FC2ブログ
ファンタジア文庫『世話好きで可愛いJK3姉妹だったら、おうちで甘えてもいいですか?』11/20発売!
JK文庫『異世界からJK転生した元妹が、超グイグイくる。』11/30発売!
JUMP j BOOKS『ぼくたちは勉強ができない 未体験の時間割』12/4発売!

スクウェア・エニックスノベルス『スタンプ・デッド』1~5巻&コミック版、『太陽で台風』1・2巻発売中!
ガンガンノベルズ『魔法少女アーヤ☆アミー』発売中!
徳間デュアル文庫『魔王さんちの勇者さま』1~4巻発売中!
徳間文庫『欠陥妖怪住宅』、『パラレル家族計画』発売中!
ぽにきゃんBOOKSライトノベルシリーズ『ブチ切れ勇者の世界征服』1~2巻発売中!
HJ文庫『カンスト勇者の超魔教導』1~3巻発売中!
ファンタジア文庫『お助けキャラに彼女がいるわけないじゃないですか』1~3巻発売中!
JUMP j BOOKS『ぼくたちは勉強ができない 非日常の例題集』発売中!

受賞歴:
2004年、第1回スクウェア・エニックス小説大賞『入選』
2008年、第5回トクマ・ノベルズEdge新人賞『徳間デュアル文庫特別賞』
2017年、第11回HJ文庫大賞『銀賞』
2017年、ジャンプ小説新人賞’16 Winter 小説フリー部門『銀賞』
2017年、第30回ファンタジア大賞 『金賞』

«  | ホーム |  »

オフェンスはディフェンスから、ボケはツッコミから

どうも、はむばねです。
私の好きな作品に『それは舞い散る桜のように』があることは10年前から書いている通りでして。
この作品の魅力の一つは、クッソ笑えるコメディシーンが多いことなんですけどね。
最近、その理由の一つに登場人部の大半が「意図的にボケている(キャラとして描写されている)」からではなかろうかという気がしています。
舞人さんとか、雪村さんちのこまっちゃん辺りが顕著ですね。

翻って自著を振り返ってみると、今まで数々のボケキャラを描いてきましたが、というか描いてきた大半のキャラがボケですが、内訳としては天然ボケタイプがほとんどです。
辛うじて意図的にボケてると言えるのは、華さんといない時の陸くんと、モアをイジってる時の優武くらいでしょうか。
まぁ、別に意図してそういう風にしてたわけではないのですけどね。
改めて考えると、意図的なボケキャラというのは結構難しいと思うのですよ。
天然でボケるキャラであれば、そのキャラの軸さえ設定してあげれば「あ、この場面はこの子だったらこう動くな」というのをそのまま描写してやればよいだけなのですが。
意図的なボケとなると、「あ、この子ならここでボケるな」とは思ってもどういう風にボケるかまではわかんないですからね。

ところで、話は変わるようで変わらないのですが。
確かアンタッチャブルだったと思うのですが、先にツッコミを出してそこからボケを作るというネタ作りのスタイルを取っているらしいんですよね。
というわけで、今回はそれをやってみた。
いやしかし、これはやはりコンビだからこそ成り立つ手法って気もしますね。
ツッコミ先行で作ると、なんかネタが散らかることがあります。

ネタが散らかった(けどまぁいいやと思って本編に残した)例:
「父さん、別の未来だと社長やってんだね」
「あぁ、まさか俺が中国、南朝の斉の詩人になっているとはな……タイムスリップかな?」
「それは謝朓ですわ」
「よくわかったわね……流石我が娘、といったところかしら」


えぇ、まぁそんなこんなで前置きが長くなりましたが。
上記手法も交えながら、はむばね史上初の意図的にボケるキャラとして意図的に描写したキャラが主人公な『パラレル家族計画』明後日発売ですよー!

パラレル家族計画 (徳間文庫 は 37-2)
はむばね
徳間書店 (2015-03-06)
売り上げランキング: 36,017


いよいよ漫才のネタ作りを参考にし始めたな!
果たしてそれは本当に小説の作り方なのだろうか、という疑問点には積極的に目を瞑る所存。
スポンサーサイト



«  | ホーム |  »

プロフィール

hamubane

Author:hamubane

たぶんライトノベル作家的なもの


Twitter

既刊情報

最新コメント

最新記事

カレンダー

02 | 2015/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

カテゴリ

ジャンルランキング

[ジャンルランキング]
日記
68位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
27位
サブジャンルランキングを見る>>

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR