FC2ブログ
ファンタジア文庫『世話好きで可愛いJK3姉妹だったら、おうちで甘えてもいいですか?』11/20発売!
JK文庫『異世界からJK転生した元妹が、超グイグイくる。』11/30発売!
JUMP j BOOKS『ぼくたちは勉強ができない 未体験の時間割』12/4発売!

スクウェア・エニックスノベルス『スタンプ・デッド』1~5巻&コミック版、『太陽で台風』1・2巻発売中!
ガンガンノベルズ『魔法少女アーヤ☆アミー』発売中!
徳間デュアル文庫『魔王さんちの勇者さま』1~4巻発売中!
徳間文庫『欠陥妖怪住宅』、『パラレル家族計画』発売中!
ぽにきゃんBOOKSライトノベルシリーズ『ブチ切れ勇者の世界征服』1~2巻発売中!
HJ文庫『カンスト勇者の超魔教導』1~3巻発売中!
ファンタジア文庫『お助けキャラに彼女がいるわけないじゃないですか』1~3巻発売中!
JUMP j BOOKS『ぼくたちは勉強ができない 非日常の例題集』発売中!

受賞歴:
2004年、第1回スクウェア・エニックス小説大賞『入選』
2008年、第5回トクマ・ノベルズEdge新人賞『徳間デュアル文庫特別賞』
2017年、第11回HJ文庫大賞『銀賞』
2017年、ジャンプ小説新人賞’16 Winter 小説フリー部門『銀賞』
2017年、第30回ファンタジア大賞 『金賞』

«  | ホーム |  »

(スペースワールドこの世から)卒業旅行・1日目その3

どうも、はむばねです。

~前回までのあらすじ~
ここまで、2記事も使ったのに集合して昼ご飯食べたのみ。


はい、というわけでね。
ご飯を食べた我々は、スペースワールドの目玉という噂のタイタンMAXにまず乗ることにしたのですが。
ここが、ツッコミ所がいっぱいありすぎてですね。

とりあえず、乗り場に辿り着いた我々を迎えたのは「現在昼メンテナンス中です」の文字。
うん、まぁ、まず昼メンテって何? って話で。
そっかー、朝晩だけじゃなく昼にもメンテしてくれるのかー、それなら安心だなー……とはならないですよね。
むしろ、朝のメンテだけでは不安が生じるのか……と思わざるをえない。

うん、いや、まぁ、でもね。
今年で閉園という事情を鑑みれば、わからなくもないんですよ。
多少の不具合があったところでまさか一新するわけにもいかんでしょうし、こまめにメンテすることでどうにかやっていこうということなんでしょう。
最後が見えてるシステムってそういうもんですからね。

なのでまぁ、それは別にいいんですけども。
我々が到着したのがメンテ終了予定時刻まで10分くらいのタイミングで、その時点でまぁまぁ人が並んでましたが、あくまでまぁまぁレベルでして(数十人程度?)。
待ち時間90分って書かれてたけど、たぶんメンテ込みの時間かかなり余裕をもって見てるんだろうと思って並び始めたんですけどね。
結論から言うと、90分ガッツリ待ちました。

いや、90分待ちって書いてあって90分待たされたわけで。
そこに文句の付けようはないわけですけども。
ただ、全然列が進まねぇ。
明らかに、人の量と待ち時間が比例してないように思えるんですよね。
ディズニーランドなら30分も待てば余裕で乗れるかなってくらいの人数ですよ。
最初は、なんでこんなに進まないんだぜ……? と思っていたんですけども。
並びながら観察しているうちに、徐々にその原因も明らかになって参りました。

まず、単純に発車回数がすげぇ少ない。
メンテ終了直後の30分とか、1回か2回くらいしか出てなかったのではないでしょうか。
1周に5分もかかるようなアトラクションじゃないんですけどね。
まぁでも、それがデフォならそういうもんなのかなって諦めるんですけども。
問題は、むしろ途中からペースがちょっと上がったという点ですよね。
30分経過後くらいから、明らかにペースが上がったんですよ。
そこで我々の中では、メンテ後のテストを実地で行っていたのではないか説が有力となりました。
1回の発車で乗せる人の数も徐々に増えていった感じでしたしね。
どこでやべぇかを判断する閾値テストを行っていたと考えると辻褄が合う。
あれか、最初の方に乗れた人々は先行して乗れたことと引き換えに命を失うリスクが高くなるのか。
もうそう考えると、ずっと流れてる「破損や紛失については責任を追いません」のアナウンスも「(身体の)破損や(命の)紛失については責任を追いません」って言ってるようにしか聞こえなくなりますよね。

ほんでこれ、しばらく見ていて気付いたんですけども。
何回発車しても明らかに使われてない車両が存在するんですよね。
後に(乗る直前に)判明することですが、ホントに使用禁止の車両だったようなんですけども。
これも、テストで駄目だとわかったやつなのかな? とか思っちゃいますよね。
ちゃんと数えたら、実は乗る人数と降りてくる人数に差が出てたりする説。
とかとかね。
あとは、上記以外にも「係員が1回発車するごとにご飯食べてた(途中でお腹いっぱいになったから早くなった)」などの説も上がったりで。
マジでやることないんで、そんなことを言いながら待ってました。
ちなみに、ふと頭上を見上げてみると。

DSC_0105.jpg

なんか明らかメンテされてない感じの蛍光灯がぶら下がってて、終末感が出てるなぁと思ったり。


DSC_0106.jpg

かと思えば、もっと凄いのがあったり。
これ、人類が滅亡した地球の描写とかで見るやつじゃねぇか。
というかこいつに至っては明らかに点く状態にないと思うんですけども、これから冬に向けて暗い時間帯での営業になってきたらどうするんだろう……。


と、ある意味では満喫していると言えなくもない待ち時間を経ること90分。
ようやく我々の番と相成ったわけですけども。
ここで、タイタンMAXの説明を(今更ながら)しておきますと。
まぁどこの遊園地でもありがちな過激さを謳ったジェットコースターなんですけどね。
変わり種なのは、乗ってる最中に聞ける音楽を選べるという点なのです。
なんというか、この一点だけもでスペースワールドがなぜ閉園に至ったのかが察せられる感じですね。
四次元殺法コンビの例のAAが思い出されますが、それはともかく。
とはいえ、ですね。

ジェットコースター乗ってる最中に音楽が聞けます ←まぁ、わからなくもない
聞ける音楽の選択肢にはスペースワールドのテーマソング(ノーマルと20th記念の2ver)があります ←まぁ妥当なチョイス

DSC_0122.jpg

聞ける音楽の選択肢にはお経もあります ←ファッ!?!?!?!?!?!?!?

え、なに、これはつまりアレ?
いざという時に成仏出来るようにってこと?
いやまぁ、恋愛成就、学業成就、金運アップとかのご利益系らしいんですけども。
聞ける音楽の選択肢としては、上記三種のお経と二種類のテーマソング。
なんで選択肢の過半数がお経なんだよ。
何を思ってどの方向に攻めてるんだよ。
ただ、このチョイス自体は嫌いじゃないぜ……。
まぁ、だからといってこれがスペースワールドに行く理由になるかといえば断じてNOなんですけども。
これ、最後だからってはっちゃけた結果なのかマジでやってるのかは若干気になりますね。


ともあれ。
ジェットコースターに乗り込み、いよいよ出発と相成りまして。
結局ボタンと曲の対応が一切明示されていないという不親切さを感じつつも、発車直後に音楽ボタンを押してみます。
すると、流れ出すお経。
うん、お経。
ていうか、思ったよかお経。
これ普通にお葬式の時に聞くやつだ。
いや、たぶんなんか運をアップさせる的なやつなんでしょうけども。
素人が聞く分にはお葬式の奴との違いがわからん……。

ま、まぁともかく。
せっかくなので他のやつも聞いてみよう……と思って他のボタンを押してみるも反応無し。
あれ、壊れてんのかな……? でも、最初のはちゃんと鳴り始めたんだけどな……? などと思ってしばらく、原因に気付きます。
あ、これ隣(ふくし氏)の音量に掻き消されてるわ。
つーか、ふくし氏席の音量でけぇ!?
どっかに音量ボタンでもあるのかと探しても、見当たらず。
恐らく、調整ミスか……?

ま、まぁいいや……そこは本流じゃないしな……と気を取り直し素直にジェットコースターを楽しむことにします(大音量のお経を聞きながら)。
(大音量のお経を聞きながら)昇っていく時が一番ドキドキしますよね。
そして、昇りきってからの(大音量のお経を聞きながら)の急降下!
(大音量のお経を聞きながら)身体にかかるG、(大音量のお経を聞きながら)感じる落下感、(大音量のお経を聞きながら)風を切る疾走感。
(大音量のお経を聞きながら)これがジェットコースターの醍醐味ですよね……と、最初は思っていたんですけども。
途中で、(大音量のお経を聞きながら)なんかすげぇガタガタ揺れ始めまして。
あ、あれ……? ジェットコースターってこんなに揺れるもんでしたっけ……? い、いや、ジェットコースターなんて久しぶりだからな……たぶんこんな感じだったに違いない………………これ、仕様……です……よね……?
と、信じ込もうとするのですけれど。
なんかもう、ここまで見聞きした全てがフラグにしか思えなくなってきますよね。
昼メンテ、メンテ後のやけに進むのが遅い列、使用出来ない車両、今年いっぱいで閉園という事実、そして何より隣から大音声で流れ続けるお経ボイス!
事ここに至っては、もう成仏用にしか聞こえないんですけど!?
つーか、だからふくし氏の席の音量でけぇって!
その調整ミスっぽい案件をリアルタイムで聞かせ続けられることで更に心配度上昇中だわ!

という感じでね。
いやぁ、久々にマジで命の心配をちょっとしましたね。
アトラクションでガチ生命の危機を感じたのは、鷲羽山ハイランド以来でしょうか。
あの時はスカイサイクルの恐怖ばかり語ってましたが、実はジェットコースターもすげぇ錆び錆びでめちゃ怖かったんですよね……。


えー、というわけで。
(わかっちゃいたけど)タイタンMAXの話だけですげぇ長くなったので今日はここまでだ!
安心してください、ここのくだりが一番長いので後はそんなにかかりません。
かからないと思います。
かからないといいですね(願望)。
スポンサーサイト



«  | ホーム |  »

プロフィール

hamubane

Author:hamubane

たぶんライトノベル作家的なもの


Twitter

既刊情報

最新コメント

最新記事

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

カテゴリ

ジャンルランキング

[ジャンルランキング]
日記
229位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
90位
サブジャンルランキングを見る>>

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR