FC2ブログ
スクウェア・エニックスノベルス『スタンプ・デッド』1~5巻&コミック版、『太陽で台風』1・2巻発売中!
ガンガンノベルズ『魔法少女アーヤ☆アミー』発売中!
徳間デュアル文庫『魔王さんちの勇者さま』1~4巻発売中!
徳間文庫『欠陥妖怪住宅』、『パラレル家族計画』発売中!
ぽにきゃんBOOKSライトノベルシリーズ『ブチ切れ勇者の世界征服』1~2巻発売中!
HJ文庫『カンスト勇者の超魔教導』1~3巻発売中!
ファンタジア文庫『お助けキャラに彼女がいるわけないじゃないですか』1~3巻発売中!
JUMP j BOOKS『ぼくたちは勉強ができない 非日常の例題集』発売中!

受賞歴:
2004年、第1回スクウェア・エニックス小説大賞『入選』
2008年、第5回トクマ・ノベルズEdge新人賞『徳間デュアル文庫特別賞』
2017年、第11回HJ文庫大賞『銀賞』
2017年、ジャンプ小説新人賞’16 Winter 小説フリー部門『銀賞』
2017年、第30回ファンタジア大賞 『金賞』

«  | ホーム |  »

乙女ゲーの攻略対象になりました…。

どうも、はむばねです。
ごべー、いつの間にか帰省の予定が目前に迫ってやがる。
は、早く食材と感想の整理をしなければ……。
ちなみに「感想の整理」とは、読んだけどまだ感想書いてない本の感想を書くことを指します。
でなきゃ既に読んだ本を実家に持って帰るか、戻ってきた後にもっかい読む羽目になる可能性が高いからな……。
ここから先、本を読むのも慎重にならざるをえないぜ……。

というわけで、サクサクいってみよう。
今回は、そこそこネタバレありです。

乙女ゲーの攻略対象になりました…。 (電撃文庫)
秋目 人
アスキー・メディアワークス (2012-01-07)
売り上げランキング: 487,259


異世界転生……モ……ノ……???
ハテナが沢山付いてるのは、作中でもホントにそうなのかが不明だからです。
別世界の記憶を持って他の世界に生まれたのは確かなようですが(思い出したのは最近だけど)。
なお、転生(?)先は前世(仮)で妹がやってた乙女ゲーの世界。
しかも、乙女ゲーなのに主人公攻略ルート(だけ)ではやたら死亡エンドがあるという。
ありそうでなかった(たぶん)この発想。

いや、いいラブコメだったと思います。
乙女ゲーサイドの主人公が主人公のフラグを立てると主人公の……えーい、主人公主人公やかましいな!
本作の主人公は湊くん、乙女ゲーの主人公は乙女ちゃんといいますので、この後は名前表記でいきます。

ある種逆説的な話になりますが、ラブコメにおいて「主人公が特定のヒロインとくっつかない理由」というのは一つの重要なファクターだと思うのですよね。
乙女ちゃんが湊くんルートのフラグを立てると湊くんの死亡率が爆上がりする、という設定がこの点において上手いこと効いてます。
死んじゃう可能性があるなら仕方ないよね。
勢いで、他のヒロイン勢(の一部)の誘いまで断りまくってますがw
そのせいでメインヒロインどころか結構な中盤まで特定の(乙女ゲー好きの一番地味っぽい)ヒロインとしかほとんど交流なくて、大丈夫かこれと思ったものですが。
しかし終わってみれば、あら不思議。
こいつ、ヒロイン全員と一定以上にフラグを立ててやがる……!
ヒロイン全員、かなり好感度高いのもいいですね。
ツンデレっぽい全然デレないヒロインも、特に不快感はないですし。

あと、男性キャラも湊くん以外に主要で4人出てくるのですが。
……うん、というか乙女ゲーなので当然攻略対象として男性キャラがいるわけで。
むしろ、それに付随してライバルキャラとして女性キャラがいる、といった方が(乙女ゲー的には)正しいですか。
まぁしかし本作の構成からすると男性キャラの方が(湊くんサイドにその意識があるかは別として)ライバルキャラに当たるわけじゃないですか。
ほんで、この手のライバルキャラには嫌味なキャラが何人か混じってるのがお約束じゃないですか。
そういうのがなくて、対人関係でストレスフリーなのも個人的には好ポイント。
……いやまぁ、半分くらいはほとんど出番がないせいなのではないかという説もありますけれど。
け、けど、湊くんが入院した際にはお見舞いのメッセージくれる程度には気遣いのできるイケメンどもやから……(震え声

乙女ゲーネタも、なかなかに豊富で面白い。
あるあるネタから、それを逆手に取っての「ゲームの中の人(文字通り)も大変やな……」的なネタまで。
いやまぁ、私は乙女ゲーやったことないわけですけど。
でも、たぶんギャルゲーやってたら大体わかる。
逆に言うと、それすらないようならちょっと厳しいかもしれませんが……。
まぁでもその辺りはあくまでオマケ的な要素なので、わからなくても特に問題はないかと。

乙女ゲーの世界であることと、湊くんが前世(?)の記憶を持ちつつも最近まで思い出せなかった結果、世界に違和感を覚えてたってのも面白い設定です。
やたらカラフルな髪の色とかね。
最初は作画の都合上かと思ったら、ゲーム世界のせいだったとはw
あと、やたらイケメン美少女率が高いのも。

ちなみに、元の乙女ゲーでも(プレイヤーから)ネタにされるされるレベルで湊くんはフツメンです。
更に、特に尖った特技やら特徴も特に無し。
ちょっとだけ格闘技が使える程度。
そのスペックは転生後(?)も全くかわることなく、終始イケメン美少女軍団の中に一般人の図です。
しかしその構図が、イケメン美少女軍団に見とれる人々を(最後尾に湊くんがいることで)現実に戻してカップル破局率の低下に貢献してたりしてワロスw

普通オブ普通主人公が美形軍団に放り込まれ、必死にフラグを折りまくろうとするも結局方々にフラグを乱立する感じのラブコメで、面白かったです。
地味に、ラブコメなのにあんまり女の子が出まくらないってのも逆に好ポイントかもしれない。
あんまり女の子が出なくて、イケメンにも出番がないんだったら誰が出てるんだよ! というと、そうだね、湊くんだね。
結構な割合で、湊くんが一人で悩んでたような気すらする。
フラグ折らないと死んじゃうからね、仕方ないね。
なんだかんだラストで状況が変わらなかったようで変わったようで変わらなかったっぽいので、これは続刊も非常に気になる。
スポンサーサイト



«  | ホーム |  »

プロフィール

hamubane

Author:hamubane

たぶんライトノベル作家的なもの


Twitter

既刊情報

最新コメント

最新記事

カレンダー

11 | 2015/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

カテゴリ

ジャンルランキング

[ジャンルランキング]
日記
374位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
157位
サブジャンルランキングを見る>>

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR