FC2ブログ
スクウェア・エニックスノベルス『スタンプ・デッド』1~5巻&コミック版、『太陽で台風』1・2巻発売中!
ガンガンノベルズ『魔法少女アーヤ☆アミー』発売中!
徳間デュアル文庫『魔王さんちの勇者さま』1~4巻発売中!
徳間文庫『欠陥妖怪住宅』、『パラレル家族計画』発売中!
ぽにきゃんBOOKSライトノベルシリーズ『ブチ切れ勇者の世界征服』1~2巻発売中!
HJ文庫『カンスト勇者の超魔教導』1~3巻発売中!
ファンタジア文庫『お助けキャラに彼女がいるわけないじゃないですか』1~3巻発売中!
JUMP j BOOKS『ぼくたちは勉強ができない 非日常の例題集』発売中!

受賞歴:
2004年、第1回スクウェア・エニックス小説大賞『入選』
2008年、第5回トクマ・ノベルズEdge新人賞『徳間デュアル文庫特別賞』
2017年、第11回HJ文庫大賞『銀賞』
2017年、ジャンプ小説新人賞’16 Winter 小説フリー部門『銀賞』
2017年、第30回ファンタジア大賞 『金賞』

«  | ホーム |  »

やりなおし英雄の教育日誌 2

どうも、はむばねです。
急激に日常に戻るスタイルですが何か?
そして、日常と言いつつ早速の感想記事ですが。
最早当ブログ的にはそちらの方が日常説。

ただ、一応ちょっとだけ宣伝もさせていただきます。

ツタヤ_0122

お助けキャラに彼女がいるわけないじゃないですか (ファンタジア文庫)
はむばね
KADOKAWA (2018-01-20)
売り上げランキング: 2,580


地方での発売効果か、TSUTAYAデイリーでも15位まで戻って参りました!
ご購入いただいた皆様、誠にありがとうございます!
引き続き、よろしくお願い致します!


では、感想です(真顔)。
例によって、続刊モノはネタバレ配慮あんまりしてないのでご注意を。

やりなおし英雄の教育日誌 2 (HJ文庫)
涼暮 皐
ホビージャパン (2017-12-29)
売り上げランキング: 31,296


あらすじはAmazonより抜粋。
>アキの指導により、効率的にその実力を向上させていく救世科の面々。
>そこに突如現れた転入生リューリは、アキの知る未来にはいないはずの救世衆だった。
>しかし、彼女はアキを知っているらしく彼のことを『パパ』と呼んでくる。
>混乱するアキをよそに、早々にクラスに馴染むリューリ。
>しかしある日、教え子の一人・イフリアが突如昏睡状態に陥り――。
>失敗した未来を覆す、元英雄によるバトルファンタジー第2巻!!

うおー、冒頭から凄い雰囲気ありますね。
なんていうなんですかね、この『既に全てが終わってる感』といいますか。
直接的には何ら悲劇とか描かれていないんですけども、なのに酷くうら悲しい空気感。
たぶんリズムとか言葉の止め方とかがこれを生み出してるんだと思いますが、初っ端からいきなり引き込まれる感じが凄いです。

かと思えば、相変わらずのシリアスから笑いへの緩急も流石。
生徒たちには実力面でも精神面でも着実な成長は見られるものの、相変わらずのところは相変わらず過ぎてワロタw
そしてそして、リューリさんの登場でしばらくはコメディに振るのかなー、とか思ってたらそんなことはなかったぜ!
しかも、そこから『彼』も登場とは。
しかもしかも、他にも色々と裏で繋がってそうで? と。
なんというか、色々と複雑性を増してきてますね。

そんな中、リシェさんの可愛怖さが癒やしw
1巻の時はそういうもんかと流してましたが、彼女も物語の根底に関わってくるんですかね。
そうして欲しいという思いもあり、しかし彼女には日常の象徴であって欲しいという思いもあり。
複雑な心境です。

閑話休題。
1巻の時にも増して、アミさんのシリアスクラッシャーぶりがやべぇw
どんなにシリアスな前振りがあろうと、彼女がそこに存在するだけでコメディ時空に変えられるレベル。
……と思ったけど、ラークくんも大概だったぜ!
ていうか、もう大体全員そうだな!?
いいねー、いいと思います。

というか今更ではありますが、この救世科の皆さんのキャラ性は素晴らしいですね。
なんというか、常に誰かはボケてる印象。
まさか、終盤のクッソシリアスな場面に至って尚ボケ要員を残しているとは。
なんというか、非常に見習いたいところでございます。

とはいえ、どちらかといえば2巻はシリアスの比重が多めですかね。
まぁ、実際背景を鑑みればさもありなんというところなのですが。
まして、不穏な空気が更にマシマシな感じですし。

イフリアさんの過去はこれ、『前回』との差異なんですかね?
『前回』は、普通に普通の少女だったんでしょうか。
『底上げ』の事実がある以上、そうっぽい?
いくらなんでも、『前回』これを抱えたままあの結末を迎えたんじゃ悲しすぎますしね。
しかし、じゃあなぜ『今回』はそんな出生に関わるレベルのことで差異が生じたのか……。
うーん、ここも気になる。

再び閑話休題。
終盤のアキ先生とイフリアさんのやり取りは、無茶苦茶グッときましたね。
特に、アキ先生の覚悟といいますか。
まぁ当然そうするんだろうなという予想はあったわけなんですけども、それをホント期待通りに達成してくれる。
つーかもう、素直にかっけぇですよこの人。
なんというか、ここまで言葉通りに命懸けで誰かのために動けるっていうのがね。
言うて主人公の基本形ではあるんでしょうけども、ここまで説得力がある造形もなかなかないのではないでしょうか。

そして同時に、ここまで格好悪くて格好いい『元世界最強』って肩書きもなかなかないのでは?
それは、繰り下がりによって得られたもので。
けれど、紛れもない事実でもあって。
だからこそ、『現代』では『最強』でこそなくとも、それでも揺るがぬ強さなんですよね。

ほんでほんでほんで。
ラストは、そうきますかーって感じ。
ここで、全てが明かされるんですかね?
いやまぁ、たぶん明かされはしないんでしょうけども。
でも、めっさ続きが気になって仕方ない。

と、ネタバレに一応配慮した結果なんか全体的にフワッとした感想になってしまいましたが……。
1巻から順調に進展していくのかと思いきや、思わぬ変化球的な展開で。
次が全く読めない、続きが気になりすぎる終わり方な2巻でございました。

あとこれ1巻の時から思ってたんですが、戦闘面での駆け引きの上手さ……そしてその説明力が素晴らしいです。
割と複雑なことしてるはずなんですが、一度読んだだけでスッと頭に入ってくるんですよね。
ここも、見習いたいところ。

ともあれ、3巻も楽しみです!
スポンサーサイト



«  | ホーム |  »

プロフィール

hamubane

Author:hamubane

たぶんライトノベル作家的なもの


Twitter

既刊情報

最新コメント

最新記事

カレンダー

12 | 2018/01 | 02
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

月別アーカイブ

カテゴリ

ジャンルランキング

[ジャンルランキング]
日記
391位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
159位
サブジャンルランキングを見る>>

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR