FC2ブログ
ファンタジア文庫『世話好きで可愛いJK3姉妹だったら、おうちで甘えてもいいですか?』11/20発売!
JK文庫『異世界からJK転生した元妹が、超グイグイくる。』11/30発売!
JUMP j BOOKS『ぼくたちは勉強ができない 未体験の時間割』12/4発売!

スクウェア・エニックスノベルス『スタンプ・デッド』1~5巻&コミック版、『太陽で台風』1・2巻発売中!
ガンガンノベルズ『魔法少女アーヤ☆アミー』発売中!
徳間デュアル文庫『魔王さんちの勇者さま』1~4巻発売中!
徳間文庫『欠陥妖怪住宅』、『パラレル家族計画』発売中!
ぽにきゃんBOOKSライトノベルシリーズ『ブチ切れ勇者の世界征服』1~2巻発売中!
HJ文庫『カンスト勇者の超魔教導』1~3巻発売中!
ファンタジア文庫『お助けキャラに彼女がいるわけないじゃないですか』1~3巻発売中!
JUMP j BOOKS『ぼくたちは勉強ができない 非日常の例題集』発売中!

受賞歴:
2004年、第1回スクウェア・エニックス小説大賞『入選』
2008年、第5回トクマ・ノベルズEdge新人賞『徳間デュアル文庫特別賞』
2017年、第11回HJ文庫大賞『銀賞』
2017年、ジャンプ小説新人賞’16 Winter 小説フリー部門『銀賞』
2017年、第30回ファンタジア大賞 『金賞』

«  | ホーム |  »

THE MANZAI 2014

どうも、はむばねです。
今年のTHE MANZAI、とりあえず3回観たから感想書くよー\(^o^)/
なお、当然のことながらアルコールインの状態で書いているため評価は割と適当である。

・構成
年々茶番感が薄れてきてよいと思います。
カメラワークも、今年は悪くなかった。
ただ最低限悪くなかったということで、相変わらず漫才中に漫才以外の場面を写すのはやめていただきたい。
せめてワイプにするという選択肢がなぜないのか。

・二丁拳銃
思い出補正を除いても、2003 M-1のネタ(ピクルス抜いてください)の方が面白かった感は否めない。
積み重ねる感じは良かったし、「(美容師は)生きてる!」「(伊勢海老は)ちょっと生きてる!」辺りはワロタw
ただ、そこを頂点にちょっとストップがかかった感はある。
しかし、トップバッターという事を加味しても票入らなさすぎじゃね? という気はした。

・エレファントジョン
今年のオジンオズボーン枠かな?
こういう、単発ネタ(特に一発ギャグっぽいの)を続ける系のネタはあまり好きではない……。
とはいえ2回目の爆発のくだりはよかったし、それなりに積み重ねがあるのはよかった。

・アキナ
全体的に良かった。
爆発力はなかったものの、一つ一つのネタにハズレがなかったし、積み重ねもあった。
俺誰やねんな! の所が個人的にマックス。
オチでもう一爆発あったら優勝候補入りできたかも。
現状では、「確かにこの組の中では一番かな……」という感じ。

・磁石
ネタを畳み掛ける感はよかった。
地力を感じる。
オチも悪くはなかったが、やはし爆発力が……。
アキナと比べて、どちらかというとアキナかなぁ……? という感じ。
ただそれは2回目の時の感想で、正直初見の時はアキナ、二丁拳銃、磁石、エレファントジョン、の順番だった。

・トレンディエンジェル
キャラ押しを強くした結果か……?
ネタとしては、個人的には2012の時の方が好きだったかな……。
国民ワラテンのサンプルとしてやってた時(2011だっけ?)の時とトンくらいの印象。
まぁ、確かにキャッチーというかわかりやすい笑いではあるかもしれんすね……。
初見の時は「ねぇよ……」と思ったけど、自分の好みを排除して論理的に判断すれば決勝進出もまぁ理解できなくもない。

・馬鹿よ貴方は
ポテンシャルは感じる。
が、これは本来の彼らのリズムなのか……? という気もしないでもない。
本来はもうちょっと間を取る芸風なのかな……?
ちょっと、テンション系なのか間で笑いを取る系けのか、どっちつかずだったかも?
それでも、自分が票を入れるとすればこのコンビだけども。
麒麟枠の常としてこの後ちょっとブレイクして、進化してくれる事を願う。

・囲碁将棋
一点突破のその姿勢は嫌いじゃない。
基本的に酒飲みながら(=何か食べながら)ネタを観る私が、一段評価を下げてしまっている可能性は否定できないけれども。
でも、途中でボケとツッコミが入れ替わる感は良かった。
そして、個人的にはトレンディエンジェルよりはこっちの方が上の評価なんだけどなぁ……。

・学天即
初見の時は去年の方が面白い気がしたけど、2回目見たら今年の方が面白いような気がしてきた。
イラッとくる系の芸風でありながらイラッとくる感が薄れてるし、細かいツッコミも冴えてる。
このツッコミは非常に論理的というか納得できるというかウィットに富んでいるというか、個人的にはとても好み。
なんですが、それよりもトレンディエンジェルが上回るということは一般的にはもっとわかりやすい笑いが求められているのか……?
たけしの「高度な事をやってるけど、笑いが起こってるということは客もわかってる」的な評価は正しいと思うんだけどなぁ……。
まぁ、如何せん爆発力が……という感もわかりますが。

・和牛
こういう、しつこく繰り返す系のネタはとても好きです。
それに、何というか「論理的に考えて面白い」。
しかし、ちょっと頭で考える系であった事は事実かな……。
なんというか、今年は全体的に勢いが足りないのではなかろうか……。
この手の笑いは個人的にはとても好きなのですが、確かにキャッチーさは足りないのかもしれない。

・博多華丸・大吉
コメントの視点が一組だけ違いすぎるやろ……w
既に実績のあるコンビだからこそ出来る、ある意味横綱相撲的なネタですね。
ていうか、ネタの対象年齢高すぎワロタw
なんというか、貫禄の安定クオリティとしか言い様がない。

・ダイアン
これはこれで安定のクオリティ。
しかしこの場合、安定してるというのもある意味問題ですね。
決して面白くないわけではないですが……。
例えばお正月のネタ番組でダイアンが出たら嬉しいけど、THE MANZAIの決勝で見たいかというとそうでもないというか。

・三拍子
「誰がデブだよ!」「俺だよ!」の掴みはいいですねw
流石に、ワイルドカード枠からの出場は勢いがありますね。
平均して面白かったし、徐々に上がっていく感じもよかったと思います。
爆発力が足りなかったというとまぁそうですが、それは全体的にそうやしな……。
個人的には、決勝進出してても全然納得できる。

・アキナ(決勝)
1回目とほぼ同じ評価。
1回目に比べて室が落ちてるわけじゃないし、むしろ決勝の方がいいネタを持ってきてる感はあるけど、しかしやはり同じ系統のネタというのはちょっと印象が落ちるところはあるかな。
そう思うのは、私が今回アキナ初見だったからか?

・トレンディエンジェル(決勝)
うーん、トレンディエンジェル。
即座に前の組のくだりを取り入れた所は上手い。
個人的には、1回目より断然良かった。
ただ……うーん、トレンディエンジェル。

・博多華丸・大吉(決勝)
1回目を利用しての掴みは流石。
場の作り方といいオリジナル格言といい、総じてレベルが高い。
優勝は納得ですね。
しかしなんというか、順当だけど順とすぎる感はなきにしもあらずというのは贅沢なのか。

・全体
悪くなかった、というのが総評ですかね。
サプライズというか、爆発はなかったけど、及第点はクリアした感じ。
底は上がってきてるのでは? という気はしますね。
まぁしかし、思い出補正込で、全盛期のM-1(個人的には2003~2005)には全く及ばず、末期M-1にも数歩及ばずって感じかなぁ……。
まぁ、私の感覚が今の流行に合わなくなってきてる可能性はありますけれど。
スポンサーサイト



«  | ホーム |  »

プロフィール

hamubane

Author:hamubane

たぶんライトノベル作家的なもの


Twitter

既刊情報

最新コメント

最新記事

カレンダー

11 | 2014/12 | 01
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

月別アーカイブ

カテゴリ

ジャンルランキング

[ジャンルランキング]
日記
260位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
104位
サブジャンルランキングを見る>>

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR