FC2ブログ
ファンタジア文庫『世話好きで可愛いJK3姉妹だったら、おうちで甘えてもいいですか?』11/20発売!
JK文庫『異世界からJK転生した元妹が、超グイグイくる。』11/30発売!
JUMP j BOOKS『ぼくたちは勉強ができない 未体験の時間割』12/4発売!

スクウェア・エニックスノベルス『スタンプ・デッド』1~5巻&コミック版、『太陽で台風』1・2巻発売中!
ガンガンノベルズ『魔法少女アーヤ☆アミー』発売中!
徳間デュアル文庫『魔王さんちの勇者さま』1~4巻発売中!
徳間文庫『欠陥妖怪住宅』、『パラレル家族計画』発売中!
ぽにきゃんBOOKSライトノベルシリーズ『ブチ切れ勇者の世界征服』1~2巻発売中!
HJ文庫『カンスト勇者の超魔教導』1~3巻発売中!
ファンタジア文庫『お助けキャラに彼女がいるわけないじゃないですか』1~3巻発売中!
JUMP j BOOKS『ぼくたちは勉強ができない 非日常の例題集』発売中!

受賞歴:
2004年、第1回スクウェア・エニックス小説大賞『入選』
2008年、第5回トクマ・ノベルズEdge新人賞『徳間デュアル文庫特別賞』
2017年、第11回HJ文庫大賞『銀賞』
2017年、ジャンプ小説新人賞’16 Winter 小説フリー部門『銀賞』
2017年、第30回ファンタジア大賞 『金賞』

«  | ホーム |  »

ボスラッシュ

どうも、はむばねです。
ティッシュの使用量がオーバーフローしそうな勢いです。
一定枚数を越えると今まで使用したティッシュの量が無かったことになって部屋の中が新品のティッシュで溢れて欲しい。
買いに行くのが面倒なので。

ま、とはいえですね。
一応、日々日々回復していってる感はあるんですよね。
熱も引き気味、頭痛も無くなり、喉の痛みもほぼ無くなってきました。
ラストは龍角散のど飴の功績でもあるでしょうけれど。
ただ、ここ数日散々痛めつけられた結果ヘリウム吸ったみたいな声しか出なくなってるよね。
鼻がまだ復帰してないってのもあるでしょうけれど。
会話するのが辛いターンは終わりましたけれど、超絶聞き取りづらそう。

あと、因果関係があるのか不明ですが肩こりと腰痛が最近またちょっと酷くなってきてまして。
弱り目に祟り目っていうか、ボスラッシュ感が凄い。
ワイリーステージか。

ただ、右手の傷はようやく痛む機会が少なくなってきたので総合で言えばイーブン(?)。
つーか、こんなに見やすいところに怪我したのも久々なんで割と毎日まじまじと経過を観察してるんですけども。
なんというか、改めて人体って凄いなって思いますよね。
毎日確実に、傷が塞がっていってる様が見られます。
ほぅ、今日はこんな風に修復を……と、なかなか興味深く観察しておりました。
いや、まだ完治してねーしまぁまぁ痛いんですけどね。

えー、という感じでね。
現状についてダラダラ書いてみたわけですけども。
特にオチもないので今日はここまでだ!
今、マジで記事のストックがないんや……!
スポンサーサイト



プロットがビッグバン

どうも、はむばねです。

1_20180330150815966.png

ファーwwwww
※本編でなく、プロットの分量です。

一応軽く説明しておくと、プロットってのはまぁざっくり言うとあらすじですね。
で、文庫本って一冊大体10万文字くらいなんですけども。
つまり、あらすじだけで本編の4分の1くらい突破してるわけです。
全然粗くないじゃねぇか。
結構ガッツリ台詞も入ってるし、もうちょっと肉付けしたらマジで本編である。

ま、とはいえね。
プロットの作り方っていうのは、人それぞれです。
それこそ第一稿レベルのものを作る方もいらっしゃれば、各章数行で終わる方もいらっしゃるわけです。
かく言う私も、昔は1章1行程度のプロットで本編書き始めたりもしてました。
つーか、アマ時代はそもそもプロット立てることさえしてませんでしたし。
それで本編を書くことが出来れば、長さや形式などどうでもいいのです。
自分だけで書いてる分にはな。

これが編集さん向けのプロットとなれば、そういうわけにも参りません。
きちっと内容を伝えて同意を得てから本編書き始めないと、大幅な手戻りが発生しかねませんからね。
そして、問題はこれが編集さん向けのプロットだってことですね。
一般的には、編集さん向けのプロットはA4で2~3ページ分くらいだと思います。
そこで、もう一度今回のプロットを見てみると。

1_20180330150815966.png

ほぼwww30ページwwwww
目安の10倍wwww
界王拳かwwww

いやー、ていうかね。
元も子もない言い方すると、私の書き方はプロット立てるのに向いてないんですよね。
全然プロット立ててなかった頃もやたら長くなってる現状も、根底は同じだと思うのです。
結局、「書いてみねーとわかんねーよ!」って感じなんですよね。
構成から考えるんじゃなくて、キャラの行動に沿って物語が出来ていくんでね……実際放り込んでみないとどうなるかわからないのです。
それこそ手戻りのリスクが高まりますし、効率悪いんであんまり良いやり方じゃないんですけどね。
まぁそれでも今までなんだかんだで何とかなってきたので、結局直す機会が訪れていないのであった。

さーて、そんじゃあね。
削る作業に入っていきますか……。
さしもの私も、これをそのまま渡せる程の度胸はない。

逆境○

どうも、はむばねです。
はい、まぁそんなこんなで体調不良は継続中です。
とはいえ、一進一退というかステータスは微妙に変わってきてたり。

熱:7度台で継続
頭痛:控えめ(単に慣れただけという説も)
吐き気:1日目以来発生せず
鼻水:継続
鼻かみすぎによる痛み:悪化中
喉:だいぶマシに
食欲:アリ

という感じでしょうか。
全体的に、快方に向かっていると言い張れなくもないのでは?
特に、喉に関してはあの御方の働きが大きいです。
そう……。

moblog_e70e52ca_20180329140959f7f.jpg

龍角散のど飴~!
起きてる間はほぼずっと舐めてます。
全快するのが先か龍角散のど飴の在庫が切れるのが先か、勝負や……!
うん、まぁ、普通に切れたら買い足すだけなんですけどね。
というか、これの在庫が切れるまで体調不良が続いたら別のところがヤバそうな気がする。


いやー、しかしアレですね。
やっぱ、多少体調悪いくらいの方が作業が捗る説は結構ありますよね!
特に、アイデア神様の降臨っぷりがヤバい。
どうにかこの3日間で解決の糸口が掴めればと思ってた箇所、全件に今日だけで目処が立ちました。
アイデア神様は弱った者の元に降臨する……!
ただそれはそれとしてしんどいので早く治ってほしいです(真顔)。

終わった!(そして始まる)

どうも、はむばねです。
さぁ、いよいよ体調がアレって参りました!
熱はそうでもないですが、他の症状がほぼ役満レベル。
熱だけの時と比べて、睡眠を阻害される感じがヤバいですね。
しかも、身体の野郎がそれに便乗して不眠を発動させやがるという。
お前、もう治る気ないやろ……!

と、いう状況ではございますが。
どうにかこうにか、今日〆の作業は終わらせました。
今回は物理対応(郵送)が必要だったので動けなくなってたらガチで詰んでたんで、そういう意味では熱以外の症状で良かったのかもしれません。
あと、今日が晴れてなかったらヤバかった。
福岡じゃ宅急便タイムサービスを利用しないと翌日までに東京に届けられないんですが、これを受け付けてくれる営業所がまぁまぁ遠いですよね……。
天神の街中を突っ切る必要があることも鑑みれば、片道30分くらいでしょうか。
まぁ、雨だったらタクシーの利用も辞さない覚悟ではありましたが……。
こういうところに、福岡の不便さを感じますね。
名古屋だったら、その辺のコンビニで普通に受け付けしてもらったら翌日東京に着くんですが。
トンコツ以外のラーメン屋が絶望的に少ないことと物流面以外には全く不満はないのですが、その二つがデカすぎる。
特に後者は、普通にスケジュールにかなり影響してきますからね……。

ま、とはいえ今回も無事に乗り越えられたということでね。
次の締め切りは3日後や!
しかも、割と重めの作業という。
そろそろ一つも締め切りが無い状態になりたい気持ちはあるけども、それはイコール再び投稿準備を始めるということなので結局いずれにせよ締め切りは無くならないのである。
締め切りがあるだけありがたい……というわけで、引き続き頑張って参りますよっと。

ただ、今夜くらいは休ませてくだちぃ……。

14年目突入

どうも、はむばねです。
Wikipediaのはむばね関連のページの更新、いつもありがとうございます。
恐らく、世界で一番あのページを参照しているのは私だと思います。

んで、なぜ唐突にこんな話をしているかというとですね。
ソースがWikipediaしか見つからなかったからなんですね。
なんでまぁこれを正とさせていただくとして、Wikipediaのスタンプ・デッドの項目を見ますとですね。

1_20180326155014364.png

どうやら、1巻の発売日が2005年の3月27日だったようなんですね。
下の書籍情報には3月26日って書いてあるんですが、確かWINGコミックス発売日と一緒だった気がするんで27日ですよね……?
公式が残ってないから正確な情報がわからん……。
まさか、レーベルがクラッシュした影響がこんな形で出てくるとはな……。

ま、まぁとにもかくにもですね。
今日(もしくは昨日で)作家になって丸13年が経過致しました。

もっとも、死んでた期間を作家歴に含めていいのかという説もありますが……普通に生きてても年単位で作品出さない作家さんもいるのでセーフということにしておきます。
一般的に、ライトノベル作家は3年で半数が死亡、10年目までで更にその半分が死に、そこからの生存率は比較的高くなるとされています。
そんな中、綺麗に10年経過したところで死ぬという身体を張ったギャグを披露したのが私なわけですが。
いやでも、これって10年も経過したらアニメ化するなり長期シリーズを持つなりそれなりの実績を残すからこそのデータだと思うんですよね。
実績を残せない人から死んでいくという、当然の構図。
そんな中、こんなに何の実績も残してないのに10年生き残った私って逆に凄くない?
まぁこの辺りは、緩いレーベルを渡り歩いてきたからの奇跡ですよね。
弱小レーベルも良し悪しである。

閑話休題。
これはもう、去年から本当に何度も何度も申し上げているので見飽きた方も多いかもしれません。
それでも、今一度言わせていただきます。
一度作家として死にながらもここまで戻ってこられましたのは、ずっと応援してくださった皆様のおかげです。
本当に、私一人では立ち上がることは出来なかったでしょう。
改めまして、本当にありがとうございます。
もちろん、新たに応援に加わってくださった皆様にも心より感謝しております。
皆様のお声があればこそ、ともすれば折れそうな心を鼓舞して作品作りを続けられています。


DSC_0337.jpg


ちなみに、5/19(土)発売の『お助けキャラに彼女がいるわけないじゃないですか2』にて20冊目の単行本となります(コミック原作は除く)。
13年で20冊、死んでた期間を除いても年2冊程度。
これは、ライトノベル作家としてはかなり遅いペースと言えましょう。
とはいえ今年は既に5月で3冊目が出る目処が立っているわけで。
今後はライトノベル作家らしいペースを保つべく頑張っていく所存でございます。

まー、しかしアレですよね。
一度死ぬと、もう何も怖くない! って気持ちになりますよね。
もちろん死なないに越したことはないのですが、仮にもっかい死んだとしても復活に全力を尽くすつもりです。
そしてこのまま15年、20年と続け、生涯作家業を貫いていきたいと思いますので。
引き続き、何卒よろしくお願い致します!

ラノベニュースオンラインアワード2018年2月刊のアンケート投票、明後日20:00までです

どうも、はむばねです。
はい、掲題の通りですね。
ラノベニュースオンラインアワード2017年2月刊投票アンケート、締め切りが明後日の20:00までと迫っております。
月末までと勘違いして、投票し損なわないようご留意いただければと思います。
ちなみに、私は月末までだと勘違いしてました。
2月に合わせて、各月で投票数に差が出ないようにしてるんですかね?

ともあれ。
今月は、『カンスト勇者の超魔教導2』が投票対象となっておりますのでね。
気に入ってくださった方は、ご投票いただけますと嬉しいです。

1_201803131738356ab.png



以下、恒例の説明。


投票はリンク先に埋め込まれてる↓フォームより直接入力いただけます。

2_201711271521490cd_20180218192919652.png


下記の通り、『Your answer』と表示されているところが入力フォームとなっております。
バッテンを打ってるところじゃないのでご注意を。
『Your answer』って指示の下にテキストボックスが入ってるように見えますが、書いてあるところこそがテキストボックスです。

3_20171127152148fbe_20180218192918c56.png


また、同じ作品を入力出来るのは3箇所までです。
それ以上の項目に入力すると無効になる可能性があるようなのでご注意を。

今回も、清き一票をどうぞよろしくオナシャス!

乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…

どうも、はむばねです。
さぁ、いよいよ時間と記事ストックが無くなって参りました!
うん、まぁ、時間が無いからこそストックが減ってくるんですけどね。
しかし、相変わらずストックが減るにつれて精神へのダメージがハンパなくなってきますぜ……。
かつてのストック無しで毎日更新してた時の自分、精神力強すぎ説。
あるいは、一度楽を覚えると元には戻れなくなる説。
いや、楽もクソも結局記事は書くんでどこで時間を取るかだけの違いなんですけどね……。
なんだったら、感想記事とか日常記事に比べてむしろ結構時間かかってますし。

とにもかくにも、感想です。
一応展開的なネタバレはちょっとしてますが、あんまりそういうのを気にする作品でもないかなって気がします。


乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…

異世界転生モノ。
悪役令嬢に転生してしまった主人公が破滅エンドを回避しようとする系。

なん、で・す・が。
いや、これはちょっと失礼ながらですね。
ぶっちゃけ、全然予想してなかったくらいに面白かったです。
え、なんでこの作品、ランキングのこの程度の位置にしかいないの? と思ったレベル。
まぁ、たぶん話数が少なめで完結しちゃってるのがデカいと思うんですけど。
もしかしたら、なろう作品で一番笑ったかもしれません。

悪役令嬢が破滅を回避するって物語は、最早テンプレの域でして。
運命回避をしようとした結果妙に人気者になっちゃったり、本人の意図しないところで評価されちゃうってのもありがちな展開ではあるんですよ。
で、この物語もそれを踏襲してはいるんです。
でも、お嬢様の行動と爆速タラシっぷりが無茶苦茶笑えて面白いんですよ。

その最大の要因は、やはりお嬢様のポンコツっぷりでしょうね。
ていうか、元のキャラ自体が結構ポンコツなんですよ。
土ボコ(土をボコッと数センチ盛り上げる魔法)しか使えないのクソワロタwww
元のゲームで、それでどうやって嫌がらせしてたんだよwwww
嫌がらせするにしても幅狭すぎやろwww

という感じなんですが、中の人はもっとポンコツで更に笑うw
(元)女子高生のメンタリティやないやろwww完全に小学生男子の行動wwww
なにせあだ名が野猿で、遅刻しそうな時にパンじゃなくてキュウリ咥えながら走る女子高生ですからね……w

にも関わらずこのお嬢様、男女問わず猛烈な勢いで落としまくるんですよねw
いやでもお嬢様、普通にイケメンですからね。
残念な人ではありますけどw
ポンコツではあるんですが、前向きで非常に良いポンコツですよ。
で、あんまり物事を考えないんですが間違いなく善性を持っている人ではあるんです。
その無垢な優しさが、貴族社会で悪意に晒されてきた人たちとかに刺さるんですよね。
これは天然タラシやでぇ……!
それぞれに傷を抱えた人たちがお嬢様に癒やされていく様が、非常に心温まります。
全体的に女性陣の方がお嬢様ガチ勢になってるのは笑いますがw

上で話数が少ないせいでランキング低めなんだろうって話はしましたが、でもそれも本作の魅力ではあるんですよね。
割とサクッと読めるボリューム感。
ホントは、もっと読んでいたい気持ちは強いんですけどね。
でもまぁグダってしまうよりはこれで良かったのでしょう。
ラストも、予想通りではありますが良いエンドでした!

番外編も、最初は「番外編かー」と思いながら読み始めたんですけども、凄く面白かったです。
短くまとまってますし、あまりスポットの当たらなかったキャラたちのあれこが見れて楽しい。
お嬢様自体はほとんど出てこないのに、やっぱりお嬢様が中心の物語なんだなっていうのがよくわかります。

総じて。
お嬢様のポンコツさと全キャラ爆速攻略っぷりが大いに笑えて。
でもそんなお嬢様だからこそ癒せる傷があって、そこに惹かれる人たちの気持ちを思うと心温まる物語でございました。

アイアムアヒーロー

どうも、はむばねです。
なんと、今回は5日間もテーマ『ブログ』の記事が続きました。
何気に久々なのでは?
まぁ、それも今日までなんですけどね。
出来れば1週間くらいは続けたかった気もしますが、ネタはあっても書く時間と気力がないのであった。
ちょうどあと2つ、書きかけのテーマ『ブログ』記事があったのですが……。

そんなこんなで、感想です。
ちょいちょいネタバレしてるのでご注意を。
もちろん、映画は未視聴です。

アイアムアヒーロー 1 (ビッグコミックス)
花沢 健吾
小学館 (2009-08-28)
売り上げランキング: 101,949


あらすじはAmazonより抜粋。
>鈴木英雄。35歳。
>漫画家のアシスタント生活。
>妄想の中でしか現実に勝てず、そんな自分に付き合ってくれる彼女との仲にも、不安と不満が募る。
>だがある日、現実の世界が壊れ、姿を変えていき…!?
>異才・花沢健吾による極私的サバイバルパニックホラー!!

こういうゾンビ物……しかもゾンビ化する過程が描かれてるのを見た後に酔っ払いとかの怪しい動きする人を見かけるとビクッとしますねw

というのはともかくとして。
全22巻ですが、ずっと凄まじい疾走感が継続してましたね。
ビックリするほど状況が落ち着かない。
あえて言うなら、比呂美ちゃんと二人旅になったところはちょっと落ち着いてたかな?
世界的には、えらいことになってたわけですがw

にしてもこれは、後半になるほどにゾンビものというよりは人間ドラマって感じになってきますねー。
特に、英雄さんサイドは。
ぶっちゃけ、途中からゾンビの驚異はあんまり感じなくなりましたよね。
銃無双な上に、比呂美ちゃんもいますし。
まーゾンビの恐怖だけでずっと続けるのも厳しいと思いますので、さもありなんといったところでしょうか。

そういう意味でも、非常に『人間臭い』登場人物ばかりなのが本作の魅力だと思います。
人間の良いところも悪いところも、両面キッチリ描いてくれている感じ。
アイアムヒーローってタイトルだけど英雄さんは決してヒーローってわけではないし、でもクズってわけでもない。
むしろ、助けられる人がいれば助けようとする善人ではあるのでしょう。
でも肝が太いわけでもないし、出来ることには限界がある。
助けられなかったことを後悔したりはするけども、万能には程遠い。
そんな彼が、どうサバイバルするのか……っていうのが、中盤までの見所ですかね。

終盤は、どちらかと言えば群像劇って感じでしょうか。
むしろ英雄くん、ほとんど何もしてない勢いである。
にしても、コロリ先生優秀すぎてワロタw
普通にサバイバル能力もあるし、カリスマ性まであるとは。
これが……! 売れっ子漫画家の潜在能力……!

んでんでんで。
ラストは、うーん……まぁ、ね!
一応、噂には聞いてたんで覚悟はしてたんですけども。
なるほどね! って感じ。
まーこら賛否あるわなって思います。
個人的には、まぁアリ。
ある意味で、リアルってこんなもんだよねって感じですし。
現実じゃ、結局あれなんだったの? なんて説明出来ないことも多いでしょうしね。
この作品の終わり方としては、良かったのではないでしょうか。

総じて。
非常にハードな環境で、人はどう生きていくのかってのが描かれた作品だと思いました。
ゾンビは、むしろそのためのギミックに過ぎないって感じ?(特に中盤からは)
状況がガンガンと移り変わっていって、最後まで飽きませんでした。

世界はループしている……?

どうも、はむばねです。
さて、昨日からTwitterで書いている通りですね。
転びかけた拍子に咄嗟に両手をついて強打してしまい、まぁまぁ痛いです。
右手は擦り傷で表面的に、左手は打撲で内面的に。
痛み的には右手の方が上なんですが(動かす度に痛いし)、左手の黒ずみ方がまぁまぁエグいのでこっちの方が心配だったりします。
いやー、この黒ずみ方を見ると思い出しますね。
去年の春先に腰を強打した出来事を。
まぁ、あれよりは幾分マシですが。
ちな、去年は2月にも肩を強打してますね。

……うん、というか。
去年と同じような時期に風邪(と言っていいのかは微妙ですが)を引いた件といい。
なんか、去年と同じ流れを踏襲してね……?
ハッ……!?
ということは、次はPCの不調……!?
この時期のPC不調はマジで詰みに繋がってくるんでやめてクレメンス……。
いや、どの時期でもやめて欲しいんですけど……。

いやしかし、去年と同じ流れであれば幸不幸等価の法則も継続しているはず……!
去年は体調崩したり怪我したりする度に新人賞受賞のお知らせとかが来ましたからね……!
今年も、これから何か良いことが起こるに違いない……!
と、思って精神の均衡を保ちたい……!

………………。
…………。
……。
……まぁ、マジレスすると加齢のせいで体調崩しやすくなってたり鈍くなって怪我しやすくなってるだけなんじゃね? という気もしないではないですが。

お助けキャラに彼女がいるわけないじゃないですか2巻、5/19(土)発売です!

どうも、はむばねです。

DSC_0331.jpg

福岡では本日発売、ドラゴンマガジンを買って参りましたよっと。
今回に関しては店員さんに言ったら裏からまだ並べる前のを出してくれたので、本日発売で間違いないでしょう。

って、ドラマガの発売日の件は今回の主題ではなくてですね。
また別の発売日のお話なのですよ。
ペラペラっと捲っていって、最後の方のページに到達するとですね。
今後の刊行予定が記載されているわけなんですけども。


DSC_0332.jpg

はい、というわけでね。

お助けキャラに彼女がいるわけないじゃないですか2巻!
5月19日(土)発売です!



1巻をご購入いただきました皆様のおかげで、無事続刊発売に至ることが出来ました。
改めまして、誠にありがとうございます。
庄川さんたちとの日々を引き続き描けること、大変嬉しく思います。

ちな私、何気に各出版社で出す一作目については100%続刊が出てたりしまして。
初めての出版社では絶対に続刊出すマンの名を取り下げずに済んで、そこもちょっと嬉しいポイントだったり。
なお、同出版社でレーベルだけが変わった場合の続刊出ない率も100%な模様。

……と、いうのはどうでもよくてですね。
2巻も1巻に負けないクオリティに仕上げたつもりでございますので、引き続きよろしくお願い致します!
とはいえまだ少し先の話になりますので、新たな情報が上がる都度お知らせさせていただきます!

«  | ホーム |  »

プロフィール

hamubane

Author:hamubane

たぶんライトノベル作家的なもの


Twitter

既刊情報

最新コメント

最新記事

カレンダー

02 | 2018/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

月別アーカイブ

カテゴリ

ジャンルランキング

[ジャンルランキング]
日記
68位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
27位
サブジャンルランキングを見る>>

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR