スクウェア・エニックスノベルス『スタンプ・デッド』1~5巻&コミック版(完結)、『太陽で台風』1・2巻(完結)発売中!
ガンガンノベルズ『魔法少女アーヤ☆アミー』発売中!
徳間デュアル文庫『魔王さんちの勇者さま』1~4巻(完結)発売中!
徳間文庫『欠陥妖怪住宅』、『パラレル家族計画』発売中!
ぽにきゃんBOOKSライトノベルシリーズ『ブチ切れ勇者の世界征服』1~2巻発売中!

2017年4月、第11回HJ文庫大賞にて『銀賞』をいただきました!
2017年5月、ジャンプ小説新人賞’16 Winterにて 小説フリー部門『銀賞』受賞をいただきました!
2017年9月、第30回ファンタジア大賞にて 『金賞』をいただきました!

第11回HJ文庫大賞"銀賞"受賞作『カンスト勇者の超魔教導 ~将来有望な魔王と姫を弟子にしてみた~』
1・2巻、HJ文庫より発売中!
第30回ファンタジア大賞 "金賞"受賞作『お助けキャラに彼女がいるわけないじゃないですか』
2巻、5/19(土)ファンタジア文庫より発売です!

«  | ホーム |  »

極味や のハンバーグステーキ

どうも、はむばねです。
そんなこんなで、本日より当ブログは通常営業に戻りますよっと。
通常営業(飯屋の話)。

はい、というわけでね。
こないだ間違って違う方のきわみやさんに入ってしまったけどまぁこれはこれで良かったな、と思ったわけではありますが。
やはり、本来の目的も果たさねばなるまいということで今度こそB1の極味やさんに行って参りました。

えー、まず最初に言っておきますが。
めっちゃくちゃ並ぶから注意な!
最初は開店(11時)直後に行ったんですが、既に並びまくってたので出直したレベル。
普段の私であれば、この時点でもう諦めて二度と行こうとしないのですけれど。
ブログのネタにするため、頑張って並んできたよ!
ブログのためなら時間を惜しまないブロガーの鑑。

ま、つっても開店15分前に行った程度ですけどね。
しかし、それでも結構並んでてワロタw
流石に、開店と同時に席には座れましたけど。
たぶん、開店10分前くらいまでに並べば入れる感じじゃないかと思います。
ちな、20分前くらいに並んだらたぶん待機列用の椅子に座れます(私でちょっと届かないくらいだったので)。
ただ、どうやらお店側で列整理始めるのが15分前からなようなので、待機列に並ぶための列に立って並ぶ必要は生じますが。


というのは、ともかくとして。

moblog_acf7608e.jpg

メニューはこんな感じです。
流石にお店側も手慣れたもんで、開店前の並んでる間に注文聞いてくので開店してからの流れは実にスピーディー。


moblog_9789e48e.jpg

今回は、Mサイズ(150g)セット1330円(税別)を注文してみました。
ご飯、味噌汁、サラダ、全部おかわり自由です。


moblog_f6d9f91d.jpg

ソフトクリームも食べ放題。
よく食べる人には、普通にお得な価格設定ですね。


moblog_57e6da74.jpg

ハンバーグのソースは、基本の肉ダレともう1つ7種類のうちから選べます。
今回、わさび醤油をチョイス。


moblog_111fd515.jpg

ハンバーグは、表面を軽く炙ってある程度で出てきます。


moblog_305c8ae6.jpg

中は完全に生。
付属の焼石で、自分好みに焼いて食べていく形ですね。
ちな、焼石も冷めてきたら交換してくれます。


んで、実際食べた感想なんですけども。
あのね、なんつーかですね。
正直、舐めてた。
言うても結局ハンバーグでしょ? 並ぶ程のもんなの? と思ってた。
でもね、違う。
これはハンバーグではない、「極味や のハンバーグステーキ」という食べ物だ。

もうね、ホント別種。
別格とかじゃなくて、別の食べ物。
凄く雑な言い方をすると、ほぼ肉です。
それも、極上のお肉。
これ、ステーキにしても絶対美味しいやつ。
それを、わざわざハンバーグの形にして提供するとは……なんという贅沢よ……。

ギュッと濃縮された肉の旨味は、ほんのり甘さを感じるもの。
細切れにされていることもあり、とろけるような食感です。
肉自体に味付けされてるので、そのまま食べてもグッド。
というか店の食べ方指南にも書いてあるのですが、まずはそのまま食べるのがオススメですね。
ありのままの肉の味が楽しめます。

ほんで、基本の肉ダレがまた美味い!
これ自体に肉の旨味が入っている特製のタレということで、これだけで全然ご飯いけるレベル。
そしてそれがハンバーグと合わさった時、更に両者の美味さが引き立てられるのです。
一方、わさび醤油を付けると今度は非常にサッパリとした味わいになってこれもグッド。
うわぁ、これは他のタレも試してみてぇ!

ほぼ生で出てくるという点も、最初は「いや焼いて出せよ……なんでこっちに焼かせるんだよ……」と思ったものですがクソド素人の考えでしたね。
自分で色んな焼き加減を試す楽しさがたまりません。
レア気味にしてありのままの肉を感じるも良し、しっかり焼いてステーキのように楽しみも良し。
タレとの絡みも考えると、無限の組み合わせが考えられます。

いやぁ、これはね。
確かに、並ぶ価値ありですわ。
この私ですらも、また並びに行こうかと思った程です。
完全にオンリーワンの、ここでしか食べられない食べ物を提供してる。
ここまで「ハンバーグステーキ」の名に相応しい品を見たことがない。
ホントに、「ハンバーグ状になったステーキ」なんですよね。
どっちかっつーと、ハンバーグよりはステーキに近い。

なので、というものあるのですけども。
ハンバーグの感覚で分量選ぶとミスる可能性が高いので注意な!
ハンバーグなんてふりかけみたいなもんっすわ、はっはっは! とか思って150g注文したら完全に重かった……。
私には120gで十分だわ……。


とまれ。
確かに、並ぶ。
めっちゃ並ぶ。
しかし、皆が並ぶのも納得の逸品でございました。
世の中にこういう食べ物があるんだ、と知るため、ある種の観光地的感覚で並んでみてもいいんじゃないですかね。
スポンサーサイト

«  | ホーム |  »

プロフィール

hamubane

Author:hamubane

たぶんライトノベル作家的なもの


Twitter

既刊情報

上の方は絶版じゃないよ!

お助けキャラに彼女がいるわけないじゃないですか2 (ファンタジア文庫)

最新コメント

最新記事

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR