FC2ブログ
スクウェア・エニックスノベルス『スタンプ・デッド』1~5巻&コミック版、『太陽で台風』1・2巻発売中!
ガンガンノベルズ『魔法少女アーヤ☆アミー』発売中!
徳間デュアル文庫『魔王さんちの勇者さま』1~4巻発売中!
徳間文庫『欠陥妖怪住宅』、『パラレル家族計画』発売中!
ぽにきゃんBOOKSライトノベルシリーズ『ブチ切れ勇者の世界征服』1~2巻発売中!
HJ文庫『カンスト勇者の超魔教導』1~3巻発売中!
ファンタジア文庫『お助けキャラに彼女がいるわけないじゃないですか』1~3巻発売中!
JUMP j BOOKS『ぼくたちは勉強ができない 非日常の例題集』発売中!

受賞歴:
2004年、第1回スクウェア・エニックス小説大賞『入選』
2008年、第5回トクマ・ノベルズEdge新人賞『徳間デュアル文庫特別賞』
2017年、第11回HJ文庫大賞『銀賞』
2017年、ジャンプ小説新人賞’16 Winter 小説フリー部門『銀賞』
2017年、第30回ファンタジア大賞 『金賞』

«  | ホーム |  »

エルフ転生からのチート建国記

どうも、はむばねです。
体調! 万全!

いやー、昨晩はスカッと眠れて今日はめっちゃ調子いいですね。
生活リズムも(とりあえず今日に限って言えば)朝型に戻りました。
昨日フラグ立てた甲斐がありましたね(?)。

そんなこんなで、調子が良かろうが悪かろうが感想ですよっと。
ズバリではないものの展開を読める系のネタバレを結構含んでおりますのでご注意を。


エルフ転生からのチート建国記

異世界転移モノ。
なお、転生するのは31回目の模様。
ってのが、珍しい点ですね。
タイトルからなんかサクサク建国していく系なのかなって思ってたのですが、どっちかっつーと滅ぼされそうなとこを全力で抵抗した結果(超強力な)国が出来上がったって感じの物語でした。

これまでの転生で得た知識・経験が全て使えるというのが主なチート要素です。
元々魔導を極めんとして転生魔法を開発したこともあり、魔法に関しては余裕で世界最高クラス。
ただし、肉体が耐えられないのでその全てを十全に使えるわけでもありませんが。
一時的に身体ごといずれかの転生体に変化することも可能で瞬間火力的にはガチ世界最強なのですが、色々と制限がかかってるせいでそこまでの俺TUEEEEEEEEEEEEEE感はありません。
いや、まぁまぁ無双はするんですけども。
火力ゴリ押しではなく、知識を上手く使っての搦手まで含めないと厳しいって点が非常に上手いバランスですね。

知識に関しては、主にいわゆる現代知識系なのですけども。
日常のお役立ち知識とかじゃなくて(それもあるけど)、割と専門的な知識が多かった印象です。
特に、武器関連……と、あと料理関連。
別作品でお菓子作りメインっぽいのも書いてらっしゃるようですし、もしかしてその辺りの専門の方なのでしょうか。

というのは、ともかくとして。
これ系の長生き系主人公だと「そんなに生きててその精神年齢なのかよ……」となる危険性が割とあるのですが。
本作については、知識としてはこれまでの転生分を受け継いでいるが精神性そのものは14年間生きてきて培われたもの、という説明で解決されてます。
更に、それでも多少性格に影響が出ている、という説明で14歳らしからぬ部分についてもカバー出来ている。
これは実にスマートで上手いですね。

そして、だからこそ超合理的にとにかく最善を尽くすって展開にも説得力が生まれてます。
つーか主人公さん、普通に容赦なさすぎてワロタw
こういうのって割と、そうは言ってもなんだかんだで人情味はある系の主人公が多いと思うのですけども。
マジで、敵に対しては一切の容赦がない。
敵というか、味方以外に対して、かな。
味方以外だったら、無関係の一般人を(結果的に)害すことも厭わない感じ。
まぁ、容赦したら自分たちが潰されるからね、仕方ないね。

にしても、途中からの不穏な空気感マジやべぇな。
非人道的なことやってるのもあるし、敵に有能そうなのもいるし、超強力な敵対者もいるし。
戦争の概念変えたりとか、我が子を胎児の状態で弄るっつー禁忌とか、偽札と麻薬バラまいたりとか、完全に悪役としての死亡フラグですよね。

……と思ってたら、意外とあっさり全部乗り越えたな。
ただ、その辺りが肯定的に描かれているわけではなく、マジで人の所業じゃないレベルの外道であることを承知の上で本当にそれしか手がないくらいに追い詰められての選択だった、というのがちゃんと描写されてたのが良かったですね。
しかし、剣と魔法の世界なのにここまでガチで経済崩壊させるとはなw

そして、そんな風に非道外道な手段をやってからの、最後の決着は普通に熱い展開というのはなかなかに卑怯ですね。
なんというか、色んな意味で失うものが大きくて、でも彼ら自身がそれを望んでいて、その理由にも納得出来て。
うん、とても良い展開だったと思います。

総じて。
魔法チートで知識チートで精神力強者。
要素だけ挙げると胸焼けしそうにも思えますが、非常に上手いバランスで配置されていて大変に美しい物語構成でございました。
割と短めにまとまってるのも、軽い気持ちで読み始められて良いですね(短いとは言っていない)。
スポンサーサイト



«  | ホーム |  »

プロフィール

hamubane

Author:hamubane

たぶんライトノベル作家的なもの


Twitter

既刊情報

最新コメント

最新記事

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ

カテゴリ

ジャンルランキング

[ジャンルランキング]
日記
235位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
95位
サブジャンルランキングを見る>>

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR