FC2ブログ
スクウェア・エニックスノベルス『スタンプ・デッド』1~5巻&コミック版、『太陽で台風』1・2巻発売中!
ガンガンノベルズ『魔法少女アーヤ☆アミー』発売中!
徳間デュアル文庫『魔王さんちの勇者さま』1~4巻発売中!
徳間文庫『欠陥妖怪住宅』、『パラレル家族計画』発売中!
ぽにきゃんBOOKSライトノベルシリーズ『ブチ切れ勇者の世界征服』1~2巻発売中!
HJ文庫『カンスト勇者の超魔教導』1~3巻発売中!
ファンタジア文庫『お助けキャラに彼女がいるわけないじゃないですか』1~3巻発売中!
JUMP j BOOKS『ぼくたちは勉強ができない 非日常の例題集』発売中!

受賞歴:
2004年、第1回スクウェア・エニックス小説大賞『入選』
2008年、第5回トクマ・ノベルズEdge新人賞『徳間デュアル文庫特別賞』
2017年、第11回HJ文庫大賞『銀賞』
2017年、ジャンプ小説新人賞’16 Winter 小説フリー部門『銀賞』
2017年、第30回ファンタジア大賞 『金賞』

«  | ホーム |  »

彼女がフラグをおられたら ちがう水泳大会で出会えていたら、私達親友になれたかもね……

どうも、はむばねです。
先日まで投票をお願いしておりました、好きラノの結果が早速出ましたね。
何やら一位が物議を醸しているようですが……それはともかく。
残念ながらランクインはなりませんでしたが、ご投票いただきました皆様誠にありがとうございました!

というわけで、感想です。
ネタバレは、あんまりしてないつもり。



あらすじはAmazonより抜粋。
>イベントてんこ盛りっぷりに定評ある旗ヶ谷学園に、水泳大会の季節が到来した。
>仮想世界にいた頃の体育祭を思わせるおかしな種目がずらりと揃う祭典で、クエスト寮の皆さんに水着選びから競技のペアまでつきっきりの颯太
>―珍しく平穏な日々が続く一方、「世界の終わりが迫る」というグリモワールの予言を受けての、クエスト寮地下の探索は進んでいた。
>暗い地下洞穴にて“亡命政府”のメンバーが見つけたもの、同行した凛に降りかかった重大な危機…
>そして過去生の夢を見るようになった颯太に忍び寄る恐怖、仮想世界での記憶を取り戻した菜波の想いは何処へ!?
>故国奪還のため、颯太王子は「天界」支配下のブレードフィールド公国へ―躍動する14巻登場!!

前巻の感想はこちら
……って、ファッ!? 前回の感想がもう3年近く前!?
うっせやろお前……まだ一つの記事で複数冊の感想書いてた頃やないか……。
あれぇ……? 結構リアルタイムで追ってた気がするんだけどなぁ……。
いや、リアルタイムで追ってたのがここで途切れたのか……。

と、というのはともかくとして(動揺)。
フラグ能力の進化って物語的に結構(シリアスに)重要な意味合いを持ってるはずなのに、その萌芽がめちゃくちゃ軽い感じでワロタw
そして、その重要な力を『姉弟愛』でねじ伏せるお姉ちゃんマジパねぇw

ていうか、めちゃくちゃイチャイチャしとんな!?
14巻目まで来ても、幾度のシリアスを経ても、変わらぬこの雰囲気よ。
なんだったら、シリアスを乗り越える度にハーレム要員が増えてイチャイチャ度が高まってるまである。
ハーレム要員言うなし。

にしても、そんな中にあって相変わらず菜波さんの扱いの悪さが際立つなw
この人、本当に1巻の表紙を飾ってた人なの……?
い、いや、まぁ、現世でも過去編(?)でもちゃんとフラグは立ててるから……(震え

そして、凛くんが(概ね物理的に)壊れたぁ!
だがしかし、一見表面上は表の凛くんがポンコツ化したかに見えて実のところ本当にポンコツ化したのは真の凛くんという。
何気にこれは、新たなポンコツ化の境地ではなかろうか……。

閑話休題。
SBDについては……なーるほどねぇという感じ。
そういうアレだったのか、と。
ここまでずっと謎のままだった謎オブ謎が、ようやく紐解かれてきた感じですね。
というか、ここでもうほぼ全てが語れられたと言っていいのかな?
……と思ったけど、ゾディアックの箱船やら暗黒の夢の卵やらまだ結構謎ワードはあったか。
いやでも、この辺りは割とざっくりと流されそうな予感もするな……。

にしても、この辺りの風呂敷の広げっぷりというと厨ニ的ワールドの展開は竹井10日先生が生き生きしているような感じが伝わってくるようですね。
その気持ち、超わかる。
コメディばっかやってたら、なんか厨ニチックなこと書きなぐりたくなってきますよね……。
いやまぁ、竹井10日先生もそうなのかはわからないっていうか、かなり昔からこういうコメディと厨ニ設定が入り混じった芸風でやってらっしゃるわけですが。

再び閑話休題。
ちゅーか……いつの間にか、マジで彼我の戦力差がひでぇことになってんな!?(味方有利的な意味で)
ただでさえこっちは多少不完全とはいえ世界最高戦力たるSBDがいるのに加えて、掛け値なしの世界最高戦力二人に残りも最高級戦力だからな……。
これはむしろ敵さんに同情案件である。

しかし、まぁ、ともあれ。
これで一段落着くとは思ってませんでしたが、ラストは思ったより風雲急を告げる感じ?
いやでも、竹井10日先生のことだから次の巻が何事もなかったかのようにゆるふわで始まっても驚きはしねぇぜ……。
などと思いつつ、次も楽しみな14巻でございました。
スポンサーサイト



«  | ホーム |  »

プロフィール

hamubane

Author:hamubane

たぶんライトノベル作家的なもの


Twitter

既刊情報

最新コメント

最新記事

カレンダー

06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

カテゴリ

ジャンルランキング

[ジャンルランキング]
日記
377位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
146位
サブジャンルランキングを見る>>

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR