スクウェア・エニックスノベルス『スタンプ・デッド』1~5巻&コミック版(完結)、
『太陽で台風』1・2巻(完結)発売中!
ガンガンノベルズ『魔法少女アーヤ☆アミー』発売中!
徳間デュアル文庫『魔王さんちの勇者さま』1~4巻(完結)発売中!
徳間文庫『欠陥妖怪住宅』発売中!
ぽにきゃんBOOKSライトノベルシリーズ『ブチ切れ勇者の世界征服』1~2巻発売中!
徳間文庫『パラレル家族計画』発売中!

2017年4月、第11回HJ文庫大賞様にて『銀賞』をいただきました!
2017年5月、ジャンプ小説新人賞’16 Winter様にて 小説フリー部門『銀賞』受賞をいただきました!

«  | ホーム |  »

金紙

どうも、はむばねです。
免許更新……行く!
という強い意志を持って本日に臨んだはむばねさんであったが、普通に寝坊した\(^o^)/
ま、まぁ寝坊したということはそれだけ眠れたということやからね……(震え声
おかげで体調は無茶苦茶バッチリだぜ!
逆フラグ回収完了!

これはもう後半に行くしかないかなと思ったのですが、思ってたより前半の受付時間が長かった(11時までかと思ってたら13時までだった)のでダッシュで渡辺通ゴールド免許センターに向かったのであった。
ここウチから滅茶苦茶近いし、自転車なら5分ちょっとくらいで着くから余裕だぜ!
……と思って外に出たら、雨!
今! まさに降り始めました! って感じの雨!
ぐむむ、歩いて行ったらちょっと間に合わない可能性が出てくるし……。
もう後半の部にしようか、いっそ明日にしようか……とも思ったのですが。
前半ラストくらいの方が空いてそうだし、えーい、ままよ! とばかりに雨の中濡れながら自転車で跳び出したのでありました。
なお、写真撮影もあることを思い出したのはもう割とどうしようもないレベルで濡れた後のことである。

ただ、タイミングの話で言うとこの判断は大正解でですね。
なんと整理券いらずの待ち人数3人!
ほぼ待ち時間なくスルスル~っといけました。
講習についてはちょうど前の人がラストだった(教室が一杯になったら講習が開始されるスタイル)らしく新しい教室一番乗りになってしまい15分ほど待つことになりましたが、むしろトイレ行ったり水買ったりする余裕が出来てちょうど良かった気がします。
結局、全部で1時間くらいでサクッと終了。
みんな、渡辺通ゴールド免許センターで免許更新する時は受付終了間際がお得だぜ!
講習も、ラストの組だと満員になるのを待つことすらなく始まりますしね!
問題は、この情報を生かすことの出来る方がウチの読者さんに一人でもいるのかって点だな!
結構有益な情報ではあると思うのですが。

ちなみにご飯食べ終わって、14時半くらいかな? に通ったら60人待ちくらいになってました(後半の受付開始は14時から)。
が、まぁ所詮60人くらいなので基本平日ならすいてそうですね。
というか、事前に調べた時に「日曜は激混み!」って記事があってですね。
どれだけ待つというのだ……?(ゴクリ と記事の内容見てみると、「待ち時間は1時間オーバー」とか書いてあって半笑いが漏れましたね。
お前それ奈良県警察運転免許センターでも同じこと言えんの?
平日の受付開始前朝0で行って半日作業やぞ……。
もう5年前の記憶ですが、前回もゴールドだったのにそんくらいかかった記憶がある。
実際、ゴールドだけの受付な時点で相当な時間短縮になりますよね。
しかも、奈良県の場合他に選択肢がないからな……。

今回もそれくらいを覚悟してたので、正直拍子抜け感はありましたね。
奈良でしか更新したことなかったので、あれくらいが普通なんだと思ってましたし。
やはり住むならある程度の都会か……と強く思った瞬間でありました。
まぁ、周囲で何でも揃いすぎて行動範囲めっちゃ狭くなりますけどね。
まさにこの私のようにな!
こっちに来てから一年以上ですが、市外どころか天神周辺と博多駅周辺と福岡空港にしか行ったことない気がする。

閑話休題。
とまれ、これで5年ぶり2回目のゴールド免許ゲットだぜ!
前回更新から(というかたぶん前々回更新から)の運転回数0という実績が光る、ペラッペラのゴールドペーパー免許やで!
スポンサーサイト

毎度ながらあえてフラグを立てていくスタイル

どうも、はむばねです。
安西先生……ソースコードが書きたいです……。

ぐあぁぁぁ! ここ数日の不調で、私のソースコード書きたいゲージが臨界点を突破しようとしている!
抜けてしまう! せっかく絶好調の時に考えたアルゴリズムが頭の中から!
まぁ、実際抜けて困るような複雑なアルゴリズムなど1ミリもないのだけれど!

というわけで、本日も割と調子が悪かったのですが、どうにか活動可能ギリギリな調子には達してそうだったのでガリガリとコードを書いてきました。
ふふ……コードを書いている時だけ、私は自分が生きていると実感できる(※別にそういう設定はありません)。
いやでも実際、ちょっとこの体調だとソースコード書くくらいにしかやる気を発揮できないから仕方ない。

しかしそんなジャンキーとなりつつあるはむばねさんの前に立ちはだかる影。
その名は……Javascript!
なん……だと……。
私の無双感が……消えた……?

いやねー。
ぶっちゃけ今しなくてもいいけどまぁせっかくだしこの機会に改修しとくかって感じの機能があってですねー。
でもそこ、公開されてるJavascriptのコードをそのまま使ってるだけでしてね。
ほんで私、Javascript(というかjquery)は毎度場当たり的に対応してるので、ぶっちゃけ未だに文法すらほとんど理解してないんですよね。
というかJavascriptの野郎は、なんで変数に特殊記号を付けやがらないの?
私レベルだと、まずそれが変数なのか予約語なのかの判別を付けるのに1ハードル生じてしまうんだけど。
………………と思ったけど、よく考えたら我が母なる言語たるCでも変数に特殊記号付いてなかったわ……。
最近離れすぎてて、むしろ最初は特殊記号を付ける事に違和感を覚えていたあの頃の気持ちを忘れてたわ……。
で、でもCは明示的な型宣言が必要なんでわかりやすいから……(震え声
暗黙の型変換には未だにちょっと違和感を覚える派。

んで、結構頑張って「なるほど、これはこういう動きか」「つまり、こうすれば期待した動作に」「……ならない……だと……?」という流れを幾度も繰り返しました結果。
結局諦めて、流用コードの該当部分を殺して自前で実装し直したのであった。
こうして、今回も場当たり的な対応となり私のJavascriptへの理解が深まることはないのであった。


というクッソどうでもいいことしか書く元気がないので今日はここまで(あたかも普段はどうでもよくないことを書いてる感)。
明日は。いい日になるといいなぁ(体調的な意味で)。
俺、明日の体調が悪くなかったら免許更新に行くんだ……。
#あえ立てスタイル

だいじょばなくなった

どうも、はむばねです。
半年ちょっとくらいやってたちょっと大きめのシステムが、こないだで一段落ついてですね。
最近は、1人月相当くらいの小さめのシステムを作ってるわけなんですけども。
これが、楽しくて楽しくて仕方ないよね。

いや、別にこないだまでやってたシステムが楽しくなかったわけではないんですけどね。
なんつーか、長らく難関フィールドで戦ってた中でふと序盤のフィールドに戻った時のような無双感よ。
そこそこなシステム作って、やっぱ多少はレベルアップしてたみたいですね。
エラーが発生しても、「このエラー、前のシステムで見たやつだ!」ってなりますし。
以前はクソみてーに思い通りに行かなかったcssも「こいつ……(思い通りに)動くぞ!」って感じになってます。

更に、なんか知りませんがここ数日体調も無茶苦茶良くてですね。
#普通に戻っただけとも言いますが。
おかげで、タイプ速度が思考に追いつかねぇ。
ぐおぉぉぉぉぉ! 頭の中で思い浮かべた文字列をそのまま出力するデバイスの開発早よ!
まぁ、そんなもん出来たとして雑念が入り込んだ瞬間大変な事になりそうですが。
星新一先生か誰かの小説でそんな話ありましたよね確か。


……という内容を一昨日書いてたんですが、微妙に話が広がらなかったため一旦置いといたのですけれど。
昨日・今日と急に調子が悪くなった件について。
まさか、公開してないにも関わらず「ブログに「最近~」と書くとそのパターンが崩れる法則」が発動するとはな……。
なんというフラグ力……。

ぐむむ、久々に寝たんだか寝てないんだかよくわかんない状態になってます。
この状態はマジで生産性がなくて、ホントに文字通り何もせずに1日が終わってしまうんですよね……。
どうせなら寝こけてる方がまだマシなんですが、それもできないっつーかむしろそれが一番ハードル高い説。

我が名は

どうも、はむばねです。
さて10周年を迎え、この「どうも、はむばねです」という文言も少なく見積もっても4000回強ほどタイプしてきたわけです。
単純に「はむばね」という単語でいうと、まぁ1万回くらいは打ったり口に出したりしてるとは思います。
その上で、10年以上使い続けた上で、今更なんですが。
「はむばね」って覚え辛いですかね?

いや実際、3回くらい「覚えづらい」って言われたことあるんですよね。
まぁ確かに、出自を知らなきゃただのひらがな4文字だからな……。
あと、1回だけ「はむはね」って間違われたこともある。
出自を認識頂いた上での間違い、これは仕方ない………………のか?
でも「はむはね」に比べて「はむばね」の方に圧倒的語呂の良さを感じるのは、やっぱ長年使い続けてるが故なんですかね?
なんだかんだ、もう人生の3分の1以上この名前を名乗ってきてるしな……。

ちなみに。
ネット歴でいうと、もうそろそろ人生の半分くらいに到達しようとする頃合いなわけですが。
実は(?)、最初から「はむばね」って名乗ってたわけではないんですよね。
というか、「はむばね」って初めて使ったのはスクエニへの投稿時だったりします。
それ以前にも何度か投稿したこともあるのですが、その時は本名だったり当時使ってたHNを書いてたはず。
別段(当時としては)思い入れがあったわけでもなく、ぶっちゃけ自分に関連する単語を適当に書いただけなわけです。
何度か書いてる通り、作家になりたくて投稿してたってわけじゃなかったのでその後も使い続けるとか考えてなかったですし。
たぶん、スクエニに落ちてたらまた別の名前で投稿してたと思います。
つまり、スクエニに落ちて別の賞からデビューした私のPNが「ヨダ王」だった世界線も存在するわけだな!
割とマジで。

今となっては、結構いいPNじゃないかなーと思ってるんですけどね。
まぁ大概被ることもないだろうし(という割に、pixivとかLINEでhamubaneというIDは先に使われてたようですが)。
Web出身の作家さんが増えてきた昨今ではそうでもなくなりましたが、当時としてはまぁそれなりに珍しい感じだったと思いますし。
ただ唯一の難点は、ひらがなという特性上助詞との相性がめっちゃ悪いということだな!
「私ははむばね」とか「はむばねは私」とか、めっちゃ見づらいので基本読点付けたりカギカッコで括ったりと、地味に気を使っているのです。
あと苗字に当たるものがないので、「あえてフルネームを使ってるんですよ」ネタが使えないって点もありますけどね。
「涼宮ハルヒの憂鬱」パロディとか。
それと、「はむばね」で検索するとバネが関連で出てきてしまう点m全然唯一の難点じゃないじゃねーか!
実はヨダ王にしといた方がよかったんじゃないか説。


……うん。
せっかくの10周年なのでなんか節目っぽいこと書こうとしたけど思ったよか話が広がらなかったな!
まぁ、そもそもPNの話って全然10年目の節目でも何でもないんですけどね……。

そしてまた文句を言うだけの日記

どうも、はむばねです。
こないだ、携帯(Android)のTwitterアプリをバージョンアップしたらクソ仕様になってた件についてひたすら文句を書きましたが。
不満なんてまぁあんなもんだろうと思ったらそんなことはなかったぜ!
むしろ、噛めば噛むほど苦味が増していくクソさなんですが。

まずそもそものきっかけとなった、画像を拡大表示しようとしても表示されない現象。
これ、バージョンアップしてむしろ頻度上がったんですが。
前は個人ページで何枚も画像見てるとたまになるなって程度だったのが、バージョンアップ以降普通にTL見てるだけで割と頻繁に起きる。
まぁアプリを起動し直せば表示できる(こともある)んですが。
アプリを起動し直すと、またTL最新の最新まで戻されるという。
というか、アプリを起動したまま切り替えても最新まで戻される。
むしろ、スクロールしてるだけで最新まで戻される。
それどころか、画像を拡大して戻ると最新まで戻される。
前半は百歩譲ってまぁいいとして、後半二つは明らかにおかしいだろ!

そんでそこまでされても不屈の精神で読んでないところまで戻ろうとしても、これ遡れる範囲(時間なのか数なのか知らないけど)確実に減ってるよね?
前は1日程度遡れたのが、(別段フォロー数増えたわけでもみんなの呟きが劇的に増えたわけでもないのに)半日戻れないくらいになってる気がする。
そしてもうこの際一定以上遡れない仕様はいいとしても、それならそれでそれ以上遡れない旨のメッセージ表示しようよ!
なんでロード中との判別が付かねーんだよ!
まぁこれは前からだけども!

なんなの?
この仕様に満足してるユーザはホントにいるの?
それとも、これらの事象が発生してるの実は私だけなの?
もしくは、辞める直前の開発者が嫌がらせ目的で変更した仕様を残ったエンジニアがクソ過ぎて戻せなくなってでもいるの?
最後のケースが一番納得感あるわ。

まぁそれでも、それでもだ。
Twitterはあくまでリアルタイムで140文字のツイートを見るツールなんです!
過去のツイートや画像を見たいユーザの事なんて一切想定してないっつーかむしろ積極的に邪魔する方針です!
ということなら上記事象についても仕様ということで理解できなくはない。
決して納得はしませんが。
だが「ツイートをさらに表示」を押しても新しいツイートが表示されない(というか表示だけで実際には省略されない)事象、てめぇは確実にバグだろ。

もっとも、個人的にはこれまで書いた中でそれが一番どうでもいいっつーかむしろありがたいくらいなんですけどね。
元々、省略されてるのを見落として大量に読み飛ばすケースが発生してたので。
まさか、バージョンアップして唯一感じられた恩恵がバグの部分だとはな!


ぐむむ、すこぶるバージョンダウンをしたい。
これは、さしもの私も面倒くさいのハードルを超えるレベル。
しかし、もはや前に使ってたバージョンがわからぬ……。
PCはPCで画像を拡大すると(画像が大きい場合)縮小されるクソ仕様が残り続けてるし、もう(Twitterを閲覧できる環境が)ないじゃん……。
純正じゃないフリーソフトとか探した方がいいのかな……。


愚痴や文句や悪口は読んでて気分がいいもんじゃないのであんまり書かないようにしているのですが、今回はちょっとこの怒りを抑えきれませんでした。
……まぁ、実際の所は他にネタがなかったっていうのが一番の理由なんですけどNE☆(・ω≦)

身代わり伯爵の冒険

どうも、はむばねです。
10周年が終わったら、速攻で通常モードだぜ!
……いや、やろうと思ってることはあるんですけどね。
なかなかガッツリ時間が取れないというか、やる気が出ないというか。
#主に後者である。

というわけで、感想で誤魔化す更新です。
今回は、一応言い回しには気をつけてますがそこそこネタバレありです。

身代わり伯爵の冒険 (角川ビーンズ文庫)
清家 未森
角川書店
売り上げランキング: 250,920


庶民的パン屋の看板娘ミレーユさんが、王子の婚約者と駆け落ちした双子の兄の身代わりとなって城のゴタゴタに巻き込まれたりするお話。

あー、いいですねぇ。
なんというか、流れがいい。
平凡なパン屋の娘だと思ってたミレーユさんが、ある日突然攫われ(?)て。
出生の秘密を知らされて。
双子の兄が(自分が手紙に書いた言葉をきっかけに)やらかしたことを知らされ、双子の兄の代わりになることになって。
お城でドタバタコメディして。
ほんのりとした恋心を抱くも気づかなかったり気付いたりして。
こんままラブコメ方面に突っ走るのかなと思ったら、一気に状況が急変し。
問題は解決したけども、この恋心は……。
……と、見せかけて?
ってな感じ。
お手本のような起承転結だったのではないでしょうか。
特に、コメディパートに結構な勢いがあるのがいいですね。

序盤の攫われる(?)シーンでは最初「いや、とりあえず説明から入れよ……」と思いましたが、最後まで読んでみて考えるとそれも作戦のうちだったのかな?
だとすれば、ミレーユちゃんも読者もまんまと術中に嵌っちまったってわけか!
HAHAHAHA!

あ、でも、あとがきでも書かれてますが、あんま「冒険」はしてません。
最初タイトルと表紙とあらすじを見た時は、兄の身代わりに何がしかの旅に出る物語なのかと思ったんですけどね。
普通に、ほぼ宮中で物語が完結してる。
表紙では剣を手にしてるミレーユちゃんも、本編では主な武器は拳でその主な向き先はパン生地だよ。
しかしあらすじには「超王道ファンタジー」って書いてあるんだけどもしかして男性向けとファンタジーの定義が違うのだろうか。
超常現象的なものも出てこないし、個人的にはむしろあんまりファンタジー感はなかったんですけれど。
架空世界の王宮を舞台にしてるのが王道ファンタジーなのか……?
確かに、今まで読んだのほとんどその設定だったけど。


閑話休題。
恋愛要素は割と多め……かな?
話の本筋にはあんま絡んでこないけども。
今まで男に負けたことのなかったミレーユさんが、突如新しい環境に放り込まれて男たちに囲まれ弄ばれる展開(意味深)は面白かったです。

コメディパートのキレがよく、しかしストーリーもしっかりした、メリハリの効いた作品だったように思います。

10周年

どうも、はむばねです。


ブログ! 開設!

じゅっ!

しゅう!

ねん!



でありますよ!

いやー、アレですね。
10年やってても、毎年いつが記念日なのか覚えられないよね!
昨日、記事を上げた後に「あれ、もしかして今日で10周年だっけ!?」って思って無茶苦茶焦ったわ。
まぁ、あえて10周年を外すのも私らしいといえば私らしい気もしますが。
せっかくの節目なので、ちゃんと当日ネタにできてよかったです。

しかし、10年ですか。
とりあえず、「え? もうそんな経ったの?」という思いが一番大きいですね。
つーか、9周年の記事ってこないだ上げたばっかじゃなかったっけ?

10年前、ブログを開設したあの日の事もはっきり思い出せます。
大学の……あの、なんていったけほら、図書館みたいなとこで。
夕方過ぎに……あれ? 今見返したらちょうどお昼ごろに1個目の記事が上がってる?
えー……じゃあ、お昼ごろに。
スタンプ2巻の……どの辺だっけ? まぁ、なんか2巻を書いてる時に。
アメブロを選んだのは……確か、ブログで検索して一番上に出てきたからだったかな……?
……ていうか、なんでブログなんて開設しようと思い立ったんだっけ?
余裕でうろ覚えっつーかむしろほとんど覚えてないじゃねーか!

閑話休題。
10年というと長いようですが……いや実際長いんですけども、そんな長い事やってるような実感はねーなーという思いが大きいというのは先にも書いた通り。
なんつーか20歳過ぎた辺りから時間の経過による変化ってあんま感じなくなるよね。
そして、当ブログはまさにそんな時期から書き始めたものなので当然といえば当然なのかもしれない。
10回も記念記事書いたような気もしないですしね。
……あ、はいこれは実際何回か飛ばしてるので事実でしたね。

本来であれば、この10年の思い出など語るべきなのかもしれませんが。
正直、語るほどの事もねーな!
というのが本音です。
毎日毎日、ネタがねーネタがねーと言いつつやってきただけですよ。
まぁでも、毎日毎日ネタがねーネタがねーとは言いつつもよく毎日書いてきたもんだと若干の自画自賛感があるのも事実。
しかしながら、これが誰にも見せない個人的な日記であったならばまず間違いなくここまで続くことはなかったでありましょう。
元来、私はかなりの飽き性ですからね。
そんな中、ここまで続けてこられたのは読んでくださっている皆様のおかげです。
今後もキーをタイプする力がある限りは続けていく所存ですので、よろしければお付き合いいただけますと幸いです。

……うん、10年という割と大きめの節目なのにすげぇ普通な内容になったな!
まぁ気付いたのが昨日だからね、仕方ないね。
ま、今後もグダグダやってきませんでよろしくお願いしますわ。

なん……だと……?

どうも、はむばねです。
本日、何とは無しにamazonの注文履歴を見てみたんですけどね。



最後に注文したのがwwww7/30wwwww
8月の注文数wwww0件wwwww
もうwww2ヶ月近くポチってないとかwwwww
……え、マジで?(深刻
そういえば、確かに最近ダンボールを解体した記憶がねーな……。

やべぇ、なんか急に不安な気持ちになってきた。
いやいやマジで、1件もポチってない月とか少なくともプライム会員になって以来初めてではなかろうか。
実際、2015年全体で見ると注文数は33件。
7月までの7ヶ月実績と考えると、まぁ週1強くらいのペースでポチってますよね。
更に遡ると、2014年は91件。
2013年は159けnあ、これはこれでなんかちょっとおかしいですね。
ほぼ2日に1回くらいのペースでポチってるじゃねーか!
……まぁ実際、読んでは続刊をポチり読んでは続刊をポチりで、一時期は文字通り毎日ポチってたような気がしますしね。
そ、それにあの頃は一定周期で水の注文も必要やったから……(震え声
ちなみに、あくまで注文「件数」なので、品数でいうともっと膨れ上がるはず。


いやしかし、ちょっと思った以上に最近ポチってなかったですね。
早く何かポチらなきゃ(使命感

しかし、そのくせ積ん読はあまり減っていないから困る。
最近、またちょっと読書力が落ちてきた感が……。
1冊読み切れない程ではないですが、1冊読むと疲れるし入り込むまでに20ページくらいかかってしまう。
リハビリがてら、とりあえず今ある本をなんか読もう……。
……ていうか、ここ半年くらいずっとリハビリ言うてる気がしますよね!
もっとガッツリ読んでいかんと……。
とはいえ、イマイチ食指が動くタイトルが少ない日々が続いてるんですよね……。
各レーベルの過去数年の受賞作を機械的にポチってくとかしてみるか……。

なお、はむばねさんは常にオススメの小説を募集しているよ!
私にオススメを教えるメリットは特に無いけど、とりあえず読んだら感想は書くよ!

PHPにて、フォームから受け取った画像を確認画面で表示する

どうも、はむばねです。
先日、PHPでアップロードされた画像を一時保存せずに確認画面で表示する方法はねーのかよファッキン!
表示部分を別ファイルに分けてimgのsrcで指定すればできるけど、なんか力技感が漂うじゃねーかクソッタレー!
という記事を書いたらですね。
Data URI schemeを使えば出来るんじゃねーのかボケナスが! という旨のコメントをいただきまして。
早速、以下みたいなで試してみました。


//アップロードされた画像を取得
$img = file_get_contents($_FILES["img"]["tmp_name"]);
// BASE64エンコード
$base64 = base64_encode($img);
//表示
print "〈img src=\"data:image/jpeg;base64,${base64}\"〉";



したら、無事表示成功!
実際の、確認画面の後にファイルをアップロードする処理まで入れると↓こんな感じになりました。



【確認画面での処理】
//アップロードされた画像を取得
$img = file_get_contents($_FILES["img"]["tmp_name"]);
//セッションにも格納
$_SESSION['img'] = $img ;
// BASE64エンコード
$base64 = base64_encode($img);
//確認表示
print "〈img src=\"data:image/jpeg;base64,${base64}\"〉";


【サーバに保存する際の処理】
if (isset($_SESSION['img'])) {
  //セッションのデータをファイルとして書き出し
  file_put_contents("imgPath/img.jpg", $_SESSION['profileImg'], LOCK_EX));
  //セッションからは削除
  unset($_SESSION['profileImg']);
}




セッションに保存されるのは(ファイルパスではなく)実データなので、move_uploaded_fileやrenameだと保存出来ない点は一応注意ですかね。
まぁ、私が最初気付かずそれでやって(・3・)アルェー? ってなっただけなんですけど。

うむ、なかなかにシンプルで綺麗なコードなのではなかろうか。
……と思うのですが、調べた時にこの情報が出てこなかったのはなぜなのか。
なんか問題あるのかなぁ……?
Data URI schemeだとデータ量はでかくなるけど、それも1.3倍程度らしいし。
単に私の検索方法が悪かったのか……?


とまれ、ほしるちさん、情報いただき本当にありがとうございました!
おかげで、(とりあえず該当の環境では)モヤモヤしない形で実装することができました!
大変助かりました、感謝です!

マギの魔法使い―エメラルドは逃亡中!

どうも、はむばねです。
なんか、すげぇ久々に本を読んだ気がするぜ!
最近は、SSスレのまとめをぼーっと眺める日々でしたからね……。
あれ、すげぇ時間食う割に自分の中に残るものがほとんどない気がするのはなぜなんでしょうね……。

というわけで、久々のテーマ「感想」です。
今回は、割とネタバレあり……だけど、バレするネタが本当にこの理解で合ってるのかよくわからねーというレアパターンです。


マギの魔法使い―エメラルドは逃亡中! (角川ビーンズ文庫)
瑞山 いつき
角川書店
売り上げランキング: 425,627


主人公のエメラルドさんが色んな人に攫われたり助けられたりする話。
エメラルドは逃亡中!  のサブタイトルに恥じない逃亡中っぷり。

なんですが。
ん、んお……?
面白い面白くない以前に、正直なんかよくわかんなかったぞ……?
マギもウィザードも宝石も、結局何なのか明かされてないよね……?
続編で明かされるということなのか、「そういうもの」として説明されたということなのかもイマイチわかんねーのですが、私の読解力が低すぎるのか……。
続編構成になってるし、たぶん前者……かな……? という気はしますが。
前者だとしても、流石に傭兵王の秘密くらいはこの巻で明かして欲しかったところですが……。
まぁ、そもそも傭兵王って何やねんって話からですが……。
ただの二つ名なのか、能力的なものなのか、役割的なものなのか……。
かなり終盤までただの二つ名だと思ってたけど、ここまで引っ張るってことは何か特別な意味合いがあるのかしら……。

という所が気になって、若干ストーリーに入り込めなかった感があるため評価を避けますけれど。
少なくともキャラは良かったです。
最初は嫌な印象のキャラも、それぞれの思惑あっての事だとわかり、また身内の間では普通に良い人だったりするので最終的な好感度は割と高いです。
一人だけ、終盤で唐突にガッツリ下がった方もいますが……。
まぁ、実質的な1巻の(?)ボス的存在だからね、仕方ないね。
あと、全体的に「まず口で言えや!」って行動を取る人が多い気がしますが……。
……と思ったけど、割と皆説明する意志自体はあるけど説明する前に別の事件に巻き込まれてんのか。
若様に至っては、何かよくわかってない状態で行動してるから説明のしようもないしな。
あんな大規模に動くんだったら確かめてからやれや、という若様へのエメラルドさんのツッコミは至極真っ当だけれども。

閑話休題。
無口系奴隷美少年、腹黒系美人イケメン、クール系メガネイケメン、俺様系ワイルドイケメンと各種のイケメンが(割と文字通り)エメラルドさんを奪い合うわけですが。
個人的には中でも、メガネイケメン、傭兵王ことハルベルトさんのイケメンっぷりが凄かったですね。
なにこの人、めっちゃ格好いい。
見た目は俺様っぽい感じで、最初もちょっとそれっぽい感じと思わせる登場なんですけども。
この人、普通にいい人だよ。
最初の悪印象も、(後にエメラルドさんも振り返っている通り)至極真っ当な警戒っぷり。
つーか普通にウォレスさんのこと心配してただけだこの人。
その後も、普通に護衛として真っ当な意見しか述べないし、基本的には人の意志を尊重してくれるし、エメラルドさんの年齢に配慮した発言も出来るし、お気遣いの紳士だよこの人。
作中屈指の戦闘力と作中屈指の常識力(つってもあんま常識ない人は出てこないですが)で、ハルベルトさんの頼れっぷりは異常。
そらエメラルドさんも惚れかけるよ。

そのエメラルドさんのキャラもいい感じ。
基本前向きで理知的で強か。
若干衛宮士郎系っぽい感じもあって、誰かを助けるために「えぇ……?」って行動を取ることもあるけど、白魔女(魔法使いではなく、占い師と医者とカウンセラーの複合みたいなもん)にこだわりがあることと年齢(15歳)を考慮すれば理解できる範囲。
まぁ正直、(士郎さんにもだいぶ感じた事だけど)自分でどうにか出来る力を持っているわけでもなく確実に周りに負担をかけることになるのにそれでもポリシーを貫き通すって姿勢はちょっと……と思うところもないですが。
そこは個人の好みですし。
エメラルドさん自身その自覚があって謝罪も反省もしてる点が、個人的にはグッド。

あと、恋愛要素は薄めですかね。
ストーリーとしては割と恋愛要素(?)が重要なファクターなんだけども、実際のキャラ同士の恋愛感情は薄めという意味で。
そういや、結局メインのお相手が誰なのかはハッキリしてませんね。
一応、ハーレムもの? になるのかな?
たぶん立場的にウォレスさん(ゆるふわ腹黒系美人イケメン)がメインに近いんだろうけど、展開的にはトト君(ショタ)がメインに思えて仕方ないぜ……。
エピローグのトト君の場面とか、男性向けならこれ完全にメインヒロインの役割じゃねーか。

«  | ホーム |  »

プロフィール

hamubane

Author:hamubane

たぶんライトノベル作家的なもの


Twitter

既刊情報

最新コメント

最新記事

カレンダー

08 | 2015/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
ブログ (4303)
スタンプ・デッド (73)
情報系 (22)
短ネタ (35)
太陽で台風 (2)
しゅーかつ (18)
レパートリー確認PJ (27)
自著を無理矢理褒める (7)
感想 (266)
天神周辺グルメ (41)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR