったらもう置いてると思うけど!




以下定期。
==============================================
飲みに行こうずwww@関西
1/3 奈良?
1/5 大阪
==============================================
スポンサーサイト

ニート製造所

どうも、はむばねです。
実家の魔力やべぇ。
アカン、今日やろうと思ってたことほとんど何もやってねぇ。
休憩がてら読もうと思ってた小説すら読まず、ほとんどWEB小説を読んで過ごしてしまった。
小説を読む代わりに小説を読むってどういうことなの。
いやまぁしかし、実際WEB小説ってまとめブログとかに近い性質があると思うんですよね。
1話1話は割と手軽に読めるので取っ付き易いんですが、その気になれば無限に繋がっていくという。
気がついたら時間の経過がマッハやでぇ……。

これが、私が会社辞めても実家に帰らなかった最大の理由なんですよねぇ。
どうにも、自分のペースが作りにくいというか。
あと、実家は環境が良すぎて逆に良くないという事象も。
まず、布団ね。
実家の布団は羽毛布団で、フカフカで温かいんですけどね。
暖かすぎて、むしろ暑いわ!
私には、うっすい毛布とせんべい布団くらいがちょうどえぇんや……。
スキル不眠発動不可避。
あと、ご飯もね。
なんかもう、胃袋の限界に挑戦させてんのかって量が出てくるよね。
しかも私は普段あんまり食べない方なんですが、実家だと割と食べれてしまう不思議。
しかし、結果食後しばらくは使い物にならなくまるという。

それにしても、明日から頑張るとは何だったのか。
まぁ正直、この展開は予測してましたけどね!
つーか、危うくブログを書く気力まで削がれるかとおもったぜ。
これに関しては、実家に持ってきたノートPCがクッソ遅くてイライラするというのも理由の一つですが。
文字打つだけでフリーズしかけるって、どういうことなの……。
外出時以外は使わないPCで、前の時はそんなに問題なかったはずなのに……。
結局パソコンの目の前でiPadから更新したわ。
とかとか、まぁいろんなことのせいにしたけどぶっちゃけ環境が整ってからといってちゃんと作業してたかっつーと凄く微妙だよね!
私の精神力の弱さを甘く見たらあかんで。


以下定期。
==============================================
飲みに行こうずwww@関西
1/3 奈良?
1/5 大阪
==============================================

帰った

どうも、はむばねです。
昨日は、今回の上京の主目的……というか、結果的に唯一の目的となったお食事会でした。
吉野匠先生、日野氏、編集さん、私の四人でしゃぶしゃぶ行ってきました。
お食事会といいつつ、普通に飲んだけど。
そこで、吉野先生の執筆状況を聞いてビビるなど。
うーん、やはり専業でやっていくにはそのくらい書かんといかんのですよねぇ……。
まだ、私には「覚悟」が足りていなかった。
よし、がんばろう!
明日から!
いや、うん、やっぱカプセルホテルってあんまりゆっくり寝られないのか、なんか今日すっげぇしんどいんですよね……。

DSC_0164.JPG

日野氏から新刊も貰ったよ!
『情報系女子またたびさんの事件ログ』、1/1発売ですよー!
早速読んで感想書きたいと思います!
できれば今年中に!

ちなみに実は私も新刊を持って帰ってきてたんですが、お店に持っていくの忘れてた\(^o^)/
/(^o^)\ナンテコッタイ


ま、まぁそれはともかく。
一夜明けた本日、実家に帰ってきたのでした。
今回はさしもの私も新幹線の指定席を一昨日の時点で購入してたんですが、むしろ自由席で余裕でしたね。
なお、この時期にわざわざ東京に行き、しかも結構時間に余裕があったにも拘らず、コミケに行くという選択肢はナッシング。
MEL先生が出してるんだったらご挨拶に伺う所だったんですが、今回お忙しいらしく欠席だそうですからね……。

えー、てなわけで関西に戻ってまいりましたので改めまして。
飲みに行こうずwwwww
今のところ、1/3と1/5に実施予定です!
場所はたぶん大阪か奈良か京都辺り。。
今のところ、3日が奈良で5日が大阪かなー。
希望があれば他の日程でもやってやんよ!

メロンブックス池袋店

どうも、はむばねです。
メロンブックス池袋店に行ってきた。

DSC_0163.JPG

池袋駅南口(西武口)のドンキホーテの裏へ二本入ったところにありました。
看板も小さいし、結構わかりづらいぞ! 気をつけろ!
ファミマが目印だ!

でまぁなんのためにわざわざ行ってきたかというとですね。

DSC_0161.JPG

そうだね、オープン記念のサイン色紙を確認するためだね。

DSC_0160.JPG

私のサインもちゃんと飾ってくれてました。
恥ずかしいわ!
この際ネームバリューの問題は置いとくとしても、なんか場違い感があるよね!
ていうかこれ、どういう基準でサイン頼んでるんでしょうね。
ぽにきゃんBOOKSの他の作家さんのサインもいくつかありましたが、全員ってわけでもないですし。
一応、メロンブックスさんからはある程度気に入られているということでよいのかしら。
写真に写ってるとこの他にも2~3箇所サイン飾ってあるところがあって、この辺りはライトノベル系が集まってるのかな?
と思ったら、唐突なニャロメロン先生のサイン登場で草不可避www

いやぁ、ホントはね。
恥ずいので、現物確認するつもりも、写真をアップするつもりもなかったんですけどね。
コミケの影響か宿の予約が難航する中、奇跡的な条件で取れた宿が池袋乗り換えの駅だったんだから行かざるを得ないよね。
何か運命めいたものを感じる。

飲もうずwww@関西

どうも、はむばねです。

DSC_0159.JPG

キングオブコントのDVD届いたよー。
まぁ、届いたところで観る隙はないわけですが。
なぜなら、今日から東京ですからね!

というわけで、東京は大山駅付近に来ております。
駅から徒歩0分、というホテルを取ったんですけどね。
なぜか、辿り着くのに30分ほどかかった件について。
駅から徒歩0分? それだけあれば私を迷わせるには十分すぎるぜ!
駅を出て、一歩目で踏み出す方向を間違えるという基本を踏襲しつつ。
大きい看板が目印です! が触れ込みなホテルの看板を見逃し目の前スルーという大技を三連発。
しかも見つけてみれば、確かに結構目立つ大きな看板なんですよね。
ネットに看板の写真まで載ってたのに。
あれか、私の迷力はついに方向感覚のみならず視覚まで惑わせ始めたか。

まぁ、それはともかく。
明日東京での予定を終え、そのまま明後日から実家に帰ります。
というわけで、掲題の通り関西で飲みに行ける人募集だよー。
参加いただける方は、以下日程の中からご都合の良い日と共にコメントいただければと思います。
12/30
1/1
1/3
1/4
1/5
場所についても、ご希望ございましたら併せてお知らせください。

髪切った

どうも、はむばねです。
こないだ、髪を切りに行ったのですよ。
名古屋時代に行ってた(東海メインの)美容室の支店がなぜかこっちにもあったので、そこに行こうとは思ってるんですけどね。
毎回面倒臭さに負けて、クッソ近所の安い散髪屋さんに行ってしまいます。

でまぁこの散髪屋さん、クッソ近くて安くていつ行っても待たないのはいいんですけどね。
ぶっちゃけ、個人的にめっちゃ入りづらい。
というのもですね、なんか雰囲気が常連ばっかの定食屋って感じで慣れない身では躊躇してしまうんですよね。
一例を挙げると。

・店内を自由に闊歩してるから店員さんかと思ったら客だった
・パーマとかかけてるわけでもないのに、私が入った時にいた人が私が切り終わってもまだいる
・ていうか喋ってるだけで髪切ってない

まぁ、この辺まではいい。

・店内に犬(中型犬)がいる

お、おぅ。
ちなみに、繋がれてるとか座って大人しくしてるとかじゃなく普通に歩きまわってこっちの足元まで来たりします。
いや、個人的には別にいいんだけど……。
人によってはアウトなんだから、せめて表に書いといた方が良いのではなかろうか……。

いやしかし、ここまでもね。
まぁまぁわからんでもないっつーか、納得できる。
しかしだ。

・自分の髪を切ってた店員さん(店長?)が、切ってる最中に普通に犬に話しかけに行く
・犬の散歩から帰ってきた人がいたので、店員さんかと思ったら客だった

どういうことなんだってばよ……。
しかし、安さと近さと予約不要の手軽さに惹かれて今回もその散髪屋さんに行くのであった。
まぁ、実害はないですしね。
精神的ハードルは高いけど。

THE MANZAI 2014

どうも、はむばねです。
今年のTHE MANZAI、とりあえず3回観たから感想書くよー\(^o^)/
なお、当然のことながらアルコールインの状態で書いているため評価は割と適当である。

・構成
年々茶番感が薄れてきてよいと思います。
カメラワークも、今年は悪くなかった。
ただ最低限悪くなかったということで、相変わらず漫才中に漫才以外の場面を写すのはやめていただきたい。
せめてワイプにするという選択肢がなぜないのか。

・二丁拳銃
思い出補正を除いても、2003 M-1のネタ(ピクルス抜いてください)の方が面白かった感は否めない。
積み重ねる感じは良かったし、「(美容師は)生きてる!」「(伊勢海老は)ちょっと生きてる!」辺りはワロタw
ただ、そこを頂点にちょっとストップがかかった感はある。
しかし、トップバッターという事を加味しても票入らなさすぎじゃね? という気はした。

・エレファントジョン
今年のオジンオズボーン枠かな?
こういう、単発ネタ(特に一発ギャグっぽいの)を続ける系のネタはあまり好きではない……。
とはいえ2回目の爆発のくだりはよかったし、それなりに積み重ねがあるのはよかった。

・アキナ
全体的に良かった。
爆発力はなかったものの、一つ一つのネタにハズレがなかったし、積み重ねもあった。
俺誰やねんな! の所が個人的にマックス。
オチでもう一爆発あったら優勝候補入りできたかも。
現状では、「確かにこの組の中では一番かな……」という感じ。

・磁石
ネタを畳み掛ける感はよかった。
地力を感じる。
オチも悪くはなかったが、やはし爆発力が……。
アキナと比べて、どちらかというとアキナかなぁ……? という感じ。
ただそれは2回目の時の感想で、正直初見の時はアキナ、二丁拳銃、磁石、エレファントジョン、の順番だった。

・トレンディエンジェル
キャラ押しを強くした結果か……?
ネタとしては、個人的には2012の時の方が好きだったかな……。
国民ワラテンのサンプルとしてやってた時(2011だっけ?)の時とトンくらいの印象。
まぁ、確かにキャッチーというかわかりやすい笑いではあるかもしれんすね……。
初見の時は「ねぇよ……」と思ったけど、自分の好みを排除して論理的に判断すれば決勝進出もまぁ理解できなくもない。

・馬鹿よ貴方は
ポテンシャルは感じる。
が、これは本来の彼らのリズムなのか……? という気もしないでもない。
本来はもうちょっと間を取る芸風なのかな……?
ちょっと、テンション系なのか間で笑いを取る系けのか、どっちつかずだったかも?
それでも、自分が票を入れるとすればこのコンビだけども。
麒麟枠の常としてこの後ちょっとブレイクして、進化してくれる事を願う。

・囲碁将棋
一点突破のその姿勢は嫌いじゃない。
基本的に酒飲みながら(=何か食べながら)ネタを観る私が、一段評価を下げてしまっている可能性は否定できないけれども。
でも、途中でボケとツッコミが入れ替わる感は良かった。
そして、個人的にはトレンディエンジェルよりはこっちの方が上の評価なんだけどなぁ……。

・学天即
初見の時は去年の方が面白い気がしたけど、2回目見たら今年の方が面白いような気がしてきた。
イラッとくる系の芸風でありながらイラッとくる感が薄れてるし、細かいツッコミも冴えてる。
このツッコミは非常に論理的というか納得できるというかウィットに富んでいるというか、個人的にはとても好み。
なんですが、それよりもトレンディエンジェルが上回るということは一般的にはもっとわかりやすい笑いが求められているのか……?
たけしの「高度な事をやってるけど、笑いが起こってるということは客もわかってる」的な評価は正しいと思うんだけどなぁ……。
まぁ、如何せん爆発力が……という感もわかりますが。

・和牛
こういう、しつこく繰り返す系のネタはとても好きです。
それに、何というか「論理的に考えて面白い」。
しかし、ちょっと頭で考える系であった事は事実かな……。
なんというか、今年は全体的に勢いが足りないのではなかろうか……。
この手の笑いは個人的にはとても好きなのですが、確かにキャッチーさは足りないのかもしれない。

・博多華丸・大吉
コメントの視点が一組だけ違いすぎるやろ……w
既に実績のあるコンビだからこそ出来る、ある意味横綱相撲的なネタですね。
ていうか、ネタの対象年齢高すぎワロタw
なんというか、貫禄の安定クオリティとしか言い様がない。

・ダイアン
これはこれで安定のクオリティ。
しかしこの場合、安定してるというのもある意味問題ですね。
決して面白くないわけではないですが……。
例えばお正月のネタ番組でダイアンが出たら嬉しいけど、THE MANZAIの決勝で見たいかというとそうでもないというか。

・三拍子
「誰がデブだよ!」「俺だよ!」の掴みはいいですねw
流石に、ワイルドカード枠からの出場は勢いがありますね。
平均して面白かったし、徐々に上がっていく感じもよかったと思います。
爆発力が足りなかったというとまぁそうですが、それは全体的にそうやしな……。
個人的には、決勝進出してても全然納得できる。

・アキナ(決勝)
1回目とほぼ同じ評価。
1回目に比べて室が落ちてるわけじゃないし、むしろ決勝の方がいいネタを持ってきてる感はあるけど、しかしやはり同じ系統のネタというのはちょっと印象が落ちるところはあるかな。
そう思うのは、私が今回アキナ初見だったからか?

・トレンディエンジェル(決勝)
うーん、トレンディエンジェル。
即座に前の組のくだりを取り入れた所は上手い。
個人的には、1回目より断然良かった。
ただ……うーん、トレンディエンジェル。

・博多華丸・大吉(決勝)
1回目を利用しての掴みは流石。
場の作り方といいオリジナル格言といい、総じてレベルが高い。
優勝は納得ですね。
しかしなんというか、順当だけど順とすぎる感はなきにしもあらずというのは贅沢なのか。

・全体
悪くなかった、というのが総評ですかね。
サプライズというか、爆発はなかったけど、及第点はクリアした感じ。
底は上がってきてるのでは? という気はしますね。
まぁしかし、思い出補正込で、全盛期のM-1(個人的には2003~2005)には全く及ばず、末期M-1にも数歩及ばずって感じかなぁ……。
まぁ、私の感覚が今の流行に合わなくなってきてる可能性はありますけれど。

きたよー

どうも、はむばねです。

DSC_0158.JPG

2巻の見本来たよー\(^o^)/
相変わらず、現物サイズで見ると思ってた以上に際どいな!
だ、大丈夫、今回も大事な所は帯で隠れてるから……。
写真では伝わらないと思うので、皆さんも実際手にとって確認してみてね!
なお、その際知り合いに見られてその後の関係に影響が生じたとしても当方は責任を負わないよ!
心配な方はamazonさんを頼ろうね!

ブチ切れ勇者の世界征服 2 (ぽにきゃんBOOKSライトノベルシリーズ)
はむばね
ポニーキャニオン
売り上げランキング: 83,498


いやぁ、しかし現物を見るとやはりホッとするというか、達成感がありますね。
しかも今回、実は私も表紙以外のイラストを見るのはこれが初めてなんですよね。
なので、一通り確認してみた結果。
うん。
とりあえず、今回のカラー絵は(表紙含め)概ね肌色であると思っていただいて構わない。
温泉シーンもあるよ!
あと、1巻ではなかったあの人のイラストとかも!

というわけで、1/7発売の2巻、よろしくお願い致します。


という上記内容とは関係ありませんが、もとのさんが今年も連続更新をやるようです
翌日仕事の社会人なのに翌朝まで連続更新するというそのフロンティアスピリッツ、皆で見守ろうぜ!
私も一応代打原稿書いたので、そのうち載るかもね!

全知全能の神山田

どうも、はむばねです。
たまには自分が書いてるレーベルの宣伝もしなくちゃね!
というわけで、今月発売の新刊の感想です。

全知全能の神山田 (ぽにきゃんBOOKSライトノベルシリーズ)
佐東 みどり
ポニーキャニオン
売り上げランキング: 235,199


パンチが凄いな!
まず、タイトルがシンプルでありながら興味深い。
あと、表紙イラストも何故か惹かれる。
ド派手な色してるからか?
あらすじを読んでの、「神の力を偶然奪ってしまった高校生」という設定も目を引く。
そして、読み始めて冒頭での「全知全能の神・山田」じゃなくて「全知全能の・神山田」なのかよ! という点も引きが強い。
#苗字が「神山田」。まぁ、よく見たらあらすじの段階で書いてあったけど。
正直、お手本にしたいレベルでのパンチ力。
読まなきゃ(使命感)という気にさせられます。

なお、本文は全三章で以下のような構成となっております。
1章:導入(主人公とヒロイン(?) の出会いと能力披露)
2章:神の力を使ってのスカートめくり(ヒロインの出番ほぼ無し)
3章:ヒロイン(元神)と米国大統領による相撲対決(主人公、及び神の力の出番ほぼ無し)
構成がロックだな!

上記構成からもわかる通り、主人公は神の力をアクシデント(?)で奪ってしまいますが、全くバトル展開とかはありません。
むしろ、ほとんど使ってない説さえある。
スカートめくりのために力の調節してる所が最大の神の力ポイント。
そんな感じの、緩めコメディです。
少なくとも1巻の時点では、シリアス無しの1冊ガチコメディ。

あと、ヒロインのゴッドちゃん可愛い。
最初はウザ系ヒロインかと思ったけど、割と不遇ということもあり、器の大きさも見せて最終的には一周回って可愛くなってきた。
これが、ウザかわいいという境地か……。


ブチ切れ勇者の世界征服2も1/7に発売ですよ!
ついにamazonさんにも表紙が来ましたのでリンク貼ります。

ブチ切れ勇者の世界征服 2 (ぽにきゃんBOOKSライトノベルシリーズ)
はむばね
ポニーキャニオン
売り上げランキング: 29,960

そんな今日この頃

どうも、はむばねです。
しばらく放置してしまっていた礼服を、ようやくクリーニングに出しました。
クッソ近所のクリーニング屋さんで、初めて利用しましたが割と安くて早いです。
それはいいんですが、一つだけ問題があってですね。
アカン、この店員のおばちゃんものっそい喋るタイプの人や……。
名古屋時代もそうでしたが、クリーニング屋には喋るおばちゃんが入る法則でもあるのか……?
とりあえず他の日のシフトがどんなおばちゃんなのかを調査するのが急務かもしれぬ。
まぁ、今やクリーニング屋さんを利用する機会なんて結婚式がある時くらいでしょうが。

あと、ついでに傘を買いに行ったりも。
また傘をパクられたと思った?
残念、パクられた時用にもう一本買ったのでした!
はむばね は 予備 という 概念を 習得した!
これまでは、なくなったら買うという発想だったんですけどね。
ここまで来るともう消耗品、いや使い捨てにする勢いで傘を用意した方が良いのではないかと思い始めた今日この頃なのであります。

ちなみに、最近は基本自転車じゃなくて専ら徒歩で移動することにしてます。
よくよく考えてみればそんなに急ぐような事もないですし、徒歩の方が気分転換になる気がするので。
んで、徒歩で出歩くようになって気付いたんですが。
雨の後の道路、滑りすぎワロタwww
道路っていうか、タイル?
マンションの床も、濡れてるとめっちゃ滑る。
流石に、ここまで滑るか……? と思ってふと靴底見たら、靴底すり減りすぎィ!
ツルッツルやないか!
そらグリップもクソもないですわ……。
まぁ、この靴も結構長いですからね……。
そろそろ換え時か……。


======================================
飲もうずwww
日時:12/27(土)たぶん18:00くらい
場所:たぶん池袋辺り
======================================

«  | ホーム |  »

プロフィール

hamubane

Author:hamubane

たぶんライトノベル作家的なもの


Twitter

既刊情報

上の方は絶版じゃないよ!

お助けキャラに彼女がいるわけないじゃないですか2 (ファンタジア文庫)

最新コメント

最新記事

カレンダー

11 | 2014/12 | 01
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR