FC2ブログ
スクウェア・エニックスノベルス『スタンプ・デッド』1~5巻&コミック版、『太陽で台風』1・2巻発売中!
ガンガンノベルズ『魔法少女アーヤ☆アミー』発売中!
徳間デュアル文庫『魔王さんちの勇者さま』1~4巻発売中!
徳間文庫『欠陥妖怪住宅』、『パラレル家族計画』発売中!
ぽにきゃんBOOKSライトノベルシリーズ『ブチ切れ勇者の世界征服』1~2巻発売中!
HJ文庫『カンスト勇者の超魔教導』1~3巻発売中!
ファンタジア文庫『お助けキャラに彼女がいるわけないじゃないですか』1~3巻発売中!
JUMP j BOOKS『ぼくたちは勉強ができない 非日常の例題集』発売中!

受賞歴:
2004年、第1回スクウェア・エニックス小説大賞『入選』
2008年、第5回トクマ・ノベルズEdge新人賞『徳間デュアル文庫特別賞』
2017年、第11回HJ文庫大賞『銀賞』
2017年、ジャンプ小説新人賞’16 Winter 小説フリー部門『銀賞』
2017年、第30回ファンタジア大賞 『金賞』

«  | ホーム |  »

現実主義勇者の王国改造記~内政マシマシ、旅も入れてください~

どうも、はむばねです。
いやホント、なんかどんどん暖かくなってきましたね。
暖房どころか、今朝はもう毛布あちぃって感じでしたし。
こんなんもう春みたいなもんやんwwwww
……と思って、今日はジャケットも着ずに春くらいの格好(インナー+長袖一枚)で出かけたんですけどね。
流石に! 舐めプが! 過ぎました!
めっちゃ手が冷たかったです……。
ジャケット関係ないやんけ!
なお、しばらくしたら発汗し始めた模様。


そんなこんなで、感想です。
ネタバレは、そんなにないはず。

現実主義勇者の王国改造記~内政マシマシ、旅も入れてください~

異世界に「勇者」として召喚された主人公。
しかし、召喚された理由は他国から魔王軍との『戦争支援要請』に応えられないならば代わりに勇者をよこせ、との要請を受けたからだった。
なんとなく引き渡されたくない主人公は、呼び出した王様に元の世界の知識を活かした富国強兵策を提案する。
するとそれが気に入った王様は、そのまま主人公を王様に据えてしまった。
ただでさえ食糧難などの問題を抱える中、突如の交代劇に揺れる国を立て直すべく、主人公が王国「改造」していくお話。

ガチ内政モノです。
内政メインとは言っても主人公自身も強くて無双する作品が多い中、ホントにほぼ内政オンリー。
主人公の弱さにも定評があります。
一応特殊能力はあるものの、並行思考というほぼ内政にしか使えない能力です。
まぁ加えてテレキネシス的な能力もあって、文字通り一人で何人分もの働きが出来るというこれはこれでチート能力なんですけどね。
めっちゃ書類仕事が捗るよ!
遠くから書類仕事も出来るよ!

んで、いわゆる知識チート系ですね。
現代日本の、主に経済系の知識で無双する感じです。
ただそれだけじゃなく、駆け引きとかもしっかり出来る「切れ者」な主人公ですね。
戦闘力に優れてるのを示すにはまぁ暴れさせるなりそれなりに格を積んだキャラを倒させるなりすればいいだけですが(言うほど簡単でもないですが)、頭脳に優れた描写というのは非常に難しいものです。
よく言われることですが、基本的に作中のキャラが作者以上の頭脳を発揮することは出来ませんからね。
その点、本作は有能な主人公を上手く描けていると思います。
古今東西の政策や戦略についてもそこそこ解説してくれてるので、そういうのが好きな方は特に楽しめそうです。
主人公の立場上、君主論からの引用が多いですね。

あと、露骨なヘイト稼ぎキャラがいないというのがいいですね。
いやまぁ、悪い奴も嫌な奴も出て来はするんですけどね。
でも、嫌な奴なりにバックボーンがあるんですよね。
ヘイトを稼いで主人公にやられるためにポッと生えてきたわけじゃなく、あぁ、こういう生き方をしてきたからこんな性格になったんだね、というのがある程度納得できる形で提示されてます。
個人的に嫌な奴は出てこないに越したことはないのですが、ちゃんとしたバックボーンがあれば一段評価は上がります。

閑話休題。
ハーレム要素はアリアリです。
王様だからね、仕方ないね。
半分くらい政略結婚だしな!
そもそも召喚直後に王女と婚約結ばれてますしね。
政略結婚から始まる恋もある。
しかし、主人公サイドがそんな感じだから部下の政略結婚にも結構積極的でワロタw
なお、主人公は恋愛面ではヘタレる模様。

主人公無双はもういい、内政系が読みたいんじゃ! という方に大変オススメの一作ですね。
戦争もありますが、主人公は実に国王らしく奥の方に引っ込んでます。
つーか「魔王軍」がいる世界に「勇者」として召喚されたのにここまで戦わないってすげーなw
むしろ、今のとこほぼ「魔王軍」の陰すら見えてない。
なお、つい最近になってようやく陰くらいは見え始めた模様。
スポンサーサイト



«  | ホーム |  »

プロフィール

hamubane

Author:hamubane

たぶんライトノベル作家的なもの


Twitter

既刊情報

最新コメント

最新記事

カレンダー

01 | 2016/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 - - - - -

月別アーカイブ

カテゴリ

ジャンルランキング

[ジャンルランキング]
日記
152位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
61位
サブジャンルランキングを見る>>

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR