FC2ブログ
ファンタジア文庫『世話好きで可愛いJK3姉妹だったら、おうちで甘えてもいいですか?』11/20発売!
JK文庫『異世界からJK転生した元妹が、超グイグイくる。』11/30発売!
JUMP j BOOKS『ぼくたちは勉強ができない 未体験の時間割』12/4発売!

スクウェア・エニックスノベルス『スタンプ・デッド』1~5巻&コミック版、『太陽で台風』1・2巻発売中!
ガンガンノベルズ『魔法少女アーヤ☆アミー』発売中!
徳間デュアル文庫『魔王さんちの勇者さま』1~4巻発売中!
徳間文庫『欠陥妖怪住宅』、『パラレル家族計画』発売中!
ぽにきゃんBOOKSライトノベルシリーズ『ブチ切れ勇者の世界征服』1~2巻発売中!
HJ文庫『カンスト勇者の超魔教導』1~3巻発売中!
ファンタジア文庫『お助けキャラに彼女がいるわけないじゃないですか』1~3巻発売中!
JUMP j BOOKS『ぼくたちは勉強ができない 非日常の例題集』発売中!

受賞歴:
2004年、第1回スクウェア・エニックス小説大賞『入選』
2008年、第5回トクマ・ノベルズEdge新人賞『徳間デュアル文庫特別賞』
2017年、第11回HJ文庫大賞『銀賞』
2017年、ジャンプ小説新人賞’16 Winter 小説フリー部門『銀賞』
2017年、第30回ファンタジア大賞 『金賞』

«  | ホーム |  »

カネは敗者のまわりもの

どうも、はむばねです。
風邪を! 引いたくさい!
オゴゴゴ……このクッソ忙しい時にマジで……。
前回は持ち直したけど、今回はどうなるか……。
いや、ホントに持ち直してくれないと困るんですけど……。
つーか、今回は遠出もしてないのに風邪引くってどういうことやねん。
遠出と風邪が双方向に因果関係があるという謎理論。

というのはともかくとして、感想です。
1月に発売された第30回ファンタジア大賞受賞作のラスト、"大賞"作品ですね。
今回はちょいちょいネタバレ要素がありますので未読の方はご注意を。

カネは敗者のまわりもの (ファンタジア文庫)
玖城 ナギ
KADOKAWA (2018-01-20)
売り上げランキング: 29,186


あらすじはamazonより抜粋。
>金額次第で超常現象さえも買える悪魔のカネ“魔石通貨”。
>その争奪戦『取引』に明け暮れる高校生、失井敗斗は「ますたーが望むのであれば、えっちなことをされても…」戦利品として手に入れた『資産』の少女、メリアの所有者となる。
>カネ至上主義の敗斗は仰くメリアを売り払おうとしたり、命がけの『取引』に利用したり、非道な扱いをするのだが…。
>メリアが宿す秘密が暴かれ、世界の標的となったとき「買い付ける。未来永劫メリアを奪おうと思えなくなるほどの恐怖を」
>敗北を宿命づけられた少年が選んだのは、世界の敵となる道だった。
>第30回ファンタジア大賞“大賞”受賞の新王道マネーバトル!

まー、これはアレですよね。
まずは、アイデア勝ちですよね。
ガチで何でも買える、『カネ』の存在。
これだけで、強く興味を惹かれる題材です。

でも、アイデア一発勝負かというと全くそんなことはなくてですね。
まず、設定というか世界観の作り込みが凄い。
あーなるほど、確かにこういう世界なんだったらこういう役割とかこういう人が出て来るよねーという納得感があるのです。
ベースは能力バトルっぽく『カネ』を用いて如何に相手の『カネ』を奪うのかって感じなんですけども。
でも、『カネ』の使い方が全然バトルに限定されてなくてですね。
むしろ、それ以外の使い方の方が多いくらいで。
ホントに何にでも使える『カネ』なんだから、そりゃ何にでも使うよなって感じ。
『移動に使う時間を買う』ことで瞬間移動するとか、発想も面白い。
つーか、めっちゃ羨ましいなその使い方w
何気に、読んでて一番羨ましいと思ったのがそこかもしれない……。

閑話休題。
ほんで、まぁそんな便利なモノがあるとなれば。
それ関連の道具を扱うショップの店員だったり、査定人だったり、情報屋も現れる(あるいは、必要になってくる)よねって感じ。
先述の通り、そこに凄く納得感があるんですよね。
物語の展開のために配置されてるんじゃなくて、なるほどその状況なら当然存在するよねっていう。

『カネ』周りの制度もまた、リアルで納得感があります。
まぁこれに関しては、リアル(現実)に準拠してる部分が多いからってところもあるのでしょうけれど。
固定資産には税金がかかるとか、下手なもんを相続しちゃうと相続税で破綻するとか。
現実でもよくある話。
だからこそ『カネ』もただ便利なだけなもんじゃないって説得力が生まれますし、この物語をただの異能バトルモノじゃない深みのあるものにしてるんだと思います。

葵せきな先生のコメントでも触れられてましたが、キャラもまたいいんですよね。
主人公の敗斗くんは、冷血漢かと思いきやまぁまぁの変態だったりしますしw
何気に高校生らしい価値観やある種の幼さを持ってたりするんですよね。
こういうところが、人間味を増してて好感度高まってると思います。
百合趣味のために《資産》を使って容姿を変えて小学校に潜入してる情報屋さんだったり、厨二設定好きのショップ店員さんだったり、脇を固める人たちも個性的です。

と、書くと割とキャッチーな物語と思われるかもしれませんけれど。
むしろ、ストーリーはかなりハードな感じです。
普通に命のやり取りもしますし、それ以前になんというかこの世界というか仕組みそのものがハードなんですよ。
敗斗くん含め、『カネ』を巡って戦ってる人たちの理由っていうのがね……。

この仕組み参戦するために、実質的に必須となるのが『夢』を代償にすることで。
当初は「???」って感じだったんですけども、言われてみれば凄くなるほどって感じでした。
手段のために目的が奪われるってわけなんですね。
なるほど、それは確かに性悪だ。

そして、ヒロインが『失ったもの』の代わりになるというのは王道展開ではあるのですが。
その代替のされ方も、この作品ならではですね。
勝子さん(作中最強格の人)がメリアさん(ヒロイン)を取り戻せない理由にも、納得。
はー、なるほどって感じです。
これは徹頭徹尾、敗斗くんだからこそ出来ることなんですね。

ほんで、敗斗くんの背負った運命(?)もハード。
なるほど、こういう風にタイトルが伏線になってるのか……。
正直《グラサン》戦の後の展開はちょっと強引ではなかろうか? という気もしていたんですが、そう思わされることまでが計算尽くだったとは。
見事に玖城先生の手の平の上で転がされた感じです。
コメディな展開が状況を覆す伏線になってた、って展開も非常に良かったですね。
めっちゃ好きです、こういうの。

ラストの展開も、はーそう来るかって感じ。
ホント、この作品ならではってところでした。
並の作品なら、能力バトルで決着を付けてしまうところではないでしょうか。
あまり詳しく言うとネタバレになっちゃうのでアレなんですけど、完全に予想外の方向から解決されました。

からの、締め。
ここが凄かったですねー。
これまたネタバレになっちゃうんで詳しくは言えないんですけども、あの最後の言葉。
あの言葉がこれ程に似合う作品はないでしょうね。
ゾクゾクっときました。

しかし、だからこその「これ続きどうすんの……?」感が凄いw
正直これは、これで出版をGO判断した編集部も凄いですね。
でも確かに、2巻が出たら気になって間違いなく買っちゃうでしょう。
そういう意味でも、実に大賞らしい作品だったのではないでしょうか。



同じ第30回ファンタジア大賞で"金賞"を受賞した作品、『お助けキャラに彼女がいるわけないじゃないですか』もよろしくやでー!(すかさず宣伝を入れるスタイル

お助けキャラに彼女がいるわけないじゃないですか (ファンタジア文庫)
はむばね
KADOKAWA (2018-01-20)
売り上げランキング: 6,589



第11回HJ文庫大賞"銀賞"受賞作の続刊も発売中や!(更に便乗するスタイル

スポンサーサイト



«  | ホーム |  »

プロフィール

hamubane

Author:hamubane

たぶんライトノベル作家的なもの


Twitter

既刊情報

最新コメント

最新記事

カレンダー

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

月別アーカイブ

カテゴリ

ジャンルランキング

[ジャンルランキング]
日記
68位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
27位
サブジャンルランキングを見る>>

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR