FC2ブログ
ファンタジア文庫『世話好きで可愛いJK3姉妹だったら、おうちで甘えてもいいですか?』11/20発売!
JK文庫『異世界からJK転生した元妹が、超グイグイくる。』11/30発売!
JUMP j BOOKS『ぼくたちは勉強ができない 未体験の時間割』12/4発売!

スクウェア・エニックスノベルス『スタンプ・デッド』1~5巻&コミック版、『太陽で台風』1・2巻発売中!
ガンガンノベルズ『魔法少女アーヤ☆アミー』発売中!
徳間デュアル文庫『魔王さんちの勇者さま』1~4巻発売中!
徳間文庫『欠陥妖怪住宅』、『パラレル家族計画』発売中!
ぽにきゃんBOOKSライトノベルシリーズ『ブチ切れ勇者の世界征服』1~2巻発売中!
HJ文庫『カンスト勇者の超魔教導』1~3巻発売中!
ファンタジア文庫『お助けキャラに彼女がいるわけないじゃないですか』1~3巻発売中!
JUMP j BOOKS『ぼくたちは勉強ができない 非日常の例題集』発売中!

受賞歴:
2004年、第1回スクウェア・エニックス小説大賞『入選』
2008年、第5回トクマ・ノベルズEdge新人賞『徳間デュアル文庫特別賞』
2017年、第11回HJ文庫大賞『銀賞』
2017年、ジャンプ小説新人賞’16 Winter 小説フリー部門『銀賞』
2017年、第30回ファンタジア大賞 『金賞』

«  | ホーム |  »

魔導GPXウィザード・フォーミュラ

どうも、はむばねです。
最近インプットの不足が深刻化しているので、積極的に竹井10日成分を補給していくぜ!
まぁ、この感想は結構前に読んだのに対するものだけどな!
つーか、竹井10日先生の作品だけでも読んだけど感想書いてないのが結構溜まってるんですよね……。
そろそろガッと消化していきたいところ。

まぁ、とにもかくにも感想です。
今回は、割と隅から隅までネタバレしてるのでご注意を。

魔導GPXウィザード・フォーミュラ (角川スニーカー文庫)
竹井 10日
KADOKAWA (2017-04-01)
売り上げランキング: 218,912


>世界中の魔導騎士達を運転手とした超高速マシンによるレースの祭典“WFグランプリ”。
>魔王を討伐した元英雄アーティスは、ある理由からこのレースにドライバーとして参加することになった。
>相棒であるナビゲーターのセナリィとコックピットに乗り込んだアーティスは彼女の爆乳を揉み…
>「はぁぁぁんっ!…い、…イっちゃ…!」
>そう、WFとは、ドライバーとナビゲーターが密着しHな気分になるほどスピードが増すマシンだった!

おっ、これまた(比較的)綺麗な竹井10日先生だな。
設定だけ見ると頭悪い(褒め言葉)んですけども、中身はむしろ結構重ためです。
というか、主人公の設定が重い。
まぁ、レースシーンは最高に頭悪い(褒め言葉)んですが!
簡単に言うと女の子の性的なアレがパワーになる的なアレなので、レース中はずっとアレなんですよね。
そして作中の大部分がレースシーンなので、大部分がアレなシーンなんですよね。
これはもう、美少女文庫でも読んでるのかと錯覚してきますよね。
いや、美少女文庫読んだことはねーのですけれど。

まぁ、エロ要素はともかくとして。
節々に竹井10日調は現れ、女の子を無限に引きつけていく様はまさしく竹井10日作品の主人公って感じなんですけども。
全体的には、シリアス目です。
まず、登場人物の出自が大体重いですしね。
魔導騎士にするため産まれる前から改造されてたり、妾の子で隔離されてたり、世界救ったと思ったら追いやられたり。
しかし、そんな凄惨な過去を持つ人たちがウィザードフォーミュラを通じてもう一度前向きに一生懸命になれているところが良いですね。

特にアーティスくん(主人公)は身内と仲間が大体死んでたりする上に、世界を救った結果その存在を疎まれるようになって一度は完全に折れてしまったわけなんですけども。
もう一度立ち上がれた理由が『救いを求める声を受けたから』というのが、最高に根っからの勇者なんだなって感じです。
そら周りからもモテまくるよ。
つーかアーティスくん、疎まれて追いやられたっつっても疎んでるのは皇帝だけで、今のところそれ以外の全員が彼の味方なんですよね。
まぁそうなるな、という感じではありますが。
そこが救いで、だからこそ彼ももう一度立ち上がれたのかもしれない。

にしても、(誉められて軍神の)零くんが竹井10日作品史上最も(比較的)まともな主人公かと思いましたが、アーティスくんはそれを上回るかもですね。
女性関係はアレですけど、真面目だし判断能力も優れてますし。
つーか、最近の竹井10日先生はまともな主人公がブームなんだろうか。
……と思ったけど、(10歳の保健体育の)静姫ちゃん以外は割とまとも主人公ばっかりか。
ゲームまで遡ると、貴宏ちゃんとかもなかなかにアレですが。

閑話休題。
基本、私はレースとかあんま興味ないんですけども。
それでも、本作のレースシーンは読んでて熱かったです。
これに関しては、実況の働きが大きいのですが。
なお、実況はもちろん恒例の権田原さんである。
何気にこの人が最も多くの竹井10日作品でスターシステムされてるのではなかろうか。

再び閑話休題。
ただのレースじゃなくて、ただの魔法合戦でもなくて、その混合というところが面白いですね。
そして、その両面で超スペックを発揮するアーティスくんよ。
流石、勇者の器である。
アーティスくんが超スピードで成長し、能力的にも物理的にも周りをごぼう抜きしていくところが爽快でした。

んでんでんで。
1巻のラストとしては、諸々全部2巻に投げたなーって感じですね。
正体不明の人が多すぎるぜ……。
そして、まぁそうなるだろうなとは思ったしそうしないといけない展開なのでしょうけれど、第一節から優勝してもうて次からのレースどないするんやろう……。
アーティスくん、既に能力的には全パイロット中でトップやろ。
その辺りも含め、続きが楽しみです。
スポンサーサイト



«  | ホーム |  »

プロフィール

hamubane

Author:hamubane

たぶんライトノベル作家的なもの


Twitter

既刊情報

最新コメント

最新記事

カレンダー

06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

カテゴリ

ジャンルランキング

[ジャンルランキング]
日記
68位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
29位
サブジャンルランキングを見る>>

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR