FC2ブログ
スクウェア・エニックスノベルス『スタンプ・デッド』1~5巻&コミック版、『太陽で台風』1・2巻発売中!
ガンガンノベルズ『魔法少女アーヤ☆アミー』発売中!
徳間デュアル文庫『魔王さんちの勇者さま』1~4巻発売中!
徳間文庫『欠陥妖怪住宅』、『パラレル家族計画』発売中!
ぽにきゃんBOOKSライトノベルシリーズ『ブチ切れ勇者の世界征服』1~2巻発売中!
HJ文庫『カンスト勇者の超魔教導』1~3巻発売中!
ファンタジア文庫『お助けキャラに彼女がいるわけないじゃないですか』1~3巻発売中!
JUMP j BOOKS『ぼくたちは勉強ができない 非日常の例題集』発売中!

受賞歴:
2004年、第1回スクウェア・エニックス小説大賞『入選』
2008年、第5回トクマ・ノベルズEdge新人賞『徳間デュアル文庫特別賞』
2017年、第11回HJ文庫大賞『銀賞』
2017年、ジャンプ小説新人賞’16 Winter 小説フリー部門『銀賞』
2017年、第30回ファンタジア大賞 『金賞』

«  | ホーム |  »

どうぶつの国

どうも、はむばねです。
ストック出来たかと思えば消費する日々……!
しかし……!
ようやく見え始めた……! 光明……! 余裕……!

はい、というわけでね。
更新としては久々でもなんでもないんですが、私としては結構久々に書いた感想記事です。
極力インプットは絶やさないようにしてたんでネタはあるんですが、書く時間がなかったもんでね……。
ただ、まだそこまで余裕が出来たわけでもないのでサクッと感想いってみましょう。

なお、今回は終わったら読もうと思ってたので読んでみたシリーズです。
かなり終盤までのネタバレを含んでおりますのでご注意を。

どうぶつの国(1) (少年マガジンKC)
雷句 誠
講談社
売り上げランキング: 182,834


あらすじはAmazonより抜粋。
>動物しかいない星「どうぶつの国」に暮らすタヌキのモノコ。
>両親を大山猫に食べられ一匹ぼっちになってしまったモノコは、ある日、見たことない動物‥‥人間の赤ちゃんを拾う!
>小さな出会いが世界を変える、奇跡のアニマルファンタジー開幕!!

いやー、なんというか最初から最後までクライマックスな感じでしたね。
毎回毎回、熱いシーン泣けるシーンのオンパレード。

あ、ちなみに、引用しといてアレなんですけど上記の表紙あらすじは本作を語る上で結構な誤解を孕まないでもないです。
いや実際、1巻の説明としてはこの上なく正しいんですよ。
たぬきの女の子が人間の赤ちゃんを拾って、それを育てていく感じの物語。
1巻というか、序盤はそんな感じです。
まぁ、こう書いて想像されると思われるほのぼのとしたストーリーでは序盤からないんですが……。
最初に書きました通り、1話目から熱いシーン泣けるシーンのオンパレードです。
動物さんたちがお互い助け合って「わーい」って感じではなくて、弱肉強食をなかなかシビアに描いている感じなんですね。
ほんで、まぁぶっちゃけて言うと、途中からとても壮大な物語となっていき、更にバトル方面へとシフトしていく感じです。

ほんでこれは、そこ含めてちょっと人を選ぶところはあるんじゃねーかなーって気がしました。
その物語的シフトを許容出来るかって点と、あとはどれだけ物語に入り込めるか。
言い換えると、どこまで作中の説明をそのまま受け入れられるか、ってところが大きい気がします。
私なんかはその特性抜群なんでめっちゃ素直に全部そのまま受け入れて読んでましたけど、そんな私でさえも「これは今冷静になるとヤバいかもしれんな」って空気はちょっと感じてましたのでね。
どこまで誤魔化されることが出来るか。

ただですね。
最初はこれ完全に勢いだけで誤魔化す作風でいくのかな、と思ってたんですけども。
意外と……と言っては失礼ですけども、ちゃんと全部の描写に理由付けはあるんですよね。
ありえねーwwwと思ってた描写が、ほぼ伏線として機能しているのです。
まぁ、そこに説得力を見いだせるか、それを踏まえた上でありねー、と思うかは人次第なところがあるとは思いますけれど。

あと、別にこれが雷句先生自身の思想だとはあんまり思ってないんですけども、かなりデリケートな問題を扱ってる感はあるんですよね。
その辺りは、作者コメントで雷句先生自身もおっしゃってますけども。
ぶっちゃけて言うと、結構綺麗事な部分も大きいです。
仮にこの世界観だとしてもそんな甘くねーだろ、思う場面が無きにしもあらず。
でもまぁ個人的には、少年漫画なんだしそれでいいんじゃねーの、とは思いますけどね。
とりあえず、その場その場で熱ければそれで良し! 的な。

ただそこも、どれだけ作中の行間(?)を汲み取ってあげられるかってところに掛かってる気はします。
結構、作中で時間が飛ぶんでね。
その間に培われた諸々を、補完出来るかどうか。
具体的に申し上げますと、ラスト付近のタロウザのためにみんなが命を張るシーン。
個人的には、毎回毎回滅茶苦茶グッときてたんですけども。
ただ冷静に振り返ると、ここってぶっちゃけ結構ポッと出キャラのオンパレードなんですよね。
回想補正でブーストはかけてるんですけども、人によってはここはノリ切れないかも。
ほんで、ここでノリきれないとたぶん終盤はキッツいんじゃないですかねーって気がします。
ラストも、かなり勢いで押し切った感じがありますし。

というかこれ、最後は打ち切りだったんですかね……?
結局、ギラーさんが「本当にたどり着いていた答え」が明示されなかった気がするんですけど。
私が読み違えてただけかな……?

まぁそれはともかく。
雷句先生は、敵キャラの作り方がホント上手いですね。
個人的には、ジュウさんがホント好き。
他の敵対キャラがなんだかんだで自分の哲学を持っていて、やってることはともかくとしてその思想そのものには共感出来る部分がある中で、彼だけが、ただただ純粋にイカレヤローというw
でもイカレヤローがイカレてるからこそクッソ強くって、なんだかんだでそれが味方サイドに回る展開とかホント胸熱。
まぁ、終盤は半分くらいギャグ要員と化してた感もありますがw

あと、ギャグといえばですね。
これはちょっとホントに私もどうかと思った点なんですけども、単行本のおまけページが勢い系ギャグ仕様なのはどうにかならなかったのだろうか……。
いや、雷句先生の勢い系ギャグ自体は凄い好きなんですけども。
ただ、本編が無茶苦茶シリアスやってる合間のページでやられると「お、おぅ……」って感じになっちゃうんですよね……。
せめて、巻末にまとめてほしかった……。

と、それはともかく。
エンディングも賛否ありそうな気はしますが、個人的にはあのなんだかんだ丸く収まった感は凄く好きです。
これからもこの世界が続いていくんだ、という雰囲気が感じられました。
全14巻ということで、割とサラッと読めるくらいに収まっているのも読みやすくて良かったです。

総じて。
ホント、最初から最後までずっとクライマックス。
大変熱い物語で、面白かったです。
スポンサーサイト



«  | ホーム |  »

プロフィール

hamubane

Author:hamubane

たぶんライトノベル作家的なもの


Twitter

既刊情報

最新コメント

最新記事

カレンダー

11 | 2017/12 | 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

月別アーカイブ

カテゴリ

ジャンルランキング

[ジャンルランキング]
日記
374位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
157位
サブジャンルランキングを見る>>

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR