FC2ブログ
スクウェア・エニックスノベルス『スタンプ・デッド』1~5巻&コミック版、『太陽で台風』1・2巻発売中!
ガンガンノベルズ『魔法少女アーヤ☆アミー』発売中!
徳間デュアル文庫『魔王さんちの勇者さま』1~4巻発売中!
徳間文庫『欠陥妖怪住宅』、『パラレル家族計画』発売中!
ぽにきゃんBOOKSライトノベルシリーズ『ブチ切れ勇者の世界征服』1~2巻発売中!
HJ文庫『カンスト勇者の超魔教導』1~3巻発売中!
ファンタジア文庫『お助けキャラに彼女がいるわけないじゃないですか』1~3巻発売中!
JUMP j BOOKS『ぼくたちは勉強ができない 非日常の例題集』発売中!

受賞歴:
2004年、第1回スクウェア・エニックス小説大賞『入選』
2008年、第5回トクマ・ノベルズEdge新人賞『徳間デュアル文庫特別賞』
2017年、第11回HJ文庫大賞『銀賞』
2017年、ジャンプ小説新人賞’16 Winter 小説フリー部門『銀賞』
2017年、第30回ファンタジア大賞 『金賞』

«  | ホーム |  »

ジェネレーション(?)ギャップ

どうも、はむばねです。
新人の頃からおよそ10年、新作が出るとしばらくは作品名でググって片っ端から出てきたページを見るプレイングを欠かしたことはないのですが。
ブチ切れの感想で、いくつか意外なというか、思ってなかった感想がありまして。
すなわち、「元の世界に帰る理由がわからない」的なもの。
うん?
え、元の世界に戻るのに理由っているの?
どっちかっつーと、戻らない理由の方は必要だと思いますが……。
確かに物語終盤でのその葛藤は異世界物の王道ですが、1巻でその感想持たれるとは思わなかったわ。
まぁ確かに、物語終盤どころか26回程既に物語終わってるわけなんですけども。

……とか、思っていたんですが。
その後しばらくして、小説家になろうでいくつか読んでみてちょっと納得感が生まれたり。
前にも書いた通り、ランキング上位なんて猫も杓子も転生転生、たまに召喚もの、って感じなんですけどね。
異世界に行った皆さん、向こうで生活基盤築きすぎィ!
転生者の方は仕方ないにしても、召喚者の方はもうちょっと元の世界への未練とかあってもいいんじゃないですかねぇ……。
もちろん元の世界に戻ろうとする物語もありますが、どっちかっつーと異世界で逞しく生きていく系のお話が多い印象です。
そういうのが、最近の流れなんですかね?
だとすれば、上記のような感想が出てくるのにも納得です。

いや正確に言うと、「戻る理由がわからない」的な感想は昔から私も持ってたような気はする。
自分だったら元の世界に戻らんだろうな、という召喚物とかいくつも読んできた。
でもなんというか、召喚されたら元の世界に戻るのが当たり前というか、お約束だった気がするんですよね。
ラブコメなら空から女の子も落ちてくる、バトル物で主人公がピンチになれば覚醒する、魔法少女の正体はバレない、そんな感じのお約束。
そのお約束が、最近は崩れてきてるのかもしれませんね。
同じ感想でも、「元の世界に戻る理由がわからねーわwwww」から、「元の世界に戻る理由がわからない(真顔)」になってきた感じ。
この辺りの感覚は、ズレないよう気をつけないといけませんね。
そういうのに気付く意味合いもあり、私は自著の感想巡りをしているのである。

とかとか書きましたが、ちゃんと主人公が帰ろうとしている理由はあり、2巻ではその辺りにもちょっとだけ触れたりしています。
そんな2巻は、来月1/7に発売です!
もう来月が来年とか、ちょっと何言ってんのかわかんない。
スポンサーサイト



«  | ホーム |  »

プロフィール

hamubane

Author:hamubane

たぶんライトノベル作家的なもの


Twitter

既刊情報

最新コメント

最新記事

カレンダー

11 | 2014/12 | 01
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

月別アーカイブ

カテゴリ

ジャンルランキング

[ジャンルランキング]
日記
364位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
149位
サブジャンルランキングを見る>>

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR