FC2ブログ
ファンタジア文庫『世話好きで可愛いJK3姉妹だったら、おうちで甘えてもいいですか?』11/20発売!
JK文庫『異世界からJK転生した元妹が、超グイグイくる。』11/30発売!
JUMP j BOOKS『ぼくたちは勉強ができない 未体験の時間割』12/4発売!

スクウェア・エニックスノベルス『スタンプ・デッド』1~5巻&コミック版、『太陽で台風』1・2巻発売中!
ガンガンノベルズ『魔法少女アーヤ☆アミー』発売中!
徳間デュアル文庫『魔王さんちの勇者さま』1~4巻発売中!
徳間文庫『欠陥妖怪住宅』、『パラレル家族計画』発売中!
ぽにきゃんBOOKSライトノベルシリーズ『ブチ切れ勇者の世界征服』1~2巻発売中!
HJ文庫『カンスト勇者の超魔教導』1~3巻発売中!
ファンタジア文庫『お助けキャラに彼女がいるわけないじゃないですか』1~3巻発売中!
JUMP j BOOKS『ぼくたちは勉強ができない 非日常の例題集』発売中!

受賞歴:
2004年、第1回スクウェア・エニックス小説大賞『入選』
2008年、第5回トクマ・ノベルズEdge新人賞『徳間デュアル文庫特別賞』
2017年、第11回HJ文庫大賞『銀賞』
2017年、ジャンプ小説新人賞’16 Winter 小説フリー部門『銀賞』
2017年、第30回ファンタジア大賞 『金賞』

«  | ホーム |  »

ゲーマーズ! (3) 星ノ守千秋と初恋ニューゲーム

どうも、はむばねです。
昨日は第二幕(アルコールイン状態)での作業が非常に順調で、久々に起きたら知らない話が出来上がってる状態になってました。
元々微妙にキツかったスケジュールに新タスクがぶっ込まれてまぁまぁヤバくなってる現状、とてもありがたいですね。
流石はむばね(酔)、本当に欲しい時にいい仕事をする良アシスタントである。

うん、まぁ、というか。
ちょっとマジで時間がねぇ。
たぶん11月を乗り切ると多少余裕が出来る見込みなんですが、結局新たなタスクがぶっ込まれてくるだけという気もしなくはない。

というわけで、さっさと感想いきましょう。
ちなみに『ゲーマーズ!』連チャンなのは、流石に葵せきな先生がこんなブログの感想記事読むことなんてないだろうという思惑あってのことだったり。
普段は、作者の先生に見られた時どう思われるかとか一応気ぃ使ったり使ってなかったりしてるんでね……。

なお、今回はまぁまぁネタバレしてるのでご注意を。


ゲーマーズ! (3) 星ノ守千秋と初恋ニューゲーム (ファンタジア文庫)
葵 せきな
KADOKAWA/富士見書房 (2015-11-20)
売り上げランキング: 5,314


>私立碧陽学園生徒会室―そこは、選ばれし者だけが入室を許される聖域にして楽園。
>碧陽学園美少女ランキング一位の第三十七代生徒会長コノハは今日も生徒会室の中心で愛を叫ぶ。
>「始めるとしましょうか…“伝説のエロゲー”探しを!」
>美少女が生徒会室で秘宝探索を続ける一方―複合エンターテイメント施設“アラウンド1”では、ぼっち高校生、雨野と学園のアイドル、天道による死闘の幕が上がる。
>水着着用で!
>「…では雨野君、始めましょうか…私達の『戦争』を」
>これは、残念ゲーマーの愛すべき日常をつづった記録の一端である。
>―大丈夫。「ゲーマーズ!」3巻のあらすじだよ。

前巻の感想はこちら


2巻ではぶっちゃけあんまり見せ場のなかった感もある雨野くんですが(ある意味で最大の見せ場はあったけど)、3巻ではキッチリ男らしさを見せてくれますね。
デートを決めてからの潔さは流石。
なんというか、開き直った時の強さというか、開き直れる強さが頼もしいです。
まぁ、そのデートは割と散々な感じだったわけですが。
そこも含めて、雨野くんクオリティ。

そしてwwww4話目wwww
ファーwwwクロスオーバーwww
つーか、さっきコピペする時に初めて見たけどガッツリあらすじにも侵食してきてんじゃねぇかwww

……と思ってたら、あれ?
これ、一発モノの企画じゃなくて?
もしくは、ちょいちょい挟まる番外編的なやつじゃなくて?
ガチのヒロイン追加?
しかも、出会って二分で即陥落。
雨野くん、普段の攻撃力はゼロに等しいのに決戦時の攻撃力だけやべーですよね。
特定の相手に対する超強力特攻持ちと言いますか。
他の人には一ミリも刺さらないだろうけど、対象の相手に対しては効果がバツグンすぎるという。
これが……これが、主人公の器……!

ほんでラストのラブラブ人生ゲームは、これ。
なんだこれ、これ(語彙力の消失)。
やべぇな……。
いやもうね、言っちゃアレですけど基本に忠実なんですよ。
あーこうなるねー、こうなったら面白いねー、という流れを忠実にやってる。
そしてだからこそ、普通は半笑いというか「はいはい面白いね」みたいな反応にどうしてもなっちゃうんですけども。
なんでこんなに面白いんでしょうね。
ホント、これはもう卑怯なレベルですよね。
現実がある意味でゲーム内よりもこじれてるからこそ、ゲーム内のこじれっぷりが更に面白いといいますか。
なんだろうな……うん、これは言葉を重ねる程に無粋になっていく気がしますね。
シンプルに、めちゃ笑いました!

そして、からの、ラスト。
これはねー。
最初は、「お、流石にそろそろこじれを解消するのかな?」って思ったんですよ。
でまぁ、実際その予想はある程度当たってて。
一部の誤解は(恐らく)解消されてる。
そして、隠れていた秘密も露呈した。
これで、かなりシンプルな構図にはなりましたよね。
しかししかし。
まさしく、星ノ守千秋の初恋ニューゲームであり。
同時に、ゲームオーバー?
……なの?
もう、こっから更に拗れる予感しかしませんよね。
そして、それが楽しみで仕方ありません。
普通に考えれば結構ドロドロな関係になりそうなもんなのですけども、その点は葵せきな先生への信頼がありますからね。
ただただ、続きが楽しみです。



あとクッソどうでもいいんですけど、上原くんの声が常にスーパーマラドーナの武智さんで再生されてます。
上原くん、全然関西弁でもなんでもないんですけどね。
なんか、ツッコミの勢いとか言葉選びとかが似てる気がするんですよね……。
いや、実際には大して似てもいないような気もするんですけども……。
そんな、ホントにどうでもいい話でした。
スポンサーサイト



«  | ホーム |  »

プロフィール

hamubane

Author:hamubane

たぶんライトノベル作家的なもの


Twitter

既刊情報

最新コメント

最新記事

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

カテゴリ

ジャンルランキング

[ジャンルランキング]
日記
68位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
27位
サブジャンルランキングを見る>>

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR