FC2ブログ
スクウェア・エニックスノベルス『スタンプ・デッド』1~5巻&コミック版、『太陽で台風』1・2巻発売中!
ガンガンノベルズ『魔法少女アーヤ☆アミー』発売中!
徳間デュアル文庫『魔王さんちの勇者さま』1~4巻発売中!
徳間文庫『欠陥妖怪住宅』、『パラレル家族計画』発売中!
ぽにきゃんBOOKSライトノベルシリーズ『ブチ切れ勇者の世界征服』1~2巻発売中!
HJ文庫『カンスト勇者の超魔教導』1~3巻発売中!
ファンタジア文庫『お助けキャラに彼女がいるわけないじゃないですか』1~3巻発売中!
JUMP j BOOKS『ぼくたちは勉強ができない 非日常の例題集』発売中!

受賞歴:
2004年、第1回スクウェア・エニックス小説大賞『入選』
2008年、第5回トクマ・ノベルズEdge新人賞『徳間デュアル文庫特別賞』
2017年、第11回HJ文庫大賞『銀賞』
2017年、ジャンプ小説新人賞’16 Winter 小説フリー部門『銀賞』
2017年、第30回ファンタジア大賞 『金賞』

«  | ホーム |  »

映画クレヨンしんちゃん 爆睡!ユメミーワールド大突撃

どうも、はむばねです。
うーん……風邪はもう治ってると思うのですが、どうにもスッキリしないといいますか。
頭がシャキンと100%の稼働率に戻ってない感じです。
まぁ、100%になったからといって何が変わるわけでもないというかむしろ稼働率多少低めの方が作業は捗る説があるのですけれど。
それはそれとして、なんか気持ち悪いので早く全快といきたいものですね。

そんなこんなで(雑)、今回もクレしん映画の感想ですよっと。
相変わらず、ネタバレはマシマシでお送りしておりますのでご注意を。




あらすじはAmazonより抜粋。
>毎晩、楽しい夢が見られる世界、ユメミワールド。
> 何でも叶う夢の世界の訪れに、しんのすけたちは喜びいっぱい!
>・・・だったのに、 突然、楽しい夢は悪夢の世界へと姿を変えた!
>時を同じくして、春日部の街にやってきた少女・サキ。
> しんのすけたちカスカベ防衛隊の仲間になり、悪夢に立ち向かうと約束するが、 サキにはある秘密があった・・・

まず、最初に気になった点として。
なんか、全体的にキャラのブレを感じたような……?
しんのすけって、(サキちゃんをお助けしようとするとこで)こんなヒーローみたいな動機でヒーローみたいなこと言ってヒーローみたいな行動するような子だっけ……?
なんか、こういう場面でももうちょっとふざけた感じだったような……?(直後でふざけるけど
流れだけを見ると、自然というか王道な展開なんですけどね。
ネネちゃんがサキちゃんを認めるくだりも……うーん、しかしこれはネネちゃんらしいといえばらしいのか……?
こっちは逆に、流れ的には「えっ、そこでそうなんの?」って感じでしたが。
サキちゃんのキャラも、微妙に捉えがたいところがあった気がする。
全てを拒絶する感じなのかと思ったら、思ったよかあっさり受け入れてた感じとかね。
まぁでも、年齢を考えるとこのくらいが自然ではあるのか。
むしろ、カスカベ防衛隊レギュラーが年齢にそぐわなすぎるだけなのかもしれない。

というのは、ともかくとして。
ストーリーは、非常に良かったですね。
なんつーか、王道のボーイミーツガールって感じ。
秘密と危険を抱える女の子と、それを救う男の子。
クレしんでこの構成って、何気に珍しいのでは?
だから、しんのすけのヒーロー感にも違和感を覚えたのかもしれない。
普通に、同世代の女の子に対してはこんな感じに接するのかもしれませんね。
そういや、ネネちゃん以外のサンプルが記憶にない気がするしな……。

サキちゃんの抱えてる問題がかなりガチ気味なのも、クレしんでは珍しいかも。
とはいえサボテン大襲撃もガチ気味だったし、むしろ最近のトレンドなのかな?
いやまぁ、状況そのものは昔からガチなのがほとんどではあるんですけどね。
サボテン大襲撃とブタのヒヅメの時に書いたけど、昔はガチでもコミカルだったなぁと。
この辺りは、好みによるところでしょうけれど。

個人的には、かなり好きな感じでした。
悪役らしい悪役が実質存在しないってのも良かったですね。
サキちゃんのパパも、純粋に娘のことを思っての行動なわけですし。
不器用すぎる愛が随所に感じられたのがめっちゃ良かった。
特に、朝食のシーンね。
何気ない描写ですけど、あそこのグッと来た具合がハンパなかったです。
焦げたパンに、ポテトチップスに缶詰。
マジ不器用なんだけど、パパ的に精一杯考えてのメニューなんだろうな……ってのが伝わってくる。
そして、それが噛み合ってないのが実に悲しい。
それに対して「美味しいよ」と言うサキちゃんも凄く良かった。
あぁ、この子もちゃんとパパの愛情は感じ取ってるんだなって感じで。
ほんで、パパが自分のためにやってることも理解してて、だからそれを受け入れてもいるんだけども、本当の所は罪悪感があると。
それが、カスカベ防衛隊と出会って爆発したんですよね。
この板挟みな感じと、最後の背中を押すしんのすけという構図も凄く良かったです。

そして、貫庭玉家親子の絆によって訪れた状況に、相対するのが野原家親子の絆ってのもめちゃ良かった。
ユメルギーが強くなった理由が「ツルツルにしたから」ってのは思わず吹きましたがw
しかし、地味にここも「子供のためなら」感があって良かったですね。
ミサエの寝付きの良さとか、シリアスな場面でもぶっ込んで来る笑いも、凄く好き。
この緩急、実にクレしんって感じで素晴らしかったです。

子供サイドも、カスカベ防衛隊が全力でサキちゃんを救いに行くところが良いですね。
親子の絆だけじゃなく、きっちり友情も描かれてる。
それぞれの夢を使って助けに行くのも、展開に無駄がなくて良かったです。
ぼーちゃんの石化が決め手になったりとか、しんのすけのケツ力が伏線になってたりとか、この辺りは笑いつつも普通に感心しました。

ほんで、そっからの流れはね。
これは、普通に卑怯ですよね。
ママのくだりが出てきた時点で、この結末は予想通りっつーか約束されし勝利の剣なわけじゃないですか。
それがわかってても、尚泣いちゃうんですよね。
何も予想外の展開はなく、予想通りに感動してしまう。
これこそが王道よ。

笑いどころについても、序盤から随所に散りばめられていて良かったですね。
「頭は下げてもパンツは下げるな」とか、いきなり名言きたなって感じでしたw
つーか今回、なんか「上手いこと言う系のギャグ」が多いですね。
……と思ったらこれ、脚本が劇団ひとりさんなのか。
なんか納得。

毎度おなじみのゲスト枠も、夢の中ってことで唐突な登場でも違和感がなかったですね。
夢設定、強い。
ぶっちゃけ、とにかく明るい安村以外誰なのか知らなかったけどな!
大和田獏さんが、一応頑張ってくれようとしたところとかも良かった(小並感)。

あと強いといえば、ひまわりとシロが強すぎてワロタw
相変わらず犬と赤ん坊に救われてんな、こいつら……。

総じて。
王道ストーリーに、期待を裏切らない展開。
笑いの質と量も良くて、非常にエンターテイメント力の高い作品でしたね。
スポンサーサイト



«  | ホーム |  »

プロフィール

hamubane

Author:hamubane

たぶんライトノベル作家的なもの


Twitter

既刊情報

最新コメント

最新記事

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

月別アーカイブ

カテゴリ

ジャンルランキング

[ジャンルランキング]
日記
152位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
61位
サブジャンルランキングを見る>>

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR