スクウェア・エニックスノベルス『スタンプ・デッド』1~5巻&コミック版(完結)、
『太陽で台風』1・2巻(完結)発売中!
ガンガンノベルズ『魔法少女アーヤ☆アミー』発売中!
徳間デュアル文庫『魔王さんちの勇者さま』1~4巻(完結)発売中!
徳間文庫『欠陥妖怪住宅』発売中!
ぽにきゃんBOOKSライトノベルシリーズ『ブチ切れ勇者の世界征服』1~2巻発売中!
徳間文庫『パラレル家族計画』発売中!

雪魔氏の結婚式に行ってきた~島根強襲編~

どうも、はむばねです。
はい、というわけでね。
本日より、雪魔氏の結婚式に参加してきたくだりについて本格的に書いていきますよっと。
「~編」「本日より」「書いていきます」など、のっけから分割する気満々だな!?
いや実際、1回の更新で書ききるのは(色んな意味で)厳しいですからね……。
 
ちな、Twitterをご覧いただいている方はご存知かと思いますが、結局帰りのバスでもほとんど寝れてません。
家に帰ってから2時間くらいは寝たはずですが、ぶっちゃけそこそこダルいですね。
というのもあり、本日はプロローグ的な感じで。
ていうか、「雪魔氏の結婚式に行ってきた」ってタイトルだけど今日時点では雪魔氏登場しないよ!
 
あとTwitterといえば、既にTwitterで呟いたくだりに関しても全力で書いてくよ!
なんだったら、ブログ記事のプロットとして翌日以降の自分に情報を引き継ぐために呟いてたまである。
どうせ記憶飛ぶのはわかってましたしね。
これが……! これがワイの、リーディングシュタイナーや……!
 
 
はい、そんなこんなで。
 
~前回までのあらすじ~
数年ぶりの夜行バスにて島根に向かったはむばね。
かつてバス内で眠れた試しはないが、今回は秘策として「アルコール入りでバス入り」を画策。
果たして、はむばねは無事睡眠をとった状態で島根の地に足をつけることが出来るのか!?
 
 
~今回のあらすじ~
眠れませんでした。
 
 
__ 
    ̄ ̄ ̄二二ニ=- 
'''''""" ̄ ̄ 
           -=ニニニニ=- 

                          /⌒ヽ   _,,-''" 
                       _  ,(^ω^ ) ,-''";  ;, 
                         / ,_O_,,-''"'; ', :' ;; ;,' 
                     (.゛ー'''", ;,; ' ; ;;  ':  ,' 
                   _,,-','", ;: ' ; :, ': ,:    :'  ┼ヽ  -|r‐、. レ | 
                _,,-','", ;: ' ; :, ': ,:    :'     d⌒) ./| _ノ  __ノ 
                                      ---------------
                                      制作・著作 NHK
 
 
 
いやぁ、手に汗握る展開でしたね!
特に妖怪キオクオイテケが出現したシーンなどは、アニメ化した際には実に映えるのではないでしょうか!
 
 
 
……はい、では改めまして。
自宅で多少酒を入れ、博多バスターミナルで追加の酒を入れる、という個人的には結構万全の体勢で臨んだつもりだったんですけども。
見事、一睡も出来ませんでしたね(一瞬うとうとっと意識が途切れた瞬間があったような気もしなくはない)。
そもそも、まともにバスに乗れる頭を残す程度にとどめた酔いでは全く足りなかったということでしょうか。
まぁしかし普段だと眠れることが多い程度には入れたつもりなので、やはり環境によるところも大きいのでしょう。
個人的に、そもそも椅子で眠るというのに無理があるのかもしれぬ。
かつて、授業中はあんなクッソ硬い椅子でも眠れてたはずなんですけどね。
 
最初は後ろの席不在かと思ったのですが、途中で普通に埋まったのもちょっと痛かったポイントですかね。
つーか、気が付いたら普通に全席埋まっててワロタw
みんな、そんなに島根に行く用事ある?
あるいは、神在月に滑り込みで出雲に向かった神様方だったのか……。
 
まぁとはいえ、今回乗ったバスはお値段の割にはそこそこいいバスでして。
#というか名古屋時代もそうだったけど、島根行きのバスはなぜか良いやつしかない。
#流石にそのレベルでないと耐えられない程度の乗車時間が必要だからか。
ちゃんとカーテンで仕切れるようにもなってるので、多少の灯りなら周りを気にせず使用することが出来ます。
そして何より、コンセントが付いてるのが良いですね。
こんなこともあろうかと、作業環境はバッチリ整えてきたで!
……と思っていたのですが、中途半端に酔った結果全く作業する気力は沸かず。
それどころか小説を追うのさえもダルい有様だったので、結局終始スマホ弄りながらダラダラしていたのでありました……。
 
まぁでも、全力でダラダラしながらでもちゃんと目的地に着いてくれるのが高速バスの良いところですね。
乗り換えの心配だのなんだのをする必要がない。
 
DSC_0652.JPG
 
というわけで、7時前に松江駅に到着。
さて、とりあえず朝ご飯でも……と思って周囲を散策したわけなのですけれど。
うん、知ってた。
知ってはいたけども。
周りに全然店ねーな!?
というか、店自体はないこともないんだけど開いてない。
うん、まぁ、確かに人もほとんどいないので正しい経営なんでしょうけども……。
というか、乗客どころか改札に駅員さんさえいなかったのですが。
※松江駅は、(まだギリ)自動改札がないので有人改札だよ!
つーか、7時前といえば結構もう世の中動き始まりきってる印象なんですが島根の一日は何時頃から始まるの?
松江には、電車通勤や電車通学という概念が存在しない……?
金曜の20時でもほとんど人いなかったし、いつなら人がいるんだぜ……?
 
などいう思いを抱えつつも、とりあえず開いてたドトールで朝食にしたのでした。
まぁ、開いてたっつーかウロチョロしてる間に開いたんですけど。
 
DSC_0653.JPG
 
そこでやってたハロウィンイベント。
ドトールのお兄さんが顔にハロウィンっぽいシールとか貼ったりしてたんで最初はてっきりドトールのイベントかと思ったんですが、どうやら松江駅の一角のお店さんたち? のイベントみたいですね。
期間内に、3つのスタンプ(同店舗は不可)を集めると300円のサービス券になるという。
期間も3日間だけだし、結構シビアだなw
まぁでも観光客向けと考えれば、ご飯食べていくつかお土産でも買えば達成出来る感じなのかな?
結局私は、集めきれませんでしたけれど。
 
閑話休題。
で、ですね。
今回、雪魔氏ご夫妻の方でホテルと式場までのタクシーまで手配いただいておりまして。
そのタクシーに乗るのが、15時。
つまり、到着から8時間ほど時間を潰す必要があるわけですね。
 
ま、とはいえね。
さしもの私も、ここに関してまでノープランというわけではありません。
ちゃんと駅前にサウナがあることは確認済みなので、そこd朝は一旦8時半で終了して再開は10時から……だと……?
これは計算外\(^o^)/
てっきり、24時間だと思いこんでたぜ……。
こんなことなら、ドトールで10時まで粘れば良かった……。
 
と、しかしまぁ後悔先立たず。
仕方ないので、松江駅でスマホを弄りながら時間を潰したのでした。
 
それから、約1時間半後。
そこには、サウナの休憩室でスマホを弄って時間を潰すはむばねさんの姿が!
こいつスマホ弄って時間潰してばっかだな。
 
まぁ実際、サウナっつってもそんな時間潰せることないよね。
一通りサッパリした後は、ひたすら休憩室に引きこもってました。
本当はそこで寝ようと思ってたんですが、結局眠ることも出来ず。
まぁ、ダラダラして終わりましたよね。
つーか人間、意外とそれなりの時間ダラダラ出来るもんですね。
もはや、何してたのかほぼ思い出せねーレベル。
 
 
と、今日はとりあえずこのくらいで。
マジで、ずっとグダってる描写しかねぇな!?
 
明日は、「雪魔氏の結婚式に行ってきた~島根激闘編~」をお送りする予定です。
なお、番組内容は予告なく変更される場合がございますのでご了承ください。
スポンサーサイト

島根った

どうも、はむばねです。
大丈夫です、今日は酔ってませんよ。
ただ、やっぱスマホからの更新はキツい。
特に長文はキツい。
未だ、フリック入力の精度がよくないといいますか。
すぐ誤タップするんで、いちいち確認しながら打たないといけないんですよね。
なので、全く頭の中の速度に追い付かない。
しかもどっちの問題かわかんないんですが、アメブロの更新画面、入力途中で修正するとそこで確定されちゃうんですよね。
しかも、なぜか文字が倍に分裂するという。
というわけで、本格的な更新は明日だ!

とりあえず、本日のダイジェスト。
・はむばね氏、仕様通り前日の記憶が行方不明
・出た、これが雪魔氏のスターシステムた!
・はむばね氏、前回の島根の記憶も行方不明

では、この後再び夜行バスに福岡に戻ります。

結婚式ってきた

どうも、はむばねです。
はい、というわけでね。
雪魔氏の結婚式に行ってきたわけですけども。
想定以上に私がグダグタになったのと、想定以上に良い式だったので本日は簡易更新です。
詳細は、明日(もしくは明後日)の更新にて。
とりあえず、内容の予定としましては。

・はむばね、ここ10年で一番滑る
・中国電力にはやべぇ奴がいる
・はむばね、雪魔氏登場前に没落の危機

というところでしょうか。
なお、内容は諸事情により変更されることがございますので予めご了承ください。

いざ、島根へ

どうも、はむばねです。
明日は! 雪魔氏の! 結婚式だよ!
 
ここで、最近当ブログを読み始めてくださった方のために補足。
雪魔氏は私の高校時代の同級生であり、高校卒業後最もつるんだ友人です。
ここ最近でこそそんなに登場してませんが、当ブログにおいても最頻出キャラと言えましょう。
異様に場に馴染む能力が高く、ほぼ初対面の人の家で到着数分後に家主のようにくつろいでいた、高校の卒業アルバムで所属してない部活の集合写真に多数写り込んでいる、私が呼んだわけじゃないのに私の同期の送別会にいる(しかも締めの挨拶までしてる)、等、数々の伝説を持ちます。
#私は密かに、奴はぬらりひょんの血を引いているのではないかと疑っています。
また、通称「スターシステム」と呼ばれる概念の使い手で、「自分の知り合いであれば本人同士に面識がなくとも同じ場に召喚しても良い」という行動規範を持っています。
私も(特に高校時代は)そのシステムに巻き込まれ、しかし何気にそれが今でも交流のあるメンツになってたりもするのでありました。
ちなみに後にスターシステムは私や(元)弊社メンバーにも伝染し、その結果が上記の「私の友人が私が呼んでないのに私の同期の送別会にいる事件」へと繋がります。
元は、私が同期の集まりに(1ミリも面識のない)雪魔氏を呼んだのが始まりですし。
というか私はかなりあらゆる場に雪魔氏というワイルドカードを投入しているので、私の知り合いで雪魔氏を知らない人はほぼいないんじゃねーかと思うレベル。
当ブログの読者様の中にも、実物をご存知の方がそれなりにいらっしゃるはず。
なお、彼は「はむばね」の「はむば」の部分担当でもあり、魔王さんち辺りまでの作品はほぼ彼との合宿で産まれたものです。
サムソン・リー・ジョンボムなどの概念は彼無しでは生まれ得ませんでした。
#「はむさん」「ばねさん」などと呼ばれがちですが、実は「はむばね」は「はむば」と「ね」で分かれるのです。
#ただし、最新研究によれば「はむばね」は現在一人に統合されたとの見方が有力視されています。
 
補足がだいぶ長くなりました。
とにもかくにも、そんな彼が明日結婚します。
という話をすると皆さん大体「あの雪魔氏が!?」みたいな反応をされるのですが、私は彼はそのうち結婚するんだろうなーと思ってました。
奴は破天荒に見えて、まぁ破天荒ではあるんですけども、その実常識人ですげぇ堅実な人生を歩んでいるのだ。
 
 
そんなこんなで、結婚式が行われる島根に行って参ります。
夜行バスでな!
 
まー、色々考えたんですけどね。
下手に飛行機乗って手続きしたり空港間の移動したりとかを考えると、実はバスの方が楽なんじゃねーの? という気が致しまして。
8時間座ってるだけですし。
昼の高速バスが出てたら余裕でそれ一択だったんですけどね。
なにせ、夜行バスで寝れた試しがねーからな……。
長らく夜行バスは乗ってなかったのですが、今の身体で耐えられるのかどうかの実験も兼ねてやってみることにしたのでした。
とりあえず、酒入れてって眠れるか試してみるわ。
 
さぁ、果たして私は無事(な状態で)島根にたどり着けるのか!
そして雪魔氏の結婚式はどのようなものなのか!
乞うご期待!

STEINS;GATE

どうも、はむばねです。
はむばね、シュタゲクリアしたってよ。
 
はい、というわけでね。
購入から1年8ヶ月、今度こそクリアするぞと今のPCにインストールしてからでさえ1ヶ月半ほどかかってしまいました。
しかし、無事全ルートクリアです。
 
そんなこんなで、本日はシュタインズゲートの感想です。
たぶんもうあっちこっちで情報出回ってると思うので、ネタバレはアリアリでいきます。
 

STEINS;GATE
STEINS;GATE
posted with amazlet at 16.10.24
ニトロプラス (2010-08-26)
売り上げランキング: 1,664

 
しかし、まぁぶっちゃけまゆりの死を回避する展開があるのは知ってたんですが(序盤でも示唆されてたし)、思った以上にまゆりの死が中心だったんですね。
もっとこう、まゆりルートではそういう展開もあるよ、程度のもんなのかと思ってましたわ。
これは、約束されし正ヒロイン不可避。
 
いや、もちろん牧瀬氏もいいんですけどね。
途中のメールのやり取りとか、ツンデレ乙すぎる。
これは確かに、このメールのやり取りがルート突入の条件になってても納得せざるをえないレベル。
ただ、どっちかっつーと彼女は主人公属性なイメージでした。
なんだこの人、覚悟完了しすぎやろ……って感じ。
まぁ実際はそんなに覚悟完了してないし、その強がりの裏側が垣間見えるのが可愛いし愛しいのですけどね。
 
あと、いわゆるトゥルーエンドな最終章。
ここに入った時、あぁエピローグ的な感じなのかな? って思ったんですけども。
思ったよりガチでボリュームあったな。
舐めプで酔ってる状態でやってたら結局記憶飛んでもっかいやることになったわ。
 
というのは、ともかくとして。
うん、いいエンディングでした。
なんというか、ご都合主義的な完全なるハッピーエンドというわけではない。
しかし、今後完全なるハッピーなエンドに繋がる可能性も示唆されている。
まさしく、「未来はこれから作られる」感があるエンディングだったと思います。
個人的には、指圧師とブラウン親子が平穏に過ごせているところが凄く良かったですね。
彼らがどういう立ち位置なのかは不明ですけども。
というか、この辺フォローするエンディングもあって良かったんじゃねーかと思うんですけどね。
リメイク版だと追加されてたりするんでしょうか。
 
とまれ。
濃厚で、さりとて重すぎることなく疾走感のある、良い作品でした。
これは名作扱いされてるのも納得ですわ。

どうなのさ日向

どうも、はむばねです。
日々、携帯にスパムメールが届きます。
いやまぁ、スパムメールっつーか、(一応)自分で登録したメルマガなんですけどね。
登録したっつーか、会員になった時に勝手にメルマガにも登録されたパターンなんですけども。
 
特にメールが多いのが、青山とハートアップです。
だいたい毎日昼頃に来るので、来たら削除ってルーチンが定着化してます。
が、昨日ふとそのメール内容を見てみたんですけども。
これ、結構ツッコミどころ多いな!
 
以下、メール本文を引用。
タイトルは、「【青山カード会員の皆様へ重要なお知 らせ】」です。

平素よりQ-clickモバイルをご利用いただきまして、誠にありがとうございます。

2016年12月15日(木)より、セキュリティ方式の変更に伴い、携帯電話の一部機種では当サイトへのログインおよびメール記載のURLからの当サイトへの接続ができなくなります。
そのため、該当機種をご利用のお客さまは、『QCM会員様限定商品割引クーポン(500円券)』等のお得な機能がご利用いただけなくなります。
ご不便をおかけ致しますが、何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。

今後も青山カード会員様にお得にお買い物をしていただくため、青山カード会員様限定で、特別ご優待特典を付けたキャンペーンをご用意させていただきました。

 
まぁまず最初の方を見るとですね。
あぁ、なんか一部の携帯機種でサイトが見れなくなるのねって思うじゃないですか。
じゃあ、この機種では使えなくなりますよ、ってお知らせなのかなって思うじゃないですか。
けど、本文中にもリンク先にも対象機種に関する情報が一切書いてないんですよね。
なに、対象機種かどうかは実際繋いでみて試せと?
 
じゃあ、まぁ、それはいい。
いやよくはないんだけど、ぶっちゃけどうでもいい(どうせ接続しないし)。
ただですね。
 
>そのため、該当機種をご利用のお客さまは、『QCM会員様限定商品割引クーポン(500円券)』等のお得な機能がご利用いただけなくなります。
 
>『QCM会員様限定商品割引クーポン(500円券)』等のお得な機能がご利用いただけなくなります。
 
>お得な機能がご利用いただけなくなります。
 
これ、「お得な」って文言入れる必要ある?
この一言が入ることによってプギャー感が凄まじく増してるような気がしてならないのですが。
残念wwwwwでしたwwwwお得なwwwwクーポンwwwww使えなくなりまーすwwwww
的な。
 
まぁでもね。
流石にそれは、穿った見方かなって。
そんな意図はないだろうと思ってね。
先を読んだわけです。
したら、なんか補填のキャンペーン的なものがありますよ的な記載があるじゃないですか。
あぁやっぱり、煽ってるわけじゃなかったんだねって思いながら見てみたら。


☆★∴‥‥‥‥‥‥‥‥
株式会社青山キャピタル
Y!mobile
スマホへ乗り換え
ご紹介キャンペーン
‥‥‥‥‥‥‥‥∴★☆

 
……うん。
なるほどね。
お得なクーポン使いたければ、このキャンペーンでスマホに乗り換えてねってことですか。
つまり、あれですね。
マジで煽ってたんじゃねぇか。
 
しかもこれ、別に今回サイトに接続出来なくなる機種だから云々の優待とかないし。
つまり、結局ただのキャンペーンのお知らせかよ。
だったら最初からタイトルにそう書けや。
そんなだから、タイトルに「重要」とか書いてあってもスルーされるようになっちゃうんだよ。
 
とかとかね、思ったりしたわけなのでした。
 
 
いやー、しかしアレですね。
こういうネタがたまに降ってくるから、スパムメールもなかなか解除出来ないんですよね!
まぁお察しの通り、実際はめんどくて放置してるだけなんですけどね。

10月度作戦終了

どうも、はむばねです。
10月度作業!
しゅーりょー!!!!
 
でございます。
約1週間残しですが、今月末は遠出の予定があるためここで切り上げることにしました。
元々、10月分のスケジュールは余裕でしたしね。
 
いやー、しかし思ってたより順調に進みましたね。
11月分作業の貯金も結構出来たと思います。
こりゃ、今年中はもう余裕かもわからんね(慢心)。
 
 
さて、という感じでね。
他に書くこと捻り出す気力もねーので、艦これの話でもしようか。
 
 

 
6-5 KW環礁沖海域(今月実装された海域)、無事今月中に初回クリアできました。
結構簡単と(おーぷんでは)言われていて、「またまた~w おーぷん基準なんでしょw」と思っていたのですけれど。
確かに、そんなに難しくはなかったですね。
とりあえず今月に関しては、ボスマスまで辿り着けばS勝利率は100%でした。
基地航空隊が思ったように刺さらなくても、素の戦力だけでも結構やれる感じ。
 
道中も、言われてるほどCマスは難関じゃなかったというかむしろCでの大破撤退はゼロでしたね。
Cで中破して、次のDマスで事故って大破ったことは1回ありましたけど。
その1回を除けば、残りの大破撤退は全部Gマス(航空マス)でした。
結局、5回くらいそこで撤退したのかな?
テルーちゃんも入れてるのに、なにゆえあんなに事故るのだぜ……?
たぶん、ほとんどラスダン入った後だったと思いますけれど。
 
 

 
ちな、編成。
これで、制空値376です。
396でCマス制空確保らしいですが、これでもボスで優勢逃したことはなかったですね。
 
 

 
 

 
基地航空隊はこれで全ボスマス集中でした。
 
 
個人的には、
5-5 > 3-5(下ルート) > 6-5 > 4-5 > 2-5 > 1-5,1-6
くらいのイメージかな。
毎月やってるうちに、またイメージ変わってくるかもしれませんが。
 
 
ま、そんなこんなでね。
とりあえず、明日からは11月作業を前倒しで開始じゃー!
だが、今夜ばかりは飲ませてもらおう!
なんか、毎月言ってる気がするな!
そして、毎月「なお全く今夜ばかりではない模様」って書いてる気がする。

ついに辿り着けた……のか……?

どうも、はむばねです。
さて、当ブログで何度かご紹介しております兼虎さん。
以前私が好きだった油そばに近い油そばを提供してくれていたのですが、いつからか夜のみの提供になり、そしてついにはメニューから消えてしまったお店です。
まぁ、つけ麺も好きなのでそれでもちょくちょく行ってるんですけどね。
 
んで、まぁこれはTwitterでもチラッと書いたことなんですけども。
9月から油そばが復活したと知って喜び勇んで行ったら9月で終了していたでござる!
/(^o^)\ナンテコッタイ
まぁ、「限定」って書いてたんでそんな気はしてましたけどね……。
 
ただですね。
その代わりに(?)、「ヤサイアブラ」というトッピングメニューが新たに出現してまして。
最初は、スルーだったんですよ。
私、基本的にトッピングしないので。
食べきれない可能性もありますしね。
 
しかし、これが妙~に気になってしまいまして。
ヤサイアブラっつーと、二郎系のイメージもあるじゃないですか。
私、二郎系への憧れみたいなのもちょっとあるんですよね。
量食べられないからあんま行きませんけど。
そして、そもそも福岡に二郎系あんま存在しないわけですけど。
 
閑話休題。
とにかく気になって、1回注文してみようと思ったんですね。
で、これも夜限定メニューかなって思って夜に行ったんですけども。
売り切れ。
そっちパターンかーヽ(´ー`)ノ
夜やってないのか、普通に売り切れたのかは不明ですけども。
 
しゃーないのでその時は普通にトッピング無しのつけ麺食べて帰って、次は昼の開店直後に行ってみることに。
したら、今度は流石にありまして。
 
DSC_0651.JPG
 
無事、注文できました。
相変わらず写真写りがアレで恐縮ですが、麺の上にたっぷりの野菜とアブラ、そしてガッツリとニンニクが乗ってます。
 
で、食べてみたところ。
こ、これは……!
まさか、例の油そば……!?
 
いや正直、もうそろそろ元の味とか忘れてきてるんですけどね。
ただ一口目の、脳にガツンとくる感じがかなり近かったような気がしました。
いくらニンニクをぶっ込んでも近い味にならねーなーと嘆いていたのですが、そうか……決め手はアブラだったのか……。
まぁ、油そば言うてるんですし当然といえば当然なんですけどね……。
しかし、まさかつけ麺で再現出来るとは……。
何気に、野菜の存在も重要かもしれませんね。
このシャキシャキ感が、油そばっぽさを醸し出してるような気もする。
 
はー、これはちょっと思わぬ方向での朗報でしたね。
しばらくは足繁く通ってしまいそうですわ。
問題は、このトッピングメニューもまたいつ消えるかわからない儚さがビンビンに感じられる点だな!
期間限定とは書いてないけど、券売機のポジションが明らかにレギュラーじゃない特殊メニューのとこなんだよなぁ……。

変身

どうも、はむばねです。
Twitterではこないだチラッと書いたのですけども。
思いついたネタの資料用にドイツ文学集を図書館で借りてきたのですが、その日のうちにそのネタがセルフボツになりました。
 
という感じでまぁ概ね無駄足になったわけですが、せっかくなのでいくつか読んでみることにしたのでした。
そして、せっかくなので読んだら感想を書こうと思います。
 
というわけで、今回はカフカの代表作『変身』の感想です。
実は、お恥ずかしながらカフカは初めてで……というか、むしろ外国の文学をまともに読むの自体初めてかもしれませんね。
まぁ、そもそも日本国内の文学にすらほとんど触れてないわけですけども。
 
そんなこんなで、いってみましょう。
まぁ今更私がネタバレどうこういうレベルの作品じゃないと思いますが、というか思いますので、今回ネタバレとか特に気にせず書きます。
ので、一応ご注意を。
 

変身 (新潮文庫)
変身 (新潮文庫)
posted with amazlet at 16.10.20
フランツ・カフカ
新潮社
売り上げランキング: 8,333

 
面白い面白くない以前に、凄まじく読みづらいな!?
いや、たぶん翻訳の問題だとは思うのですけれど……特に動きを表現してるとことか、目が滑って何回か読み直さないとどうなってんのかわからなかった……。
 
……というのは、ともかくとして。
これはアレ、一家を支える大黒柱的な長男が障害者になっちゃった的なお話を表現してるんですかね?
特にラストの展開が、なんかすげぇそれっぽいなと思いました(小並感)。
これが書かれた頃のドイツでも、介護問題とかあったんでしょうか……?
もしなかったのにこの話が書かれたのだとしたら、大変興味深いですね。
当時は全く別の問題を元に書かれたのに、現代日本の問題を彷彿とさせてしまうとか。
まぁ背景とか全く調べず書いてるので、ズバリ介護問題を示唆していたのかもしれませんし、そもそもなんの問題も示唆なんてしてないのかもしれませんけれど。
 
とまれ、うん、なかなかに面白かったですね。
事象そのものはわけわかんねーわけですけど、逆にいうとそれ以外に関してはよくわかる。
あぁ、こんな事象に遭遇したらそうなるよね……って周りの反応とか。
最初はめっちゃ大騒ぎするんだけど、なんか段々と慣れてく感があるのもある意味リアルですよね。
そして、慣れてくるにつれて異常性とか割とどうでもよくなって、そんなことより生活がやべぇよって感じになってくるところも。
なんつーか、悲劇の登場人物から現実に戻ってくる感あります。
ほんでそうなってくると、「どんなに姿が変わっても家族なんだから!」みたいな綺麗事が消えていって「コイツのせいで……」っていうヘイトだけが溜まっていくという。
この辺の感情の流れは、凄くすんなり納得出来ます。
 
ほんで、グレーゴルさんはグレーゴルさんでどんどん性格が変わっていくというか、人間味を失っていくというか、そういう感じが不気味で面白い。
なんでしょうね、淡々と壊れていく感じといいますか。
本人的には自覚ない感じなんですけども、読者側からすると明らかなんですよね。
しかし最後のアレは、どういう感じなんだろう。
一応、本人的にはあれはあれでハッピーエンドなのだろうか……。
 
うん、なんかこうもっと小難しくて取っ付きづらい感じを想像してたのですが。
思ったよりキャッチーというか、普通にエンターテイメントでしたね。
面白かったです。
 
 
いやー、しかしアレですね。
いわゆる名作文学と呼ばれるやつに対して、いつも通りに感想を書くとなんかすげぇアホっぽい感じになって恥ずかしいな!
いや、しかしこれで良いのだ。
高尚な文学に対しては高尚な感想しか書いてはいけないなんてルールはない。
というか、そもそも文学に高尚もクソもない。
というわけで、私は海外文学だろうが今後もライトノベルと全く同じ方向軸で感想を書いていくぜ!
まぁ、今後海外文学とかをどれだけ読むことがあるのかは甚だ疑問だけども!

今日のテラフォーマーズはお休みです。 /  おねがい! 鎮守府目安箱

どうも、はむばねです。
最近、寒いせいか寝起き腹痛が頻発してなかなかにアレな感じです。
寝起き腹痛自体は割と夏場でもあるんですが、大体1回トイレに行くと復旧するんですけど。
最近のは、シャワー浴びるまで継続する感じ。
しかし、冬場っていっつもこんなに腹痛発生してたかな……?
お腹は割と丈夫な方だと思っていたのですが、これも加齢による弱体化か……。
 
そんなこんなで、本日は感想二本立てです。
一本だけだと明らかにボリューム不足になるからな……。
ギャグ漫画の感想は書きづらいからね、仕方ないね。
まぁ、そもそもボリュームが必要なのか? という疑問もなくはないですけれど。
 
両方ギャグ漫画なので、ネタバレとかはありません。
 
 

今日のテラフォーマーズはお休みです。 1 (ヤングジャンプコミックス)
服部 昇大
集英社 (2014-11-19)
売り上げランキング: 36,763


おねがい! 鎮守府目安箱
 
こちらは、電撃マ王で連載中の艦これギャグ漫画。
まだ単行本は出てないようで、今んとこ公式で全話読めるようです
 
こっちも、初っ端から切れ味鋭くてワロタw
少なくとも4話まで現在のとこだと、キレの衰えは見られませんね。
公式のネタをうま~く拾って、さりとていわゆる「二次創作でのお約束」に頼ることもなく、独特の空気感になっていると思います。
まぁ艦これの場合、結構公式が「二次創作でのお約束」を積極的に拾ってくるとこあるんですけどねw
赤城さんとか赤城さんとか赤城さんとか……。
 
閑話休題。
しかしそれだけに、流石にこっちは艦これ(というか艦娘の性格)を多少は知ってないと厳しいかな~って気はしますね。
まぁ言うて私も、持ってるだけで性格把握してないキャラなんて山ほどいますが……。
音声も切ってることの方が多いですし、そもそも演習でとりあえず改レベルまでワープさせてそのまま放置してる子が山ほどいるしな……。
翔鶴ねぇはともかく、海風の過保護感とか全然感じたことなかったわ……。
 
最低でも、第一話の覆面状態で誰が誰かわかる程度の知識はないと「???」って感じになるのではないかと。
その分、知ってたらニヤリなネタが多いんですけどね。
こちらも、すげぇ原作愛を感じますわ。
 
 
 
というわけで、スピンオフ作品二作の感想でした。
ここ数日感想が続いてますが、ワシの感想ストックは108式まであるぞ……。
なお、感想書いてない作品のストックがあるだけで感想を書けるとは言っていない模様。

«  | ホーム |  »

プロフィール

hamubane

Author:hamubane

たぶんライトノベル作家的なもの


Twitter

既刊情報

最新コメント

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
ブログ (4278)
スタンプ・デッド (73)
情報系 (21)
短ネタ (35)
太陽で台風 (2)
しゅーかつ (18)
レパートリー確認PJ (27)
自著を無理矢理褒める (7)
感想 (244)
天神周辺グルメ (35)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR