FC2ブログ
スクウェア・エニックスノベルス『スタンプ・デッド』1~5巻&コミック版、『太陽で台風』1・2巻発売中!
ガンガンノベルズ『魔法少女アーヤ☆アミー』発売中!
徳間デュアル文庫『魔王さんちの勇者さま』1~4巻発売中!
徳間文庫『欠陥妖怪住宅』、『パラレル家族計画』発売中!
ぽにきゃんBOOKSライトノベルシリーズ『ブチ切れ勇者の世界征服』1~2巻発売中!
HJ文庫『カンスト勇者の超魔教導』1~3巻発売中!
ファンタジア文庫『お助けキャラに彼女がいるわけないじゃないですか』1~3巻発売中!
JUMP j BOOKS『ぼくたちは勉強ができない 非日常の例題集』発売中!

受賞歴:
2004年、第1回スクウェア・エニックス小説大賞『入選』
2008年、第5回トクマ・ノベルズEdge新人賞『徳間デュアル文庫特別賞』
2017年、第11回HJ文庫大賞『銀賞』
2017年、ジャンプ小説新人賞’16 Winter 小説フリー部門『銀賞』
2017年、第30回ファンタジア大賞 『金賞』

«  | ホーム |  »

キング・オブ・コント2017

どうも、はむばねです。
はい、というわけでね。
(主に旅行記事が長引いたせいで)少々遅くなりましたが、キング・オブ・コントの感想ですよっと。
とりあえず出場者の並びを見て初っ端に思ったことは(良くも悪くも)アンガールズの場違い感ヤバない? ということでしたが、それはともかくとして早速各組の感想いってみましょう。


・わらふぢなるお
正統派のコントって感じで、トップバッターとして安定した幕切りでしたね。
(やや長いけど)掴みも良かったし、「滅茶苦茶やってやろうかと思って」とか言葉選びも悪くない。
言葉、音、動き、全部で笑いを取る感じも良かったです。
普通に面白かったけど、しかし『普通に面白い』の域を脱しきれなかった感はあるかなーって感じはします。
完成度は高いけど、キング・オブ・コントで闘うにはちょーっとパンチが足りないかなっていう。
あと、オチもちょっと弱い。
これ系のオチにするなら、もっと恐怖感というか、わかった瞬間「ひっ!?」ってなる気持ち悪さが欲しかったと思います。
ただ、ネタが終わった後のコメントは普通に面白かったですがw
微妙にハズしてるところも含めて……。


・ジャングルポケット
この疾走感は流石。
エレベーターという装置をめちゃ上手く使ってる感がありますね。
笑いへの入り方が上手いし、斉藤さんが途中でツッコミ入れられる立場になったのも良い感じでした。
ただ、そのせいでちょーっと終盤に向けてマンネリ化した気はするかなー。
#これは、私がほぼ同じ構成のうしろシティのネタ(美容室のやつ)を思い浮かべてしまったからってところもあるかもしれませんが……。
やっぱ斉藤さんのツッコミがあってこそという感じはどうしてもしてしまいます。
もう一展開あったら、点数も跳ねたのでは?
あと……オチが……読めてた上に弱い……。
前半は物凄い良かっただけに、余計に残念。
「誤解してることが10個ある」「多いなぁ!? 長くなりそうだねぇ!?」とか、割と基本に忠実な作りではあるけどめちゃ笑いました。
ネタ後のコメントは、安定のテレビ慣れした感じで面白かったです。


・かまいたち
設定というかこの状況だけで、もう既に面白いですね。
掴みはやや長めでしたが、そこも溜めとして機能させた上で一気に笑いに転じる腕力があったと思います。
「時の練習してる」が入った時の爆発力よ。
直接対峙してない二人であるがゆえにツッコミがボケに影響を及ぼせず、難しいタイプのネタだと思うのですが、むしろ交わらないがゆえの面白さが抜群に上手く活かされてました。
笑いどころを一つも外さず笑えた感じ。
般若のくだりとかも、「絶対入ってるんやろうなー」と予想は出来たけどその上で笑えました。
漫画っぽいノリなのも、個人的には好きでしたね。
ツッコミの言葉選びも、独特のものではないものの的確だったと思います。
総じて、単純にレベルが高かったです、という印象。
ネタ後のコメントも安定してましたね。


・アンガールズ
2000年結成って、意外と最近だな……と思ったら、もう17年前か……。
というのは、ともかくとして。
如何せん、ちょっとアンガール感が過ぎたかなーって感じ。
正直、個人的にはあんまり好きじゃない……というか、ハッキリ言うと嫌いなタイプのネタでした。
トレンディエンジェルが優勝した時に散々言いましたが、キャラありきのネタって嫌いなんですよね……。
個人的には、誰がいつやっても同じように面白いってネタが理想です。
今回の場合で言うとこれ、仮にアンガールズが今回初めてテレビに出てやったネタだったら全然ウケなかったと思うんですよね。
なんつーか、アンガールズという前提ありきのネタでゲタを履かせてもらってる印象を受けました。
終盤の、ジーパンの着こなしのくだりは面白かったですが。
というかそこ以外会場の反応もめっちゃ微妙だったと思うのですが、アンガールズの時だけ会場の笑いと点数が比例してなくないですかね……?
松本さんの笑い声がハッキリ聞き取れるレベルで静かな時間が多かったと思うんですけど……。


・パーパー
うーん……。
うーん……。
ネタを間違えたのは、まぁご愛嬌として……。
最初から最後まであまりに展開が予想通りすぎる上に、笑いどころが少なすぎる……。
「まさか、山田さんがファーストキスの相手になるなんてね……悔しいです……」とか「マルチ商法的な感じで、いつかはキスしてくれる人が現れるから」とか、ちょくちょく光るセンスは感じるんですけどね。
ていうかこれ、コンビの意味ある……?
山田さんがボケでは勿論なく、ツッコミであるかすら怪しい。
山田さんの存在がほぼ笑いに繋がっておらず、ほしのくんのピンでこのネタやっても全然変わらなかったと思うんですけど。
これ、山田さんはどういうつもりでやってるんだろう……? と真剣に気になるレベル。
ただ逆に言うと、山田さんの活かし方次第では化ける可能性は大いにあると思いました。
今後に期待、というところでしょうか。
あと、ネタ後のコメントはちょっと面白かったです。


・さらば青春の光
これも設定が良かったですね。
正直、発想の斬新度でいうと大会の歴史でもトップレベルだと思いました。
というか、さらば青春の光の発想力は常に高レベルですよね(たまにそれが笑いに繋がってないケースもあるけど)。
ただ、ちょい掴みは長かったかな?
これらもまた、さらば青春の光にはよくある傾向なんですけども。
ありがちな設定じゃないだけに、その状況を説明するのにどうしても時間がかかっちゃうんですかね。
しかし、笑いスイッチが入ってからの畳み掛けは凄かったです。
「経由されてる奴の気持ちとか考えろよ!?」のくだりとか、クッソ笑いました。
そこにツッコミを入れるという発想はなかったし、言葉選びも完璧。
それだけに、オチが弱さが痛かったですねー。
百歩譲ってオチはあれでいいにしても、確かに三村さんの言う通りもう一展開欲しかったところ。
(たまにクッソ外してる回もあるけど)キング・オブ・コントで見る度に確かな実力は感じるのですが、毎回あと一歩が足りない印象なんですよね。
もう一皮剥ければ間違いなく優勝出来る器だと思うので、このまま頑張っていただきたいところです(謎の上から目線)。


・にゃんこスター
足が綺麗でした(小並感)。
うーん……確かに、新しいといえば新しい……のか……?
個人的には、うん、まぁ、音ネタですね、って感じでしたけれど。
とりあえず、二人ともこの歳でちゃんとネタをやりきってるのは凄いと思いました(甘い評価)。
ただ、持ち上げられすぎでは? 感は否めなかったですね。
流行を作れる可能性を感じるのは確かですし、少なくともオチは間違いなく斬新ではありましたが(どう評価するかは人次第でしょうけれど)。
ツッコミの成長次第では、かなり化ける可能性があるとも思ってます。
しかし現状としてはネタ一本調子過ぎて裏切りの一つもなく、あまりに勢い任せ。
まぁお笑いにおいて勢いが重要なのは大いに認めるところではありますが、個人的にファーストラウンド1位はないかなーって感じでした。
とはいえ実際、ファーストラウンドの中で最も「2本目が見たい」コンビではあったと思いますが。
あとこれ、DVDになったら全部音声消えるやつですよね。


・アキナ
掴みはよかったですね。
そこから即、引きつける展開も上手かったです。
だんだんやべぇ奴感が増していくのも良かった。
携帯のくだりとか、クッソ笑いましたw
「答えに、あえてとかないから」とか、言い回しも好きです。
ただ、終盤の展開がなぁ……。
オチがあまりに弱いし、その前のやり取りも妥当すぎた感。
オチでここ一番のやべぇ奴感を出せたら、完璧に爆発出来たと思うんですけどねー。
積み重ねは凄く良かったのに、それを活かしきれずに終わってしまった印象でした。
ただ、にしてもこんなに点数低いか? とは思いましたけどね(にゃんこスターのせいなのか?)。
正直今回のネタだけで判断するなら優勝の器ではないとは思いますが、それでも二本目はやっていいレベルだったと思うのですけれど。
設楽さんの、「自分たちの思ってるところいくんだったらもっとなんですよ」ってコメントが全てを表しているのかもしれませんが。
アキナも凄く「ん゛んっ! 惜しい! もう一声!」って感じがするので、あと一皮剥ければ一気に爆発するんじゃないですかねって印象。
しかし、負けた瞬間のリアクションは今大会で一番ワロタw


・GAG少年楽団
いや、良かった。
個人的にはとても好きな感じでしたね。
設定もいいし、ツッコミも的確。
高レベルでまとまってると思います。
ただ、オチがうーん……って感じなのと。
ちょーっと爆発力が足りなかったかなー感はありますよね。
点数も、まぁまぁ妥当というか納得感はある。
相対的に、このメンツの中で最下位は無いだろ……って感じではありますが。
まぁ、審査員の皆さんがコメントで全部言ってくれましたね。
高レベルでまとまってはいるけどもっと飛び抜けた何かが欲しいし(設楽さん)、このメンツの中でこの順番でやる厳しさはあったと思います(日村さん)。
三村さんのコメントは、相変わらずよくわかんなかったですがw
ホント高レベルでまとまった正統派のコントだとは思うんですが、であるがゆえにこの終盤って順番はキツかった感はありますね。
もっと前の順番だったらもしかするとファイナルステージに届くくらいの点数になってた可能性もあるとは思いますが、しかしいずれにせよ優勝は厳しかったかなーって印象。
マジで個人的に凄い好きな感じなので頑張っていただきたいんですが、正直このトリオとしては完成形に至ってしまっているんじゃないかという気がしないでもない……。


・ゾフィー
フリーでいる理由というか姿勢は格好いいですね。
専務になってるのはワロタw
ただ、個人的には事前の紹介ムービーがマックスだった感。
まず、掴みが長い。
の割に、飯ネタ一本というのはちょっと……。
飯ネタに繋がるんだろうなっていうのも完全に予想通りだったし、その後の展開もある意味で妥当といいますか。
もっと、裏切りが欲しかった感じです。
あと、普通にクズすぎて若干引くよね。
ぶっちゃけ三村さんのコメントには「お、おぅ……」と思うことが多いのですが、今回は珍しく完全に意見が一致しました。
これは完全に好みの問題ではあるのですが、(画面に出る出ないに関わらず)誰かの不幸を感じるようなネタはそれが気になって笑えなくなっちゃうんですよね。
オチも、「うんまぁそうだろうな」としか思えなかったですし。
そういう意味でもGAG少年楽団はとても優しい世界で凄く良かったのですが、それはともかく。
好みを問題を差し引いても、ちょーっと笑いが足りなかったかなーって印象でした。




・アンガールズ(2本目)
1本目に比べて、こっちは凄く良かったです。
1本目はあまりにアンガールズ過ぎたんですが、2本目のはキャラを活かしながらもちゃんとネタとして昇華されてる感があって好きでした。
こっちは、点数も妥当って感じかな?
うん、普通に面白かったですね。
オチは弱いっちゃ弱いけど、このネタだったらこれくらいがちょうどいいの気もする。
「こいつに法律が追いついてない!」とか、セリフ選びも良かったです。
キャラ作りも非常に上手くて、尖っていながらも理解不能な感じではなく、普通に共感性が結構高い。
いやぶっちゃけアンガールズを舐めてたというかまともにコント出来る印象がなかったのですが(1本目のネタはまさにその印象通りだった)、こんなネタ作れたんですね。
地力の高さを見せてくれた印象です。
大竹さんはそこ(ちゃんと作ってあるとこ)がマイナス評価だったみたいですが、個人的には逆にそこが評価対象な感じでしたね。
結局、キャラが前面に出たネタが好きかどうかという点に集約される気がしますが。


・ジャングルポケット(2本目)
うん、面白かった。
まぁ典型的な天丼ではあるんですが、色んなバリエーションで飽きずに楽しめました。
ちょっと立ち位置ずらすとことか、めっちゃ笑いましたw
やめろぉ……のトリガーが音だったくだりも超笑えるw
つーかジャングルポケットって、年々キャラ重視からネタ重視になってきた感がある気がします。
個人的には、こっちの方が凄く好きですね。
テンポも良かったし、伏線があるのもいい。
斉藤さんのツッコミもいい感じ。
まぁ、オチはちょっと弱かったかな? って気はしますが。
去年に引き続き、優勝でも納得の出来だったと思います。
あと、負けコメントは普通に面白かったw
つーか松本さん、なんで今大会そんなに大道具が気になるんだよwww


・さらば青春の光(2本目)
私もこれ前にも観たネタだったんですが、やっぱり笑えました。
これもまた、設定がいいですよね。
滑舌が伏線だったとか、構成も上手い。
笑いどころも多くて、ツッコミの言葉選びもとてもいい。
岩食べてるとか、狂気を感じる部分もグッドでした。
ただ、うーん……オチも悪くはなかったのですが、ちょい跳ねきらなかったかな。
年が年なら、優勝でもまぁ納得は出来るかなってレベルだったんですけどね。
まぁ今年は彼らが優勝する年ではなかったのでしょう、という感じ。
1本目の時も書きましたが確かなポテンシャルはずっと感じてるので、頑張っていただきたいところ。
というか個人的には、今年優勝じゃなくて良かったとすら思ってます。
彼らはもっと上に行けると思うので、最高のネタを作った上でスカッと優勝して欲しい。


・かまいたち(2本目)
これは面白かったですねー。
いやホント、単にウェットスーツ脱ぐだけなんですけどね。
動きのあるネタとしてはまぁそこまで変わり種って感じもなかったですが、やっぱツッコミが凄く良かったです。
「先がないやろ!」とか「見た目のウェットスーツの部分減らしたいんちゃうで!」とか、無茶苦茶笑いました。
それな! という共感がありつつも、ボケを更なる笑いへと高めるワード選び。
理想的なツッコミだったのではないでしょうか。
大竹さんも言ってましたが、かまいたちはボケとツッコミの役割をどっちもこなせるのも強いですよね。
そこが1本目とまた違った印象を生み出し、新鮮な笑いに繋がっていたと思います。
これはホント、地力の高さを感じますね。
技ありって感じで、今大会一番(かな?)の点数の高さにも納得です。
松本さんのコメントに対する返しもクッソワロタw
そこも含め、『芸人』として今大会文句なしの一番だったと思います。


・にゃんこスター(2本目)
1本目を踏まえたこの掴みは完璧だったと思います
途中で1本目前提のネタをぶっ込んでくるところも良かった。
まぁ恐らく流石にわざというか、ガチでこのネタしか持ってないわけでもないんでしょうし、ほぼ同じネタであるというネタなのでしょうけれど。
そこも踏まえても、うーん……やっぱ、最後まで勢いだけって感じになってしまったといいますか。
勢いが最大の武器であるという自分たちの芸風をよく理解している感じがして、2本目で二人への評価そのものは上がったんですけどね。
1本目の勢いを利用して、更なる勢いに繋げるという。
この2本目のネタ選びは、わかっててもなかなか出来るものじゃないと思います。
ここで、下手に違うタイプのネタをぶっ込むよりは勝算高かったでしょう。
ただ、どうしても後半失速してしまった感は否めなかったかな。
ここでもう一つ裏切りがあれば、普通に優勝しててもおかしくなかった気がします。
そういった度胸も含め、今後に期待ですね。
あと、縄跳びガチ勢だったのにはワロタw



・総合
うん、とても良い大会だったと思います。
特に、ファイナルステージ。
割と1本目のネタが最高のやつで2本目はちょっと落ちるコンビが多く、2本目は「いかに落ち幅が狭いか」を競う感じになりがちな印象なのですが(戦略上当然ではあるのですが)、今大会においては全コンビ2本目の方が良かったのではないでしょうか。
尻すぼみにならず、非常に見応えのあるファイナルでした。
どんどん1位が入れ替わっていく展開も熱かったですね。
そういう意味では、にゃんこスターには感謝してます。
ちょっと手堅くまとまりすぎかな? ってコンビが多かった印象の中、間違いなくカンフル剤にはなってたと思いますし。
まぁ、もしこれで優勝してたら私はトレンディエンジェルの時に以上にボッコボコに叩いてたと思いますが!
今年は結果まで含めて、個人的には非常に満足度の高い大会でございました。
スポンサーサイト



«  | ホーム |  »

プロフィール

hamubane

Author:hamubane

たぶんライトノベル作家的なもの


Twitter

既刊情報

最新コメント

最新記事

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

カテゴリ

ジャンルランキング

[ジャンルランキング]
日記
402位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
165位
サブジャンルランキングを見る>>

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR