FC2ブログ
スクウェア・エニックスノベルス『スタンプ・デッド』1~5巻&コミック版、『太陽で台風』1・2巻発売中!
ガンガンノベルズ『魔法少女アーヤ☆アミー』発売中!
徳間デュアル文庫『魔王さんちの勇者さま』1~4巻発売中!
徳間文庫『欠陥妖怪住宅』、『パラレル家族計画』発売中!
ぽにきゃんBOOKSライトノベルシリーズ『ブチ切れ勇者の世界征服』1~2巻発売中!
HJ文庫『カンスト勇者の超魔教導』1~3巻発売中!
ファンタジア文庫『お助けキャラに彼女がいるわけないじゃないですか』1~3巻発売中!
JUMP j BOOKS『ぼくたちは勉強ができない 非日常の例題集』発売中!

受賞歴:
2004年、第1回スクウェア・エニックス小説大賞『入選』
2008年、第5回トクマ・ノベルズEdge新人賞『徳間デュアル文庫特別賞』
2017年、第11回HJ文庫大賞『銀賞』
2017年、ジャンプ小説新人賞’16 Winter 小説フリー部門『銀賞』
2017年、第30回ファンタジア大賞 『金賞』

«  | ホーム |  »

文字魔法×印刷技術で起こす異世界革命

どうも、はむばねです。
昨日は、ふくし氏と軽く飲みに行って参りましたよっと。
ウエストでビール2杯→サイゼで(二人で)ワインデカンタ500ml×2。
よし、軽くだな。
その後帰って一人でビール一本飲んだけど、記憶は飛んでないのでセーフ。
なお、本日はやや二日酔い気味な模様。

そんなこんなで、感想です。
ネタバレは、なくもないので一応注意。

文字魔法×印刷技術で起こす異世界革命 (HJ文庫)
藤春 都
ホビージャパン (2017-03-31)
売り上げランキング: 691,549


あらすじはAmazonより抜粋。
>文字無き世界を変えるため―― 君が描いて、俺が刷る!
>
>印刷屋の跡取り息子で、三度の飯より印刷が好きな青年・坂上宗一郎は、ある日女の子の声に呼ばれ異世界へ召喚される。
>彼を召喚した少女・アイリによると、この世界では文字が禁忌とされ、字の魔法を受け継ぐアイリの一族は迫害されているという。
>「本も読めない世界を変えて! 」そんな願いを叶えるため宗一郎が考えたのは、アイリが描いたえっちなイラストに文字を載せて世界中にバラ撒くこと!?
>街の片隅に置かれたエロ本で世界を変える、異世界情報革命ファンタジー、開幕!

おー、凄い印刷技術についての描写が詳しいですねー。
この手の知識無双モノを見る度に思うのですが、実際関連する仕事をなさっている中で培われた知識を活かしているのか本作を書くために調べているのか……。
前者だとすれば仕事の知識を作品に活かせるのが凄いし、後者だとすれば調査のスキルが凄E。
私は、どっちも苦手なんでね……。
……と思ってたら、あとがきに書かれていましたね。
調査した系ですか……でも考えてみれば、印刷技術ってのは作家にとっては身近なものではありますよね。
だからといって、調査が楽になるとかってことはないと思いますが。
事実、私はやれと言われたところでこのテーマで書ける気など一切しない。

というのは、ともかくとして。
あらすじを読んだ時点では単に引きを強くするために書いてるだけか思ったのですが、思ったよか徹頭徹尾エロ本無双でワロタw
物語に引き込むためのジャブとかじゃなく、マジでずっとエロ本で戦ってる感。
まぁでも割と真理というか、有効な手段ですよね。
新たな媒体を広めるに当たって、最も重要なのはエロ!
よく言われることですが、ビデオが広まったのもインターネットが広まったのもエロの力が大きいですからね。
#まぁ、功罪あるのはともかくとして。

そして、エロ本を広めるための情熱と技術革新もガチ。
ここは、序盤でサクッと2年飛ばしたのも上手いと思いました。
無論試行錯誤も見ていて楽しいものなのですが、これで非常に良いテンポになってるんですよね。
二年の間に仲間も見つけて、しっかりと下地が作られた上でのことなので無双展開にも非常に納得感がありました。
なお、無双展開=道端にエロ本放置。
この世界のエロ耐性が小中学生並と考えると、これがどれほどの威力を持つのかもわかろうってもんですよね。

にしてもアイリさん、ここまで恵まれてるのに不遇なヒロインもなかなかないのでは?w
相方たる宗一郎さん(主人公)は無茶苦茶頼れて、アイリさんの目的のためにマジ全力で取り組んでくれて、しかしそれであるがゆえにアイリさん自身への扱いがおざなり気味になるという。
しかもアイリさんの望みに近づけば近づくほど結果的に彼女の恥ずかしいアレが広まっていくわけですからね。
恥ずかしがりながらも頑張るアイリさん健気可愛い。

いやしかし、色々と天秤に掛けた上でなお自らの悲願のため頑張るアイリさんも勿論そうなんですけども。
なんというか、みんながちゃんと考えて動いてる感じが凄くいいですね。
特に、マルティナさん勢力は非常に限られた手の中で最善手を選ぼうとしている感じがベリーグッド。
この切れ者感、非常に好きです。
(ジギスムントさんはともかく)ビーターさんも、今回は完全にしてやられた形ではありますが無能ではない片鱗を端々で見せてくれてますね。

あと、宗一郎さんのこのブレなさっぷりがホントめっちゃ頼もしいです。
男らしすぎて、そら惚れますわって感じ。
エロ本を誰憚ること無く推し抜く態度も男らしいw
にしてもこの兄ちゃん、肝の座り方がハンパねぇな……。
本のためなら命を懸けられる、をまさしく地でいってる。

ほんで、エロ本がガチの決戦兵器になってるのはワロタw
笑いつつも、この流れは素直に感心しましたね。
この流れは全然予測出来ませんでした。
けど、いざ提示されたら凄い納得感がある。
長々とした説明があるわけでもなし、むしろ説明なんて数行しかないのに。
これは滅茶苦茶上手くしてやられた感があるというか、見事な伏線の仕込まれ方でした。

そこ含め、構成がめちゃ上手い。
なるほど言われてみれば、結果的にこの世界では『印刷技術』と『高速運搬手段』が主人公サイドの独占状態になっているのか。
教会が排斥した部分こそが決め手になるというのは、皮肉げでもあり痛快ですね。
ラストも、次に繋がりつつも非常に気持ちの良い終わり方でした。

総じて。
主人公サイドはかなり絶望的な状況からのスタートなんですが、主人公の前向きさが悲壮感を許さず非常に心地の良い雰囲気で好きでした。
文字・印刷といった設定も興味を引くための飛び道具的な扱いになっているわけでなく、しっかりとそれを踏まえた上での物語となっているのも流石の上手さって感じです。
スポンサーサイト



«  | ホーム |  »

プロフィール

hamubane

Author:hamubane

たぶんライトノベル作家的なもの


Twitter

既刊情報

最新コメント

最新記事

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

カテゴリ

ジャンルランキング

[ジャンルランキング]
日記
374位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
157位
サブジャンルランキングを見る>>

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR