FC2ブログ
スクウェア・エニックスノベルス『スタンプ・デッド』1~5巻&コミック版、『太陽で台風』1・2巻発売中!
ガンガンノベルズ『魔法少女アーヤ☆アミー』発売中!
徳間デュアル文庫『魔王さんちの勇者さま』1~4巻発売中!
徳間文庫『欠陥妖怪住宅』、『パラレル家族計画』発売中!
ぽにきゃんBOOKSライトノベルシリーズ『ブチ切れ勇者の世界征服』1~2巻発売中!
HJ文庫『カンスト勇者の超魔教導』1~3巻発売中!
ファンタジア文庫『お助けキャラに彼女がいるわけないじゃないですか』1~3巻発売中!
JUMP j BOOKS『ぼくたちは勉強ができない 非日常の例題集』発売中!

受賞歴:
2004年、第1回スクウェア・エニックス小説大賞『入選』
2008年、第5回トクマ・ノベルズEdge新人賞『徳間デュアル文庫特別賞』
2017年、第11回HJ文庫大賞『銀賞』
2017年、ジャンプ小説新人賞’16 Winter 小説フリー部門『銀賞』
2017年、第30回ファンタジア大賞 『金賞』

«  | ホーム |  »

七夕にロリコンは何を願う

どうも、はむばねです。
はいはい、今日も今日とて感想ですよっと。
今回感想を書きますのは、何気に初めてのカクヨム作品です。
つーか、カクヨム作品読むの自体これが初めてだったりする。
なんとなく、新しい媒体って一つハードルが上がる感じがするのでね……。

そんな私にハードルを乗り越えさせたのは、神近ゆう先生こと神ちくわ先生です(相変わらず、どっちに『こと』を置いていいのかわかんねーけど)。
以前から当ブログを読んでくださっていた方からすれば既にお馴染み感があるだろうところでしょうが、一応改めてご紹介しておきますと。
第1回スクウェア・エニックスライトノベル大賞短編部門で佳作を取られた方でして。
第2回短編小説カーニバル(ページ消滅済み)にもエントリされてた受賞作、『チューニング』のを読んだ当時の私の感想はこちら
なろうに掲載されていた作品『表裏反転ぐるてんてるぐ』の(第一章の)感想はこちらとなっております。

そういや先にカクヨムに投稿されてた男と男と多元動物園も読んでなかったなってことにさっき気付いたんですが(カクヨムかー……触ったことないし今度読もっと、とか思ったまま放置してた)、差し当たり直近で完結したこちらの作品から感想を書かせていただきます。
ネタバレは、あんまり無いつもり。


七夕にロリコンは何を願う

あらすじを、ざっくり説明しますと……。
小学生の頃からずっと『小学生の頃の』幼馴染のことが好きな主人公が、今や高校生となってしまった幼馴染を小学生の頃に戻して欲しいと七夕に願い、それが実際叶ってしまうことから始まる物語。
という感じでしょうか。
よし、今回はあらすじからして頭おかしくてわかりやすいな(褒め言葉)。
ぐるてんの時の「あらすじだけ見れば平凡な物語のように見えるけども実際読み始めると微塵も隠れる気配のない狂気が満ち溢れてる感じ」も好きだったのですが、やはりこういうわかりやすい頭のおかしさというのも重要ですよね(褒め言葉)。

さて、それはそうと。
JKとなったひな子さん(幼馴染)への圭くん(主人公)の性的興味のなさっぷりがガチで、うわこいつマジモンやな……感が初っ端から溢れてます。
ぐるてんの時も思ってましたが、神近先生はガチ変態を描くのが抜群に上手いですね。
絶対に「あ、こいつファッションで変態変態言ってるだけやな」って感想を抱かせない。
そう、真の変態は自ら変態と名乗るのではなくその行動を見た周りがそう呼ぶだけなのだ。

そして、変態でありながら妙に理知的でもであるところもなんかリアルといいますか。
まぁそら人格が破綻してる変態も中にはいるのでしょうが、しかし現実、変態といえども基本的には社会に溶け込んでるわけで。
確かに、変態であることを除けばそれなりの常識を持っていることが多いのでしょう。
本文中には一ミリもそんな話は出てこないのですけれど、なんかその思いを馳せてしまいました。

閑話休題。
この性格については、人間としてはバランスが取れていて、しかしキャラとしてはアンバランスといいますか。
変態というキャラ付けをした以上、普通は性格もそこに引っ張られると思うのですよ。
なのに本作においては、圭くんはロリコンである以外ほぼ常識人。
この妙なギャップが神近先生作品の魅力に繋がる一端なのではなかろうか。
……すんません、適当こきました。
なんか、ぐるてんの時も似たようなこと言ってた気がするな。

なお、ロリコン部分に関しては速攻で常識を吹っ飛ばす模様。
セミの鳴き声から(セミの中にもロリコンがいて)「幼虫のメスがいい」と叫んでる個体がいたりするのか思いを馳せるとか、およそ常人には思いつかない発想である。

にしても、相変わらずの言葉選びのセンスですよね。
随所で上手いこと言いやがる。
そして、単純にネタとして面白い笑いに、更にそのセンスを重ねることでの相乗効果が高すぎる。

>「じゃあもっと驚いてよ」
>「ああああああああああああああああああああああぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!」
>「病気?」
>「ひな子がやれって言ったんだろ」
>「幼女の要望に答えようとする気持ちがあまりにも強すぎる」
>「すまない」

こことかねー。
4行目までだと、(そこまででも面白いけども)まぁまぁ普通なのですよ。
しかし5行目で普通じゃないツッコミが入って、更にそれを受け入れる6行目で一層破壊力を増しているのですよ。
ツッコミによってボケの面白さを増幅し、ツッコミそのものも笑えて、そしてそれに更にボケを重ねて笑いに繋げる。
これは、まさに理想的な笑いの取り方ですよね。
そしてこれが会心の一発というわけでもなく、とても引用しきれない程に散りばめられてるというのが相変わらずヤバい。

そして、単純な言葉の妙だけで笑いが構成されているのかというとそんなこともなく。
キャラも割とぶっ飛んでる人が多い……つーかすげぇな、この学校一人も常識人がいねぇぞ!?
普通なんだかんだで場を回すためにもそれなりの常識人を一人は配置するものですが、それが全くない。
全員がボケ倒してる。
むしろ天然ボケかき回し系ヒロインかと思われたひな子さんが、唯一の良心(ツッコミ)になろうとはな……。

昨今、歳を取るごとになかなか「面白いな」と思っても多少口元が緩む程度にしか反応出来なくなってきたものですが、本作については何度も声を出して笑ってしまいました。
このレベルの笑いを、この頻度でぶっ込んでくるというのがホントにヤバい(語彙力の消失)。

ちな、全体で約3万五千文字ということで、短中編くらいの長さでしょうかね?
それもあってか、全体として割合あっさりとした感じの物語となっています。
けど、気軽に読むにはこのくらいの方がいい気がしますね。
ぶっちゃけ、ぐるてんの時は色んな感情が刺激されすぎて読み終わった後にすげぇ体力消耗した感があったからな……。

「最近笑ってないな」って方や、「なんか突然ロリコンの話が読みたくなってきたな」って思った方。
そんな人にオススメな、サラッと笑いやロリコンを補給出来る物語ですね。
ただし、読む時は周りに注意が必要やで。
ほとんどジャブも無しに、いきなりヘビー級ストレート並の笑いどころがぶっ込まれるでな……。
スポンサーサイト



«  | ホーム |  »

プロフィール

hamubane

Author:hamubane

たぶんライトノベル作家的なもの


Twitter

既刊情報

最新コメント

最新記事

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月別アーカイブ

カテゴリ

ジャンルランキング

[ジャンルランキング]
日記
235位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
95位
サブジャンルランキングを見る>>

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR